Yahoo Web Search

      • タウニュートリノ (tauon neutrino) は、 素粒子 標準模型 における第三世代の ニュートリノ である。 レプトン の 三世代構造 において、同じく第三世代の 荷電レプトン である タウ粒子 と対をなすため、タウニュートリノと名付けられた。
      ja.wikipedia.org/wiki/タウニュートリノ#:~:text=タウニュートリノ (tauon neutrino) は、 素粒子 標準模型 における第三世代の ニュートリノ,レプトン の 三世代構造 において、同じく第三世代の 荷電レプトン である タウ粒子 と対をなすため、タウニュートリノと名付けられた。
  1. タウニュートリノ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/タウニュートリノ

    タウニュートリノ (tauon neutrino) は、 素粒子 標準模型 における第三世代の ニュートリノ である。 レプトン の 三世代構造 において、同じく第三世代の 荷電レプトン である タウ粒子 と対をなすため、タウニュートリノと名付けられた。

  2. ニュートリノ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ニュートリノ

    ニュートリノ(英: neutrino )は、素粒子のうちの中性レプトンの名称。 中性微子(ちゅうせいびし)とも書く 。 電子ニュートリノ・ミューニュートリノ・タウニュートリノの3種類もしくはそれぞれの反粒子をあわせた6種類あると考えられている。

  3. タウニュートリノとは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp/wiki/タウニュートリノ

    タウニュートリノ (tauon neutrino) は、 素粒子 標準模型 における第三世代の ニュートリノ である。 レプトン の 三世代構造 において、同じく第三世代の 荷電レプトン である タウ粒子 と対をなすため、タウニュートリノと名付けられた。

  4. ニュートリノ振動 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ニュートリノ振動

    ニュートリノ振動(ニュートリノしんどう、英: neutrino oscillation )は、生成時に決定されたニュートリノのフレーバー(電子、ミューオン、タウ粒子のいずれか)が、後に別のフレーバーとして観測される素粒子物理学での現象。

  5. 太陽ニュートリノ問題とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp/wiki/太陽ニュートリノ問題
    • 概説
    • 初期の観測
    • 提案された解決策
    • ニュートリノ振動の発見による解決
    • 関連項目
    • 注釈
    • 参照

    太陽の中心核は「天然の核融合炉」であり、陽子-陽子連鎖反応により4つの水素原子核(すなわち陽子)をアルファ粒子に変換する。このとき余剰のエネルギーがガンマ線やニュートリノとして放出される。このうちニュートリノは太陽の外層でほとんど吸収されることなく太陽の中心核から地球へ到達する。ところが様々な精密な測定によっても、検出されたニュートリノの数は予測された数の3分の1から2分の1程度しかなかった。この不一致が”太陽ニュートリノ問題”といわれる。

    1960年代後期、レイモンド・デイビスやジョン・バーコールらが、太陽からのニュートリノ線の予測値からの不足を最初に観測した。Homestakes の実験は塩素を使った検出器で行われたが、その後放射化学や水のチェレンコフ光を使った検出器でも確認された。 標準太陽モデル(英語版)によると、現在の太陽から輻射されるエネルギーが全て核融合から賄われるとすれば、観測されたニュートリノの値よりも大きくなければならず、理論を含めた検討がなされた。

    太陽モデルの変更

    この矛盾を説明するための初期の試みとして、太陽モデルが間違っている、すなわち太陽内部の温度や圧力が信じられているものとは実は異なるのではないかとする提案がなされた。例えば、ニュートリノの測定は現在の核融合の量に対するものなので、太陽コアにおける核反応プロセスが一時的に停止したのかもしれないという提案がなされた。熱エネルギーが太陽のコアから表面に移動するには数千年かかるので、プロセスの停止がすぐには明らかにならないのである。 しかしながら、これらの解決策は日震学(太陽中の波動の伝播に関する研究)の発展および改良したニュートリノ測定によって否定された。 日震学の観測により太陽内部の温度を測定することが可能になり、それは標準太陽モデルと合致した。 より進歩したニュートリノ観測所による詳細なニュートリノスペクトルはまた、太陽モデルの調整が適用できない結果を提示した。実際、全低エネルギーニュートリノフラックス(Homestake実験の結果が根拠とするもの)は太陽コアの温度を低くすることを要求する。しかしながら、ニュートリノのエネルギースペクトルの細部はより高いコア温度を要求する。これは異な...

