Yahoo Web Search

  1. 1968年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 1968年

    1968年 (1968 ねん)は、 西暦 ( グレゴリオ暦 )による、 月曜日から始まる閏年 。 昭和 43年。

  2. 1968年 - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org › wiki › 1968年

    5月6日——巴黎及法国全境爆发大规模游行示威,五月风暴定格为1968年的代表形象。 5月10日——法国,巴黎 街垒之夜。 5月13日——巴黎學生騷亂:一百萬人遊行穿過巴黎街頭。 5月14日——【披頭士樂團】在紐約的記者招待會上宣佈成立蘋果唱片公司。

    • 19世纪 | 20世纪 | 21世纪
    • 2千纪
  3. 1968年 - 維基百科

    gan.wikipedia.org › wiki › 1968年

    1967年1968年1969年. 1970年1971年1972年1973年. 干支年:. 1月1號到1月29號係丁未年(羊年). 1月30號開始係戊申年(猴年). 年號:. 民國五十七年. 1968年係閏年。. 目錄:

  4. 1968年 - 維基百科,自由嘅百科全書

    zh-yue.wikipedia.org › wiki › 1968年
    • 其他紀年
    • 大件事
    • 響呢年出世嘅人
    • 響呢年死嘅人
    中國
    朝鮮半島
    日本
    佛曆:2510年10月2號 - 2511年10月12號
    呢年春節期間,北越對南越發動春節攻勢,尤其喺順化製造咗臭名昭著嘅順化屠殺。
    1月5號:「布拉格之春」喺捷克斯洛伐克國內開展。
    1月21號:1架搭載4枚核武器嘅B-52轟炸機喺北冰洋墜毀並造成放射性污染。
    2月6號到2月18號:1968年冬季奧林匹克運動會喺法國格勒諾布爾舉行。
    1月1號:莊文強,香港電影編劇、導演,代表作《無間道》三部曲、《竊聽風雲》系列
    1月1號:蘇加,克羅地亞足球員,1998年FIFA世界盃神射手
    1月16號:蘇玉華,香港舞台劇同電視劇演員
    1月22號:HEATH,X JAPAN貝斯手,原名森江博
    3月3號:許廣平,中國作家
    3月27號:加加林,前蘇聯航天員,人類史上首位上太空嘅人
    4月4號:馬丁路德金,美國黑人民權運動領袖,諾貝爾和平獎得主
    6月1號:海倫凱勒,美國作家同教育家,外號「光明天使」
  5. Category:1968年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Category:1968年

    1968年. 「 https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Category:1968年&oldid=67950828 」から取得. カテゴリ: 1960年代. 20世紀の各年.

  6. 1968年香港 - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org › wiki › 1968年香港
    • 大事記
    • 出生人物
    • 逝世人物
    元旦:
    1月9日 香港正式禁止燃放煙花爆竹。
    1月18日 粵劇界聞人黃琪浩之妻劉潔雯被不明人士殺害。
    1月19日 的士司機於觀塘秀茂坪山邊,被人被一群青少年劫殺。
    1月16日 蘇玉華
    2月4日 陳國邦
    3月31日 謝婉雯
    5月16日 邱淑貞
    12月27日 影星樂蒂自殺身亡。
    二級消防員歐文偉,殉職於恒生銀行大廈五級火。
  7. 1968年の映画 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 1968年の映画
    • 出来事
    • 日本の映画興行
    • 各国ランキング
    • 受賞
    • 誕生
    • 参考文献

    世界

    1. 5月 1.1. 反ド・ゴール、五月革命の影響で第21回カンヌ国際映画祭開催中止。 2. 11月 2.1. 11月1日 - MPAAの映画レイティング・システムが導入された。

