Yahoo Web Search

      • 香山 滋(かやま しげる、 1904年 (明治37年) 7月1日 - 1975年 (昭和50年) 2月7日 )は 小説家 で、探険小説や 幻想的な小説 で活躍した他、映画『 ゴジラ 』の原作者としても知られる。
      calil.jp/author?c=SF%E4%BD%9C%E5%AE%B6&a=%E9%A6%99%E5%B1%B1%E6%BB%8B#:~:text=%E9%A6%99%E5%B1%B1%20%E6%BB%8B%EF%BC%88%E3%81%8B%E3%82%84%E3%81%BE%20%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B%E3%80%81%201904%E5%B9%B4%20%EF%BC%88%E6%98%8E%E6%B2%BB37%E5%B9%B4%EF%BC%89%207%E6%9C%881%E6%97%A5%20-%201975%E5%B9%B4,2%E6%9C%887%E6%97%A5%20%EF%BC%89%E3%81%AF%20%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E5%AE%B6%20%E3%81%A7%E3%80%81%E6%8E%A2%E9%99%BA%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E3%82%84%20%E5%B9%BB%E6%83%B3%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%B0%8F%E8%AA%AC%20%E3%81%A7%E6%B4%BB%E8%BA%8D%E3%81%97%E3%81%9F%E4%BB%96%E3%80%81%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8E%20%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A9%20%E3%80%8F%E3%81%AE%E5%8E%9F%E4%BD%9C%E8%80%85%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%82%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%80%82
  1. 香山滋 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/香山滋

    以後同誌などで旺盛に創作活動を開始し、第2作『海鰻荘奇談』で 日本探偵作家クラブ賞 新人賞受賞。1 1949年5月に大蔵省を退官し、1年半ほど岩谷書店嘱託となる。

    • 経歴
    • 作品
    • 出典・参考文献
    • 脚註
    • 外部リンク

    東京神楽坂に生まれる。東京府立第四中学時代に横山又次郎『前世界史』を読んだことをきっかけに、恐竜をはじめとした古生物に魅せられ、独学で地質学や古生物学を学ぶ。法政大学経済学部を中退し、大蔵省に入省して預金部に勤める。1940年、北原白秋門下の歌人・筏井嘉一が創刊した短歌誌「蒼生」に参加し、歌人として文芸活動を開始。短歌の代表作は「月二つ空にかかれり今宵われ酔い痴れしとは思われなくに」。 1946年、雑誌『宝石』の第1回懸賞に応募した「オラン・ペンデクの復讐」が入選。以後同誌などで旺盛に創作活動を開始し、第2作『海鰻荘奇談』で日本探偵作家クラブ賞新人賞受賞。1949年5月に大蔵省を退官し、1年半ほど岩谷書店嘱託となる。 山田風太郎、高木彬光、島田一男、香山、大坪砂男の五人で「探偵小説界の戦後派五人男」と呼ばれた。また、1950年、山田風太郎、高木彬光、島田一男らと若手探偵作家の会「鬼クラブ」を結成して、同人誌『鬼』を刊行した。 多くの空想小説、秘境探険小説で珍獣、怪獣を登場させていたことで、1954年に香山のファンだという東宝プロデューサーの田中友幸に、水爆を象徴するような大怪物という意図で『G作品』(ゴジラ)のストーリー作りを任され、原案とシナリオを提供。映画化後に小説版『怪獣ゴジラ』を岩谷書店から刊行する。1963年以降、作品の発表は散発的となった。 1975年2月7日午後1時30分に心不全のため、山口病院で死去(享年70)。同年『幻影城』5月号の追悼特集で島田一男は「偉大な大人の童話作家」と評した。

    冒険家人見十吉(ひとみじゅうきち)を主人公にした秘境探険小説は、1946年「エル・ドラドオ」から1961年「十万弗の魚料理」まで19中短編と、1973年 - 1974年『恐怖島』、1976年『悪霊島』の2長編がある。 他に怪奇小説、幻想小説、少年向け冒険小説、SF小説などがある。