    ニュートリノの生成機構に関する問題

    観測されるべきニュートリノがなんらかの原因で観測されていないのでは、という理論的予測はあったが、ニュートリノの観測は困難なため実験的実証が進まなかった。特にニュートリノが質量をもつかどうかはさらに精密かつ厳密な観測が必須だったためである。

    太陽ニュートリノ問題は改良されたニュートリノの特性についての理解によって解決された。素粒子物理学の標準理論によれば、三種類の異なるニュートリノがある。 1. 電子ニュートリノ(太陽で生み出されるもので、Homestake等の実験で観測されたもの) 2. ミューニュートリノ 3. タウニュートリノ 1970年代を通して、ニュートリノは質量がなくその種類は不変であると広く信じられていた。しかしながら、1968年にはブルーノ・ポンテコルボがもしニュートリノが質量を持つなら、その種類を別のものに変化させることができることを示した[note 1]。したがって、太陽からの「失われた」電子ニュートリノは地球への道のりで他の種類に変化したため、電子ニュートリノしか検出できない Homestake 鉱山や同時代のニュートリノ観測所の検出器では見つけられなかった可能性が残った。 1987年に超新星 1987Aから、日本のカミオカンデが 11 個、アメリカのIMBが 8 個、ロシアのBaksan(英語版)が 5 個の反ニュートリノを検出した。これらの観測からニュートリノ質量の上限値が与えられたが、検出数が非常にわずかであったため、ニュートリノが質量を持つか否かを決定するには至らなかった[note 2]。 1998年、ニュートリノ振動の最初の強力な証拠が日本のスーパーカミオカンデの共同研究によってもたらされた。ミューオンニュートリノ(宇宙線によって上層の大気で生成される)がタウニュートリノに変化すると考えれば矛盾しない観測結果が得られた。地球を通過して検出器の下方から来るニュートリノが、検出器の上方から直接やってくるニュートリノに比べて少ないことが証明された。そして、この観測では地球の大気と宇宙線の相互作用からくるミューオンニュートリノのみに着目していた。タウニュートリノはスーパーカミオカンデでは観測されない。 2001年になると、太陽ニュートリノ振動の説得力のある証拠がカナダのサドベリー・ニュートリノ天文台 (SNO)によってもたらされた。SNOでは太陽から来るすべての種類のニュートリノを検出し、重水を検出媒体に用いることで電子ニュートリノと他の2つのフレーバーとを区別することができた(ミューとタウのフレーバーは区別できない)。広範囲にわたる統計解析ののち、太陽から届くニュートリノ...

    ^ Gribov, V. (1969). “Neutrino astronomy and lepton charge”. Physics Letters B 28 (7): 493?496. Bibcode: 1969PhLB...28..493G. doi:10.1016/0370-2693(69)90525-5.
    ^ W. David Arnett and Jonathan L. Rosner (1987). “Neutrino mass limits from SN1987A”. Physical Review Letters 58 (18): 1906. Bibcode: 1987PhRvL..58.1906A. doi:10.1103/PhysRevLett.58.1906.
    ^ Arnett, W.D.; et al. (1989). “Supernova 1987A”. en:Annual Review of Astronomy and Astrophysics 27: 629–700. Bibcode: 1989ARA&A..27..629A. doi:10.1146/annurev.aa.27.090189.003213.
  6. ニュートリノ振動とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp/wiki/ニュートリノ振動
    • 歴史
    • 実験
    • 関連項目
    • 外部リンク

