Yahoo Web Search

  1. Dynamic random-access memory - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › DRAM

    Dynamic random-access memory (dynamic RAM or DRAM) is a type of random-access semiconductor memory that stores each bit of data in a memory cell consisting of a tiny capacitor and a transistor, both typically based on metal-oxide-semiconductor (MOS) technology.

  2. Dram (unit) - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Dram_(unit)

    Dram is used informally to mean a small amount of spirituous liquor, especially Scotch whisky. The unit is referenced by the phrase dram shop , the US legal term for an establishment that serves alcoholic beverages.

  3. Shelley FKA DRAM - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › DRAM_(musician)
    • Overview
    • Early life
    • Career

    Shelley Marshaun Massenburg-Smith, known professionally as Shelley FKA DRAM, is an American singer, rapper, and producer from Hampton, Virginia. He is signed to Atlantic Records and Empire Distribution. His debut single was "Cha Cha", followed by his breakout single "Broccoli", featuring Lil Yachty, which peaked at number five on the US Billboard Hot 100. In October 2016, he released his debut studio album, Big Baby DRAM.

    Shelley Marshaun Massenburg-Smith was born in Neustadt an der Weinstraße, West Germany. Before the age of one, he moved to the United States and was raised in Hampton, Virginia. His mother was in the military. As a teenager, Massenburg-Smith was an ardent fan of the singer Bilal and recalls discovering his unreleased second album Love for Sale when it leaked online in 2006, later citing the song "White Turns to Grey" as his favorite "hidden gem" in music.

    In March 2015, DRAM released his debut EP, #1Epic through Atlantic Records and Empire Distribution. The EP included the single "Cha Cha", which peaked at number one on the Bubbling Under Hot R&B/Hip-Hop Singles chart. In October 2015, his debut mixtape, Gahdamn! was released. In April 2016, DRAM released his hit single "Broccoli" featuring rapper Lil Yachty. The song gained international success and peaked at number five on the US Billboard Hot 100, becoming his first top five song in the countr

    • D.R.A.M., Big Baby D.R.A.M., Only 1 D.R.A.M., Drama J
    • August 3, 1988 (age 32), Neustadt an der Weinstraße, West Germany
  4. Random-access memory - Simple English Wikipedia, the free ...

    simple.wikipedia.org › wiki › Random-access_memory
    • Different Types of Ram
    • Other Uses For Ram
    • Other Kinds of Memory

    Dynamic random access memory (DRAM) is the majority in computers. Modern computers use several types of DRAM. Before 2002, most computers used single data rate (SDR) RAM. Most computers made since then use either double data rate (DDR), DDR2, DDR3, or DDR4RAM. The later types allow stored data to be moved and used more quickly, so that the computer's processor can keep working quickly without having to wait for data as long or as often. Different kinds of RAM usually will not work together in the same computer. Most computers can only use one kind of RAM. Some can use a small number of different kinds. Different kinds of RAM often have differently shaped connectors. This limits which RAM chips a particular computer model can use. Static RAM (SRAM) needs power to keep its data, but does not need the computer to be active. Some SRAM chips are battery-backed. This type has a built-in batteryto make sure no data is lost if the computer is turned off. Some computers have a little SRAM an...

    RAM is usually used to store information of running programs inside computers. RAM may also be used for different things.

    Information that the computer always needs, that cannot be changed or deleted (unless it is EEPROM), is normally kept in read-only memory (ROM), which does not lose its contents when the computer is turned off. Such items include the BIOS(Basic Input/Output System), which stores the most basic commands for the computer, telling it how it should start up. The BIOS also tells the computer how to input and output information. The BIOS can be compared to the part of your brain that tells your heart how to beat. This is an important part.

  5. Armenian dram - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Armenian_dram
    • Overview
    • History
    • Coins
    • Banknotes

    The dram is the monetary unit of Armenia and the neighboring Republic of Artsakh. It was historically subdivided into 100 luma. The word "dram" translates into English as "money" and is cognate with the Greek drachma and the Arabic dirham, as well as the English weight unit dram. The first instance of a dram currency was in the period from 1199 to 1375, when silver coins called dram were issued.

    On 21 September 1991, a national referendum proclaimed Armenia as a republic independent from the Soviet Union. The Central Bank of Armenia, established on 27 March 1993, was given the exclusive right of issuing the national currency. In the immediate aftermath of the collapse of the Soviet Union attempts were made to maintain a common currency among CIS states. Armenia joined this ruble zone. However it soon became clear that maintaining a currency union in the unstable political and economical

    In 1994, a first series of aluminium coins was introduced in denominations of 10, 20 and 50 luma, 1, 3, 5 and 10 dram. In 2003 and 2004, a second series consisting of 10, 20, 50, 100, 200 and 500 dram coins was introduced to replace the first series. The Central Bank has also issued a great number of commemorative coins intended for sale to collectors. A listing can be found at the authorized central bank distributors.