    田中文雄『神を放った男 映画製作者田中友幸とその時代』キネマ旬報社、1993年。ISBN4-87376-070-4。
    井上英之『検証・ゴジラ誕生―昭和29年・東宝撮影所』朝日ソノラマ、1994年。ISBN4257033940。
    中島河太郎「解題」「香山滋作品目録」(『妖蝶記』)
    ^ 『ユリイカ』2001年12月号・特集山田風太郎P.188日下三蔵「山田風太郎執筆年譜」
    ^ 読売新聞1975年2月8日夕刊7面より
    中野区立中央図書館 (平成28-01-28). “異彩の作家香山滋~古代・浪漫・奇譚 (PDF)”. 2019年8月6日閲覧。
    香山滋 - 日本映画データベース
    香山滋 - allcinema
    香山滋 - KINENOTE
  2. 香山 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/香山

    香山真人 – 氏族。春日皇子、広瀬王の子孫。奈良県の地名(天香久山)由来。 香山連 – 氏族。奈良県の地名由来。 香山堅兵衛. 香山栄左衛門 ∞ 香山きん子(岡田定十郎娘) 香山永隆; 岡田井蔵 – 武士(幕臣)・海軍技官(岡田定十郎四男)

  3. 香山滋 - Wiki

    ja.wikiredia.com/wiki/香山滋

    香山 滋(かやま しげる、1904年(明治37年)7月1日 - 1975年(昭和50年)2月7日 )は小説家で、探険小説や幻想的な小説で活躍した他、映画『ゴジラ』の原作者としても知られる。本名は山田鉀治(やまだ こうじ)。東京都出身。

  4. Wikizero - 香山滋

    www.wikizero.com/ja/香山滋

    WikiZero Özgür Ansiklopedi - Wikipedia Okumanın En Kolay Yolu . 香山 滋(かやま しげる、1904年(明治37年)7月1日 - 1975年(昭和50年)2月7日 )は小説家で、探険小説や幻想的な小説で活躍した他、映画『ゴジラ』の原作者としても知られる。

  5. 香山滋 wikipedia – Yahoo Sökresultat

    se.search.yahoo.com/mobile/s?ei=UTF-8&fl=0&rd=r2...

    香山 滋(かやま しげる、1904年(明治37年)7月1日 - 1975年(昭和50年)2月7日 )は小説家で、探険小説や幻想的な小説で活躍した他、映画『ゴジラ』の原作者としても知られる。

  6. 香山滋 - 香山滋の概要 - Weblio辞書

    www.weblio.jp/wkpja/content/香山滋_香山滋...

    香山滋 香山滋の概要 ナビゲーションに移動検索に移動ポータル 文学かやま しげる香山 滋本名山田鉀治生年月日 (1904-07-01) 1904年7月1日没年月日 (1975-02-07) 1975年2月7日(7...

  7. 獣人雪男 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/獣人雪男

    香山滋自身の手により、ノベライズが『小説サロン』1955年8月号から同年10月号まで連載された。単行本は東方社より同年9月20日発行。単行本収録の際に付されたまえがきは、映画原作「s作品検討用台本」中の「『雪男』に関するメモ」からの流用である。

  8. 竹内博 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/竹内博

    香山滋全集 第4巻 (火星への道) 竹内博 責任編集 三一書房 1995; 香山滋全集 第8巻 (魔婦の足跡) 竹内博 責任編集 三一書房 1996; 香山滋全集 第5巻 (悪霊島) 香山滋 著,竹内博 責任編集,山村正夫 監修 三一書房 1996

  9. ゴジラの逆襲 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ゴジラの逆襲

    香山滋によって執筆された「原作」は、小説としても出版された。 『ゴジラ 東京・大阪編』(1955年7月20日、島村出版・少年文庫) 『ゴジラ』と『ゴジラの逆襲』の映画脚本をアレンジ。 『ゴジラ 東京・大阪編』(1976年9月10日、奇想天外社)