Yahoo Web Search

  1. 医療倫理 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/医療倫理

    医療倫理は、安楽死問題や、患者情報についての守秘義務、インフォームド・コンセント、医療的な利益相反などに関連して患者の利益第一原則、自己決定権、および公平・正義の概念を包容するものである 。さらに、文化によって倫理的価値観が異なるため、医療倫理と文化は相互に関連しており、時には家族の価値観に重点を置き、個人の自立性の重要性を軽く ...

  2. Category:医療倫理 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Category:医療倫理

    カテゴリ「医療倫理」にあるページ. このカテゴリには 66 ページが含まれており、そのうち以下の 66 ページを表示してい ...

  3. ノート:医療倫理 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ノート:医療倫理

    医療倫理という基本的な概念を記述したページが日本版ウィキペディアに今日まで存在していなかったので、英語版のページから翻訳しました。 まだ査読が完全には終わっていないので、一部、です調が残ってしまっている可能性がありますが、ご容赦・ご ...

  4. 医療の倫理ジレンマ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/医療倫理ジレンマ

    医療倫理ジレンマ(いりょうのりんりじれんま)は、医療の現場でしばしば用いられる用語で、ある医療行為の倫理的妥当性あるいは倫理的根拠を論じる際、より所とする倫理原則によって、全く異なる結論が導かれてしまう状態を指す。

  5. 医療の倫理ジレンマとは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp/wiki/医療倫理ジレンマ

    医療倫理ジレンマ(いりょうのりんりじれんま)は、医療の現場でしばしば用いられる用語で、ある医療行為の倫理的妥当性あるいは倫理的根拠を論じる際、より所とする倫理原則によって、全く異なる結論が導かれてしまう状態を指す。

  6. 生命倫理学 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/生命倫理問題

    倫理は、医療提供者と患者によって行われる医療上の決定に影響を与える 。 医療倫理 は、 医学 に適用される道徳的価値観と判断の学問である。 4つの主な道徳的約束は、自主尊重原則(自己決定権)(autonomy)、無加害原則(non-maleficence)、 与益原則(beneficence)、および公平・正義の原則である。

  7. 医療 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/医療

    医療は文化性が高いため、国や地域、時代により定義が異なる ともされる。 分類. さまざまな分類法がある。 伝統医療 / 近代医療 という二分的分類法もある 。 通常医療 / 補完医療、代替医療という分類法もある。

  8. 医療倫理 - 4原則 - Weblio辞書

    www.weblio.jp/wkpja/content/医療倫理_4原則
    • 自主尊重原則
    • 与益原則
    • 無加害原則

    自主(autonomy)尊重の原則は、 "autos"(自己)と "nomos(統治)"に分けられ[注釈 1]、自己決定に対する個人の権利(自主権、自己決定権)を言う 。これは、個人の問題については、すべての情報を与えられた上での自由な意思決定を下すことができるべき、という個人の権利能力に対する社会の尊重に根ざしている。自主尊重原則は、社会的価値観の変化と共に、医療の質を定義する上で、医療者にとってのそれよりも、むしろ患者とその家族の観点からより重要となった。このように自主尊重原則の重要性が増していることは、医療における「父権主義(パターナリズム)的」な伝統に対する社会的反応と見なすことができる 。この患者の自主性を侵害する歴史的な「過度の父権主義」に対する反発は、ソフトなパターナリズムの適切な適用を妨げている場合もあると疑問を投げかける声もある。 自主(autonomy)の定義は、情報を得たうえで(インフォームド)他からの影響・干渉を受けずに自由かつ合理的な決定を下す個人のキャパシティー(能力を与えられている状態=権利)である。したがって、自主性の程度は心身の健康についての標準的な指標になるとも言える。多くの末期疾患の進行は、様々な形態および程度で、自主性の喪失によって特徴付けられる。例えば、認知症の疾患は、記憶喪失を誘発し、合理的思考の低下を引き起こす可能性があり、ほとんどの場合、自主性の喪失をもたらす。 精神科医や臨床心理学者はしばしば、終末期に患者の生死の決定をする意思決定能力を評価するよう求められることがある。せん妄または臨床的鬱病などの精神状態を有する人は、終末期の決定を下す能力を欠く可能性もある。これらの人々の場合、その治療を拒否する要望については、彼らの状態をベースに判断されることがある。事前の明示的な反対の意思表示がない限り、精神的能力を欠いている人の最善の利益に従って扱われることになる。これには、能力を欠く以前のその人がどのような決定を下すかについて最もよく知っている人々の意見も含む評価となる。終末期の決断を下す精神的能力を持つ人は、自分の人生を短くするかもしれないという理解のもとに治療を拒否する場合もある。また、精神科医や心理学者が意思決定を支援するために関与することも場合によっては望まれる方策である。

