Yahoo Web Search

  1. J-pop - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › J-pop

    The origin of modern J-pop is said to be Japanese-language rock music inspired by the likes of The Beatles. Unlike the Japanese music genre called kayōkyoku, J-pop uses a special kind of pronunciation, which is similar to that of English. One notable singer to do so is Keisuke Kuwata, who pronounced the Japanese word karada ("body") as kyerada.

    • Nominally 1980s–early 1990s Japan;, Roots traced to the 1960s–1970s
  2. List of J-pop artists - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › List_of_J-pop_artists

    Later called Japan -made Pop, the term was shortened to J-pop and now encompasses a wide range of musical styles and genres. J-pop represents modern pop culture music originating from the country or musical talent of Japan. This is a dynamic list and may never be able to satisfy particular standards for completeness.

  3. People also ask

    What was the original name of J pop?

    What kind of pronunciation does J pop use?

    Is there a Wikimedia Commons page for J pop?

    What is the abbreviation for Japanese pop music?

  4. J-pop - Simple English Wikipedia, the free encyclopedia

    simple.wikipedia.org › wiki › J-Pop

    J-pop is a short name for Japanese pop, which means popular music or songs in Japan. Some people calls "歌謡曲" toward older songs. From around 1940s until recently, J-Pop has been influenced (affected) by Western popular music and culture. But new J-Pop nowadays sounds different than older J-Pop.

  5. Category:J-pop - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Category:J-pop

    J-pop is a popular music genre in Japan.

  6. J-POP - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › J-POP
    • 1988年
    • 1990年代
    • 2000年代
    • 2010年代
    • 2020年代

    1988年、10月に開局したばかりの東京のFMラジオ局、J-WAVEが「J-POP」の発祥となった。J-WAVEは「多文化的」「スタイリッシュ」な町六本木に存在しており、当初は邦楽を全く放送していなかった。しかし1988年の年の暮れ、同社の斎藤日出夫常務(2012年より社長)がレコード会社の邦楽担当者らと共に、J-WAVEで邦楽を流そうと言う企画が発足する。レコード会社側も「洋楽しか流さないJ-WAVEが流した邦楽には希少性があり、それを集めたコンピレーションアルバムを出す」などと言った目論見もあったという。 この際に「日本のポップス」をどう呼称するのかが検討された(斉藤によれば、いつまでも和製○○などと言っていてはいつまでもオリジナルを越えられないと言う)が、ジャパニーズ・ポップス、ジャパン・ポップス、シティー・ポップス、タウン・ポップスなどが検討された(「シティ・ポップ」はウィキペディア日本語版の項目として存在する)が、「ジャパニーズ・ポップスにせよ、ジャパン・ポップスにせよ、頭文字はJだ。そしてここは、J-WAVEだ」と言う意見が出され、Jの文字を用いることとされた。ジャーナリストの烏賀陽弘道によれば、当時、1986年に浜田省吾がアルバム『J.BOY』を発表、1987年に日本国有鉄道が分割民営化されJRに、1985年に日本専売公社がやはり民営化され日本たばこ産業、すなわちJTになった時代であり、日本を表す「J」と言う文字が定着してきた時期であったことも一因とされるのではないかとしている。いずれにせよこれが「J-POP」と言う語の誕生の瞬間であり、この時点ではあくまでJ-WAVE内部のみでの呼称であった。関係者の証言により異なるが、1988年末か1989年初頭頃のことである。 このジャンルは、マスメディア側が先導する形で音楽カテゴリーのひとつとして誕生し、それにふさわしい音楽を売り手側が分類しているという点において、グラム・パンク・グランジ・オルタナティブ・ロック・ヒップホップなどといった他の音楽ジャンルと異なる、大きな特徴といえる。斉藤によれば当初の部類は多分に感覚的であり、演歌やクラシック音楽はだめ、サザンオールスターズや松任谷由実はOK、アリスやCHAGE and ASKAは違う、などとされていたが、明確な根拠などはなかった。しかし洋楽の何かに影響を...