    日本

    1. 2月 1.1. 三船プロダクションと石原プロモーション合作、関西電力タイアップ映画『黒部の太陽』(熊井啓監督)が公開され、ヒット。 2. 3月 2.1. 西ドイツのポルノ映画第1号『女体の神秘』が公開される。 2.2. 3月16日 - 『日本のいちばん長い日』が第2回文部省青少年映画賞最優秀賞受賞。 2.3. 3月28日 - 全テレビ局、カラー化。 2.4. 3月28日 - 東和社長・川喜多長政、フランス政府からレジオンドヌール勲章を授与される。 3. 4月 3.1. 4月20日 - 前年度にアメリカから返却されたドキュメンタリー映画『広島・長崎における原子爆弾の影響』[注 1]をテレビ公開。人体被爆シーン10分をカットして放送した。 4. 5月 4.1. シネクラブ(代表:川喜多和子)からの鈴木清順監督作品37本貸出し申込みに対し、日活・堀久作社長は貸出しを拒絶。さらに、日活が鈴木清順監督全作品40本の封鎖と監督を契約解除したことで紛糾する。1972年1月に和解。 4.2. 5月20日 - 東宝、米国・パナビジョン社と契約が成立し、有楽座でパナビジョン披露試写会を開く。...

    入場料金(大人)
    入場者数3億1340万人
    興行収入820億2600万円

    日本配給収入ランキング

    1. 出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、250頁。ISBN 978-4873767550。 1. 出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、251頁。ISBN 978-4873767550。

    1月14日 - LLクールJ、アメリカのヒップホップMC・俳優
    1月26日 - 宮崎萬純、日本の女優
    2月4日 - 佐々木蔵之介、日本の俳優
    2月18日 - モリー・リングウォルド、アメリカの女優
    斉藤守彦『映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?』ダイヤモンド社、2009年11月27日。ISBN 978-4-478-01134-8。
    松竹『松竹九十年史』松竹、1985年12月。全国書誌番号:87001945。
    谷川義雄『年表・映画100年史』風濤社、1993年5月。ISBN 4-89219-113-2。
    東宝『東宝五十年史』東宝、1982年11月。全国書誌番号:83041631。
  8. 1968 Can-Am season - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › 1968_Can-Am_season

    From Wikipedia, the free encyclopedia The 1968 Canadian-American Challenge Cup was the third season of the Can-Am auto racing series. It consisted of FIA Group 7 racing cars running two-hour sprint events. It began September 1, 1968, and ended November 10, 1968, after six rounds.

  9. 六八运动 - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org › wiki › 六八运动
    • 各地的情况
    • 其他
    • 參見

    六八运动的主力是工人,學生和窮人,他們也面臨著越來越強硬的鎮壓。在下面列出的所有抗議中,最普遍的起因往往是为了擺脫國家壓製本身。 1. 在西德,这些事件通常被称为「1960年代西德学生运动」。 2. 1968年春天,法國同期發生的學生運動「五月风暴」(Mai 68)。 3. 1966年在義大利各地上下因為各大學校的學生制度不合理的問題而導致進一步學生與學校的尖銳矛盾。1968年夏始,義大利米蘭、羅馬等各高校與大學發生學校總罷課,衝突與遊行示威。暴力衝突在當年的秋天達至頂峰,也被稱為炎熱的秋天(Autunno Caldo)。 4. 在美國的反越戰示威和民權運動,1962年《休倫港宣言》成為學運的主要訴求,新左派的興起,在1968年達到高峰,及後更引發不少血腥的衝突。(例如,4月末的哥大学生运动、黑豹黨),1969年6月「石牆暴動」是同性戀運動首次激烈衝突。 5. 在捷克斯洛伐克,民眾集會抗議蘇聯的控制,最終蘇聯出動坦克鎮壓示威,史稱“布拉格之春”。 6. 1968年墨西哥城奧運會開幕的10天前「特拉特洛尔科事件」,也被稱作「特拉特洛爾科大屠殺」、「特拉特洛爾科之夜」,執政革命制度黨進行鎮壓。 7. 在日本1960年代至1970年代反對美日安保條約的一系列群眾運動稱為「安保鬥爭」。1967年三里塚抗爭事件,農民、工人與學生組成同盟反強制徵收。1968年夏由東京大學學生發起的「东京大学事件」,並構成了日本全國學生運動的一個重要組成部分。1972年沖繩政權移交後的美軍基地問題。 8. 在巴西,1968年聖保羅街頭大遊行抗議軍事獨裁右翼政權,被鎮壓。 1. 1968年5月巴黎口號之一:「禁止禁止!」 2. 1968年5月學生抗議,地點在柏林工業大學建築設計系館,抗議德國戒嚴令(德语:Deutsche Notstandsgesetze)實施 3. 1968年墨西哥城示威抗議

