Yahoo Web Search

  1. 胎児危険度分類 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/胎児危険度分類

    アメリカ合衆国におけ基準. 1979年、アメリカ食品医薬品局 (fda)は、医薬品の胎児に対するリスク分類を導入した。これはスウェーデンで、その1年前に導入された分類基準を基礎にしている。 fdaの胎児危険度分類基準は以下のようになっている。

    • 適切な、かつ対照のある研究で、妊娠第一期 (first trimester) の胎児に対するリスクがあることが証明されておらず、かつそれ以降についてもリスクの証拠が無いもの。
    • 動物実験では胎児への有害作用が証明されていて、適切で対照のある妊婦への研究が存在しないもの。しかし、その薬物の潜在的な利益によって、潜在的なリスクがあるにもかかわらず妊婦への使用が正当化されることがありうる。
    • 動物実験では胎児に対するリスクが確認されていないが、妊婦に対する適切な、対照のある研究が存在しないもの。または、動物実験で有害な作用が確認されているが、妊婦による対照のある研究では、リスクの存在が確認されていないもの。
    • 未分類
  2. 胎児危険度分類とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp/wiki/胎児危険度分類

    アメリカ合衆国におけ基準 [編集] 1979年、アメリカ食品医薬品局 (fda)は、医薬品の胎児に対するリスク分類を導入した。これはスウェーデンで、その1年前に導入された分類基準を基礎にしている。 fdaの胎児危険度分類基準は以下のようになっている。

  3. 胎児危険度分類 - 胎児危険度分類の概要 - Weblio辞書

    www.weblio.jp/wkpja/content/胎児危険度分類...

    胎児危険度分類 胎児危険度分類の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年6月)この項目では色を扱っています。閲...

  4. アメリカ合衆国におけ基準. 1979年、アメリカ合衆国のfdaは、医薬品の胎児に対するリスク分類を導入した。これはスウェーデンで、その1年前に導入されたものを基礎にしている。 fdaの胎児危険度分類基準は以下のようになっている。

  5. シルデナフィル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/シルデナフィル

    シルデナフィルに関して、ファイザーが有する特許のうち、日本国内におけるシルデナフィルとしての物質特許は、2013年(平成25年)5月17日に満了 、勃起不全治療薬バイアグラとしての用途特許は、2014年(平成26年)5月13日に満了した 。

    • 経口
    • 40%
    • ℞ (Prescription only)
    • US: B
  6. 胎児危険度分類 - 日本における基準 - Weblio辞書

    www.weblio.jp/wkpja/content/胎児危険度分類...

    胎児危険度分類 日本におけ基準 日本では、上述のように明確な分類はなされていない。添付文書やインタビューフォームには、妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の...

  7. 胎児危険度分類(オーストラリア版)|カテゴリーBが細分化されている . この記事は約 2 分で読めます。 2011/11/3 2018/4/2 専門治療・調査

  8. おクスリ.jp|特集...

    okusuri.jp/knowledge/01/003.html

    3.薬剤の胎児危険度分類基準 −妊娠と薬剤q&a− q1.喘息治療薬を服薬中 q2.女性が妊娠前に q3.相手の男性が、服用し q4.妊娠中に風邪をひき q5.妊娠中に葉酸を q6.妊娠中、アルコールを q7.妊娠中にワクチン接種 q8.妊娠中に湿布薬を q9.授乳中の ...

  9. ベンゾジアゼピン - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/ベンゾジアゼピン

    胎児への影響. アメリカ食品医薬品局(fda)による胎児危険度分類では、ベンゾジアゼピンは、胎児への有害事象への可能性がある、カテゴリdまたはxに

  10. [B!] 胎児危険度分類 (医薬品) - Wikipedia

    b.hatena.ne.jp/entry/ja.wikipedia.org/wiki/胎児...

    胎児危険度分類 (医薬品) - Wikipedia. 2 users 暮らし カテゴリーの変更を依頼 記事元: ja.wikipedia.org.