Yahoo Web Search

  1. 1235 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › AD_1235

    阳木马年. (male Wood- Horse) 1361 or 980 or 208. — to —. 阴木羊年. (female Wood- Goat) 1362 or 981 or 209. Wikimedia Commons has media related to 1235. Year 1235 ( MCCXXXV) was a common year starting on Monday (link will display the full calendar) of the Julian calendar .

  2. Pope Cyril III of Alexandria - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Pope_Cyril_III_of_Alexandria

    Cyril III, known as Cyril ibn Laqlaq (كيرلس الثالث ابن لقلق), was the 75th Coptic Pope and Patriarch of Alexandria.. His episcopate lasted seven years, eight months, and 23 days from Sunday 17 June 1235 AD (23 Paoni 951 A.M.) to Tuesday 10 March 1243 AD (14 Baramhat 959 A.M.).

  3. 1235 - Wikipedia bahasa Indonesia, ensiklopedia bebas

    id.wikipedia.org › wiki › 1235

    1235 () adalah tahun biasa yang diawali hari Senin dalam kalender Julian, tahun ke-1235 dalam sebutan Masehi (CE) dan Anno Domini (AD), tahun ke-235 pada Milenium ke-2, tahun ke-35 pada Abad ke-13, dan tahun ke- 6 pada dekade 1230-an.

  4. 1230s - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › 1230s
    • 1230
    • 1231
    • 1232
    • 1233
    • 1234
    • 1235
    • 1236
    • 1237
    • 1238
    • 1239

    By area

    1. Sundiata starts to rule in Mali(approximate date). 2. In the West African village of Siby, Sundiata Keita, founder of the Mali Empire, forces the Malinkésto bind themselves to each other by oath. 1. August 10–12 – Battle of Yassıçemen: Sultan Kayqubad I of Rum defeats Shah Jala9719 ad-Din of Persia, ending the Khwarazmian Dynasty. 2. The Sena Dynasty of Bengalfalls. 1. March 9 – Battle of Klokotnitsa: Bulgarian tsar Ivan Asen II defeats the Emperor of Thessalonica Theodore Komnenos Doukas....

    By topic

    1. The Carmina Buranapoetry and song collection is created (approximate date).

    By area

    1. April 9 – After a bizarre weather phenomena of yellowish clouds and dust chokes the air around Hangzhou in Song dynasty China, obscuring the sky and sun, a fire breaks out at night in the southeast of the city, which continues into the next day. Fighting the flames is difficult due to limited visibility. When the fires are extinguished, it is discovered that an entire district of some 10,000 houses in the southeast of the city have been consumed by the flames. 2. Mongol troops cross the Ya...

    By topic

    1. Ardengus becomes bishop of Florence.

    By area

    1. The Almohad army besieges Ceuta, where Abu Musa, the rebellious brother of the caliph, has received shelter and the support of the population. The Genoese rent a part of their fleet to the rebels, who successfully resist the forces of the caliph. The consequences of this revolt are threefold: the city becomes de facto independent from the Almohads, but its reliance on the Italian maritime powers increases, and the trans-Saharan traderoutes begin to shift eastward, due to the local turmoil....

    By topic

    1. The northern French city of Troyes issues its first recorded life annuities, confirming the trend of consolidation of local public debts initiated in 1218, by the neighboring city of Reims. 1. May 30 – Anthony of Padua is canonized by Pope Gregory IX at Spoleto, less than a year after his death;he becomes the patron saint of lost items.

    By area

    1. February 26 – Mongol–Jin War: The Mongols capture Kaifeng, the capital of the Jin Dynasty, after besieging it for months. 2. December – The Mongol siege of Caizhoubegins. 1. Winter – Spain: after the loss of Trujillo and Úbeda, Ibn Hud al-Yamadi has to request a truce from the king of Castile, Ferdinand III. 2. The Castilian troops besiege the Muslim-held city of Peniscola. 3. The rebellious city of San Severo is destroyed by Frederick II, Holy Roman Emperor. 4. Elburg and Gendtget their c...

    By topic

    1. Mustansiriya Madrasah is founded in Baghdad.

    By area

    1. The Manden region rises against the Kaniaga Kingdom. This is the beginning of a process that will lead to the rise of the Mali Empire. 1. February 9 – Mongol conquest of the Jin dynasty: Siege of Caizhou - Song Dynasty Chinese and Mongolian armies occupy the Jurchen capital at Caizhou, and Emperor Aizong of Jin commits suicide, marking the collapse of the Jin Dynasty. 1. Upon the death of Knut Långe, the deposed Erik Eriksson returns as king of Sweden, possibly after a small war between th...

    By topic

    1. Saint Dominic is canonized. 2. Pope Gregory IX releases the Nova Compilatio Decretalium or Decretales Gregorii IX.

    Connacht in Ireland is finally conquered by the Hiberno-Norman Richard Mór de Burgh; Felim Ua Conchobairis expelled.
    A general inquisition begins in France.
    The Byzantine emperor John III Doukas Vatatzes and the Bulgarian tsar Ivan Asen II besiege Constantinople, in an attempt to take it from its Latin rulers, John of Brienne and Baldwin II. Angelo San...
    Elizabeth of Hungary (d. 1231) is canonized, by Pope Gregory IX.