    「保釣運動」,始於1970年,是由來自香港、臺灣和海外華人為了回應日本宣稱擁有釣魚島主權,而發起的一系列民間運動,其運動逐漸擴展至全球華人。在台灣參與者多轉向左傾,至今備受左統派推崇。
    伊斯蘭世界新左浪潮,1967年第三次中東戰爭嚴重打擊阿拉伯國家,使政治運動轉向左派的激進路線反殖民鬥爭,阿拉伯民族主義色彩濃厚。
  10. 五月危機 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 五月革命_(フランス)
    • 概要
    • 革命をとりまく世界の状況―1968
    • 戦後フランスの社会状況
    • 自由、平等、性の解放
    • タイムライン
    • 政権右派との抗争事件
    • 知識人たちの1968年
    • 抗議する学生たちの投石
    • 毛沢東主義への憧れ
    • フランス人たちの思考

    パリ五月革命が直接シャルル・ド・ゴール政権を倒したという言説は誤謬であり、ド・ゴールは選挙に勝ち権力の座にとどまり続けた。しかし運動の影響で政権は弱体化し、翌年4月にはド・ゴールは辞任することになる。 五月革命では、キューバ革命のチェ・ゲバラと文化大革命の毛沢東が運動のイコンとして掲げられた。背景にはフランス革命からロシア革命、キューバ革命、文化大革命へと至る「革命の歴史」があり、それを高度経済成長に湧くパリの学生が導き、各国の学生運動に熱をふりまき、より拍車をかけた。 1960年代後半、欧米、日本を中心とした世界の若者は、学生運動によってお互いの理念、思想、哲学を共有し、激しい政治運動を行うことができた。これによって国の枠組みにおさまらない対抗文化(カウンターカルチャー)や反体制文化(ヒッピー文化)を構成するユートピアスティックな「世界的な同世代」という世代的な視座が加速度を増してゆく。以降、より自由に世界とコミュニケーションできるようになった学生は発言権を強めるようになり、フランスの現代化を推進させた。 それはロックや映画、ファッション、アニメ、アートなどに影響を与え、その精神はヒッピー文化、パソコン通信などを通じ、コンピューターカルチャーへとつながってゆく。

    1968年は世界レベルで大衆の異議申し立て運動が活発化した年だった。 アメリカでは泥沼化したベトナムに対する反戦運動、中国では文化大革命が熱を帯び、日本では全共闘、東大紛争、こののちの10月2日にはメキシコでトラテロルコの虐殺がおきる。ベトナムのテト攻勢やワルシャワ条約機構軍によるチェコへの軍事介入(プラハの春)、メキシコオリンピック、西側の高度経済成長など、60年代後半は激動の時代だった。 旧態依然とした父権的な権力(白人=男性=異性愛)は同時代的な意識をもとめる民衆の挑戦をうけ、その権力の在り方そのものが問われるようになる。五月危機もそうした世界の潮流に呼応する形で起きた世界的な大衆運動の一環であり、それ以後のヨーロッパの大衆文化や思考の在り方にポジティヴな強い影響を与えた。 この運動の在り方や変革そのものを、保守・右派の価値観で否定的にとらえれば「危機」であり、左派、リベラルの立場で肯定的にとらえればパリ五月「革命」として見ることができる。

