Yahoo Web Search

  1. 詩 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/

    日本では明治になるまでは「詩」といえば 漢詩 を指し、「歌」は日本古来の歌謡から発したものを指した。 文学 の一形式として「詩」の語を使うようになったのは、西洋文学の影響から作られた『 新体詩抄 』などを起源とする 。

  2. 自由詩 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/自由

    自由(じゆうし、英語: free verse; フランス語: vers libre )とは、音の数や文字数に一定のパターンがなく、また、音韻を踏むなどもしていない、すなわち、押韻や韻律に捉われない、自由な形式で書かれたである。

  3. サクラノ詩 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/サクラノ

    サクラノ サウンドトラックCD 音楽:松本文紀 (szak)、PixelBee サクラノ ヴォーカルCD オープニング、エンディングテーマ全曲と、「櫻ノ」Piano Vocal Ver、各曲inst verを収録。 書籍 サクラノ -櫻の森の上を舞う- 公式ビジュアルアーカイブ

    • すかぢ
  4. スラヴ叙事詩 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/スラヴ叙事

    スラヴ叙事は全20作から成り、最大のものは高さ6メートル、幅8メートルある 。作品は溶剤に卵を使ったテンペラを基本とし、一部には油彩も使われている 。

  5. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 『 詩品 』(しひん)は、 中国 南北朝時代 、 梁 の鍾嶸が編纂した文学評論書。� 全3巻。�

  6. 詩経 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/

    古くは単に「」と呼ばれ、また周代に作られたため「周」とも呼ばれる。儒教の基本経典・五経あるいは十三経の一。漢詩の祖型。古くから経典化されたが、内容・形式ともに文学作品(韻文)と見なしうる。

  7. 風と木の詩 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/風と木の

    『風と木の』(かぜときのうた)は、竹宮惠子による日本の漫画作品。 1976年 、『 週刊少女コミック 』( 小学館 )10号から連載開始。 1981年 冬の号から、連載誌を『 プチフラワー 』(小学館)に変えて 1984年 6月号まで連載された。

    • 人物
    • 主な作品
    • 外部リンク

    岐阜県養老郡時村(現・岐阜県大垣市上石津町)出身。16歳の時、海軍軍楽隊に応募し、第一期軍楽補習生として横須賀海兵団に入団。海軍軍楽隊専属の作曲家としての将来を嘱望され、海軍省委託生として、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)に6年間通学してチェロ等の音楽を学び、1925年(大正14年)、処女作『千代田城を仰ぎて』を完成させる。また1928年(昭和3年)には昭和天皇即位大典演奏会で吹奏楽大序曲『挙国の歓喜』を発表した。 1931年(昭和6年)に海軍を退役し、翌年、亡妻をしのんで作曲した『忘られぬ花』が松平晃(レコードでは池上利夫)の歌唱により大ヒット。これを機にそれまでクラシック作曲家を目指していた江口は流行歌の作曲家の道を歩むことになり、その後『十九の春』、『秋の銀座』、『月月火水木金金』、『長崎のザボン売り』、『憧れのハワイ航路』、『赤いランプの終列車』、『瓢箪ブギ』など数々のヒット曲を生み出した。1939年(昭和14年)に東京世田谷に、「国民音楽院」を設立し(戦後は「日本歌謡学校」)、多くの弟子を世に送り出した。 門下の歌手としては、瀬川伸、真木不二夫、小畑実、津村謙、春日八郎、曽根史郎等がおり、作曲家としては倉若晴生、桜田誠一がいる。服部良一は、先輩江口夜詩の才能を最も高く評価していた一人だった。生涯にわたる作曲数は4000曲を超え、古賀政男とは終生ライバル関係であった。 1963年(昭和38年)、パーキンソン病に冒され、長期の闘病生活を余儀なくされたが、1978年(昭和53年)12月8日死去。75歳没。長男の江口浩司(1927年 - 2010年)は海軍兵学校在校中に終戦を迎え、のち作曲家となった。 出身地の上石津町(旧・時村)は、地元に関する楽曲の作詞作曲など、江口の地域への貢献に対して、1970年に自治功労者、1974年に名誉町民を贈っている。さらに、没後の1979年には顕彰碑が建立され、1994年には江口夜詩記念館を中心とした日本昭和音楽村が開設された。 子息は作曲家の江口浩司。

    千代田城を仰ぎて(1925年)レコード(1929年)
    夜の愁い(1929年)
    忘られぬ花(1932年)
    時雨ひととき(1932年)
    江口夜詩 - 日本映画データベース
    江口夜詩 - allcinema
    江口夜詩 - KINENOTE
    • 概要
    • 中近世の文献
    • 解釈
    • 近代の様相
    • 関連項目
    • 参考文献

