Yahoo Web Search

      • 国際スケート連盟 (こくさいスケートれんめい)は、 フィギュアスケート や スピードスケート 、 ショートトラックスピードスケート 、 シンクロナイズドスケーティング などの スケート 競技を総合的に扱う 国際競技連盟 。 略称は 英語 名より ISU 。
      ja.wikipedia.org/wiki/国際スケート連盟
  1. 国際スケート連盟 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 国際スケート連盟

    国際スケート連盟(こくさいスケートれんめい)は、フィギュアスケートやスピードスケート、ショートトラックスピードスケート、シンクロナイズドスケーティングなどのスケート競技を総合的に扱う国際競技連盟。略称は英語名よりISU。 1892年、オランダのスヘフェニンゲンで設立。スイスのローザンヌに本部を置く。2016年現在の会長はオランダ人のヤン・ダイケ ...

  2. 国際スケート連盟とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › 国際スケート連盟

    国際スケート連盟 (こくさいスケートれんめい)は、 フィギュアスケート や スピードスケート 、 ショートトラックスピードスケート 、 シンクロナイズドスケーティング などの スケート 競技を総合的に扱う 国際競技連盟 。 略称は 英語 名より ISU 。

  3. ISUフィギュアスケート世界ランキング - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ISUフィギュア

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. ISUフィギュアスケート世界ランキング (ISU World Standings/Ranking for Single & Pair Skating and Ice Dancing)は、 国際スケート連盟 が発表するフィギュアスケートの世界ランキングのことをいう。. 国際スケート連盟 理事会が認定するフィギュアスケートの世界ランキングには、ISU世界ランキング (ISU World Standings)と、ISUシーズン ...

  4. フィギュアスケート競技会 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › フィギュアスケート
    • 概要
    • その他の国際大会
    • 国内大会
    • エキシビションマッチ
    • プロコンペ
    • 年齢別クラスと級
    • 競技会のながれ
    • 関連項目
    • 外部リンク

    フィギュアスケートは競技会は複数の国の選手が参加する国際大会と、その国の選手のみが参加する国内大会とに大別される。国際大会は、国際スケート連盟が承認する大会(カレンダーコンペティション)としない大会。カレンダーコンペティションでも世界ランキングやパーソナルベストスコアに反映される、されない大会に分けられる。またエキシビションマッチ、プロの大会もある。

    他にも多くの国際大会が存在する。国際的に選手招待をしても国内選手しか参加がなかったケースもある。伝統的なスケートクラブ対抗戦もISU規定にある。また近年は同じコーチングチームに集まる多国籍な選手での大会も開催されている。

    ISUに加盟する各国・地域の連盟が主催する。シニアの全国選手権クラスだとISUの規定に基づいて行われることが多いが、旧採点方法や、その他独自の審査システムを用いるところもある。国内大会における成績はISU世界ランキングに反映されず、獲得スコアもISUパーソナルベストスコアに反映されない。各国の国内選手権についてはCategory:フィギュアスケート国内選手権を参照。

    エキシビションプログラムによりエンターテイメント性を競い合う大会。エキシビションプログラムは本来、採点や規定とは無縁であるため、それぞれの競技会に独自の採点方式を採る。競技会というよりは、主にテレビ向けに行われる「勝敗のあるアイスショー」である。日本国内ではニューイヤーフィギュア ジャパンスーパーチャレンジが行われている。

    プロ選手のみが出場する競技会。ISUが承認する競技会ではないため、アマチュア選手は出場することができない。大会ごとに独自の規定を設けている。世界プロフィギュア選手権、世界チームフィギュア選手権、アイス・ウォーズなどがある。

    競技会において、年齢が高い順にシニア、ジュニア、ノービスという年齢別クラス名が使われているが、主催者により何歳で区分するかは異なっている。一般的にクラスを規定する年齢はシーズン開始直前の6月30日時点のものをいう。 また、各国国内競技会では競技者の年齢のみでなく、保持するテスト級によって出場できるクラスが決められている。テスト級はバッジテストと呼ばれる昇級試験に合格することで得られる。