    第二次大戦がおわって植民地帝国だったフランスは第四共和政という政権の安定しない政治体制に移行した(1946-1958)。このあいだにベトナムとアルジェリアという2つの旧植民地独立の挑戦をうけ、インドシナ戦争(1946-1954)とアルジェリア戦争(1954-1962)に派兵した。インドシナ戦争で苦戦を強いられたフランス軍は1953年ディエンビエンフーで敗れ、ベトナムからの撤退を余儀なくされる。さらにフランスはアルジェリアの植民地維持に固執し、議会の混乱を招くと、泥沼のアルジェリア戦争(1954)へと突入してゆく。第四共和政が明確なリーダーシップを採りえない体制であったことから、第二次大戦の国民的英雄ド・ゴール将軍はより大統領権限の強化された第五共和政を樹立(1958)し、アルジェリアやアフリカ各国の独立を容認した。一方で父権を感じさせる強い権限での統治スタイルや強力な行政、官僚機構は、新しい時代の大衆の反発を招くものでもあった。

    五月革命の特徴は「学生たち」が状況を先導したところにあり、従来の政治的枠組みをobsolète metodo(時代おくれのやり方)としてみせた。 これは、当時のフランス市民たちに新しい政治の季節の到来を予感させるものだった。若い学生たちはそれまでの「父権的な政府」も官僚的で怠慢な労働組合の幹部も拒否し、「若く斬新な政治姿勢」をうちだして、若者と市民数の力で圧倒しようとした。また彼らは戦後高度経済成長に育ったベビーブーマーであり、急激に数の膨張した大学生だった。 1938年、フランスの大学生は6万人にすぎなかったが、それが1961年に24万人、1968年までに60万5,000人にまでふくれあがる。それまで特権階級の場だった大学は一般に開かれ、よりつつましい階級の家庭の学生の比率が膨らんだ。旧態依然としたド・ゴール政権(ド・ゴール主義)は彼らを発言権のある存在としてはみとめておらず、倦怠と抑圧を感じる学生の不満は高まっていた。彼らは広い意味で「平等」をもとめていた。社会にも、階級にも、帝政の歴史にも、第3世界にも、政治にも。 「Egalité! Liberté! Sexualité!―平等!自由!セクシャリティ!」は革命運動時の学生の重要なスローガンとなった。古い世代の制度と新しくふくらんだ大学生のあいだでに生じた摩擦はやがてマニフェストをともなったデモやゼネストというかたちで顕在化されるようになる。

    1968年3月15日付日刊紙ル・モンドにジャーナリスト、ピエール・ヴィアンソン=ポンテは「現在、私たちの生活を定義するものは退屈だ」、「フランス人は退屈だ。彼らは世界を揺るがす激動に参加していない」と書いた。その後の出来事は、「退屈」が反乱の強力な触媒として作用したことを示唆している。

    フランス共和国保安機動隊(CRS)は動乱の鎮圧にさいして、「SAC」(Civic Action Service―市民行動サービス)と「Occidental group」(オキシデンタル・グループ)のふたつのグループを組織した。 「SAC」は元レジスタンス剛腕政治家のシャルル・パスクワとアフリカ政策(とりわけ戦争状態にあったアルジェリア)の政府顧問ジャック・フォッカールが設立に関与したド・ゴール大統領への徹底した忠誠が特徴の政府中枢肝いりの民兵組織だった。彼らは動乱の市民にまぎれこみ、さまざまな工作をおこない、運動で負傷した学生を兵舎本部の地下へと拘束した。その結果、彼らの行動はその忠誠が保守市民に認められ、5月30日におこなわれたド・ゴール支持のカウンターデモを人でいっぱいにした。自由をもとめる学生や市民の攻勢にもかかわらず、ド・ゴールはおおくの保守市民から手堅い支持を集めた。 「オキシデンタル・グループ(Occidental group)」は1964年に設立され、主に極右の学生で構成されていた。1968年時点で1500人の構成員がおり、将来保守政治家となるジェラルド・ロンゲらが参加していた。構成員は生理的に共産主義を「毛嫌い」し、スローガンに「共産主義者とであったら、どこででも殺せ!」を掲げた白人至上主義であり、反ユダヤ主義であり、ベトナム戦争賛成派だった。その襲撃によって運動に参加した学生たちを蹴散らしたが、運動自体を弱める効果はなかった。結局最終的にマオイストやアナーキストとのあいだで抗争事件が勃発し、街頭での過激な暴力闘争となった。1968年10月31日ド・ゴール政権の手によって、解散させられた。

