Yahoo Web Search

  1. 1974年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 1974年

    1974年 (1974 ねん)は、 西暦 ( グレゴリオ暦 )による、 火曜日から始まる平年 。 昭和 49年。

  2. Category:1974年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Category:1974年

    100前 - 10前 - 10後 - 1001974年 に関する カテゴリ 。 ウィキメディア・コモンズには、 1974年 に関連する メディア および カテゴリ があります。

  3. Category:1974年生 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Category:1974年生

    カテゴリ「1974年生」にあるページ. このカテゴリには 3,396 ページが含まれており、そのうち以下の 200 ページを表示しています。 (前のページ) (次のページ)

  4. 1974年の音楽 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 1974年の音楽

    1974年の音楽(1974ねんのおんがく)では、1974年(昭和49)の音楽分野の動向についてまとめる。

  5. 1974年の映画 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 1974年の映画

    1974年の映画(1974ねんのえいが)では、1974年(昭和49)の映画分野の動向についてまとめる。

  6. 1974 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › 1974

    1974 (MCMLXXIV) was a common year starting on Tuesday of the Gregorian calendar, the 1974th year of the Common Era (CE) and Anno Domini (AD) designations, the 974th year of the 2nd millennium, the 74th year of the 20th century, and the 5th year of the 1970s decade.

  7. 1974年の野球 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 1974年の野球

    1974年 パシフィック・リーグプレーオフ; 日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 10月5日(土) 第1戦: ロッテオリオンズ: 3-2: 阪急ブレーブス: 阪急西宮球場: 10月6日(日) 第2戦: ロッテオリオンズ: 8-3: 阪急ブレーブス 10月7 ...

  8. 1974年の相撲 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 1974年の相撲

    < 1974年 | 1974年のスポーツ. 1974年の相撲(1974ねんのすもう)は、1974年の相撲関係のできごとについて述べる。

  9. 1974年の日本シリーズとは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › 1974年の日本シリーズ
    • 概要
    • 試合結果
    • 表彰選手
    • テレビ・ラジオ中継
    • 関連項目

    金田正一監督率いるロッテオリオンズと読売ジャイアンツのV10を阻んだ与那嶺要監督率いる中日ドラゴンズの対決となった同年の日本シリーズはロッテが4勝2敗で勝利し、毎日時代の1950年以来2度目の日本一を果たした。 ロッテは年間勝率1位でのシリーズ出場はこの年が最後。2005年はプレーオフ勝利によるパ・リーグ優勝で年間勝率は2位、2010年はパ・リーグ3位でクライマックスシリーズ勝利による出場である。 中日はこの年を皮切りに日本シリーズ6回連続敗退でこれはシリーズ記録。2007年は日本一になったが2位からの出場で、1位からの出場はこの年から8回連続敗退で現在も継続中である。 第1戦、2戦および4戦が逆転、第6戦が延長戦と混戦だった。また、両チームともに守りにミスが多く、特に8対5とロッテが制した第2戦では両チームともに3失策。6試合で計17失策であった。また、第2戦では両チーム合わせて13人の投手を起用する試合になった(新記録)。MVPは弘田澄男が獲得。 当時ロッテは宮城県仙台市の宮城球場を暫定本拠地としていたが、設備上の問題もありロッテ主管は後楽園球場で行われた。 1・2・6・7戦が当初のスケジュールで平日開催だったのはこの年が最後である(雨天順延の例を除く)。

    第1戦

    10月16日 中日入場者22148人 (ロ)金田、水谷則、成田、木樽、●村田(1敗)-村上 (中)松本幸、三沢、渋谷幸、○星野仙(1勝)-木俣 本塁打 (ロ)弘田1号ソロ(4回三沢)[審判]セ岡田和(球)パ道仏 セ竹元 パ岡田豊(塁)セ久保田 パ斎田(外) 公式記録関係(日本野球機構ページ)

    第2戦

    10月17日中日 入場者24798人 (ロ)木樽、八木沢、三井、水谷則、○成重(1勝)、村田-榊、土肥、村上 (中)鈴木孝、竹田、渋谷幸、稲葉、●星野仙(1勝1敗)、星野秀、水谷-木俣 本塁打 (ロ)山崎1号ソロ(6回竹田)、有藤1号ソロ(8回星野仙) (中)広瀬1号ソロ(5回木樽) [審判]パ斎田(球)セ松橋パ道仏 セ竹元(塁)パ大野 セ久保田(外) 3-5とリードされたロッテは8回、有藤通世の本塁打、弘田澄男の適時打と前日に続いて星野仙を攻略。急遽リリーフした星野秀孝から得津高宏が2点適時打を放ち逆転。一方、ロッテの村田は8回9回を無安打に抑えた。 公式記録関係(日本野球機構ページ)

