Yahoo Web Search

  1. ケン・トンプソン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ケントンプソン

    ケネス・レイン・トンプソン(Kenneth Lane Thompson、1943年 2月4日 - )は、アメリカの計算機科学者。ハッカー仲間からはケン・トンプソン (Ken Thompson) と呼ばれている 。

  2. ケン・トンプソンとは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp/wiki/ケントンプソン

    ケン・トンプソンとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。

  3. Template:ケン・トンプソン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Template:ケン...

    使い方 {{ケン・トンプソン}} 引数. 折り畳み・展開設定方法 {{ケン・トンプソン|state=collapsed}}と設定すると、テンプレートは折り畳んだ状態で初期表示されます。

  4. [B! Wikipedia] ケン・トンプソン - Wikipedia

    b.hatena.ne.jp/entry/s/ja.wikipedia.org/wiki...

    b-wind, ”後に Thompson hack と呼ばれるようになる、loginプログラムにバックドアを仕組むようなコンパイラを作るようコンパイラのバイナリを仕組み” / linklist, ”デニス・リッチーと共にUNIXを開発”

  5. Template:ケン・トンプソン/doc - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Template:ケン...

    これはTemplate:ケン・トンプソンの解説 サブページです。 使用方法、カテゴリ、およびその他テンプレート自体に含まれない情報を収容しています。

  6. B言語 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/B言語

    B言語(ビーげんご)は、AT&Tベル研究所のケン・トンプソン (Ken Thompson) によって開発されたプログラミング言語である。 ケン・トンプソンがデニス・リッチー(Dennis Ritchie)監修の元で設計し、1969年頃に登場した

  7. デニス・リッチー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/デニス・リッチー

    1983年、ケン・トンプソンと共にチューリング賞を受賞。 受賞理由は「汎用オペレーティングシステム理論の発展への貢献、特にUNIXオペレーティングシステムの実装への貢献に対して」 (英文:"for their development of generic operating systems theory and specifically for the implementation of the UNIX operating system") 。

  8. ロブ・パイク - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ロブ・パイク

    また、ケン・トンプソンと共にUTF-8の開発を行った。パイクは細かいプログラムも開発しており、例えば電子メールの差出人の顔写真の画像を表示するプログラム vismon などがある。

  9. トンプソン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/THOMPSON

    トンプソンルーク - ニュージーランド生まれの日本代表ラグビー選手。 トンプソン・サブマシンガン - アメリカ合衆国でジョン・t・トンプソンによって開発されたサブマシンガン。 トンプソン・アイミ - 日本で活動しているオーストラリア子役ハーフ ...

  10. Ken Thompson — Wikipédia

    fr.wikipedia.org/wiki/Ken_Thompson

    Biographie. Après avoir obtenu ses diplômes à l'université de Californie à Berkeley, il rejoint les Laboratoires Bell en 1966 [1].Il y travaille sur les systèmes d'exploitation à temps partagé, notamment Multics, puis Unix à partir de 1969 et plus tard Plan 9.