    1990年代は邦楽が大変革を遂げた年代である。機材のコモディティ化が進み、PCM音源やサンプラーが安価になったことで、制作者が多彩な音色を扱えるようになった。また、打ち込みが当たり前に使われるようになったことで、音の厚みとBPMが急速に増加し、楽曲の展開も複雑になった。打ち込みの普及は楽曲の量産やボーカルの加工に繋がり、工業製品のような商業音楽も多数現れた。ソフトロック・テクノ・ハウス・トランス・R&B等、世界的に評価された洋楽の表現手法が大々的に導入され始め、「まるで洋楽のよう」な新時代の邦楽として高く評価されるようになった。従って、機材の進化による音質向上は当然のことながら、邦楽全体としても、洋楽を邦楽に翻訳したような感覚の音楽が主流となり、表現はよりポピュラーになり、コード進行,リズム,テンポ自体も高度に洗練された音楽が次々に登場した。躍動感や音の密度を上げるため、BPM130を超える作品も現れた。1980年代末にTM NETWORKのSelf Controlを筆頭に16ビートの「早口な歌」が現れ、少し遅れてB'zやZARDがデビューしており、ビーイングによって高速な打ち込みとハードロックの融合が行われるようになった。その数年後、TRFのEZ DO DANCE,EAST END×YURIのDA.YO.NE,電気グルーヴの虹,安室奈美恵のTRY ME 〜私を信じて〜と言ったエレクトロニック・ダンス・ミュージック系統のJ-POPが本格化した。1990年代前半はハードロックやハードコアテクノやユーロダンス、1990年代後半はR&Bやレゲエの流行に移り変わり、その後は趣味嗜好の多様化により画一的な構図では音楽の流行を説明できなくなった。 1982年に登場したコンパクトディスク (CD)およびその再生装置の爆発的な普及により音楽市場が一気に拡大し、売り上げは右肩上がりを続けて1991年に初の4000億円台を記録すると、1998年の6074億9400万円まで史上最高を更新し続けた。生産量も1991年に3億枚を突破、1993年に4億枚を突破するなど成長を続ける中で、個人としても1977年に阿久悠が作詞家として記録した1172万9000枚の作家別の年間売り上げ記録を、1993年に「負けないで」(ZARD)の作曲などで知られる織田哲郎が作曲家として1240万5000枚を記...

    2000年代前半は1998年から起きた、日本国内におけるR&Bや2ステップのブームが終焉を迎え、以後は中田ヤスタカによる数々の音楽プロジェクトの成功により、2007年から日本国内で2回目のテクノポップ・ムーブメントが起きたことで、アコースティック感を持たない、極めて抽象的なシンセサイザー音(「ピコピコ」と形容される音)が主体の音楽が多数作られるようになって行った。同時に、PC上のDAWによる打ち込みが主流となり、音楽表現が劇的に高度化・複雑化した。PC上のDAWによる打ち込み主体の音楽に移行した原因としては、顧客の趣味嗜好の細分化によりCD不況とも呼ばれる状況に移行してしまったことで制作費用が掛けられなくなり、スタジオ・ミュージシャンの起用などが難しくなったことも影響している。更に、PCやインターネットへの常時接続環境の普及により、個人が容易に情報発信を行えるようになり、アマチュアが自主的に音楽配信を開始したことで、ネットを中心とした音楽シーンなども形成されるようになって行った。インターネットを介した情報交換が国家を跨いで活発に行われた結果として、音楽ジャンルの融合が加速し、音楽表現そのものが飛躍的な高度化を見せた。2000年代も末になると、ネット発の音楽家が多数表舞台に立つようになった。 2001年3月、宇多田ヒカルのアルバム『Distance』を発売。リリース予定公表後に浜崎あゆみのベストアルバム『A BEST』に発売日をぶつけられ、テレビのワイドショーやスポーツ新聞などから「歌姫対決」と煽られる。最終的に双方とも売り上げ400万枚を超えるヒットとなった。 2000年代に入るとシングル盤の売上が減少しだし、2003年の「世界に一つだけの花」(SMAP)を最後に日本レコード協会の認定で200万枚を超える売上(出荷)を記録したシングル盤が2012年まで現れなくなった。また、2000年代後半に入るとミリオンセラーのCD自体が減少するようになった(日本レコード協会の認定で2008年と2009年の2年連続、オリコンの集計で2008年から3年連続でミリオンセラーとなったシングル盤がなかった)。 その一方で、音楽配信(デジタル・ダウンロード)の売上が増加するという事象が発生する。日本レコード協会の発表によると、同協会が集計の公表を開始した2005年から2008年まで有料...