    フィギュアスケートの競技会はおおむね以下のながれにしたがって進行する。 1. 公式練習 1. 各種目の前に、実際の競技で使うリンクを使った公式練習がある。出場者の多い競技会では、選手のグループ分けがなされる。初めにウォームアップの時間をとった後、それぞれの選手が使用する音楽が順番にかけられる。すべての選手がリンク上に残って練習を続けるが、自分の使用する音楽がかかっている選手の練習が優先される。 2. 開会式 3. ショートプログラム(男子・女子・ペア)/ショートダンス(アイスダンスのみ) 4. フリースケーティング(男子・女子・ペア)/フリーダンス(アイスダンスのみ) 1. 最初の種目(ショートプログラムまたはコンパルソリーダンス)の滑走順は、伝統的にくじ引きで決めることになっている。しかし現在では、予選会で下位だった選手から順番に滑ることにしている競技会や、ISU世界ランキングを利用して滑走順を決めている競技会もある。滑走順をもとに、選手たちは数人(組)ごとのウォームアップ・グループに区切られる。 2. 演技直前に用意された数分間のウォームアップを済ませると、それぞれの選手の演技が始まる。演技後ただちにジャッジによる採点が行なわれる。演技を終えた選手はキス・アンド・クライに移り、コーチや関係者とともに得点が発表されるのを待つ。その間に、スウィーパーと呼ばれるボランティア(たいていの場合子どもたち)が、リンクに投げ入れられた花やプレゼントを拾い集める。通常、2つのグループが滑走を終えるごとに、製氷作業のための休憩が挟まれる。 3. 1つの種目を終えると、暫定順位をもとに次の種目のウォームアップ・グループが決められる。その後、グループ内での滑走順がくじ引きで決められる。競技会によっては、暫定順位が低い選手から順番に滑ることに決めている場合もある。 4. 現在、すべての国際大会と多くの国内選手権は、ISUジャッジングシステムに基づいて採点を行っている。ジャッジはリンクサイドの、リンクと同じ高さの席に並んで座る。イベントレフェリーはジャッジ席の並びのほぼ中央に座り、競技会の運営に責任を持ち、場内アナウンスや音楽をかけるブースに指示を出したり、ウォームアップの開始・終了を管理したり、その他の様々な問題に対応する。技術審判員はジャッジ席の右後方、一段高くなった場所に位置...

    フィギュアスケート:イベントスケジュール - 日本スケート連盟
  5. 国際スケート連盟 - Wiki

    ja.wikiredia.com › wiki › 国際スケート連盟

    国際スケート連盟 英: International Skating Union; 略称: ISU: 設立: 1892年: 種類: 国際組織(非政府組織) 目的: スピードスケートおよびフィギュアスケート国際的な統括・運営: 本部: スイス・ローザンヌ: 所在地: Avenue Juste-Olivier 17 1006 Lausanne Switzerland: 座標

  6. ワールドスケート - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 国際ローラー
    • 概要
    • 実施している分野
    • 主催大会
    • 傘下組織
    • 外部リンク

    1924年4月21日、ローラーホッケー(のちのリンクホッケー)の国際競技連盟として国際ローラースケート連盟 (FIPR) が設立される。スイスの2人のスポーツマン、フレッド・レンケヴィッツとオットー・マイヤーが組織した。FIPR初代会長は1924年から1960年まで務めたフレッド・レンケヴィッツ。 FIPRが主催した最初の世界選手権は、ナチス・ドイツのシュトゥットガルトでの1936年のローラーホッケーの大会で、翌年にイタリア王国のモンツァで第1回ローラースピードスケート世界選手権が開催される。1938年、イギリスのロンドンでトラックローラースピードスケート世界選手権が開催され、イタリア王国のフェラーラでロードレースが併催された。1939年、第2回リンクホッケー世界選手権がスイスのモントローで開催される。第二次世界大戦により、国際的なスポーツ活動が再開される1947年まですべての大会が中止される。ポルトガルのリスボンでの第2回ローラーホッケー世界選手権、アメリカのワシントンDCで第1回アーティスティックローラースケート世界選手権を開催。それ以来、3つの分野の世界選手権を毎年実施し、世界のすべての大陸を含むまで拡大する。1954年5月、アテネでのIOC総会でローラースケート(のちのローラースポーツ)と柔道、バレーボール、アーチェリーのオリンピック競技化が検討されるが全競技保留に。 1960年代に、フランス語名を "Fédération Internationale de Roller Skating"(FIRS)に改称し、すべてのローラースケート競技の国際競技連盟として国際オリンピック委員会 (IOC) によって正式に承認される。1970年代に国際競技連盟連合(一時、スポーツアコードを名乗る)に加盟。その後、IOC公認団体IOC承認国際競技連盟連合、国際ワールドゲームズ協会に加盟している。ローラースケートはIOC承認競技、ワールドゲームズ正式競技となる。1992年バルセロナオリンピックで、男子ローラーホッケーが公開競技で実施される。1995年の夏に、4番目の分野が認められ、第1回インラインホッケー世界選手権が米国シカゴで開催される。 2000年、オーストリアツェルアムゼーで開催された総会で、FIRSの頭字語を維持しながら、 "Roller Skating" を "...