    ニュートリノ振動は、1957年にブルーノ・ポンテコルボによって最初に予測された。これは、K中間子振動(英語版)理論 (Murray Gell-Mann and Abraham Pais, 1955) から類推された。ポンテコルボの理論はニュートリノと反ニュートリノの間で振動するというもので、現在受け入れられているニュートリノがフレーバー間で振動する理論とは異なるものであった。しかし、その後10年で彼が取り組んだ真空の振動理論の数学的定式化はニュートリノ振動の理論の基礎となった。1962年に坂田昌一・牧二郎・中川昌美によって、フレーバー間で振動する理論が提唱および定式化された。あるフレーバーのニュートリノがニュートリノ振動により他のフレーバーに変換される混合の強さは、ポンテコルボ・牧・中川・坂田行列(英語版)(PMNS行列)によって特定することができる。 1998年にスーパーカミオカンデが大気から降り注ぐニュートリノを観測することによって、この現象が実証された。2010年5月31日に国際研究実験OPERAを実施する研究チームがCERNの加速器において振動現象をはじめて直接的に確認したと発表。このほかにも次節で示す諸実験が行われている。 ニュートリノ振動が観測されたことにより、ニュートリノの質量をゼロとする標準模型に何らかの修正が必要であることが示された。期待されている新しい理論では、ニュートリノと同じように他のレプトンも振動していることを予測する(荷電レプトン混合現象)。ただし、レプトンの場合はその測定にはさらなる精密さを要求されるため、観測精度を一層高めた今後の研究結果が待たれている。なお、ハドロンについてはクォーク混合により振動は既知の現象である。

    実験手法

    太陽ニュートリノ観測実験 1. 太陽内部の核融合反応で発生するニュートリノを観測し、理論計算値と比べることでニュートリノ振動を検出する。レイモンド・デイビスが HOMESTAKE 実験により観測されるニュートリノの数が太陽モデルに基づく計算結果に比べて三分の一しかない「太陽ニュートリノ問題」を提示したことから、その後様々な追実験が行われ、ニュートリノ振動の発見につながった。HOMESTAKE、GALLEX、SAGE、KAMIOKANDE、スーパーカミオカンデ、SNO 等 大気ニュートリノ観測実験 1. 宇宙線が大気に衝突して発生するニュートリノを観測する。ニュートリノは相互作用が小さく地球を突き抜けるので、観測装置ではその上方の大気で発生したニュートリノだけでなく、地球の裏側で発生したニュートリノも観測することが出来る。観測装置に上方から入射するニュートリノの数と下方から入射するニュートリノの数を比較することで、ニュートリノ振動を検出する。スーパーカミオカンデ、ANTARES 等 原子炉ニュートリノ観測実験 1. 原子力発電所では原子炉内の反応を精密にコントロールしているため、そ...

    諸実験

    Homestake(英語版) 1. 地下 3000 m に設置した 600 トンの塩化物溶液のタンクを用い、塩素37とニュートリノの反応を利用して太陽ニュートリノを観測した。1969年から観測開始、観測されるニュートリノの数が太陽モデルに基づく計算結果に比べて三分の一しかないことを示した。 スーパーカミオカンデ(ミュー型とタウ型の間の振動を確認) 1. 地下 1000 m に設置した約 50000 トンの純水のタンク(直径39.3m、高さ41.4m)に入射するニュートリノを検出しその入射方向、エネルギーを測定する。電子ニュートリノとミュー・ニュートリノを観測可。1996年から観測を開始し、太陽から飛来する電子ニュートリノが理論計算値よりも少ないという太陽ニュートリノ問題を確認、1998年大気ニュートリノの観測によるニュートリノ振動の証拠を捉えた。1999年から2004年にかけて250km離れた高エネルギー加速器研究機構からニュートリノビームを入射する長基線ニュートリノ・ビーム実験(K2K)によるニュートリノ振動の検証も行った。2001年SNO実験の結果と合わせて太陽ニュートリノ問...

  7. 反タウニュートリノとは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp/wiki/反タウニュートリノ

    [反タウニュートリノ]の項目はありません。 情報提供元のWikipediaにはこの項目があるかもしれません。 もし項目がない場合はWikipediaに参加してこの項目を追加しませんか?

  8. ニュートリノ検出器 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ニュートリノ検出器

    ニュートリノは 原子炉 や 加速器 から人工的に発生させることができるが、自然の状態でも「衝突 ブラックホール 、爆発した恒星からの ガンマ線バースト 、および/または遠方 銀河コア の激しい事象」のような 超深宇宙領域 に由来するとされる ニュートリノが地球には多数飛来してきており、毎秒数百億個が「我々の体1cm四方あたりを気付かないうちに通り過ぎていく」 。

  9. タウ粒子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/タウ粒子

    タウ粒子は、 弱い相互作用 によって ハドロン に崩壊しうる唯一のレプトンである。1 17.84%のタウ粒子は タウニュートリノ 、 電子 と 電子ニュートリノ に、17.36%のタウ粒子は、タウニュートリノ、 ミュー粒子 と ミューニュートリノ に崩壊する。

  10. People also search for