    By area

    1. Kouroukan Fouga, the constitution of the Mali Empire, is created. 1. May 1 – Razia Sultana is the designated successor of her father, to the Delhi Sultanate. 2. 10 October – Razia Sultana becomes the first Muslim female ruler of the Indian Sub-Continent, deposing her half brother as Sultana of Delhi 3. Only four of 58 districts in Sichuan, China, are captured from the Southern Song by the Mongols, under Ögedei Khan. 4. Kalinga Magha, founder of the Aryacakravarti Dynasty, is expelled from...

    By topic

    1. May 6 – Roger of Wendover, Benedictine monk and chronicler of St. Albans Abbey dies. His chronicle is continued by Matthew Paris. 1. A drought causes the harvest to fail, and leads to one of the great famines of the century in Europe.

    Religion

    1. Alexander of Hales enters the FranciscanOrder.

    Thomas II of Savoy becomes count of Flanders.
    Elbing is founded in the State of the Teutonic Order (today Elbląg, Poland).
    After turning aside south for 15 years to invade the Caucasus, Asia Minor and Persia, Batu Khan (with representatives of all four khanates leading 150,000 Mongol, Turkish and Persian troops into Eu...
    December 21 – Mongol invasion of Rus': Ryazanis sacked.

    By place

    1. March 4 – Mongol invasion of Rus – Battle of the Sit River: The Mongol Hordes of Batu Khan defeat the Rus', under Yuri Vsevolodovich of Vladimir-Suzdal. 2. August 21 – Battle of Örlygsstaðir: Sighvatr Sturluson and Sturla Sighvatsson are defeated by Kolbeinn ungi Arnórsson and Gissur Þorvaldsson, for control of Iceland. 3. September 28 – James I of Aragon captures the city of Valencia from the Moors, who retreat to Granada. 4. The seat of the Patriarch of Aquileia is transferred to Udine....

    March 20 – Pope Gregory IX excommunicates Frederick II, Holy Roman Emperor.
    November – The Pope grants the status of Crusade, to the king of Castile's ongoing invasion of the Muslim kingdom of Murcia.
    Frederick II, Holy Roman Emperor conducts the Siege of Faenza.
    The main tower of Lincoln Cathedral in Englandcollapses.
  5. 1233 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › AD_1233

    阳水龙年. (male Water- Dragon) 1359 or 978 or 206. — to —. 阴水蛇年. (female Water- Snake) 1360 or 979 or 207. Wikimedia Commons has media related to 1233. Year 1233 ( MCCXXXIII) was a common year starting on Saturday (link will display the full calendar) of the Julian calendar .

  6. Categoria:1235 - Vicipaedia

    la.wikipedia.org › wiki › Categoria:1235

    Vicimedia Communia plura habent quae ad 1235 spectant. Subcategoriae. ... Paginae in categoria "1235" Huic categoriae est solum una pagina. 1. 1235 Novissima mutatio ...

  7. Polo - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Polo

    Polo pony, mallet, ball, protective wear. Venue. Polo field or arena. Presence. Olympic. No (since 1934) The concept of the game and its variants date back from the 6th century BC to the 1st century AD. The sport originated from equestrian games played by nomadic Iranian peoples.

  8. 0 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › 0_(number)

    0 (zero) is a number, and the numerical digit used to represent that number in numerals. It fulfills a central role in mathematics as the additive identity of the integers, real numbers, and many other algebraic structures. As a digit, 0 is used as a placeholder in place value systems.

  9. 天武天皇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 天武天皇
    • 概要
    • 生涯
    • 陵・霊廟
    • 天武朝の政策
    • 人物像
    • 系譜
    • 子孫
    • 年譜
    • 参考文献
    • 天武天皇を扱った作品

    舒明天皇と皇極天皇(斉明天皇)の子として生まれた。中大兄皇子にとっては両親を同じくする弟にあたる。皇后の鸕野讃良皇女は後に持統天皇となった。 天智天皇の死後、672年に壬申の乱で大友皇子(弘文天皇)を倒し、その翌年に即位した。その治世は14年間、即位からは13年間にわたる。飛鳥浄御原宮を造営し、その治世は続く持統天皇の時代とあわせて天武・持統朝などの言葉で一括されることが多い。日本の統治機構、宗教、歴史、文化の原型が作られた重要な時代だが、持統天皇の統治は基本的に天武天皇の路線を引き継ぎ、完成させたもので、その発意は多く天武天皇に帰される。文化的には白鳳文化の時代である。 天武天皇は、人事では皇族を要職につけて他氏族を下位におく皇親政治をとったが、自らは皇族にも掣肘されず、専制君主として君臨した。八色の姓で氏姓制度を再編するとともに、律令制の導入に向けて制度改革を進めた。飛鳥浄御原令の制定、新しい都(藤原京)の造営、『日本書紀』と『古事記』の編纂は、天武天皇が始め、死後に完成した事業である。 道教に関心を寄せ、神道を整備し、仏教を保護して国家仏教を推進した。その他日本土着の伝統文化の形成に力があった。「天皇」を称号とし、「日本」を国号とした最初の天皇とも言われる。