    ヌーベルバーグを代表する映画監督ジャン・リュック・ゴダール。時代の空気を読むことに長けていたゴダールはそれ以前から五月革命を予見するような作品を撮っていた。著書「ミル・プラトー」で有名なポストモダン哲学者ジル・ドゥルーズはゴダールの姿勢を擁護している。ジャン・リュック・ゴダール=ヌーベルバーグ(新しい波)の映画監督。すこしづつ政治的なモチーフに関心を示すようになったゴダールは、五月革命に先だ...
    ルイ・アルチュセール=マルクス主義の哲学者。アンチ=スターリニスト。思想面で大きな影響を五月革命に与えたとされる。アルチュセールの生徒たちは青年共産主義マルクスレーニン連盟(UJC(ml))を結成。革命中、大学やストリートで活発に活動する。

    膨大な逮捕者をだしたデモにおいて、学生の主要な武器のひとつは投石だった。学生や大衆は石畳の舗装された石をほじくり返しては、それを投げるという原始的な方法をとった。これに対して警察はヘルメットと盾で装備をかため、催涙弾と警棒、放水による攻撃をくわえた。「武装した政府」とより「原始的な学生」という非対称性はベトナムにおける「圧倒的軍事力のアメリカ」と「アナログ兵器で立ち向かうベトナム」になぞらえられる。 ベトナムに鼓舞された「DIY精神」という意味で、この投石は当時のパリの雰囲気を伝えていた。

    当時のフランスでは赤い中国のGrand Timonierこと毛沢東の著書「Le petit livre rouge de mao」(「毛主席語録」)が流行していた。それはパリのENS(高等師範学校)の学生たちを通じてひろまり、左派知識人たちを活気づけ、学生や労働者を団結させる思想だった。学生はアメリカの覇権主義に反対するモデルとして毛沢東思想の書籍を読んだ。したがって中国への憧れも「五月革命」には投影されている。ただその憧れは思想的に深められることがなく、ロマンチシズムの色彩が濃かった。さらに当然なことながら、学生には政府を転覆させる力はなかった。つまり本物の武力による革命ではなくて、学生時代のモラトリアムな革命だった。 「造反有理」をかかげた日本の60年代の安保闘争同様、現実の議会構成には大きな影響をおよぼすことがなかったが、フランスが中国も憧れの対象としたことは、世界状況の変化を反映した当時の市民の意識の変化でもあった。

    また五月革命はうなりを上げるスピードと効率の社会システムを、ひとりひとりが「止めて」みる(ゼネスト)というところに意義があった。 つまり、この社会システムそのものを個人それぞれが吟味し、それが自分にとってどのように関わり、どのように意味をもつのか、国家機構という集団性と自分自身という個人性との関係の基本をあらためて問い直してみた運動でもあった。68年当時、パリ、エコール・ド・ボザールの准教授だったブルーノ・ケサンヌは高揚をまじえながら、五月革命について以下のように述べている。 フランス人たちはこのとき、いちど、立ち止まって考えてみたと言える。

  11. People also search for