    2020年10月現在、実施している12分野(種別)。 1. スケートボード 1. ローラースケート 1.1. 2.スピード 1.1.1. 100 mスプリント 1.1.2. 200 mデュアル・タイム・トライアル 1.1.3. トラック・3,000 mリレー 1.1.4. トラック・10,000 mエリミネイション 1.1.5. トラック・10,000 mポイント 1.1.6. トラック・10,000 mポイント+エリミネイション 1.1.7. トラック・500 m+Dスプリント 1.1.8. トラック・1,000 m+Dスプリント 1.1.9. ロード・10,000 mポイント 1.1.10. ロード・15,000 mエリミネイション 1.1.11. ロード・1ラップ・スプリント 1.1.12. マラソン 1.1.1. 他 1.2. 3.アーティスティック 1.2.1. ソロ・ダンス 1.2.2. ロング・プログラム 1.2.3. ダンス・カップル 1.2.4. フリーダンス 1.2.5. カルテット 1.2.6. スモール・グループ 1.2.7. ラージ・グループ 1.2.8. プレシジョン 1.2.9. インライン 1.3. 4.インライン・アルペン 1.4. 5.インライン・ダウンヒル 1.5. 6.インライン・フリースタイル 1.6. 7.インラインホッケー 1.7. 8.リンクホッケー 1.8. 9.ローラーダービー 1.9. 10.ローラー・フリースタイル(アグレッシブインライン) 1.10. 11.スケート・クロス 2. 12.スクーター ローラースケートについてはリンクホッケー、ローラーダービーはクワッドスケートを、アーティスティックはクワッドスケート、インラインスケート両方を、他はインラインスケートを使用。

    ワールドローラーゲームズ
    リンクホッケー世界クラブ選手権
    FIRSローラーホッケーワールドカップ
    FIRSインラインホッケー世界選手権
    アジア:ワールドスケートアジア(旧称アジアローラースポーツ連盟)
    アフリカ:ワールドスケートアフリカ(旧称アフリカローラースケート連盟)
    アメリカ:ワールドスケートアメリカ(旧称パンアメリカローラースポーツ連盟)
    欧州:ワールドスケートヨーロッパ(旧称ヨーロッパローラースケート連盟)
    FIRS web site - ウェイバックマシン(2014年3月1日アーカイブ分)
  7. フィギュアスケート - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › フィギュアスケート
    • 歴史
    • 用具・施設
    • 競技の技術的要素
    • 競技の演出的要素
    • 採点法
    • フィギュアスケートを題材とした作品
    • 参考文献
    • 外部リンク

