Yahoo Web Search

  1. Boeing VC-25 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Boeing_VC-25

    Boeing VC-25 From Wikipedia, the free encyclopedia The Boeing VC-25 is a military version of the Boeing 747 airliner, modified for presidential transport and operated by the United States Air Force (USAF) as Air Force One, the call sign of any U.S. Air Force aircraft carrying the President of the United States.

    • Boeing 747-8

      Boeing 747-400: Variants Boeing VC-25B: The Boeing 747-8 is...

    • Development

      By 1985, the pair of Boeing 707-based VC-137s used as the...

  2. Talk:Boeing VC-25 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Talk:Boeing_VC-25

    Grammar. This paragraph is an example of the writing in this article: "The VC-25 is capable of flying 7,800 miles (12,600 km)—roughly one-third the distance around the world—without refueling. It can be refuelled during flight from a tanker aircraft. The VC-25A can accommodate more than 70 passengers.

  3. People also ask

    Where did the VC-25B modification take place?

    How many miles can a Boeing VC-25 fly?

    Who is the program manager for the VC-25B?

    How much does an Air Force One VC-25 cost?

  4. VC-25B begins modification to create the next “Air Force One ...

    www.aflcmc.af.mil › News › Article-Display

    Mar 11, 2020 · WRIGHT-PATTERSON AFB, Ohio (AFLCMC) – On February 25 th, the VC-25B program began modification on the first of two Boeing 747-8 aircraft that will travel the globe representing the United States of America.

  5. Boeing VC-25 – Wikipédia, a enciclopédia livre

    pt.wikipedia.org › wiki › Boeing_VC-25

    Duas novas aeronaves, designadas como VC-25B, têm previsão de entrega para 2024. O atual modelo do VC-25 é uma versão altamente modificada do Boeing 747-200B. Conta com várias medidas defensivas, blindagem e um avançado sistema de comunicação, que permite ao presidente comandar o país abordo da aeronave de forma segura.

  6. Boeing VC-25 | Military Wiki | Fandom

    military.wikia.org › wiki › Boeing_VC-25
    • Development
    • Design and Configuration
    • Operational History
    • Specifications
    • Notable Appearances in Media
    • See Also
    • References
    • External Links

    By 1985, the pair of Boeing 707-based VC-137s used as the Presidential aircraft had been in service for 23 and 13 years respectively, and the USAF began searching for an eventual replacement. The Request for Proposal issued stated that the aircraft to be selected should have at least three engines and an unrefueled range of at least 6,000 miles (9,700 km). Both Boeing with its 747 and McDonnell Douglas with the DC-10 were in competition to be selected, with the Boeing entry the eventual winner. The fabrication of the current 747s began during the presidency of Ronald Reagan(1981–1989). Reagan ordered two identical Boeing 747-200Bs to replace the Boeing 707s that he used for transport. The VC-25s were completed in 1986 and first flew in 1987. The interior designs were created by First Lady Nancy Reagan, who used designs reminiscent of the American Southwest. Problems with interior wiring for communication systems delayed delivery of the two aircraft until 1990, during the administrat...

    While the VC-25 has three decks, like a regular Boeing 747, its 4,000 square feet (370 m²) of floor space has been reconfigured for presidential duties. Its lowest deck is mostly cargo space, carrying luggage and the onboard food supply. The main passenger area is on the second floor or main deck. There are three entrances on board, two on the lower and one on the main deck. Typically the president boards and deplanes from the front, main deck entrance via an airstair, while journalists and other passengers enter at the lower rear door. Facilities for the press and other passengers are configured like an ordinary airliner's first-class cabin.

    The VC-25 replaced the VC-137C (a military version of the Boeing 707) as the mainstay of the Air Force One fleet. On some occasions, the VC-25s are used to transport the Vice President of the United States, for which service they adopt the callsign Air Force Two. These aircraft are maintained and operated as military operations by the Presidential Airlift Group, part of Air Mobility Command's 89th Airlift Wing, based at Andrews Air Force Basein Camp Springs, Maryland. The aircraft can also be operated as a military command center in the event of an incident such as a nuclear attack. Operational modifications include aerial refueling capability and anti-aircraft missile countermeasures. The electronics on board are connected with approximately 238 miles (383 km) of wiring, twice that of a regular 747. All wiring is covered with heavy shielding for protection from an electromagnetic pulse in the event of a nuclear attack. The aircraft also has electronic countermeasures (ECMs) to jam...

