Yahoo Web Search

      • イングランド(英: England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(英: country)の一つである。 人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。
      ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89#:~:text=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%EF%BC%88%E8%8B%B1%3A%20England%EF%BC%89%E3%81%AF%E3%80%81%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%B3%E5%8F%8A%E3%81%B3%E5%8C%97%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E9%80%A3%E5%90%88%E7%8E%8B%E5%9B%BD%EF%BC%88%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%EF%BC%89%E3%82%92%E6%A7%8B%E6%88%90%E3%81%99%E3%82%8B4%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%9B%BD%E3%80%8D%EF%BC%88%E8%8B%B1%3A,country%EF%BC%89%E3%81%AE%E4%B8%80%E3%81%A4%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82%20%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E3%81%AF%E9%80%A3%E5%90%88%E7%8E%8B%E5%9B%BD%E3%81%AE83%25%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%80%81%E9%9D%A2%E7%A9%8D%E3%81%AF%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%B3%E5%B3%B6%E3%81%AE%E5%8D%97%E9%83%A8%E3%81%AE%E7%B4%843%E5%88%86%E3%81%AE2%E3%82%92%E5%8D%A0%E3%82%81%E3%82%8B%E3%80%82
  1. イングランド - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イングランド

    イングランド(英: England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(英: country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。

  2. イングランド王国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イングランド王国

    イングランド王国(イングランドおうこく、英語:Kingdom of England)は、927年のアングロ=サクソン七王国の一つウェセックス王国の王アゼルスタンのイングランド全土統一から、1707年のスコットランド王国との合同まで存在した国家。ウェセックス王エグバートの825年のイングランド統一から最初のイングランド王と言われることが多いが、実際の称号はブレトワルダ ...

  3. イギリス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イギリス

    原義にかかわらず連合王国全体を指して使われており、連合王国の構成体たる「イングランド」とは区別される。 江戸時代 には、 オランダ語 の「 Engelsch (エングルシュ)」を語源とする「 エゲレス 」という呼称も広く使用された 。

  4. イングランドの地理 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イングランドの地理

    イングランド はグレートブリテン島の中部・南部3分の2、そしてワイト島を最大とする複数の小さな島々で構成されており、北方をスコットランド、西方をウェールズに接している。イギリス本島の国々のなかで最もヨーロッパ大陸に近く、フランスからはイギリス海峡を挟んで 33 km しか離れていない。 フォークストーン近くの50 km の英仏海峡トンネル は ...

  5. イングランドの歴史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イングランドの歴史

    イングランド王に即位したヘンリー・テューダーはヘンリー7世を名乗った。百年戦争とバラ戦争によってイングランド国内の貴族、騎士層は疲弊しており、相対的に王権は強まった。

  6. イングランド王国とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp/wiki/イングランド王国

    イングランド王国(イングランドおうこく、英語:Kingdom of England)は、927年のアングロ=サクソン七王国の一つウェセックス王国の王アゼルスタンのイングランド全土統一から、1707年のスコットランド王国との合同まで存在した国家。

  7. サッカーイングランド代表 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/サッカー...

    サッカーイングランド代表(英: England national football team)は、フットボール・アソシエーション により組織されるサッカーのナショナルチーム。愛称は「スリーライオンズ」。ホームスタジアムは首都、ロンドン郊外にあるウェンブリー・スタジアム。

  8. イングランド国教会 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イングランド国教会

    イングランド国教会 (イングランドこっきょうかい、 英 : Church of England )は、 16世紀 ( 1534年 )の イングランド王国 で成立した キリスト教会 の名称で、世界に広がる 聖公会 ( アングリカン・コミュニオン )のうち最初に成立し、その母体となった 教会 。

  9. イングランド銀行 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イングランド銀行

    イングランド銀行は単独で割引を継続。11月20日だけで100万ポンド近い法定限度超過。追ってピール銀行条例が停止した 。同条例は再びイングランド銀行条例として存続し、以後、イギリスが世界の実質的な手形交換所と化す 。

  10. イングランド内戦とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp/wiki/イングランド内戦
    • 概要
    • 第一次イングランド内戦
    • 内部対立
    • 第二次イングランド内戦
    • 脚注
    • 関連作品
    • 関連項目

    1642年に始まったチャールズ1世率いる国王軍と議会軍の第一次イングランド内戦(英語版)(1642年 - 1646年)は、当初国王軍に有利に推移したが、議会派の組織改革などによって議会軍が勝利した。つづいて勝利した議会派内でも深刻な対立を招き、長老派対独立派の争いは次第に議会対軍・民衆という構図にかわってゆき第二次イングランド内戦(英語版)(1648年 - 1649年)は、1649年にチャールズ1世の処刑と共和政のイングランド共和国樹立という帰結にいたった。第三次イングランド内戦(英語版)(1649年 - 1651年)は、1651年にウスターの戦いでチャールズ皇太子(後のチャールズ2世)が敗れ、大陸へ亡命して終結した。

    国王軍の優勢

    1642年7月10日、en:Siege of Hull (1642)で国王軍・議会軍の最初の干戈が交えられた。8月10日のen:Siege of Portsmouth(ポーツマス包囲戦)では議会派が砦を陥れて勝利したが、9月23日のen:Battle of Powick Bridge(パウィック橋の戦い)では騎士たちの活躍により王党派が勝利するなど、一進一退の攻防が続いていた。10月23日、エッジヒルの戦いは勝敗がつかなかったが、この戦いでいち早く議会軍の練度の低さを見て取ったオリバー・クロムウェルは鉄騎隊を結成することになった。ロンドン攻略を諦め長期戦の構えをとった国王軍はオックスフォードを本拠として北部・西部を抑え、議会軍はロンドンを拠点に南部・東部を支持基盤とした。11月1日、en:Battle of Aylesbury。11月12日、en:Battle of Brentford (1642)。11月13日、en:Battle of Turnham Green。 1643年の間は大勢としては国王軍有利に進み、国王軍は何度もロンドンを窺う情勢にあった。議会軍が劣勢だった理由は...