    スケートの起源については明確ではないが、すでに先史時代には北欧で動物の骨をブレードにしたスケート靴が用いられていた。それが南下してオランダに伝わり、運河の発達により国民各層で行われるようになった。 農民たちは凍った運河の上で目的地にできるだけ早く到着するスケートに熱心であったが、貴族たちの間では競技性よりも優雅さやマナーを重んじた芸術的スケートが好まれた。彼らの滑走様式はオランダ人の弧線滑走という意味の「ダッチロール」と呼ばれるようになり、フィギュアスケートの原型となった。これが、やがてスコットランドに伝わり愛好家らにより図形を描いて滑走する技術が研究されるようになった。一方でフランスやドイツにおいては芸術的な滑走動作が研究された。 その後、1742年にイギリスのエディンバラで世界初のスケーティングクラブが発足して以降、各国においてスケーティングクラブが設立され、その国独自の形態でフィギュアスケート競技会も行われるようになった。初めはヨーロッパ全域で盛んになり、1882年にはウィーンでフィギュアスケート最初の国際大会が開催された。1892年には、スケート競技を国際的に統轄する国際スケート連盟が創立され、1896年から世界選手権が開催されるようになった。ただし、このときは男子シングルのみであり、女子シングルは1906年、ペアは1908年にそれぞれ別個に世界選手権に相当する大会が開かれるようになった。アイスダンスは1952年になって初めて世界選手権の種目として加わった。 日本のフィギュアスケート発祥地は仙台市の五色沼(仙台城の堀)とされるが、その始まりは1897年(明治30年)頃とする説と1905年(明治38年)頃とする説とがある。1922年(大正11年)2月11日、日本初のフィギュアスケート公式試合が下諏訪リンクで行われた(全日本フィギュアスケート選手権参照)。 オリンピックでは、1908年の夏季オリンピックで初めて実施された。夏季オリンピックではこの大会と1920年の大会のみで行われており、1924年にシャモニーオリンピックが開催されてからは毎回冬季オリンピックで実施されている。

    スケート靴

    1. フィギュアスケートには専用のスケート靴をはく。男性は黒、女性は白やベージュの靴をはくことが多い。スケート靴は革もしくはプラスチック製の靴の部分とブレードと呼ばれるややカーブした金属部分からなり、重さは約2kg ある。ブレードが氷に直接接する部分をエッジと呼ぶ。エッジの厚さは3-4mm 程度で、中央には溝が入っている。 2. フィギュアスケート用のブレードは先がギザギザになっているのが特徴で、このギザギザの部分をトウピック(トウ)といい、ジャンプやスピンのときなどに使われる。トウの部分が小さくかかとの部分が短いアイスダンス用のブレードもある。シングルのコンパルソリーフィギュアではトウの小さいブレードやトウのないブレードが用いられた。

    スケートリンク

    1. 国際スケート連盟 (ISU) によるフィギュアスケート用スケートリンクの国際規格は、最大60m×30m、最小56m×26mであり、同連盟の国際大会では屋内リンクを使用する。プロアイスホッケーNHLで使用されるリンクは200フィート×85フィート(すなわち60.96m×25.90800m)であるため、ISUの国際規格から外れる。ISUの国際大会の規定を国内競技会において遵守する必要はない。

    男子および女子シングルでは、ジャンプ、スピン、ステップシークエンス、スパイラルなどが競技の技術的な構成要素となる。ペアではさらにスロージャンプ、リフト、ツイストリフト、デススパイラルが加わる。アイスダンスではジャンプやリフトなどに制限がある一方、ステップシークエンスにより重点がおかれる。要素ごとにさまざまな種類があり、その難易度に応じて配点も定められている。

    衣装

    1. 競技会におけるフィギュアスケートの衣装は、スポーツ競技にふさわしい品位を保ったものでなければならない。初期の男子は礼装に近い格好(ブラックスーツにネクタイ)であったが、徐々に舞台衣装のように視覚効果を重視したデザインや色のものを着るようになった。競技においては過剰な露出や小道具の使用は禁止されており、エキシビションでのみ容認。 2. 男子は長ズボンの着用が義務付けられている。 3. シングルやペアの女子はジャンプなどの動作で邪魔にならないよう、レオタードにミニスカート丈のフリルを組み合わせた衣装を着用することが多く、アイスダンスではスカート丈が長い傾向がある。スカートをはく女子選手はタイツを着用する。中にはブレードだけを外に出してスケート靴ごとタイツでくるむようにしてはく選手もいるが、これは靴の傷や汚れを隠す、足を長く見せる、など理由はさまざまである。2005-2006シーズン以降、女子選手のスカート着用義務が廃止されたことをうけ、パンツルックで演技するスケーターも増えている。 4. 露出を避けるために(レギュレーションに加え、リンク内は氷が張られているので非常に寒い)、肌...

