Yahoo Web Search

  1. About 30,900,000 search results

  1. en.wikipedia.org › wiki › 221221 - Wikipedia

    Year 221 ( CCXXI) was a common year starting on Monday (link will display the full calendar) of the Julian calendar. At the time, it was known as the Year of the Consulship of Gratus and Vitellius (or, less frequently, year 974 Ab urbe condita ).

  2. The .221 Fireball has been used by wildcatters to create a small efficient .17 caliber cartridge. The most common is the .17 Mach IV which is essentially the .221 necked down to the smaller caliber. This cartridge is reported to have a very flat trajectory and to be relatively quiet with low recoil.

  3. sv.wikipedia.org › wiki › 221221 – Wikipedia

    221 ( CCXXI) var ett normalår som började en måndag i den julianska kalendern . Innehåll 1 Händelser 1.1 Juni 1.2 Okänt datum 2 Födda 3 Avlidna Händelser [ redigera | redigera wikitext] Juni [ redigera | redigera wikitext] 26 juni – Kejsar Heliogabalus adopterar Alexander Severus som sin arvinge. Okänt datum [ redigera | redigera wikitext]

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 221221 - Wikipedia

    221 ( 二百二十一 、にひゃくにじゅういち)は 自然数 、また 整数 において、 220 の次で 222 の前の数である。 性質 [ 編集] 221は 合成数 であり、 約数 は 1, 13, 17, 221 である。 約数 の和は 252 。 約数の和が 回文数 になる19番目の数である。 1つ前は 211 、次は 241 。 ( オンライン整数列大辞典 の数列 A028980) 221 = 13 × 17 75番目の 半素数 である。 1つ前は 219 、次は 226 。 2つの連続する 素数 の積で表せる6番目の数である。 1つ前は 143 、次は 323 。 ( オンライン整数列大辞典 の数列 A006094) 2 × 3 × 5 × 7 + 11 = 13 × 17 [1]

    • 22K
    • 3.1K
    • 11M
    • 13×17
    • 概要
    • 形式・編成
    • 次車別解説
    • 改造
    • 高速走行試験
    • その他
    • 外部リンク

    JR西日本が初めて設計・製造を行った形式である。1987年4月の国鉄分割民営化直後、北海道旅客鉄道(JR北海道)以外のJR各社が新設計の特急形車両を登場させる中、新生JR西日本を象徴する車両として、東海道・山陽本線(琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線)や関西本線(大和路線)といった関西私鉄との競合が激しいアーバンネットワーク(京阪神エリア)に投入された。 形式名は、213系の続形式として「215系・217系」[注 2]とすることも検討されていたが、新生JR西日本の意気込みを込めて、一の位を1とした「221系」とされた。電動車方式の違いは形式の奇数・偶数で区別することとした(後述)。 開発にあたっては、1988年に瀬戸大橋線用クロ212形の設計を担当した近畿車輛が、同車のエクステリアデザインを基...

    当初からJR西日本の直流電化区域全域での運行を視野に入れ、常にMT比(編成内の電動車と付随車の比率)が1:1となる設計としたことから、電動車2両でユニットを組む221形グループと電動車1両と付随車1両の2両でペアを組む220形グループが並行して製造された。この結果、桜井線・和歌山線の2両編成から東海道・山陽本線の最大12両編成まで需要に応じた編成を自由に組成でき、また6両編成時の113系[注 14]のように電動車比率が必要以上に高くなることもなくなった。

    1・2次車

    網干電車区(現在の網干総合車両所本所)には、1989年2月から3月にかけて1次車として6両編成5本(M1 - M5)と4両編成6本(E1 - E6)の54両、7月には2次車として6両編成7本(M6 - M12)と4両編成1本(E7)の46両、計100両が配置された。編成記号は、6両編成がM、4両編成がEとされた。4両編成は、2編成連結の上で快速運用として同年3月6日から、6両編成は新快速用として4月1日から運用を開始した。 奈良電車区(現在の吹田総合車両所奈良支所)には、1989年2月から7月にかけて、1・2次車として4両編成12本、2両編成12本の計72両が配置された。同年4月10日から関西本線(大和路線)・大阪環状線で大和路快速を中心に運用を開始した。 これらのグループは当初扉間に吊り革を設けておらず、3次車以降の登場に合わせて増設した。このため、客用扉付近と扉間で吊り革の引き通し棒が分離している。また、半自動ドアボタンが車内・車外ともに後のグループより高い位置に取り付けられている。 1. 1次車 2. 2次車

    3・4次車

    1990年度に導入されたグループ。網干電車区向けの3次車は6両14本(M13 - M26)の84両とモハ220+サハ220のユニット14両の合計98両が導入され、4次車は6両16本(M34 - M49)の96両が導入され、両者合わせて194両(6両編成30本、モハ220+サハ220の14両)が導入された。モハ+サハユニットは、4両編成の6両増結用に充てられ、E編成はM27 - M33となった。この増備によって、同年3月10日ダイヤ改正ではデータイムの新快速の221系化および一部区間での120km/h運転が実現するとともに、湖西線での運用を開始した。また、8月5日付運用修正で網干区から4両編成が一時消滅し、6両編成49本のみが所属することとなった。 奈良電車区向けには4両3編成の6両化用としてモハ+サハのユニットが3組6両導入され、この時点で奈良電車区には 6両編成3本・4両編成9本・2両編成12本の 計78両が配置された。 このグループから、車内の吊り革とその引き通し棒が全体に渡って設けられるようになり、半自動ドアボタンの取り付け位置が低くなった。4次車では乗務員室扉の雨樋が標準...