    第3戦

    10月19日 後楽園入場者29103人 (中)○松本幸(1勝)、S鈴木孝(1S)-木俣 (ロ)●成田(1敗)、八木沢、水谷則、成重-土肥、村上 本塁打 (中)谷沢1号3ラン(4回成田)、島谷1号ソロ(6回成田)、谷沢2号ソロ(6回成田) (ロ)前田1号3ラン(8回松本幸) [審判]セ松橋(球)パ大野 セ岡田和 パ道仏(塁)セ竹元 パ岡田豊(外) 公式記録関係(日本野球機構ページ)

    最優秀選手賞 弘田澄男(ロ)
    敢闘賞 高木守道(中)
    打撃賞、技能賞 有藤通世(ロ)
    最優秀投手賞 村田兆治(ロ)

    テレビ中継

    1. 第1戦:10月16日 1.1. 中部日本放送≪TBS系列≫ 実況:後藤紀夫(CBC) 解説:杉浦清(CBC) ゲスト解説:野村克也(南海選手兼任監督) 2. 第2戦:10月17日 2.1. 東海テレビ≪フジテレビ系列≫ 実況:吉村功(THK) 解説:杉下茂(THK)、吉田義男(KTV・CX、翌年から阪神監督) ゲスト解説:稲尾和久(太平洋クラブ監督、この年で辞任)、荒川博(ヤクルト監督) 3. 第3戦:10月19日 3.1. 日本テレビ 実況:越智正典(NTV) 解説:青田昇(NTV、翌年からNETテレビへ移籍) ゲスト解説:山田久志(阪急)、田淵幸一(阪神) 4. 第4戦:10月20日 4.1. 日本テレビ 実況:赤木孝男(NTV) 解説:別当薫(NTV) ゲスト解説:山田久志、田淵幸一 4.2. NHK総合 実況:羽佐間正雄(NHK) 解説:鶴岡一人(NHK) ゲスト解説:上田利治(阪急監督) 5. 第5戦:10月21日 5.1. 東京12チャンネル 実況:金子勝彦(12ch) 解説:有本義明(12ch)、大島信雄(12ch)、森徹(12ch) 6. 第6戦:10月23...

    ラジオ中継

    1. 第1戦:10月16日 1.1. NHKラジオ第1解説:鶴岡一人、加藤進 1.2. TBSラジオ(JRN・CBCラジオ制作) 実況:福井豊治 解説:皆川睦雄、板東英二 1.3. 文化放送(NRN) 解説:別所毅彦ゲスト解説:荒川博 1.4. ニッポン放送(NRN・東海ラジオ制作) 実況:犬飼俊久 解説:大島信雄 ゲスト解説:福本豊(阪急) 1.5. ラジオ関東(現:ラジオ日本) 解説:河村保彦、大沢啓二 2. 第2戦:10月17日 2.1. NHKラジオ第1 解説:鶴岡一人、小西得郎 2.2. TBSラジオ(JRN・CBCラジオ制作) 実況:田口豊太郎解説:杉浦清 ゲスト解説:野村克也 2.3. 文化放送(NRN・東海ラジオ制作) 実況:亀関開 解説:法元英明ゲスト解説:福本豊 2.4. ニッポン放送(NRN) 解説:大島信雄 ゲスト解説:松岡弘(ヤクルト) 2.5. ラジオ関東 解説:河村保彦、大沢啓二 3. 第3戦:10月19日 3.1. NHKラジオ第1 解説:鶴岡一人、加藤進 3.2. TBSラジオ(JRN) 解説:水原茂ゲスト解説:稲尾和久 3.3. 文化放送(NR...

    • 勝数(引分数)
    • 1975 >
  10. 1973年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 1973年

    12月3日 - 日本テレビ系月曜スター劇場枠にて、宇津井健主演のテレビドラマ『たんぽぽ』 が放送開始( - 1974年5月6日。全22回)。 全22回)。 1978 10月まで全5シリーズ制作された同局の看板ドラマとなった。

  11. People also search for