    化粧

    1. 女子の場合、きれいに見せるため、化粧(それも濃い)をすることが多い。

    音楽

    1. 音楽を使用することが前提である。 2. 主にクラシック音楽や映画音楽などから選曲される。 3. 歌詞の入った音楽はアイスダンスでのみ認められていたが、2014-15シーズンからは新たにすべての競技で使用が認められた。

    6.0満点方式(旧採点方法)

    ISUジャッジングシステム施行以前の2002年までに行われていた採点方法の総称である。

    ISUジャッジングシステム

    2003年シーズンからの採点法。以前に用いられていた採点方法に対する呼称として便宜上「新採点システム」と呼ばれることも多い。

    彫刻

    1. 『無限への軌跡』 (翁ひろみ、五色沼) 男女ペアスケーターのブロンズ像

    小説

    1. 『氷の上のプリンセス』(風野潮、青い鳥文庫) 2. 『レカミエー夫人』(久生十蘭、国書刊行会久生十蘭全集など)登場人物の一人にフィギュアスケート教師がおり、スケートのシーンも書かれる。 3. 『銀盤カレイドスコープ』(海原零、集英社スーパーダッシュ文庫、本作を原作とした、漫画・アニメ・ゲーム作品もあり) 4. 『スケーターワルツ』 (加賀乙彦、筑摩書房) 5. 『てるてる坊主の照子さん』(なかにし礼、新潮社)ドラマ『てるてる家族』の原作。 6. 『スケーターズ・オン・ザ・エッジ』(小泉あいこ、ブイツーソリューション) 7. 『走れピンクのシンデレラ』(水城昭彦、集英社) 8. 『ふれていたい』(小手鞠るい、求竜堂) 9. 『夢のしずく 短編集』(木崎詳子、健友館) 10. 『君がいてくれて』(木崎詳子、健友館) 11. 『Field, wind 青春スポーツ小説アンソロジー』(あさのあつこ他、ジャイブ) 12. 『マジカル少女レイナ幻のスケートリンク』(石崎洋司、岩崎書店) 13. 『銀盤を駆けぬけて』 (春原いずみ、キャラ文庫・徳間書店) 14. 『銀のスケート―ハンス・...

    絵本

    1. 『アイススケートペンギン』(塚本やすし、ディスカヴァー・トゥエンティワン)

  8. ISUスケーティングアワード - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ISUスケーティング

    ISUスケーティングアワード(ISU Skating Awards)は、国際スケート連盟 の年度表彰式。 審査員は、熟練したフィギュアスケートの専門家から構成され、ISUの評議員が審査員議長を務め、7部門各賞の受賞者を慎重に決定する [1] 。

  9. 日本スケート連盟 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 日本スケート連盟
    • 沿革
    • 役員
    • 主催大会
    • 2006年不正経理事件
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1929年(昭和4年)11月に大日本スケート連盟、大日本氷上競技連盟が統合して大日本スケート競技連盟として発足した。スピードスケート、フィギュアスケート、アイスホッケーの3競技を統括していた。1930年(昭和5年)から全日本選手権(全日本スピードスケート選手権大会、全日本フィギュアスケート選手権、全日本アイスホッケー選手権大会)を開催している。1930年、国際スケート連盟(ISU)及び国際アイスホッケー連盟(IIHF)へ加盟した。1931年(昭和6年)、大日本体育協会へ加盟した。 戦後の1946年(昭和21年)5月、「日本スケート連盟」と改称。1950年(昭和25年)8月18日付けで国際スケート連盟に復帰。1951年(昭和26年)から再びスピードスケート、フィギュアスケートの世界選手権に参加するようになる。 1972年(昭和47年)にアイスホッケー部が、日本アイスホッケー連盟として分離独立した。1978年(昭和53年)3月に社団法人化、1984年(昭和59年)12月に財団法人化した。1979年(昭和54年)からフィギュアのNHK杯を開催している。2012年(平成24年)7月2日より公益財団法人への移行が認められ、「公益財団法人日本スケート連盟」と称する。 主な収入源として、選手登録費、大会の放映料や広告料、国からの補助金(2004年度は1億6千万円)がある。強化費は3億円。