    5次車

    1991年には網干電車区に6両編成11本(M50 - M60)が新たに配置された。3・4次車からの変更点はない。 また、同年11月21日付の運用修正で4両編成が復活するとともに、初の8両編成が誕生した[注 16]。これは、6両編成新快速の輸送力増強によるものである。8両編成の登場に合わせて6両・4両編成共々編成記号が変更され、8両編成が A、6両編成が B、4両編成が Cとなった。同年3月16日改正では本格的に120km/h運転を開始し、草津線での運用を開始した。同年9月14日ダイヤ改正では北陸本線長浜までの直流電化が完成したことから、運用が長浜まで拡大された。 1. 5次車

    体質改善工事

    初期車の製造から25年程度が経過し、車体腐食や電子機器劣化などが進行し、後継車である223系や225系と比較すると品質面やサービス面が低下する傾向があった。そこで、接客設備の改善および安全性向上を目的に、2012年度から2019年度にかけて、221系全474両を対象に体質改善工事を行った。体質改善第1号は吹田総合車両所京都支所所属のK12編成[注 17]となり、2012年12月27日に出場試運転を行い、2013年1月11日に営業運転に復帰した。2017年度までに奈良車・京都車が、網干車も2020年3月に完了した。 221系を含めた車両の体質改善(リノベーション)に対してグッドデザイン賞が授与されており、一部車両に記念プレートが掲示されている。 車体 1. 1.1. 前面部、戸袋部、側引戸に腐食対策から補強工事を施工。 1.2. 塗装は全剥離のうえ、下地処理より再塗装。 1.3. 事故での機器損傷や巻き込みを防止するために前面スカートを強化。 1.4. 乗務員室の側扉を交換(扉窓が縮小)。 1.5. 客用扉および乗務員用扉上への雨樋の追加。 1.6. 運転台上部に前面行先表示器を設...

    先頭車間転落防止幌の取り付け

    2010年12月に舞子駅で発生した乗客転落死亡事故を受けて、2編成併結での運用が多い本系列に先頭車間転落防止幌が奈良支所の6両編成、8両編成以外に順次設置された[注 22]。

    側面行先表示器フルカラーLED化

    2017年4月より奈良支所のNB805編成およびNC608編成を皮切りに京都支所と奈良支所の車両は側面行先表示器のフルカラーLED化が行われ、2019年12月に完了した。 また2020年より網干総合車両所所属車にも施工され、完了した。

    国鉄時代、381系による在来線における160km/h速度向上試験が二度にわたり実施された湖西線において、高速化(160km/h程度)の実現や新形式の設計に必要なデータ収集のため、1990年5月から6月にかけて、本形列を用いた160km/h高速走行試験が行われた。 当時網干電車区所属の6両編成(M21編成、東海道本線基準で東京寄りからクモハ221-33+モハ221-33+サハ221-33+モハ220-14+サハ220-14+クハ221-33)を使用した。 試験を行うに当たり、以下の改造を施工した。 1. サハ221-33およびサハ220-14を脱車した4両編成(クモハ221-33+モハ221-33+モハ220-14+クハ221-33)とし、MT比を3M1Tとすることで加速性能を向上。編成全体を...

    京都鉄道博物館には、車掌体験用として本形式の先頭部モックアップが展示されている。これはかつて交通科学博物館(2014年4月6日閉館)において運転シミュレータとして使用されていたものに客室部分を追加改造したものである。追加改造部分は字幕式の方向幕、側扉はステンレスの無塗装のものがそれぞれ設置され、実車とは異なっている。

    “JR名車両列伝3 トレたび -221系近郊形電車●JR西日本”. 交通新聞社. 2015年3月14日閲覧。
    “JR西日本の車両リノベーション(体質改善)”. グッドデザイン賞 2014. 2015年3月14日閲覧。
  5. 221 221 是 220 與 222 之間的 自然數 。 數學性質 [ 编辑] 合數 , 正因數 有1、13、17和221。 質因數分解 為 。 虧數 , 真因數和 為31,虧度為190。 不尋常數 ,大於平方根的質因數為17。 221是第75個 半質數 ,前一個為219、下一個為226。 連續2個質數的乘積: 。 前一個為 143 、下一個為 323 。 [1] 無平方數因數的數 。 十进制 的 奢侈數 。 五個連續質數的總和:37+41+43+47+53 = 221 九個連續質數的總和:11+13+17+19+23+29+31+37+41 = 221 第11個 中心正方形數 其他領域 [ 编辑] 公元 221年 、公元 前221

  6. 221 Esta página foi editada pela última vez às 21h31min de 14 de março de 2013. Este texto é disponibilizado nos termos da licença Atribuição-CompartilhaIgual 3.0 Não Adaptada (CC BY-SA 3.0) da Creative Commons ; pode estar sujeito a condições adicionais. Para mais detalhes, consulte as condições de utilização.

  1. Searches related to 221 wikipedia

    ufc 221 wikipedia