Yahoo Web Search

  1. 麻生太郎 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 麻生太郎

    麻生 太郎 (あそう たろう、 1940年 〈 昭和 15年〉 9月20日 - )は、 日本 の 政治家 、 実業家 。

  2. 麻生太郎 (明治時代) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 麻生太郎_(明治時代)

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 麻生 太郎 (あそう たろう、 1887年 ( 明治 20年) 9月 - 1919年 ( 大正 8年) 3月 )は 日本 の 実業家 。

  3. 麻生内閣 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 麻生太郎内閣

    麻生内閣 (あそうないかく)は、 衆議院議員 、 自由民主党総裁 の 麻生太郎 が第92代 内閣総理大臣 に任命され、 2008年 (平成20年) 9月24日 から 2009年 (平成21年) 9月16日 まで続いた 日本の内閣 である。

  4. 麻生太郎 (明治時代)とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › 麻生太郎_(明治時代)

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 麻生 太郎 (あそう たろう、 1887年 ( 明治 20年) 9月 - 1919年 ( 大正 8年) 3月 )は 日本 の 実業家 。

  5. 麻生太郎 - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org › wiki › 麻生太郎

    麻生太郎 (日语: 麻生 太郎/あそう たろう Asō Tarō ? ,1940年9月20日 - )是 日本 政治人物 、 實業家 ,現任 副總理 、 財務大臣 兼 金融擔當大臣 。 曾擔任第92任 內閣總理大臣 ,13次當選 眾議院 議員 。

  6. 麻生 (企業) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 麻生_(企業)
    • 概要
    • 沿革
    • グループ企業
    • 九州新幹線高架橋への欠陥材使用問題
    • 旧「麻生鉱業」に関する問題
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    麻生太吉が明治時代に飯塚市で始めた「麻生炭鉱」を源流とし、現在ではセメント事業、専門学校運営、病院経営、医療廃棄物処理など幅広い分野の事業を手掛けている。 1. 飯塚病院は、もともと麻生炭砿労働者のために開設されたものであったが、現在は筑豊地区の中核医療機関の一つに位置づけられている。 2. 麻生塾は、麻生太賀吉が1939年(昭和14年)に私財を投じて飯塚市柏森に創設した私塾。 3. 麻生メディカルサービス(アップルハート)や各公益法人は、飯塚病院の事業から派生したもので、コムスンが破綻した際、その福岡県における事業を引き継ぎ麻生介護サービス株式会社として事業を新たに展開している。 2021年現在会長を務める麻生は、副総理兼財務大臣・第92代内閣総理大臣麻生太郎の弟。太郎自身も、政界転身まで前身となる麻生セメント株式会社の社長を務めていた。

    医療・健康事業

    1. 株式会社麻生 飯塚病院 2. 麻生メディカルサービス 3. 麻生介護サービス 4. 医療法人博愛会(京都病院、博愛苑、頴田病院) 5. 医療法人日章会(南鹿児島さくら病院) 6. 田川新生病院 7. 麻生介護サービス株式会社

    教育・人材事業

    1. 学校法人麻生塾 麻生情報ビジネス専門学校福岡校、麻生外語観光&製菓専門学校、麻生医療福祉専門学校福岡校、麻生公務員専門学校福岡校、麻生建築&デザイン専門学校、麻生美容専門学校、専門学校麻生工科自動車大学校など福岡県内に13校の専門学校と1校の高等部を運営。関係会社に麻生キャリアサポートがある。 1. 麻生教育サービス 2. システムプラネット 3. アソウ・ヒューマニーセンターグループ 4. アソウ・アルファ 5. アソウ・アカウンティングサービス 6. ユニバースクリエイト 7. ヒューマンエナジー研究所 8. チャレンジド・アソウ 9. アソウ・システムソリューション 10. 福利厚生倶楽部九州

    生活サービス事業

    1. 麻生芳雄商事(スーパーASOなどを運営) 2. 麻生地所(麻生飯塚ゴルフ倶楽部) 3. 麻生開発マネジメント(のがみプレジデントホテル) 4. 麻生開発事業部(新飯塚ステーションホテル)

    2008年10月、九州新幹線の鹿児島中央駅‐新八代駅間の高架橋の部材として麻生が納入したパネル材の一部に欠陥があることが明らかとなった。問題が発覚した部材はコンクリートを流し込む型枠の底面部分に使った「ASフォーム1型」であり、複数の建設会社が使用したとしている。九州旅客鉄道は「パネル材の欠陥は聞かされていない。速やかに事実を確認し、適切な対応を取る」とし、麻生側は「自前で補修した個所もあるが、販売する際に施工業者に説明していたかどうか調べる」とそれぞれコメントしている。

    連合軍捕虜使役問題

    2008年12月、厚生労働省がオーストラリア人197人・英国人101人・オランダ人2人の連合国軍捕虜300人が旧「麻生鉱業」の炭鉱で働き、うちオーストラリア人2人が死亡した事を示す文書を公開した。期間は1945年5月10日から8月15日(ポツダム宣言受諾)までの3ヶ月間。施設名は、旧「麻生鉱業」吉隈炭坑施設内の捕虜収容所「第26分所」である。2009年1月6日、衆議院本会議で民主党議員から質疑を受け、その答弁で麻生首相(当時)は、太平洋戦争中に親族が経営していた同社で連合国軍捕虜が働いていた事を認めた。