    出生

    天武天皇の出生年について『日本書紀』には記載がないが、天皇の生年を不明にするのは同書で珍しいことではない。前後の天皇では、推古天皇につき死亡時の年齢を記したこと、天智天皇につき舒明天皇13年(641年)時点での年齢を記したことが、むしろ例外的である。 天皇の年齢を詳しく載せるのは、中世になって成立した年代記・系図類である。鎌倉時代に成立した『一代要記』や『本朝皇胤紹運録』『皇年代略記』が記す没年65歳から計算すると、生年は推古天皇30年(622年)か31年(623年)となる。これは天智天皇の生年である推古天皇34年(626年)の前である。これについては、65歳は56歳の写し間違いで、舒明天皇3年(631年)生まれだとする説が古く行なわれてきた。 1974年に作家の佐々克明がこの違いを捉え、天武天皇は天智天皇より年上であり、『日本書紀』が兄弟としたのは事実を隠したものであろうとする説を唱えた。ここから主に在野の歴史研究家の間で様々な異説が生まれ、活発な議論が交わされた。佐々は天武天皇の正体を新羅の皇族金多遂としたが、小林惠子は漢皇子とする説を提起し、年齢逆転を唱える作家の間ではこれ...

    斉明天皇の崩御まで

    中大兄皇子が皇極天皇4年(645年)6月12日に20歳で乙巳の変を起こしたとき、大海人皇子は年少であり、おそらく陰謀には関わらなかった。事件の結果皇極天皇は退位し孝徳天皇が即位した。後、白雉4年(653年)に中大兄皇子が孝徳天皇と袂を分かち難波京から倭(やまと)に移ったとき、行動をともにした。やがて孝徳天皇は病で崩じ、皇極天皇が斉明天皇として再び天皇になった。 大海人皇子は中大兄皇子の娘を次々に4人まで妻とした。百済復興のための朝鮮半島出兵で、斉明天皇と中大兄皇子が筑紫(九州)に宮を移したときには、大海人皇子も妻を連れて従った。旅の途中、斉明天皇7年(661年)1月8日に妻の大田皇女が大伯海で大伯皇女を生み、大津皇子の名も筑紫の娜大津での出生に由来すると言われる。大海人皇子は額田王を妻として十市皇女を儲けたが、後に額田王は中大兄皇子の妃になった。この三角関係が後の兄弟の不和の原因となったとする説があり、賛否ある。

    天智天皇の大皇弟

    母の斉明天皇が亡くなってから、中大兄皇子は即位せずに称制で統治した。天智天皇3年(664年)2月9日に、大海人皇子は中大兄皇子の命を受け、冠位二十六階制を敷き、氏上を認定し、民部と家部を定めることを群臣に宣べ伝えた。 天智天皇6年(667年)2月27日にようやく斉明天皇の葬儀があり、間人皇女が斉明天皇と合葬になり、大田皇女がその陵の前に葬られた。それぞれ、大海人にとっては母、姉(または妹)、妻にあたる人たちであった。 7年(668年)1月7日に、中大兄皇子が即位した。このとき大海人皇子が東宮になった。このことは『日本書紀』で巻28、天武天皇の即位前紀に記され、巻27の天智天皇紀には触れられていない。天智天皇紀で大海人皇子は大皇弟、東宮太皇弟、東宮などと記される。書紀は壬申の乱の挙兵前から大海人皇子を「天皇」と記し、天武の地位について信頼を置けないところがある。そのため、書紀が書く通り大海人皇子が皇太子であったとする学者もいるが、大皇弟などは壬申の乱での天武天皇の行動を正当化するための文飾で、事実はそのような地位になかったとする説、大皇弟などは単なる尊称であって皇位継承予定者を意味...

    陵(みささぎ)は、宮内庁により奈良県高市郡明日香村大字野口にある檜隈大内陵(桧隈大内陵:ひのくまのおおうちのみささぎ)に治定されている。持統天皇との合葬陵で、宮内庁上の形式は上円下方(八角)。遺跡名は「野口王墓古墳」。 古代の天皇陵としては珍しく、治定に間違いがないとされる。文暦2年(1235年)に盗掘に遭い、大部分の副葬品を盗まれた。棺も暴かれたが遺骸はそのままの状態で、天皇の頭蓋骨にはまだ白髪が残っていた。持統天皇の遺骨は火葬されたため銀の骨壺に収められていたが、骨壺だけ奪い去られて遺骨は近くに遺棄された。藤原定家が『明月記』に盗掘の顛末を記す。また、盗掘の際に作成された『阿不幾乃山陵記』に石室の様子がある。 上記とは別に、奈良県橿原市五条野町にある宮内庁の畝傍陵墓参考地(うねびりょうぼさんこうち)では、天武天皇と持統天皇が被葬候補者に想定されている。遺跡名は丸山古墳(五条野丸山古墳)。 また皇居では、皇霊殿(宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