    会長 長島昭久
    副会長 荒川静香
    専務理事 天野好人
    理事 21名

    日本スケート連盟主催大会のうちフィギュアスケートでは一般観覧者による撮影は禁止。 1. 全日本スピードスケート選手権大会 2. 全日本スピードスケート距離別選手権大会 3. 全日本フィギュアスケート選手権大会 4. 全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会 5. 全日本ジュニアスピードスケート選手権大会 6. 全日本フィギュアスケートジュニア選手権 7. 全日本ジュニアショートトラックスピードスケート選手権大会 8. 全日本フィギュアスケートノービス選手権 9. 全日本ノービスショートトラックスピードスケート選手権大会

    概要

    2006年2月下旬のトリノオリンピック直後、朝日新聞のスクープ記事により、連盟の不正経理が発覚。松本充雄専務理事(元スピードスケート選手)・城田憲子理事(フィギュア強化部長)・尼子健二理事(フィギュア副委員長)・亀岡寛治理事(スピード委員長、トリノオリンピック日本選手団総監督)ら8名の理事が連盟の支払規定にない「委員通信・事務運営費」を毎月受け取っていたことなどが判明。更に2006年3月下旬、久永勝一郎元会長が連盟と取引があった旅行会社に経費を水増し請求させて裏金を捻出し、側近であった城田理事に渡していたことが明るみに出され、久永元会長や城田理事による公金着服・私的流用疑惑なども浮上。6月30日の任期切れに際し藤森光三会長代行(白川博会長は同年3月死去)・松本専務理事・城田理事・尼子理事・亀岡理事ら国際事業委員会のメンバーだった理事8人が引責辞任することになった。 更に2006年4月4日には朝日新聞などにより連盟理事による利益誘導が報道された。連盟が1998年度から2004年度までに主催したショートトラック合宿の9割と、毎年夏の審判の講習会、フィギュアスケートの全国有望新人発掘合...

    新会長就任

    2006年5月10日、連盟の林泰章会長代行(元長野県岡谷市長)は、連盟の資金を私的流用していたとして久永元会長を民事・刑事の両面で告訴する方針を打ち出しその準備に入った。続いて理事会において、引責辞任した8名の元理事を理事職に復帰させないことを決め、連盟の公的活動への無期限参加自粛も要請した。2006年6月18日、元スピードスケート選手の橋本聖子自由民主党参議院議員を新会長に選出、7月1日付けで就任、新体制を発足させた。フィギュア委員長には平松純子理事(元フィギュアスケート選手、神戸薬科大学教授)が、城田元理事の後任のフィギュア強化部長には城田元理事の側近だった伊東秀仁理事が就任した。また亀岡元理事の後任のスピード委員長には橋本会長に近い新保實理事(北海道スケート連盟スピード委員長、札幌市のうなぎ店「志んぼ」店主)が就任した。9月5日の理事会では、空席だった副会長と専務理事にそれぞれ元駐独大使の高島有終と経営コンサルタントの常山正雄をスケート関係者以外から初めて登用した。 橋本会長は自民党内では清和会に所属しており、同会元会長で日本体育協会会長の森喜朗元内閣総理大臣のバックアップ...

    元会長逮捕・有罪判決

    2006年10月3日、警視庁は背任容疑で久永元会長・松本元専務理事・イベント会社「フロントライン」代表中林篤治の3名を逮捕した。久永元会長らは、2002年に長野市で開かれた世界フィギュアスケート選手権などに際し、宿泊費をはじめ諸経費を旅行業者に水増し請求させ、連盟に約580万円を余分に支出させ損害を与えた。久永元会長らは逮捕時より容疑を認めていた。2007年3月27日、東京地方裁判所は背任と業務上横領罪(公金着服)に問われた久永被告に対し、背任罪で懲役3年執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。業務上横領については証拠不十分により無罪となった。同じく背任罪で起訴された松本被告には、懲役2年執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。検察側・被告側双方とも控訴せず裁判は確定した。 また久永元会長は2004年6月、「病気」を理由に会長・理事を辞任しているが、後にNHK杯国際フィギュアスケート競技大会の準備金を個人的に流用したとの疑惑のためであったことが判明。流用した金を自宅の改築や株式投資などに使ったとの報道もあったが、結局裁判では不明のままであった。

  10. People also search for