Yahoo Web Search

  1. Lamar Alexander - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Lamar_Alexander

    Andrew Lamar Alexander Jr. (born July 3, 1940) is a retired American lawyer and politician who served as a United States Senator from Tennessee from 2003 to 2021.

  2. Lamar Alexander - Simple English Wikipedia, the free encyclopedia

    simple.wikipedia.org › wiki › Lamar_Alexander

    Andrew Lamar Alexander, Jr. (born July 3, 1940) is an American politician. He was a United States senator from Tennessee from 2003 to 2021. He is a member of the Republican Party. Alexander was conference chair of the Republican Party in the US Senate from 2007 to 2012.

  3. Lamar Alexander – Wikipedia

    sv.wikipedia.org › wiki › Lamar_Alexander

    Lamar Alexander föddes i Maryville, Tennessee 1940 och tog examen ifrån Vanderbilt University 1962. Efter studier i juridik vid New York University Law School arbetade han en tid som notarie åt John Minor Wisdom vid New Orleans appellationsdomstol , innan han tog steget in i politiken och började arbeta åt senator Howard Baker .

  4. Category:Lamar Alexander - Wikimedia Commons

    commons.wikimedia.org › wiki › Category:Lamar_Alexander

    Jul 08, 2020 · Lamar Alexander: Date of birth: 3 July 1940 Maryville: Country of citizenship: United States of America; Educated at: Vanderbilt University (Bachelor of Arts, –1962)

  5. Lamar Alexander – Wikipédia, a enciclopédia livre

    pt.wikipedia.org › wiki › Lamar_Alexander

    Lamar Alexander Andrew Lamar Alexander (nascido em 3 de julho de 1940, Maryville, Tennessee) é um político norte-americano. Foi governador do Tennessee entre 1979-1987 e secretário da educação dos Estados Unidos de 1991 a 1993. Atualmente é senador pelo Tennessee.

  6. 1978 Tennessee gubernatorial election - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › 1978_Tennessee

    The 1978 Tennessee gubernatorial election was held on November 7, 1978. Republican nominee Lamar Alexander defeated Democratic nominee Jake Butcher with 55.84% of the vote.

  7. 2014 United States Senate election in Tennessee - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › United_States_Senate

    The 2014 United States Senate election in Tennessee took place on November 4, 2014, to elect a member of the United States Senate from the State of Tennessee. Incumbent Republican U.S. Senator Lamar Alexander defeated Democrat Gordon Ball and was reelected to a third term in office with 61.9% of the vote against 31.9%.

  8. アンドリュー・ラマー・アレクサンダー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › アンドリュー
    • 生い立ちと私生活
    • 初期の政治経歴
    • テネシー州知事
    • 州知事退任後
    • アメリカ合衆国上院議員
    • 選挙結果

    1940年7月3日にテネシー州メリービルにおいて誕生した。父親は同名のアンドリュー・ラマー・アレクサンダー (Andrew Lamar Alexander、1907-1984)、母親はジェネヴラ・フローライン・ランキン (Genevra Floreine Rankin、1914-2000) であった。アレクサンダーは高校時代にボーイズステイトのテネシー州知事に選出された。アレクサンダーは1962年にヴァンダービルト大学を卒業した。アレクサンダーは友愛会ファイ・ベータ・カッパ及びシグマ・カイに所属した。アレクサンダーは1965年にニューヨーク大学法科大学院を卒業した。アレクサンダーは大学院を卒業後、1965年から1966年までニューオーリンズで法廷書記官として働いた。アレクサンダーはアメリカ合衆国第5巡回区控訴裁判所において、ジョン・マイナー・ウィズダム判事の書記官を務めた。 1969年にテキサス州ヴィクトリア出身のレスリー・ブーラーと結婚した。2人は連邦上院議員スタッフによるソフトボール大会で知り合った。知り合った当時、アレクサンダーはテネシー州選出ハワード・ベイカー上院議員の下で働いており、レスリーはテキサス州選出ジョン・タワー上院議員の下で働いていた。2人の間には、男子2人と女子2人が誕生した(アンドリュー、レスリー、キャスリン、ウィリアム)。 アレクサンダーはピアニストでもあった。アレクサンダーは主にクラシック音楽やカントリー・ミュージックを演奏した。2007年4月には歌手パティ・ペイジが1950年のヒット曲「テネシーワルツ」をセルフカバーする際に、ピアノ奏者としてレコーディングに参加した。アレクサンダーがレコーディングに参加したきっかけは、レコード会社幹部のマイク・カーブの誘いによるものであった。2007年4月4日にはアレクサンダーの連邦上院議員再選に向けた選挙運動の資金調達のため、ナッシュヴィルのシャーマーホーン交響センターでパティ・ペイジと共にライブパフォーマンスを行った。