    与益(善行)という用語は、他人の幸福を促進する行動を指す。医学的には、これは患者とその家族の最善の利益に役立つような行動をとること(利益第一)を意味する。しかしながら、どの処置が患者を助けるものになるのかは不確実性を含むので厳密に定義することは難しいとされている。 ジェームズ・チルドレスとトム・ビーチャム による「生物医学倫理の原則」(1978年)では与益は医療倫理の核心的価値の一つであるとしている。エドマンド・ペレグリノのような学者たちは、与益が医療倫理の唯一の基本原則であるとも主張している。彼らは、治療が医学の唯一の目的であるべきであり、そして美容整形手術や安楽死のような努力はひどく非倫理的であり、 ヒポクラテスの誓いに反すると主張している。

    無加害(無危害)の概念は、「まず第一に、害を与えない(first, do no harm,)」というフレーズ、またはラテン語の「primum non nocere」から由来するものである。多くの人がそれが主、または主な考慮事項(したがって一次的考察)とすべきだと考えている。つまりそれは、患者に良いことをするよりも、害を与えないことがより重要であるということになる。これは、熱心な医者が、患者に良いと思って色々治療したが、最初にそれら治療法を十分に評価していないため結果的に害を加えることになったというようなケースがありうるからである。よく「治療は成功したが、患者は死亡した」などと言う表現があるように、結果として患者に対して多くの危害が加えられたのである。 善を行うことよりも害を与えないことが重要であるだけでなく、あなたの治療が患者に害を及ぼす可能性がどれほあるのか、を知ることも重要となる。したがって、医師は自分たちが有害であると知っている薬を処方しないだけでなく、さらに先に進むべきです - 治療が有害である可能性が低いとわかっていない限り、彼または彼女は薬を処方するべきではありません。あるいは、少なくとも患者がリスクと利益の両方を理解しており、利益がリスクよりも上回る場合に限るべき、ということである。 しかし実際には、多くの治療法は害を及ぼす危険性がある。 状況によっては、例えば治療なしでの結果が重大であるような絶望的な状況では、治療しないことのリスクも害を及ぼす可能性が非常に高いので、患者に害を与える可能性が高い危険な治療が正当化される。したがって、2つの原則の効果が一緒になると二重の効果(後述する)が生じることが多いため、 無加害原則は絶対的なものではなく、 与益原則とのバランスがとられる。また、血液サンプルの採取や薬の注射のような基本的な行為でも、患者の体に害を及ぼすものである。安楽死はまた、患者が医師による治療の結果として死亡するため、与益の原則に反するものである。

  9. トリアージ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/トリアージ

    これ以後、医療倫理ではトリアージは「非道」とする考えが主流となり、民主主義思想の強い国の軍隊では導入を忌避されるようになった。 特に アメリカ軍 は 第一次世界大戦 から 第二次世界大戦 までトリアージに否定的だった。

  10. 情報倫理 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/情報倫理

    情報倫理を学術的に論じるときに母体となる学問は倫理学である。道徳が善悪の判断を個人にゆだね、道徳の結合が倫理であるときに、情報倫理は、秩序を乱さず、個人と共同体の意志行動を遵守し社会に問い評価される学術的側面をもつ。

  11. People also search for