    現存する文献では、「延暦九年注」(790年)として、鎌倉時代に成立した『延暦寺護国縁起』に引用された逸文が初出といわれる。引用された内容が事実ならば、奈良時代末期には作られていたことになる。また、平安時代には、『日本書紀』読解の講義録である『日本紀私記丁本』(936年、承平6年)の問答集に言及がある。それによれば、日本を「姫氏国」とする説があるかという質問に対し、宝志の予言に「東海姫氏の国」とあり、皇室は女神の天照大神を始祖とし、また女帝の神功皇后がいるから、日本を姫氏の国と称したという回答が収録されている。 平安時代末期に成立した『江談抄』によれば、遣唐使の吉備真備が唐の玄宗に謁見した時、解読を命じられた。詩は文がバラバラに書かれていて、まともに読めないようになっていた。真備が困り果てて日本の神仏に祈ると、蜘蛛が落ちてきて、蜘蛛の這った後を追うと、無事読むことができたという。また、現存の前半部分には、野馬台詩に関する部分を欠くが、同じく平安末成立の絵巻物である『吉備大臣入唐絵巻』も、同じ事柄を描くものである。 平安時代後期から、終末論の一種として、天皇は百代で終わるという「百王説」が流布するようになった。鎌倉時代初期成立の慈円の『愚管抄』には、「人代トナリテ神武天皇ノ御後百王トキコユル。スデニノコリスクナク八十四代ニモナリニケル中ニ。保元ノ乱イデキテ後ノコトモ。又世継ガ物ガタリト申物ヲカキツギタル人ナシ。少少アルトカヤウケタマハレドモ。イマダエ見侍ラズ。」とあり、百王説が説得力を持っていたことがわかる。 南北朝時代には天皇が百代に達した(現在の皇統譜では、後小松天皇で百代。しかし、当時は北朝を正統としており、他にも即位を認められていなかった天皇もいるため、数え方によって数代前後する)。1402年、足利義満は、坊城俊任に「百王」の端緒を問うた。俊任は吉田兼敦に「百字とはただ衆多の数のことで、百の字に数の百という意味はない」と教えてもらったという。『古事記』に「百王(もものきみ)」とあるのは確かに兼敦の解釈で正しいのだが、今谷明は、皇位簒奪を企んだ義満が、『野馬台詩』を念頭に質問したのではないかと推測している。 江戸時代に入ると、野馬台詩のパロディが作られるようになった。幕末には、鯰絵の一種である『野暮台詩』、浦賀への黒船来航を詠んた『野暮代之侍』、南部藩領で起...

    室町後期の写本 1. 『野馬台縁起』 - 東大寺(戒壇院経蔵)蔵(大永2年(1522年))写本 2. 『歌行詩』系写本 - 『長恨歌』『琵琶行』『野馬台詩』を合編した写本群、享禄4年(1531年)写の三重大学図書館蔵本が現存最古とされる 江戸期の刊本 1. 『歌行詩三部抄』 - 寛文9年(1669年)、京都・山村伝右衛門刊 2. 『歌行詩三部首書』 - 延宝3年(1675年)以前刊か 3. 『歌行詩諺解』 - 貞享元年(1684年)刊 4. 『歌行詩詳解』 - 貞享2年(1685年)刊 5. 『野馬台詩国字抄』 - 寛政9年(1797年)刊、文政5年(1822年)再版 6. 『野馬台詩余師』 - 天保14年(1843年)刊、『経典余師』シリーズの1冊、弘化3年(1846年)再版

    予言の例に漏れず、この詩も様々な解釈がされている。たとえば、詩の「猿犬英雄を称す」の下りは、元寇の後で、猿はムクリ(モンゴル)、犬は蛮という解釈がされた。室町時代には、鎌倉公方の足利氏満は申年生まれ、義満は戌年生まれだから、猿や犬とは二人のことであるという解釈がされた。応仁の乱の後、『応仁記』は乱で荒廃した京都の有様を、予言の成就として記録している。また、『応仁記』では、猿は山名宗全、犬は細川勝元に比定している。やはり、それぞれ申年、戌年生まれというのを根拠にしている。

    1875年(明治8年)に、『吉備大臣支那譚』と題した歌舞伎狂言が、河原座にて上演される。これは、吉備真備の入唐譚を題材とした演目で、蜘蛛が下りて来ることで、野馬台詩が解読される場面をクライマックスとしていた。更に、1931年(昭和6年)には、『野馬台詩解説』なる書物が、真田鶴松という人物によって、郁芳社から出版されている。その解釈は、国粋主義的な色彩を帯びており、末句では、「茫々として空となる」のは中国であって、日本は「緑滴る瑞穂国」にして「東洋蓬莱島の青丘」として厳然と繁栄している、という解釈で結びとしている。また、小峯著書では、1949年(昭和24年)に至っても、京都大学の高瀬武次郎の揮毫した野馬台詩の掛幅を、藤田義男という人物が見て記した序が存在したことが、報告されている。ここでは、「青丘赤土となる」を青山が整地されて飛行場となるさまに比定しており、「茫々として空し」は焦土となった国土そのものである、と述べ、戦中戦後の様である、と記している。

    小峯和明 『中世日本の予言書―〈未来記〉を読む』 岩波書店〈岩波新書〉、2007年1月、ISBN 978-4004310617。
    小峯和明 『『野馬台詩』の謎 歴史叙述としての未来記』 岩波書店、2003年11月、ISBN 4-00-002319-5
    佐藤弘夫 『偽書の精神史 神仏・異界と交感する中世』 講談社〈講談社選書メチエ 242〉、2002年6月、ISBN 4-06-258242-2
    今谷明 『室町の王権 足利義満の王権簒奪計画』 中央公論新社〈中公新書〉、1990年7月25日、222頁、ISBN 4-12-100978-9。
  8. 三上絵とは謎が多い人気画家. 三上絵さんは色鉛筆画家・色鉛筆画講師です。 色鉛筆以外にも、水彩画や書道について造詣が深い方です。 wikipedia風に紹介するならば、以下の通りになります。