    統治開始の抱負

    壬申の乱に勝利した天武天皇は、天智天皇が宮を定めた近江大津宮に足を向けることなく、飛鳥の古い京に帰還した。天武天皇2年(673年)閏6月に来着した耽羅の使者に対して、8月25日に、即位祝賀の使者は受けるが、前天皇への弔喪使は受けないと詔した。天武天皇は壬申の乱によって「新たに天下を平けて、初めて即位」したと告げ、天智天皇の後継者というより、新しい王統の創始者として自らを位置づけようとした。 このことは天皇が赤を重視したことからも間接的に推測されている。壬申の乱で大海人皇子の軍勢は赤い旗を掲げ、赤を衣の上に付けて印とした。晩年には「朱鳥」と改元した。日本では伝統的に白くて珍しい動物を瑞祥としてきたが、天武天皇の時代とそれより二、三代の間は、赤い烏など赤も吉祥として史書に記された。赤を尊んだのは、前漢の高祖(劉邦)にならったもので、秦を倒し、項羽との天下両分の戦いを経て新王朝を開いた劉邦に、自らをなぞらえる気持ちがあったのではないかと推測される。

    天皇専制と皇親政治

    吉野での逼塞から、わずかな供を連れ逃れるように東行し、たちまち数万の軍を起こして勝利を得た天武天皇は、人々に強い印象を与えた。天武天皇の高い権威を象徴するものとして決まって引かれるのが、『万葉集』におさめられた「おおきみは神にしませば」ではじまる複数の歌である。 天武天皇は、一人の大臣も置かず、法官、兵政官などを直属させて自ら政務をみた。要職に皇族をつけたのが特徴で、これを皇親政治という。皇族は冠位26階制と別に五位までの皇族専用の位を帯びた。 しかし皇族が政権を掌握したわけではなく、権力はあくまで天皇個人に集中した。重臣に政務を委ねることなく、臣下の合議や同意に寄りかかることもなく、天皇自らが君臨しかつ統治した点で、天武天皇は日本史上にまれな権力集中をなしとげた。天武天皇は強いカリスマを持ち、古代における天皇専制の頂点となった。 ただ、専制といっても、中国で時になされたような草莽の士の大抜擢は一切なく、壬申の功臣でも地方出身者は旧来の貴族層の下に置かれたままであった。壬申の乱が本質的に皇位継承争いを出なかったこともあるが、日本では最高度の専制においても貴族制的限界が大きかったの...

    官制改革

    天武天皇は、即位後間もない2年(673年)5月1日に、初めて宮廷に仕える者をまず大舎人とし、ついで才能によって役職につける制度を用意した。あわせて婦女で望む者にはみな宮仕えを許した。天武天皇5年(674年)1月25日には畿内・陸奥・長門以外の国司には大山位以下を任命することを定めた。官位相当制の端緒である。同じ勅で外国(畿外)の臣・連・伴造・国造の子と特に才能がある庶人に宮への出仕を認めた。7年(678年)10月26日には毎年官人の勤務評定を行って位階を進めることとし、その事務を法官がとること、法官の官人については大弁官がとることを定めた。官人に定期的・体系的な昇進機会を与える考選法の初めとされる。14年(685年)には新しい冠位を定めた。こうして整えられた官制は、生まれによる差別を否定するものではない。11年(682年)8月22日に、天皇が考選(勤務評定)において族姓を第一の基準とするよう命じたことからもわかるように、生まれの貴賤は官僚制度の中に織り込まれるべきものであった。 天武天皇10年(681年)2月25日に、律令を定め、法式を改める大事業に取りかかった。官人を分担させて...

    天武天皇は、宗教や超自然的力に関心が強く、神仏への信仰も厚かった。『日本書紀』には天文遁甲をよくするとあり、壬申の乱では自ら式をとって将来を占ったが、これらは道教的な技能である。『古事記』は、天武天皇が夢の中の歌を解き、夜の水に投じて自分が皇位につくことを知ったと記す。『日本書紀』では、壬申の乱のときに式をとって占い天下二分の兆しと解き、また天神地祇に祈って雷雨を止ませたという。占いも神助も現代の学者のとるところではないから、諸学者はこれらを天皇の権謀とみたり、偶然の関与とみたりするが、このような予言者的能力によって天皇は神と仰がれるカリスマ性を身に帯びた。即位後の政治にも宗教・儀式への関心が伺えるが、占いの活用や神仏への祈願で自らの目的を達しようとする姿勢が強い。 天武天皇の和歌は、蒲生野で額田王と交わした恋の歌、藤原夫人と交わしたからかい交じりの歌、吉野の「よし」を繰り返す歌、そして吉野の道の寂しさを歌う暗い歌が伝わる。漢詩を作ったとする史料はない。学者には伝えられていないだけとする人もいるが、ここに彼の趣味嗜好を見る人もいる。天武天皇の趣味は無端事(なぞなぞ)のように庶民的なものがあり、天武天皇14年(674年)9月18日に大安殿で博戯(ばくち)の大会を開くといった遊侠的なものさえあった。「#文化政策」で挙げた各種芸能者への厚遇も、天皇の好みと無関係ではないだろう。こうした側面に、民衆(より具体的には地方豪族層)の心をとらえるものがあったかもしれない。 文暦2年(1235年)の盗掘後の調査『阿不之山陵記』に、天武天皇の骨について記載がある。首は普通より少し大きく、赤黒い色をしていた。脛の骨の長さは1尺6寸(48センチメートル)、肘の長さ1尺4寸(42センチメートル)あった。ここから身長175センチメートルくらい、当時としては背が高いほうであったと推定される。藤原定家の日記『明月記』によれば、白髪も残っていたという。