    2010年代になるとシングル盤だけでなくアルバム盤もミリオンセラーとなる作品が少なくなり、「CD不況」と呼ばれる状況となった(2010年発売のアルバム盤で年度内にミリオンを突破したのは2作のみ)。さらに、2010年のオリコン年間シングルランキングはAKB48と嵐の2組のみでTOP10を独占するなど特にシングル盤においてアイドルグループとその他アーティストとの売上の格差が大幅に拡大した。また、韓国の商業音楽であるK-POPから少女時代,PSY,BLACKPINK,BTSなどが日本進出や世界進出に成功し、日本人も韓国の音楽文化に触れるようになった。 一方で、日本レコード協会が発表した2010年のRIAJ有料音楽配信チャートの着うたフル年間チャートでは、AKB48の楽曲は「ヘビーローテーション」の12位が最高であり、着うたフルを配信していない嵐はチャート対象外である。着うたフルを配信しなかったジャニーズ作品(SMAP、嵐、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP等)が2010年のオリコン年間シングルランキングトップ100のうち23曲も占めたり、桑田佳祐(サザンオールスターズ)・Mr.Children・BUMP OF CHICKENなど、着うたフルを配信していないアーティストのCD盤のセールスが顕著に伸びる傾向が一段と強くなった。一般にAKB商法やK-POP商法と呼ばれる、メンバーとの握手券などの特典を付けることにより、熱心なファンが同じ商品を複数枚買うようなセールス方法が常態化したことも挙げられた。 このように2010年代はCDセールス、着うたフル、itunes等による曲のダウンロード、ストリーミングサービスとそれぞれにチャートがあった。そのため、ヒットしたものを客観的に判定するのが難しい側面もあった。オリコンは長らくCDセールスを重視してきたが、2017年に「デジタルシングル(単曲)ランキング」、2018年にCD、デジタル・ダウンロード、ストリーミングを合算した「合算ランキング」の発表を開始した。 2010年代の初頭から中頃には、西野カナ、back numberなど恋愛友情系で歌詞に緻密さがあるものや、原宿系文化をベースにしたきゃりーぱみゅぱみゅ、元は覆面バンドであったSEKAI NO OWARI、トラックを組み合わせるスタイルのバンドゲスの極み乙...

    新型コロナウイルス感染症の流行によりソーシャルディスタンスを確保する必要が生じると、2000年代以降成長を続けてきた音楽ライブの市場規模は大幅な減少となった。ぴあ総研によると、2020年のオンラインライブを除いた音楽フェス市場は2019年の330億円から対前年比98%減の6.9億円に激減した。多くの音楽家にとって、楽曲の公開で作品の配信やオンラインライブ以外の方法が取りにくくなった。そのような状況の中、一般人女性のひらめが制作してTikTokに投稿した「ポケットからきゅんです!」がバズを引き起こすなど、一般人が一般人の共感を得る構図で、SNSの口コミによって作品が拡散するようになった。過去には芸能プロダクション、音楽事務所が売り出す方法に頼らざるを得なかったが、TuneCoreなどの音楽配信委託サービスの登場により、誰でも世界中に自分の楽曲を配信することが可能となったことで、瑛人、yamaなどSNS経由でのインディペンデントアーティストのブレイクが増加している。 2020年には、CD未リリースながらストリーミングやYouTubeの再生回数で好成績を収めたYOASOBIが音楽チャート「Billboard Japan Hot 100」の年間1位を獲得しNHK紅白歌合戦に出場するなど、フィジカルセールスからストリーミングへの流れがさらに拡大している。