    Data fromBoeing BDS General characteristics 1. Crew: 26: 2 pilots, flight engineer, navigator,and cabin crew 2. Capacity:76 passengers 3. Length:231 ft 10 in (70.6 m) 4. Wingspan:195 ft 8 in (59.6 m) 5. Height:63 ft 5 in (19.3 m) 6. Max. takeoff weight:833,000 lb (375,000 kg) 7. Powerplant: 4 × General Electric CF6-80C2B1 turbofans, 56,700 lbf (250 kN) each 8. Zero fuel weight:526,500 lb (238,800 kg) Performance 1. Maximum speed:Mach 0.92 (630 mph, 1,015 km/h) at 35,000 ft altitude 2. Cruise speed:Mach 0.84 (575 mph, 925 km/h) at 35,000 ft altitude 3. Range:6,800 nmi (7,800 mi, 13,000 km) 4. Service ceiling:45,100 ft (13,700 m)

    The VC-25 "Air Force One" is a prominent symbol of the American presidency and its power; with the White House and presidential seal, it is one of the most familiar presidential symbols. Air Force One has often appeared in popular culture and fiction, most notably as the setting of the 1997 action movie Air Force Onewhere the aircraft had an escape pod and a parachute ramp, unlike the actual Presidential aircraft.

  7. VC-25 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › VC-25
    • 概要
    • 改造した点
    • 仕様
    • 運航および整備
    • 後継機の選定
    • 登場作品
    • 脚注
    • 関連項目

    VC-25は以前使用されていた大統領専用機VC-137(ボーイング707-320Cの改造機)の後継機として1986年に完成、1987年に初飛行したが、核爆発によって発生する電磁パルス(EMP)対策の追加仕様変更によって納期が遅れ、1990年に引き渡された。初めて使用した大統領はジョージ・H・W・ブッシュである。 この機はメリーランド州アンドルーズ空軍基地に駐屯するアメリカ空軍第89空輸航空団の所属であり、パイロットをはじめとする搭乗員は軍医も含め基本的にすべてアメリカ空軍の軍人である。 ベース機体が旅客機として世界的なベストセラーのボーイング747であるため、世界中の主要空港で整備や部品調達が可能で、毎日のように整備・点検が行われる。たとえ年に一回も搭乗しなかった場合でも、154日(約5ヶ月)に一度は徹底的な整備・検査を行う。 VC-25は2機存在し、それぞれの機体記号は82-8000(テールナンバーは28000)、92-9000(テールナンバーは29000)である。82-8000が大統領の搭乗機として優先的に使用され、92-9000は82-8000が整備中の際の予備機、または副大統領や閣僚の搭乗機として使用される。大統領と副大統領が別の機体に乗るのは、もし1機に墜落などのトラブルが起こった場合でも国家の運営に影響が出ないようにするためである。海外訪問時は搭乗機を特定されないように、またトラブルに備え2機一組で飛ぶ。 「エアフォースワン」という名称は、正確にはアメリカ大統領が米空軍機に搭乗したときに用いられるコールサインである。副大統領が搭乗する時のコールサインは「エアフォースツー」だが、映画『ホワイトハウス・ダウン』の中では「エアフォースワン」とコールされていた。大統領が搭乗しないフェリー移動の場合、VC-25のコールサインは、テールナンバーにちなみ「SAM28000」、「SAM29000」が使用される、なお「SAM」は「Special Air Mission」(特別任務)の略。