    皇后:鸕野讃良皇女(後に持統天皇) - 天智天皇皇女
    妃:大田皇女 - 天智天皇皇女、鸕野讃良皇女同母姉
    妃:大江皇女 - 天智天皇皇女、鸕野讃良皇女異母妹
    妃:新田部皇女 - 天智天皇皇女、鸕野讃良皇女異母妹

    玄孫の称徳天皇の崩御により、皇統は天武系から天智天皇の孫である光仁天皇に移った。光仁天皇には皇后井上内親王を通じて天武系の血を引く皇太子・他戸親王がいたが廃太子とされ、側室を母に持つ桓武天皇の系統が長く現在まで続くことになる。 天武天皇の血筋は一度皇統から消えたものの、986年に即位した一条天皇には女系を介して天武天皇の血が入っており、現代の皇室まで受け継がれている。また、舎人親王の子孫が清原真人の姓を賜り清原氏の祖となり、高市皇子の子孫が高階真人の姓を賜り高階氏の祖となるなど、後世まで長く繁栄する。ただし高階氏に関しては、天武天皇の雲孫(8代孫)に当たる高階師尚を在原業平の落胤とし、以降天武天皇の血筋は継いでいないとする説もある。

    天智天皇7年(668年) 天智天皇の皇太弟に立てられたとされる(否定する説もある)。
    天智天皇10年(671年) 重病の天智天皇に後事を託されるも固辞し、出家して吉野に移る。
    弘文天皇元年(672年) 壬申の乱で天智天皇の息子である大友皇子(弘文天皇)を破る。
    弘文天皇2年(673年) 飛鳥浄御原宮にて即位する。
    倉野憲司校注『古事記』、岩波書店(岩波文庫)、1963年。
    小島憲之・直木孝次郎・西宮一民・蔵中進・毛利正守・校訂・訳 『日本書紀3』 小学館〈新編日本古典文学全集 4〉、1998年。
    小島憲之校注『懐風藻・文華秀麗集・本朝文粹』(日本古典文学大系69)、岩波書店、1964年。
  10. 聖徳太子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 聖徳太子
    • 日本書紀に見られる記述
    • そのほかの伝説
    • ゆかりの寺院
    • ゆかりの神社
    • 系譜
    • 著作
    • 太子信仰
    • 後世の評価
    • 紙幣の肖像など
    • 虚構説

    敏達天皇3年(574年)、橘豊日皇子と穴穂部間人皇女との間に生まれた。橘豊日皇子は蘇我稲目の娘堅塩媛を母とし、穴穂部間人皇女の母は同じく稲目の娘・小姉君であり、つまり厩戸皇子は蘇我氏と強い血縁関係にあった。厩戸皇子の父母はいずれも欽明天皇を父に持つ異母兄妹であり、厩戸皇子は異母の兄妹婚によって生まれた子供とされている。 幼少時から聡明で仏法を尊んだと言われ、様々な逸話、伝説が残されている。 用明天皇元年(585年)、敏達天皇崩御を受け、父・橘豊日皇子が即位した(用明天皇)。この頃、仏教の受容を巡って崇仏派の蘇我馬子と排仏派の物部守屋とが激しく対立するようになっていた。用明天皇2年(587年)、用明天皇は崩御した。皇位を巡って争いになり、馬子は、豊御食炊屋姫(敏達天皇の皇后)の詔を得て、守屋が推す穴穂部皇子を誅殺し、諸豪族、諸皇子を集めて守屋討伐の大軍を起こした。厩戸皇子もこの軍に加わった。討伐軍は河内国渋川郡の守屋の館を攻めたが、軍事氏族である物部氏の兵は精強で、稲城を築き、頑強に抵抗した。討伐軍は三度撃退された。これを見た厩戸皇子は、白膠の木を切って四天王の像をつくり、戦勝を祈願して、勝利すれば仏塔をつくり仏法の弘通に努める、と誓った。討伐軍は物部軍を攻め立て、守屋は迹見赤檮に射殺された。軍衆は逃げ散り、大豪族であった物部氏は没落した。 戦後、馬子は泊瀬部皇子を皇位につけた(崇峻天皇)。しかし政治の実権は馬子が持ち、これに不満な崇峻天皇は馬子と対立した。崇峻天皇5年(592年)、馬子は東漢駒に崇峻天皇を暗殺させた。推古天皇元年(593年)、馬子は豊御食炊屋姫を擁立して皇位につけた(推古天皇)。皇室史上初の女帝である。厩戸皇子は皇太子[注釈 2]となり、馬子と共に天皇を補佐した。 同年、厩戸皇子は物部氏との戦いの際の誓願を守り、摂津国難波に四天王寺を建立した。四天王寺に施薬院、療病院、悲田院、敬田院の四箇院を設置した伝承がある。推古天皇2年(594年)、仏教興隆の詔を発した。推古天皇3年(595年)、高句麗の僧慧慈が渡来し、太子の師となり「隋は官制が整った強大な国で仏法を篤く保護している」と太子に伝えた。 推古天皇5年(597年)、吉士磐金を新羅へ派遣し、翌年に新羅が孔雀を贈ることもあったが、推古天皇8年(600年)新羅征討の軍を出し、交戦の末、調を貢ぐことを...