    • 1980年代 - 1990年代初頭、日本
    • .mw-parser-output .hlist ul,.mw-parser-output .hlist ol{padding-left:0}.mw-parser-output .hlist li,.mw-parser-output .hlist dd,.mw-parser-output .hlist dt{margin-right:0;display:inline-block;white-space:nowrap}.mw-parser-output .hlist dt:after,.mw-parser-output .hlist dd:after,.mw-parser-output .hlist li:after{white-space:normal}.mw-parser-output .hlist li:after,.mw-parser-output .hlist dd:after{content:" · ";font-weight:bold}.mw-parser-output .hlist dt:after{content:": "}.mw-parser-output .hlist-pipe dd:after,.mw-parser-output .hlist-pipe li:after{content:" | ";font-weight:normal}.mw-parser-output .hlist-hyphen dd:after,.mw-parser-output .hlist-hyphen li:after{content:" - ";font-weight:normal}.mw-parser-output .hlist-comma dd:after,.mw-parser-output .hlist-comma li:after{content:"、 ";font-weight:normal}.mw-parser-output .hlist-slash dd:after,.mw-parser-output .hlist-slash li:after{content:" / ";font-weight:normal}.mw-parser-output .hlist dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li:last-child:after{content:none}.mw-parser-output .hlist dd dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li li:first-child:before{content:" (";font-weight:normal}.mw-parser-output .hlist dd dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li li:last-child:after{content:") ";font-weight:normal}.mw-parser-output .hlist ol{counter-reset:listitem}.mw-parser-output .hlist ol>li{counter-increment:listitem}.mw-parser-output .hlist ol>li:before{content:" "counter(listitem)" ";white-space:nowrap}.mw-parser-output .hlist dd ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li ol>li:first-child:before{content:" ("counter(listitem)" "}ポップ, グループ・サウンズ, クロスオーバー, ユーロビート
  7. J-pop - Wikipedia

    ro.wikipedia.org › wiki › J-pop

    J-pop (adesea stilizat ca J-POP; abreviat de la Japanese pop [pop japonez]; în japoneză ジェイポップ jeipoppu) este un subgen muzical al muzicii pop care îmbină și elemente muzică tradițională japoneză, și a devenit pe larg răspândit în Japonia la începutul anilor 1990. Până în 2013, top cinci cei mai bine vânduți ...

    • Mainstream în Japonia începând cu anii 1990
    • Anii 1980–începutul anilor 1990, Japonia;, (rădăcinile trăgându-se din anii 1960–1970)
  8. Jpop Wiki | Fandom

    www.jpop.fandom.com › wiki

    Konnichi wa and welcome to Japanese Music Wiki, a collaborative encyclopedia dedicated to all things Japanese Music. This wiki's goal is to provide you with the latest info on your favorite artists including new music releases, music videos, trivia and more. 376,956 edits • 29,990 articles • 72 active users since Feburary 19, 2013. What's new

  9. Wikipedia

    www.wikipedia.org

    Wikipedia is a free online encyclopedia, created and edited by volunteers around the world and hosted by the Wikimedia Foundation.

  10. Egoist (band) - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Egoist_(band)

    Egoist (band) Egoist is a Japanese pop music duo consisting of songwriter Ryo of Supercell and vocalist Chelly. Originally formed to produce theme music for the 2011 anime television series Guilty Crown, the group continued creating other songs after the end of the series including themes for other anime television series including Psycho-Pass ...

  11. People also search for