    財政危機と転換点

    両軍は戦闘の長期化に伴い、財政危機を迎えはじめていた。国王軍はアイルランド・カトリック同盟と、議会軍はスコットランド盟約派と交渉を始め、それぞれから一定の支持をとりつけたが、その影響が戦局を左右する一因ともなった。国王軍がアイルランドのカトリック同盟から得た資金提供はわずかであり、アイルランド軍の派遣は拒否された。 盟約派は約束通り1644年1月9日に援軍(カヴェナンター)を派遣し、ヨーク周辺で国王派のニューカッスル公の軍をおびやかすことになった。1644年1月25日、en:Battle of Nantwich。引き返すことができた国王軍の反乱鎮圧部隊もナントウィッチで撃破されてしまい、カトリック同盟との講和が国王軍にもたらした利益は微々たるものとなった。さらにカトリック勢力と結んだことによって、王への不信感を醸成させるという結果も招いた。 2月27日、en:Siege of Lathom House。3月20日、en:Battle of Boldon Hill。3月21日、en:Relief of Newark。3月29日、en:Battle of Cheriton。4月、en...

    軍・議会の再編と膠着からの脱却

    クロムウェルの騎兵隊はこの時すでに鉄騎隊とよばれ勇名を馳せていたが、それだけでは国王軍を撃破することはできなかった。各地方では依然として国王派が優勢であり、再編されたはずの議会軍もばらばらの行動をとり続けていたのである。さらに議会内でも、和平派(長老派)と改革派(独立派)の対立が激化し、悲観的な雰囲気さえ流れ始めていた。政治的にも軍事的にもなお議会派は「烏合の衆」であり、結束を強化する必要に駆られていた。この動きが出始めたのは、軍の指揮官たちからであった。 このとき、和平派(長老派)によって、王党派との交渉が行われていた。この交渉が不調に終わると、改革派(独立派)が議会内で勢いを得て、鉄騎隊の組織機構を軍全体に広げて団結を強める「ニューモデル条例」、無能な指揮官(議員を兼職する指揮官)を軍から排除する辞退条例を成立させた。こうして誕生したニューモデル軍の統一的行動により、戦況は有利に展開することとなる。 8月2日、en:Battle of Lostwithiel。9月18日、en:Relief of Montgomery Castle。10月27日、en:Second Battl...

    軍事的対立が一段落すると、議会内で主導権を取り返した「長老派」と「独立派」の対立が再燃した。この対立は次第に議会と軍の対立へと構図を変えていき、議会内のみならず、言論界でも巻き起こった。長老制教会体制と教会の秩序維持を支持する長老派と、信仰は個人の自主性が尊重されるべきであるとする分離派のパンフレット合戦が起こった。独立派は、政治的には長老派と対立していたものの、宗教観としては分離派と長老派の中間に立っていた。形だけの長老制樹立法案が通過し、さらに議会が軍を解散させようとしたことなどが重なり、兵士たちは信仰の自由と民主主義を唱えて猛然と反発した。このころから市民・兵士の間で平等派(英語版)が力を増していった。 1647年から独立派と平等派はそれぞれの政治綱領として『建議要目』『人民協定』を起草、10月、両派の主張が激突したパトニー討論ではニューモデル軍の多数派だった平等派の不満が噴出したが、独立派のヘンリー・アイアトンとクロムウェルに押さえ込まれた。11月11日、この会議を聞いて暗殺を恐れたチャールズ1世がハンプトン・コート宮殿から脱出した為、国王の処刑を求めたアジテーターの勢いはさらに増すことになった。

    スコットランド内戦中、議会および "Kirk" と呼ばれるスコットランド国教会は長老制を徹底しないことに不満を持っていた為、イングランドとスコットランドそれぞれの内部対立を奇貨とした王チャールズ1世と国王派は、1647年12月にスコットランドと結託して和解契約を結びエンゲージャーズ(英語版)を結成し、1648年3月に再度戦いを挑んだ(第二次イングランド内戦(英語版))。 5月8日、セント・ファーガンスの戦い(英語版)。5月31日、ペンブルック包囲戦(英語版)。6月1日、メードストンの戦い(英語版)。6月12日、コルチェスター包囲戦(英語版)。7月、フランスでフロンドの乱が勃発。8月17日、プレストンの戦い。

    『清教徒 (オペラ)』ヴィンチェンツォ・ベッリーニ作曲
    『クロムウェル』(1970) --リチャード・ハリス主演、クロムウェルを中心としたイングランド内戦が題材の映画
    『クロムウェル〜英国王への挑戦〜』 (2003年監督:マイク・バーカー)
    Cruel Necessity(Victory Point Games,2014)第一次~第三次のイングランド内戦を議会派となり国王軍と戦う一人用ボードゲーム
    王党派:キャヴァリアーズ、トーリー、保守党
    議会派:ラウンドヘッズ、ホイッグ、自由党、自民党