    以下は、聖徳太子にまつわる伝説的なエピソードのいくつかである。 なお、聖徳太子の事績や伝説については、それらが主に掲載されている古事記や日本書紀の編纂が既に死後1世紀近く経っていることや記紀成立の背景を反映して、脚色が加味されていると思われる。そのため様々な研究・解釈が試みられている。平安時代に著された聖徳太子の伝記『聖徳太子伝暦』は、聖徳太子伝説の集大成として多数の伝説を伝えている[注釈 9]。

    日本各地には聖徳太子が仏教を広めるために建てたとされる寺院が数多くあるが、それらの寺院の中には後になって聖徳太子の名を借りた(仮託)だけで、実は聖徳太子は関わっていない寺院も数多くあると考えられており、境野黄洋は聖徳太子が建立した寺院について「法隆寺と四天王寺は確実である」と述べている。 四天王寺 1. 大阪市天王寺区。『日本書紀』によれば、蘇我氏と物部氏の戦いにおいて、蘇我氏側である聖徳太子は戦いに勝利すれば、四天王を安置する寺院を建てると誓願を立てた。見事勝利したので、摂津国難波に四天王寺を建てた。『書記』によれば593年(推古天皇元年)のことという。四天王寺には、敬田院、施薬院、療病院、悲田院の4つの四箇院を設置したという。なお、聖徳太子の佩刀とされる七星剣と丙子椒林剣が現在、四天王寺に保管されている。本尊は救世観音で、四天王寺では聖徳太子の念持仏の如意輪観音とも同一視される。 法隆寺(斑鳩寺) 1. 奈良県生駒郡斑鳩町。金堂薬師如来像光背銘によれば、法隆寺は用明天皇が自らの病気平癒のため建立を発願したが、志を遂げずに崩御したため、遺志を継いだ推古天皇と聖徳太子が推古天皇15年(607年)に寺と薬師像を造ったという。『日本書紀』には天智天皇9年(670年)に法隆寺が全焼したとの記事がある。この記事をめぐり、現存する法隆寺(西院伽藍)は聖徳太子の時代のものか、天智天皇9年(670年)以降の再建かについて長い論争があったが(法隆寺再建・非再建論争)、若草伽藍の発掘調査により、聖徳太子時代の伽藍は一度焼失し、現存の西院伽藍は7世紀末頃の再建であることが定説となっている。「夢殿」を中心とする東院伽藍は太子の営んだ斑鳩宮の旧地に建てられている。 斑鳩寺(播磨) 1. 兵庫県揖保郡太子町。聖徳太子は推古天皇から賜った播磨国揖保郡の地を「鵤荘」と名付け、伽藍を建立し、法隆寺に寄進をした。これが斑鳩寺の始まりと伝えられている。斑鳩寺は創建から永らく法隆寺の別院(支院)であったが、焼失、再建の後に天台宗へ改宗した。現在も「お太子さん」と呼ばれて信仰を集めている。なお、俗に「聖徳太子の地球儀」と呼ばれる「地中石」という寺宝が伝わっている。聖徳太子生誕地の橘寺と、墓所の叡福寺を結んだライン延長上にこの太子町の斑鳩寺が位置しているとの伝来がある。 太子建立七大寺 1. 四天王寺...