    1967年にハワード・ベイカー連邦上院議員の議会補佐官として勤務した。アレクサンダーは後の連邦上院議員トレント・ロットをルームメイトとして生活した。1969年にニクソン大統領の秘書官であるブライス・ハーロウの下で働いた。1970年、アレクサンダーはテネシー州に戻り、ウィンフィールド・ダンの選挙参謀を務めた。アレクサンダーはダンの州知事選挙勝利に貢献した。 アレクサンダーはダンの選挙参謀として評価を受け、1974年の州知事選挙では共和党候補として指名を受けた。アレクサンダーは州知事選挙において、民主党の元連邦議員レイ・ブラントン候補と争うことになった。ブラントンはアレクサンダーについて、「ニクソンの下で働いていた男」と糾弾した。選挙戦の数ヶ月前にリチャード・ニクソンがウォーターゲート事件で大統領を辞任していたことから、この非難はアレクサンダーの評判を下げる要因となった。またアレクサンダーの父親は教師であったが、そのような環境で育ったアレクサンダーは一般的なテネシー州民の考え方とは乖離があるとの攻撃もなされた。結果、民主党ブライトンが総投票の56パーセントを獲得し、得票率44パーセントの共和党アレクサンダーを下した。 1974年に雑誌タイムは、「将来の顔200人」の1人として、アレクサンダーの名前を挙げた。1977年、ハワード・ベイカー連邦上院議員が上院少数党院内総務に選出されると、アレクサンダーはベイカーの秘書官となった。アレクサンダーはワシントンD.C.に移動し、ベイカーの事務所で勤務した。

    1978年にテネシー州憲法が改正され、州知事の多選禁止が緩和された。これにより民主党所属の現職州知事レイ・ブラントンは1978年の州知事選挙に立候補することが可能となった。だが現職ブライトン知事は多くのスキャンダルを抱えていたため、再選を求めないことを表明した。アレクサンダーはこの州知事選挙に、共和党候補として立候補することを表明した。民主党からは銀行家ジェイク・ブッチャーが立候補した。アレクサンダーはテネシー州内1600キロメートルを巡り歩き、赤と黒の格子縞のシャツをシンボルとして選挙活動を行った。アレクサンダーは11月の本選挙で民主党ブッチャー候補を、得票率55パーセント対44パーセントで下した。 1979年1月初頭、退任間際のブラントン知事は恩赦を発令したが、この恩赦処分に対して州民が抗議騒動を起こした。この恩赦令は純粋な政治的駆け引きに伴うものと見られていたが、恩赦の一部には贈賄と思われるものが含まれていたため、騒動が発生した。 アレクサンダーは恩赦に関する騒動を沈静化するため、ブライトンを可能な限り早く知事の座から下ろす方策を検討した。テネシー州憲法は州知事の就任宣誓に関して、明確な日程の規定がされていなかった。アレクサンダーは副知事ジョン・ワイルダーや下院議長ネッド・マクウォーターら共和・民主両党の幹部と協議を行い、就任宣誓を当初の予定から3日前倒しで行うことで合意した。ワイルダーはこの調整について、後に「テネシー流の弾劾」と名づけた。そしてアレクサンダーは就任宣誓の直後に、州会議事堂を力ずくで占拠するよう州高速パトロール隊に命令した。 アレクサンダーは1982年の選挙で再選を目指し、民主党ランディ・タイリーを下した。これによりアレクサンダーはテネシー州史上初めて、4年任期の州知事を2期連続で務めた人物となった。アレクサンダーは2期目の1985年から1986年にかけて、全米知事協会の議長を務めた。1987年1月、アレクサンダーはテネシー州憲法の三選禁止の規定により、州知事を退任した。

    アレクサンダーはテネシー州知事を退いた後、家族とともにオーストラリアで休暇を送った。1988年、アレクサンダーはテネシー州に戻り、テネシー大学学長を1991年まで務めた。アレクサンダーは続いて1991年から1993年までアメリカ合衆国教育長官を務めた。アレクサンダーは教育長官として、1992年にキリスト教系教育機関多国籍協会を宗教教育の認定機関として承認した。だがキリスト教系教育機関多国籍協会の承認に関しては、教育省の諮問機関が1987年と1991年に不適当の見解を繰り返し示していたため、論争を引き起こした。1993年、教育研究者スティーヴ・レヴィコフはキリスト教系教育機関多国籍協会に対する批判的見解を1冊の本『When the TRACS Stop Short』に纏めて出版した。レヴィコフはその本の中で、アレクサンダーが行った決定に苦言を呈した。 1987年、アレクサンダーは小児保育会社 Corporate Child Care Management, Inc. の設立を支援した。この会社は吸収合併を繰り返し、2000年代初頭までにアメリカ最大の労働者保育企業 Bright Horizons Family Solutions として成長した。2005年の上院資産公開報告書は、アレクサンダーが Bright Horizons Family Solutions社の株式を100万ドルから500万ドルの範囲で個人保有していると報告した。 アレクサンダーは1996年と2000年の大統領選挙に立候補表明したが、いずれも本選挙まで進むことはなかった。1996年、アレクサンダーはスーパー・チューズデー前に実施されたアイオワ州の大統領候補者指名党員集会とニューハンプシャー州予備選挙で指名獲得を目指したが、いずれも3位に終わった。大統領選挙から脱落後は、アレクサンダーはボブ・ドールとジャック・ケンプの顧問役を務めた。2000年の大統領選挙では、1999年3月9日に出馬表明を行い、全米各地で選挙活動を行った。アレクサンダーは選挙バスや飛行機などの使用を控え、フォード・エクスプローラーで遊説した。だが1999年8月14日に実施されたエイムズ模擬投票で惨敗すると、アレクサンダーは8月16日に大統領選挙からの撤退宣言をした。ニューヨーク・タイムズ紙はアレクサンダーの撤退に関して、「党の...

