Yahoo Web Search

  1. 映画監督 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/映画監督

    映画監督 (えいがかんとく、film director フィルム・ディレクター)とは、 映画 の映像制作面を統括する責任者のこと。

  2. 日本の映画監督一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/日本の映画監督一覧

    日本の映画監督一覧(にほんの えいがかんとくいちらん)は、ウィキペディア日本語版に記事が存在する日本の映画監督の一覧。テレビドラマの監督も含む。 あ行 - か行 - さ行 - た行 - な行 - は行 - ま行 - や行 - ら行 - わ行 - 関連項目. あ行

    • 概要
    • 詳細:監督の責任範囲
    • 監督の実務
    • 監督の仕事のスタイル
    • 脚注
    • 関連項目

    一般に製作は、プロデューサーが最上位の権限を持ち、映画の企画、資金提供者選び、資金の流れやその配分の決定、脚本家選び、監督選び、俳優選び、配給先決定などの権限や責任を持っており権限の上でNo.1と見なされる。それに対し、映画監督はプロデューサーから監督として選ばれて、契約を結び、ある映像の制作に責任を持った人物である。映画製作の権限の観点からは、しばしばNo.2と見なされている[注 1]。ただし映画が公開されると、監督やキャストの俳優の名前が、観客動員の重要な要素となる。 ただし「映画は監督のモノ」と映画評論家に言われるほどその役割は重要で、制作現場では作品全体の統一のための様々な権限を有している。[注 2] 「映画監督」は、劇場用映画(劇映画)や、フィルムで撮影されたまとまった作品の監督のみを意味することが多いが、テレビ番組やビデオ作品などについても「監督」や「ディレクター」という言葉が用いられ、「映画監督」と「(テレビ番組やビデオ作品の)監督」の職務内容には、規模の違いこそあれ大きな差はないため、本稿では両者をまとめて扱う。

    映画監督の基本的な責任範囲は「映画作品としての品質管理」である。「企画(どういう映画を作るかという案を策定する)」、「製作(製作費の調達や管理、作品の売り出しなどを決定する)」は基本的にプロデューサーの職分であり、監督という職種の本来の責任範囲ではない(ただし、監督がプロデューサーを兼ねる場合もある)。 もっとも、監督が作品を作り上げる上で複数の職務を担当することもあり、「脚本」や「編集」も行っている場合も多い。また監督によっては、自分の作品で音楽家を兼任している場合もある。とはいえ、諸々の経済的事情を始めとする理由によって、主に商業映画を中心に仕事をする監督は自らが理想とする映画を完璧に作り上げることは困難とされる。少しでも理想に近づけるための交渉術なども、監督にとって重要な資質であるといえる。 また、映像作品を作るためには、多くのスタッフが関係することがある。それぞれの専門的なスタッフのアイディアをくみ上げ、アイディアについて吟味し、採用したり却下したりという判断を下すことも、監督の重要な仕事である。

    劇映画の場合

    監督の仕事は、完成した脚本を受け取ってから始まる(それ以前にも脚本を完成させるための議論に参加するなどの仕事が発生するが、脚本が完成するまでは、基本的に脚本家の仕事である)。ただし、監督自らが脚本を書く場合も少なくない。また、完成脚本に手を入れることで、結果的に脚本家との共同脚本としてクレジットされる場合もあれば、監督が手を入れていても特にクレジットはされない場合もある。 1. 配役。どういう役に、どういう俳優を割り当てるかについて関与する。ただし主役級の俳優は、プロデューサー等によって決定済の場合もあり、その場合は基本的にはプロデューサーが指定した俳優で進めざるを得ない。また配役の専門の責任者であるキャスティング・プロデューサーが置かれる場合もあり、監督が全ての配役を決定しているわけではないことは多いが、決定に際しては何らかの意見を求められるのが一般的である。 2. ロケハン。撮影を行う場所を決定する。 3. 衣裳合わせ。各シーンごとに、それぞれの俳優が着用する衣裳や、手に持つ小道具等を決めていく。監督の美意識がストレートに反映される部分であるため、最終決定権は監督にある。また...