    敬神の詔を推古15年(607年)に出したことからわかるように、聖徳太子は神道の神をも厚く祀った。四天王寺境内には鳥居があるほか、伊勢遥拝所・熊野権現遥拝所、守屋祠がある。 1. 四天王寺七宮 - 聖徳太子創建。小儀神社(四天王寺東門前)、土塔神社(同南門前)、河堀稲生神社(天王寺区大道)、久保神社(同勝山)、大江神社(同夕陽丘町)、堀越神社(同茶臼山町)、上之宮神社(同上之宮町) 2. 玉造稲荷神社(大阪市中央区玉造) - 聖徳太子がこの地に布陣して戦勝を祈願し、戦勝後当地に観音堂を建てたという伝承がある。 3. 龍田神社(奈良県生駒郡斑鳩町龍田) - 聖徳太子が法隆寺の建設地を探していたとき、白髪の老人の姿をした龍田大明神が「斑鳩の里が仏法興隆の地である。私はその守護神となる」と託宣したので、その地を選び、鎮守社とした。 4. 龍田大社(奈良県生駒郡三郷町)−聖徳太子が法隆寺建立の際、龍田大社に祈願し、落慶の際に法隆寺の守り神として龍田大社の御分霊をお祀りした。 5. 御影の綱敷天満宮(神戸市東灘区御影) - 四天王寺創建の際、六甲山の御影石を切り出し、その際、蒼稲魂神を合せ祠る。その御神体と、聖徳太子の所持していた笏と駒角が現存する。 6. 竜王宮(滋賀県竜王町鏡山) - 山頂付近に聖徳太子26歳の時、自ら観音像を彫られ創建された雲冠寺(うんかんじ)跡がある。雨の神・水の神ともいわれる八大竜王が龍王宮として祀られ、寺院の守護をした。 7. 飽波神社(生駒郡安堵町) - 聖徳太子が牛頭天王を祀ったのが創建と伝えられ、飽波宮のあった場所と比定する説もある。主祭神は素戔嗚尊。 8. 森之宮神社(鵲森宮〈かささぎもりみや〉、大阪市中央区森之宮) - 用明天皇と間人皇后を祀る。聖徳太子創建。 9. 福王神社(三重県三重郡菰野町田口) - 聖徳太子の命により毘沙門天が安置され、国の鎮護と伊勢神宮の守りとしたと伝わる。 10. 御沢神社(おさわじんじゃ、滋賀県東近江市上平木町) - 主祭神は市杵嶋姫命、弁財天女、聖徳太子、八大龍王。聖徳太子が蘇我馬子に命じてこの一帯を開墾されたとき、用水の溜め池として清水(きよみず)池・白水(はくすい)池・泥水(にごり)池をつくり、神社を創建したと伝わる。 11. 白龍大神天宮塚(宝塚市) - 円錐形の山容をした天宮塚は中山連山の一つで...

    ここでは、以下の著作をいくつかとりあげる。聖徳太子の名を借りた(仮託)偽書も多く[注釈 17]、『十七条憲法』や『三経義疏』のように研究者間でも意見が分かれるものが存在する。 1. 『三経義疏』。このうち『法華義疏』は聖徳太子の真筆と伝えられるものが御物となっており、現存する書跡では最も古く、書道史においても重要な筆跡である。 2. 『四天王寺縁起』は、聖徳太子の真筆と伝えられるものを四天王寺が所蔵しているが、後世(平安時代中期)の仮託と見られている。 3. 『十七条憲法』は、『日本書紀』(推古天皇12年(604年))中に全文引用されているものが初出。『上宮聖徳法王帝説』には、乙丑の年(推古13年(605年)の七月に「十七餘法」を立てたと記されている。 4. 『天皇記』、『国記』、『臣連伴造国造百八十部并公民等本記』は、『日本書紀』中に書名のみ記載されるが、現存せず内容は不明。 5. 『先代旧事本紀』は、序文で聖徳太子と蘇我馬子が著したものとしているが、実際には平安時代初期の成立と見られる。その中には全85条からなり、神職、僧侶、儒者、政治家、公務員へ向けた5種類の十七条憲法が掲載されている。(十七条五憲法) 6. 『未来記』は、聖徳太子による予言の書として度々古文書に登場しているが、聖徳太子が著した証拠は発見されていない。鎌倉時代から江戸時代にかけて、聖徳太子に仮託し『未来記』を称する偽書群が何度か作成された。

    聖徳太子の聖人化は、『日本書紀』に既にみえており、8世紀には「本朝(日本)の釈迦」と仰がれ、鎌倉時代までに『聖徳太子伝暦』など現存するものだけで二十種以上の伝記と絵伝(中世太子伝)が成立した。こうした伝記と絵伝により「聖徳太子信仰」は形成されていった。 太子自身を信仰対象として、聖徳太子像を祀った太子堂が各地の寺院にある。聖徳太子は観音菩薩の化身として尊ばれた。なお、「聖徳太子は観音菩薩の生まれ変わりである」とする考えもある。 その他、室町時代の終わり頃から、太子の祥月命日とされる2月22日を「太子講」の日と定め、大工や木工職人の間で講が行なわれるようになった。これは、四天王寺や法隆寺などの巨大建築に太子が関わり諸職を定めたという説から、建築、木工の守護神として崇拝されたことが発端である。さらに江戸時代には大工らの他に左官や桶職人、鍛冶職人など、様々な職種の職人集団により太子講は盛んに営まれるようになった。なお、聖徳太子を本尊として行われる法会は「太子会」と称される。 現在は、聖徳太子を開祖とする宗派として聖徳宗(法隆寺が本山)が存在している。