    2000年の大統領選挙後、アレクサンダーは公職に復帰することはないと宣言した。だが2002年、連邦上院議員フレッド・トンプソンが引退を表明すると、ホワイトハウスはトンプソンの選挙区を継承するようアレクサンダーに持ちかけた。アレクサンダーはホワイトハウスの説得を受諾し、2002年の連邦上院議員選挙出馬を表明した。アレクサンダーはテネシー州内において穏健派の共和党員と見なされており、アレクサンダーの指名には保守派のエド・ブライアント連邦下院議員が強く反対し、対立候補として立ち塞がった。ブライアントは1998年のクリントン大統領弾劾裁判の際に訴追役を務めた実力者であった。アレクサンダーは十分な資金供給と有力幹部からの推薦を獲得し、予備選挙でブライアントを僅差で破った。一方、民主党は連邦下院議員ボブ・クレメントを対立候補して擁立した。クレメントは著名な政治家系の生まれであり、テネシー州の議席奪還に強い期待が込められていた。テネシー州内では穏健派の共和党アレクサンダーから中道革新派の民主党クレメントに鞍替えする支持者も現れたが、アレクサンダーは2002年の連邦上院議員選挙でクレメントを破ることに成功した。この勝利によりアレクサンダーは、テネシー州において州知事と連邦上院議員の両方に選出された最初の人物となった。またアレクサンダーは、その年の連邦上院議員選挙で初選出となった人物の中での最高齢者であった。テネシー州から最高齢初選出者が出たのは、1924年のローレンス・タイソン以来であった。 イラク戦争開戦以前、アレクサンダーは米軍のイラク派兵を支持し、イラク問題は直ちに処理されなければならないとするブッシュ大統領との合意を表明した。開戦から1年後、アレクサンダーはイラク戦争について「国家における教訓」を提供してくれたと述べたが、その一方でアメリカの軍隊が内向的になる必要もないと言及した。アレクサンダーは「もし仕事を終える前に私たちが去ったならば、それはさらにひどいことだ」と発言した。2007年、アレクサンダーは超党派のイラク研究グループによる勧告を実施すべきであると広く喧伝した。そしてアレクサンダーは、もしブッシュ大統領がイラク研究グループの勧告を受け入れたならば、ブッシュ大統領はトルーマン的人物として評価されるだろうとも付け加えた。しかしながらアレクサンダーは、イラク戦争...

    1996年アメリカ合衆国大統領選挙(共和党予備選挙) 1. ボブ・ドール- 9,024,742 (58.82%) 2. パット・ブキャナン- 3,184,943 (20.76%) 3. スティーヴ・フォーブズ- 1,751,187 (11,41%) 4. アンドリュー・ラマー・アレクサンダー- 495,590 (3.23%) 5. アラン・キーズ- 471,716 (3.08%) 6. リチャード・ルガー- 127,111 (0.83%) 7. 非拘束名簿人 - 123,278 (0.80%) 8. フィル・グラム- 71,456 (0.47%) 9. ボブ・ドーナン- 42,140 (0.28%) 10. モリー・テイラー- 21,180 (0.14%) 2006年共和党上院少数党院内幹事選挙 1. トレント・ロット- 25 (51.02%) 2. アンドリュー・ラマー・アレクサンダー- 24 (48.98%) 2007年上院共和党会議議長選挙 1. アンドリュー・ラマー・アレクサンダー- 31 (65.96%) 2. リチャード・バー- 16 (34.04%)

  9. UPS Miami Shooter: Ronnie Hill Bio, Lamar Alexander Bio, Wiki ...

    itsbiography.com › ronnie-hill-bio-lamar-alexander-bio

    Dec 06, 2019 · Ronnie Jerome Hill and Lamar Alexander are identified as the suspect of Miami Shooting. Four people died Including UPS Truck Driver Frank Ordonez in a shootout Thursday after jewellery robbers. They were killed in a dramatic police chase and shootout after a diamond heist at a jewellery store in the Miami, Florida area, according to the FBI.

  10. Ray Blanton - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Ray_Blanton

    In February 1978, the state constitution was amended to allow Blanton and future Tennessee governors to succeed themselves. Blanton did not run for reelection. His Republican opponent in 1974, Lamar Alexander, won in November. Scandals. Blanton's administration was frequently accused of extravagant spending.

  11. People also search for