    ドキュメンタリー映画の場合

    ドキュメンタリー映画の場合は、劇映画ほど職務分担の違いが明らかではない(明らかにならないし、見つけられない)。 多くの場合低予算でスタッフの人数が少ない事や、その場その場で判断しなければならないことが多いなどの理由から、一般にドキュメンタリー映画の監督は、監督としての職務のほかに、「企画」「調査(リサーチ)」「取材(インタビュアー)」などを兼務せざるを得ない(「撮影」を兼任する場合も多く、それどころか「荷物運び」なども当然に監督が分担すべき職務と考えられている現場もある)。ドキュメンタリー映画の監督の場合は、権限が広いというよりは、不可分ないくつかの職域を横断し監督一人が総合的に責任を負うことになるという、構造的な違いがある。

    監督の仕事のスタイルは、人によって様々である。また、撮影現場には、国や文化圏によって異なる様々な慣習があり、そういった意味でも違いは大きい。最終的に「(条件の範囲内で)良い作品を作る事」のみが監督の職務であり、監督の仕事の進め方については、(無難な仕事の進め方というものは、もちろん存在するものの)定石と呼べるようなものはない。デンマークの国立映画スクールは、学生の卒業制作映画をデンマーク公共放送で放映するなどの援助をしている。映画のメイキング映像なども比較的入手しやすくなっているが、実に千差万別に各人が工夫をして作品の映像を作り上げていることが分かる。それらを見比べるのも、映画の楽しみの1つであるといえる。

  3. 石井裕也 (映画監督) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/石井裕也_(映画監督)

    石井 裕也(いしい ゆうや、1983年 6月21日 - )は、日本の映画監督。. 山梨県生まれ 、埼玉県 浦和市出身 。 川越東高等学校を経て 、大阪芸術大学 芸術学部 映像学科卒業、日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻修士課程修了 。

  4. 監督 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/監督

    av監督 - アダルトビデオ (av) は通常の映画やvシネマとは内容や手法が異なるため、その監督は区別してav監督と呼ばれる。 上記から準じてアニメ製作の各分野別やコンピュータゲームにおける作品の責任者のことも監督と呼ぶ。 アニメ監督; 作画監督 - 絵 ...

  5. 日本映画監督協会 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/日本映画監督協会

    概要. 映画、映像分野の発展と映画監督の地位向上を目的に活動する。 「監協」の誕生は、村田実、牛原虚彦、衣笠貞之助という、当時珍しかった洋行帰りの映画監督が集まって話したのがきっかけで、当時の国家政策が組合や結社を組むことに神経質だった時代に、西欧に倣って協会を作ろう ...

  6. 伊藤大輔 (映画監督) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/伊藤大輔_(映画監督)

    伊藤 大輔(いとう だいすけ、1898年 10月13日 - 1981年 7月19日)は、日本の映画監督、脚本家である。 時代劇映画の基礎を作った名監督の一人であり、「時代劇の父」とも呼ばれる。

  7. SABU (映画監督) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/SABU_(映画監督)

    sabu(さぶ、1964年 11月18日 - )は、日本の俳優、映画監督。本名は田中博行 、旧芸名は田中博樹、サブ(片仮名表記)。クリームインターナショナル所属。 和歌山県 和歌山市出身 。和歌山県立和歌山東高等学校卒業。

  8. マイケル・マン (映画監督) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/マイケル・マン...

    映画監督としての一定の評価を受けるようになるのは、1992年の『ラスト・オブ・モヒカン』から。 娘の アミ・カナーン・マン も映画監督となり、「ヒート」の第二班監督を務めた後、テレビドラマやマイケル・マン製作の「 キリング・フィールズ 失踪 ...

  9. IT (映画) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/IT_(映画)

    北米での興行収入は3億2,748万ドルで、これは、M・ナイト・シャマラン監督のホラー映画No.1の大ヒットを記録した『シックス・センス』が稼いだ2億9,350万ドルを上回り、事実上のホラー映画No.1の大ヒットを記録。 テレビ放送