    戦前の納屋制度

    同制度による労働環境が劣悪だとして問題になり、朝鮮人や被差別部落民らが労働争議を起こした。 1939年時点で麻生炭鉱には約1000人の朝鮮人労働者がおり、労働環境は過酷でダイナマイトなどを使う危険な作業により1日に一人から二人は亡くなっていたという。1940年代以降、朝鮮人労働者が大きく増えたため朝鮮人寮が別途あったが、自由のない収監所同然の生活だった。 さらに賃金がまともに支給されなかったり、日常的に暴力を振るわれたりするなどした結果、1944年に福岡県が作成した「移入半島人(朝鮮人)労務者に関する調査表」によれば、過酷な労働環境により、麻生鉱業の全労働者7996人のうち、61.5%にのぼる4919人が逃走したことが明らかになっている。

    ^ a b c d e f g 株式会社麻生 (2020-06-26). 第59期(平成31年4月1日 - 令和2年3月31日)有価証券報告書(Report).
    ^ 九州新幹線に欠陥材 高架橋パネル はく離 「麻生」販売し補修 JR「聞かされず」 西日本新聞、2008年10月24日
    ^ a b 麻生一族の炭鉱徴用残酷史…慰霊碑に「朝鮮人」の字も刻ませなかった(1) 中央日報(2019年3月7日) 2019年3月7日閲覧。
  7. 麻生太吉 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 麻生太吉
    • 年譜
    • 家族・親族
    • 関連項目
    1857年 - 7月、筑前国嘉麻郡栢ノ森村(現在の福岡県飯塚市柏の森)に村の庄屋(今でいう村長)を務めていた父・賀郎、母・マツの子として生まれる。幼名は鶴次郎。
    1868年 - 1月、村に対する貸渡金595両余を免除したことにより倅代まで“大庄屋格”を申し付けられ、麻生の苗字名乗りを許される。
    1869年 - 上野彦三郎の私塾に入り修学。
    父 - 賀郎(181? - 1887、庄屋)
    母 - マツ(183? - 1878、福岡県、永富家出身)
  8. 菅義偉 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 菅義偉

    麻生太郎首相の自民党が敗北し民主党(鳩山由紀夫内閣)への政権交代が起きた同年8月の第45回衆議院議員総選挙では、神奈川2区で民主党の三村和也の猛追を受けるも548票の僅差で三村を破り、5選(三村は比例復活)。

  9. 寬仁親王妃信子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 寛仁親王妃信子
    • 経歴
    • 年譜
    • 子女
    • 家系
    • 栄典
    • 宮号の表記に関して
    • 著作

    生い立ち

    1955年(昭和30年)4月9日、麻生セメント会長の麻生太賀吉の三女として生まれる。母は第45代内閣総理大臣吉田茂の長女・和子。兄に麻生太郎がいる。 松濤幼稚園に入園する。聖心女子学院初等科、中等科を経て、英国・ランカシャーのインデペンデント・スクール、ロスリンハウス・コレッジ(Roselyn House College)へ入学した。 卒業後は、彼女自身も通っていた松濤幼稚園に英語講師として勤める。

    1955年(昭和30年)4月9日、麻生太賀吉・和子夫妻の三女として誕生。
    1962年(昭和37年)、松濤幼稚園を卒園。
    1968年(昭和43年)、聖心女子学院初等科を卒業。
    1971年(昭和46年)、聖心女子学院中等科を卒業。
    彬子女王(あきこ):1981年(昭和56年)12月20日- (39歳)
    瑶子女王(ようこ):1983年(昭和58年)10月25日- (37歳)
    高祖父:大久保利通(明治維新元勲、薩摩藩士)
    曾祖父:竹内綱(衆議院議員、自由党役員、京釜鉄道社長)
    曾祖父:牧野伸顕(華族・第27代外務大臣、第20代文部大臣、枢密顧問官)
    祖父:吉田茂(第45・48・49・50・51代内閣総理大臣)

    日本

    1. 勲一等宝冠章(宝冠大綬章) -

    外国

    1. ノルウェー : 聖オーラヴ勲章 - (2001年3月26日)

    名誉役職

    1. 東京慈恵会総裁 2. 日本ばら会名誉総裁 3. 日本赤十字社名誉副総裁 4. 日本童謡学会名誉総裁 5. 全国ビルメンテナンス協会名誉総裁

    1947年(昭和22年)10月14日に11宮家が離脱する前までは、宮家の数が多く、現在の悠仁親王のように「嗣子であるためあえて宮号を受けていない親王・王」を有する宮家が複数あったため、そのような「嗣子たる親王・王」のことを「○○若宮」(○○のわかみや)と呼ぶ慣習があったが、現憲法下では皇室制度に詳しい人々の間でもこの呼称はほとんど用いられない。慣習に従えば、寬仁親王は「三笠若宮」、同妃信子は「三笠若宮妃」となる。 なお、政府による正式表記(内閣告示や宮内庁告示など)では皇族に宮号が冠されることはない(「皇太子」を除く)ため、それらの告示が掲載される官報での表記は必ず「寬仁親王妃信子」とされ、「三笠宮」が冠されることはない。

    『四季の家庭料理―お惣菜80種』 光文社、1992年5月。ISBN 4334780075
    『思い出の先にはいつも家庭料理』 マガジンハウス、2013年10月。ISBN 4838726201
  10. People also search for