    聖徳太子は古代から評価されていた人物であるが、其の内容は時代によって大いに異なる。浄土信仰が盛んであった頃は、聖徳太子は浄土への導き手として尊崇された。また、戦国時代には物部守屋を破った『軍神』としても信仰された。江戸時代の儒学者や国学者には仏教をもたらしたことで日本を歪めたとされ、厳しく批判された。明治時代になると憲法制定の先駆者や大国と平等外交を行った外交家として評価された。第二次世界大戦期には「十七条憲法」のうち「和をもって尊しとなす」「承詔必謹」の部分が強調され、聖徳太子に関連する小冊子を文部省が配布することもあった。戦後になると「和」は平和と同一視されるようになり、「民主憲法」の元祖とみられるようになった。また亀井勝一郎や家永三郎のように「人間としての聖徳太子」を見るものも現れた。こうした状況を新川登亀男や井上章一などは「聖徳太子観は時代と自らを映す鏡」であると評している。

    聖徳太子の肖像画は1930年(昭和5年)、紙幣(日本銀行券)の絵柄として百円紙幣に初めて登場して以来、千円紙幣、五千円紙幣、一万円紙幣と登場し、累計7回と最も多く紙幣の肖像として使用された。また、長きに渡って使用されたため、「お札の顔」として日本国民に広く認識されるようになった。特に高度成長期に当たる1958年(昭和33年)から1984年(昭和59年)に発行された「C一万円券」が知られており、高額紙幣の代名詞として「聖徳太子」という言葉が使用された。なお、この肖像は太子を描いた最古のものと伝えられる唐本御影から採られている。1948年(昭和23年)発行の500円収入印紙にも聖徳太子の肖像画、とされるものが採用された。

    研究史

    近代における実証的研究には久米邦武の『上宮太子実録』がある。 また、十七条憲法を太子作ではないとする説は江戸後期の考証学者狩谷鍵斎らに始まり、津田左右吉は十七条憲法を太子作ではないと主張した。戦後、井上光貞、坂本太郎や関晃らは津田説に反論している[注釈 22]。一方、森博達は十七条憲法を『日本書紀』編纂時の創作としている。 高野勉の『聖徳太子暗殺論』(1985年)は、聖徳太子と厩戸皇子は別人であり、蘇我馬子の子・善徳が真の聖徳太子であり、後に中大兄皇子に暗殺された事実を隠蔽するために作った架空の人物が蘇我入鹿であると主張している。また石渡信一郎は『聖徳太子はいなかった—古代日本史の謎を解く』(1992年)を出版し、谷沢永一は『聖徳太子はいなかった』(2004年)を著している。近年は歴史学者の大山誠一らが主張している(後述)。

    大山誠一による聖徳太子虚構説

    1999年、大山誠一『「聖徳太子」の誕生』が発表された。大山は「厩戸王の事蹟と言われるもののうち冠位十二階と遣隋使の2つ以外は全くの虚構」と主張。さらにこれら2つにしても、『隋書』に記載されてはいるが、その『隋書』には推古天皇も厩戸王も登場しないと大山は考えた、そうすると推古天皇の皇太子・厩戸王(聖徳太子)は文献批判上では何も残らなくなり[注釈 23][注釈 24]、痕跡は斑鳩宮と斑鳩寺の遺構のみということになる。また、聖徳太子についての史料を『日本書紀』の「十七条憲法」と法隆寺の「法隆寺薬師像光背銘文、法隆寺釈迦三尊像光背銘文、天寿国繡帳、三経義疏」の二系統に分類し、すべて厩戸皇子よりかなり後の時代に作成されたとする。 大山は、飛鳥時代に斑鳩宮に住み斑鳩寺も建てたであろう有力王族、厩戸王の存在の可能性は否定しない。しかし、推古天皇の皇太子として、知られる数々の業績を上げた聖徳太子は、『日本書紀』編纂当時の実力者であった、藤原不比等らの創作であり、架空の存在であるとする。以降、『聖徳太子の真実』(平凡社、2003)や『天孫降臨の夢』(NHK出版、2009年)など多数の研究を発表し...

    大山説への反論

    仁藤敦史(国立歴史民俗博物館研究部教授)は、『日本書紀』や法隆寺系以外の史料からも初期の太子信仰が確認され、法隆寺系史料のみを完全に否定することは無理があると批判している[注釈 27]。また「推古朝の有力な王子たる厩戸王(子)の存在を否定しないにもかかわらず、後世の「聖徳太子」と峻別し、史実と伝説との連続性を否定する点も問題」としている。 遠山美都男は「『日本書紀』の聖徳太子像に多くの粉飾が加えられていることは、大山氏以前に多くの研究者がすでに指摘ずみ」としたうえで、「大山説の問題点は、実在の人物である厩戸皇子が王位継承資格もなく、内政・外交に関与したこともない、たんなる蘇我氏の血を引く王族に過ぎなかった、と見なしていることである。斑鳩宮に住み、壬生部を支配下におく彼が、王位継承資格も政治的発言権もない、マイナーな王族であったとは到底考えがたい。」「『日本書紀』の聖徳太子はたしかに架空の人物だったかもしれないが、大山氏の考えとは大きく異なり、やはり厩戸皇子は実在の、しかも有力な王族だった」と批判している。 ほか、和田萃[注釈 28]や、曽根正人[注釈 29]らの批判がある。 平林...

  11. People also search for