    VC-25の基本的飛行性能は747-200Bと同様だが、内装にはかなりの変更が施され、様々な貨物を載せていることから、定員は国際線用民間機で350人以上(JAL・ANA国内線機材で500人程)のところ、70席程度としている。 ジョージ・W・ブッシュ大統領任期末期の2008年に入り、内装や機能が後述のテレビ番組を通じて公表される様になったが、安全保障上の問題から、全ては情報公開されておらず、国家機密の部分も多い。以下に747-200Bからの主な変更点を挙げる。 コックピット 1. VC-25への改造が開始された頃は747-400の製造も開始されたばかりの過渡期であったため、高度計などの一部計器にはグラスコックピットを装備。機長(空軍大佐が受け持つ)・副操縦士 (空軍中佐が受け持つ)・航空機関士 (FE)(空軍少佐が受け持つ)の他に、航空士(ナビゲーター)も搭乗する為、航空士用のブースも置かれている。 外装 1. 塗装はVC-137のカラーリングを受け継ぎ、マリンブルー・スカイブルー・白でデザインされている。「UNITED STATES OF AMERICA」の文字入り。垂直尾翼には星条旗が描かれている。 内装 1. 1階席 1.1. 大統領執務室 1.2. 事務室 1.3. 寝室 1.3.1. 民間ファーストクラス同様、最前部に配置。 1.3.2. ソファーはベッドにもなり、長時間の運航の際には大統領搭乗前からベッドにされる 1.4. 会議室 1.4.1. 密閉・防音が可能でいざという時には大統領の手術室にもなる 1.4.2. 9・11テロ後には、ホワイトハウスの危機管理室や国防センターとリンクしたテレビ会議システムが導入された。 1.5. 医務室 1.6. シークレットサービスの座席と事務室(ここに、武器も搭載) 1.7. 一般客室 1.7.1. マスコミなどの同乗者用 1.8. ビジネスセンター 1.8.1. ファクシミリ、コピー機、ワークステーションといった事務機の区域 1.9. ギャレー(2箇所) 1.9.1. 機内食の最終的な調理と、ドリンク類の準備を行う 2. 2階席 2.1. 通信室 2.1.1. 電話回線(通常回線と盗聴防止用暗号化回線の2種類を用意)・ブロードバンドインターネット回線・衛星テレビも、この通信室を経由する。 2.1.2. 様々な通...

    全長:70.7 m
    全幅:59.6 m
    全高:19.3 m
    最大速度:Mach0.92

    機体整備

    1. 毎回運航前には必ず整備が行われ、エンジン・油圧系統・各種防御装置などは隅々まで点検される。 2. 特にエンジン・フラップ等の作動装置に関しては、金属の腐食の兆候が見られたら交換される(民間機の場合は数千回のフライトまで持たせる)。 3. 機内には、予備部品を積み込む格納庫があり、スペアタイヤも6本積まれる。

    機内食

    1. 機内で提供される食事は全日程のものが出発する前に積み込まれる。毒物混入防止の観点から訪問地での調達は禁止。また事前に購入する食材は給仕係自身が身分を隠して一般の店舗から購入したものである。 2. 出発する前にアンドルーズ空軍基地の厨房で大まかな下ごしらえをして真空パックで保管し、機内では最終的な調理のみをする。 3. 機内にはキッチン(ギャレー)が2つあり、電子レンジやオーブンが備え付けられている。これにより、真空パックの状態で積み込まれた料理ができたての状態で、温かい料理は温かい状態で提供できる。 4. キッチンには、大統領やファーストレディ、政権スタッフらの好みのコーヒーの入れ方(ブラックか、砂糖や甘味料が必要か、など)のリストが貼られており、そのリストに従って供される。 5. 食器類についても全て統一が図られている。例えば皿などは全て金縁の施された陶磁器製のもの、飲料用のコップはガラス製で大統領の紋章がデザインされたものが用いられている。また、フォークなどの銀食器はナプキンでくるみ、それに紙のリング(輪状の紙)を通してまとめた状態で出される。さらに、ドリンク・ナプキン...

    国外訪問時の対応

    大統領が国外訪問する際には、事前に空軍の人間やシークレットサービスの人間が空港の調査をする。空軍の人間は到着時の機体の位置などを事前に決めたり、補給する燃料のチェックをする。燃料は異物を混入される可能性があるため、指定業者から発注し、他の航空機の燃料とは別に保管する。燃料は保管する前に異物が混入されていないか抜き打ちチェックをされ、それをクリアしてから保管される。保管されるタンクの蓋には開封防止のタグをかけておき、もし使用するまでの間にそのタグが1か所でも取られていたら燃料は使われない。 シークレットサービスや空軍の先遣隊は空港の設備で基準に達していない物がないかをチェックし、改善が必要なら空軍機を利用して取り寄せる。また大統領専用リムジン「ビースト」や警備に必要な銃火器なども事前に訪問地に空軍機で送られ、場合によってはヘリコプターも空輸される。

    VC-25の耐用年数は30年といわれており、2017年にその年を迎えた。耐用年数を超えるとパーツの取得が困難になり整備コストも上昇するため、2021年までに後継機を導入することが計画されていた。 アメリカ空軍が発表した概要によると、選定条件は「大陸間の飛行が可能な4発機」とされ、これに該当する旅客機は当時、ボーイング747-8とエアバスA380の2機種で選考の結果、2015年1月28日にボーイング747-8を後継機に選定した。 機材決定後は内装・システム等の詳細を詰めて、2016年1月29日に次期エアフォース・ワンの購入プログラムで、ボーイングとリスク低減活動の契約を締結し、2016年7月15日に大統領専用機として適切な設計、改修、試験を行う契約を締結したと発表。 尚、購入機数はVC-25より1機多い3機体制で2018年に一号機目の空軍引き渡し、その後アメリカ空軍がテスト運用・実証した上で2023年から大統領専用機として運用する計画。なお、第45代米大統領のトランプ氏によって、機数や新製するかどうかについてなど、先行きは不透明である。

    ドキュメンタリー番組

    『シークレット・アクセス:AIR FORCE ONE』 1. ヒストリーチャンネルにて2008年に制作。 2. 第89空輸航空団のクルーらと共に2008年2月15日-21日のアフリカ歴訪での運航に密着。どのように運航されているかのプロセスを紹介。途中ではブッシュ大統領自らが機内を案内する。 3. 取材中、タンザニアで火山の噴火に遭遇。ブリティッシュ・エアウェイズ9便と同じトラブルを回避するシーンが盛り込まれている。 『On Board Air Force One』 1. ナショナルジオグラフィックチャンネルにて2009年に制作。 2. 第89空輸航空団の主要クルーや整備士、取材当時現職だったブッシュ大統領へのインタビューを交え、2001年9月11日のフライトや、2003年11月感謝祭での極秘フライト、ブッシュ政権最後の中東歴訪での運航、バラク・オバマ初搭乗までを密着した、ドキュメンタリー番組。 3. これらの番組制作にあたり、ホワイトハウスや国防総省からの特別な許可を得て、機内コックピットや通信室などの撮影を敢行している。 『Inside Air Force One Secret...

    映画

    『2012』 『インデペンデンス・デイ』 1. 大統領をはじめとする主要人物たちが、エイリアンの攻撃が行われるワシントンD.C.から避難するために搭乗。迫りくる爆炎をギリギリのところで回避し、その後エリア51へ向かう。 『エアフォース・ワン』 1. 大統領を乗せてモスクワからアメリカ本国への帰路についていた最中、カザフスタンの独裁者の解放を狙うテロリストの襲撃を受け、ハイジャックされる。 『ホワイトハウス・ダウン』 1. テロリストに遠隔操作で地対空ミサイルを撃ちこまれ墜落するが、護衛のF/A-18 ホーネットはフレア放出後に散開。

    ^ Inside Air Force One: Secrets Of The Presidential Plane - VC-25のスタッフや大統領専用機の歴史を紹介するチャンネル5の番組。総称として「Air Force One」をタイトルに冠している。
    ^ Felsenthal, Carol. "When Bill Clinton Left the White House.[リンク切れ] Chicago Daily Observer, January 22, 2009. Retrieved: June 26, 2009.
    ^ "Bush flies to Texas to begin post-presidential life." New York Times, January 20, 2009. Retrieved: September 9, 2011.
    C-32 (航空機)(ボーイング757-200)- 副大統領や国務長官ら要人が使用。
    C-40B/C(ボーイング737-700) - 主に高官らが使用する輸送機。
  8. Boeing to Advance VC-25B to Next Stage of Design - DoD Daily ...

    news.clearancejobs.com › 2018/04/10 › boeing-advance

    Apr 10, 2018 · The Boeing Co., Seattle, Washington, has been awarded a $24,069,475 firm-fixed-price modification (P00027) to previously awarded contract FA8625-16-C-6599 to advance the maturity of the air vehicle design beyond the preliminary design level on the VC-25B. This modification supplements work already taking place under the PAR contract, including ...

  9. Boeing 747 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Boeing_747

    Two new aircraft, based around the 747-8, are being procured which will be designated as VC-25B. E-4B – This is an airborne command post designed for use in nuclear war. Three E-4As, based on the 747-200B, with a fourth aircraft, with more powerful engines and upgraded systems delivered in 1979 as a E-4B, with the three E-4As upgraded to this standard.

  10. Air Force One - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Aircraft_One

    Boeing 747-200: First flight May 16, 1987 Introduction August 23, 1990 Status Active Primary user The President of the United States: Produced ...

  11. People also search for