    A first series of banknotes was issued in November 1993. It was withdrawn from circulation by 2005. A second series was issued from 1998 onwards which is still in use at present.

  6. Dynamic random-access memory - Simple English Wikipedia, the ...

    simple.wikipedia.org › wiki › Dynamic_random-access

    You can help Wikipedia by reading Wikipedia:How to write Simple English pages, then simplifying the article. (November 2011) Dynamic random access memory is the most commonly used form of RAM. DRAM is called dynamic (or active), because it must be refreshed all the time or it will lose the data which it is supposed to be storing.

  7. DDR5 SDRAM - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › DDR5_SDRAM

    Double Data Rate 5 Synchronous Dynamic Random-Access Memory (DDR5 SDRAM) is a type of synchronous dynamic random-access memory. Compared to its predecessor DDR4 SDRAM, DDR5 is planned to reduce power consumption, while doubling bandwidth. The standard, originally targeted for 2018, was released on 14 July 2020.

  8. DRAM – Wikipedia

    fi.wikipedia.org › wiki › DRAM

    DRAM (engl. Dynamic Random Access Memory) on hajasaantimuistin tyyppi, jossa jokainen bitti tallennetaan erilliseen kondensaattoriin. Muistisolun lukeminen purkaa kondensaattorin, joten jokaisen lukuoperaation yhteydessä luettu data tallennetaan takaisin muistisoluun.

  9. Dram - Wikipedia

    ro.wikipedia.org › wiki › Dram
    • Rate de Schimb
    • Istorie
    • Bibliografie
    • Legături Externe

    Ratele de schimb, la data de 2 noiembrie 2012 erau: 1. 1 USD= 405,96 AMD 2. 1 EUR= 522,67 AMD 3. 1 GBP= 653,47 AMD 4. 1 RUB= 12,96 AMD 5. 1 JPY= 5,057 AMD 6. 1 GEL= 244,92 AMD

    Dramul a fost utilizat prima oară în Armenia între anii 1199 și 1375, când circulau monede de argintcu acest nume. În urma declarării independenței Armeniei, la 23 august 1990, tânărul stat s-a dotat cu o nouă unitate monetară care a înlocuit rubla sovietică, la 22 noiembrie 1993. Banca Centrală a Armenieia fost însărcinată să emită primele bancnote și să bată primele monede metalice. Dramul a suferit o puternică devalorizare de-a lungul anilor care au urmat după punerea sa în circulație.

    Krause, Chester L., and Clifford Mishler (1991). Standard Catalog of World Coins: 1801–1991 (18th ed.). Krause Publications. ISBN 0873411501.
    Pick, Albert (1994). Standard Catalog of World Paper Money: General Issues. Colin R. Bruce II and Neil Shafer (editors) (7th ed.). Krause Publications. ISBN 0-87341-207-9.
    en Armemian Dram SignHistory, shape, and promotion of Armenian Dram Sign
    en Coin Types from ArmeniaLists, pictures, and values of Armenian coin types
    en Exchange rates against Armenian Dram and detailed history
    en LIVE Detailed Armenian Dram Exchange Rates: AMD
    • AMD
    • 10 (tas), 20 (ksan), 50 (hisun), 100 (haryur) , 200 (yerkuharyur), 500 (hingharyur) dram
  10. Dynamic Random Access Memory - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Dynamic_Random_Access_Memory
    • 名称
    • 歴史
    • 構造
    • データアクセスの方法
    • リフレッシュ
    • 技術の変遷
    • 種別
    • Dram業界

    DRAMでは、キャパシタに蓄えられた電荷の有無で情報が記憶されるが、この電荷は時間とともに失われるため、常に電荷を更新(リフレッシュ)し続けなければならない。この「常に動き続ける」という特徴から「ダイナミック」(動的)という名前が付いている。ニュースなどでは「記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しできる半導体記憶回路」などの長い名前で紹介されることがある。 チップ内にDRAMとリフレッシュ動作のための回路などを内蔵し、SRAMと同じ周辺回路とアクセス方法で利用できる「疑似SRAM」という名称の商品があるが、それもDRAMの一種である。 商品としては、SIMMやDIMMやSO-DIMMといった基板にチップのパッケージを実装したモジュールの形態を指す名称や、近年ではDDR3やDDR4のように電子的仕様や転送プロトコルなどを指す表現が使われることも多い。

    DRAMの概念は1966年にIBMトーマス・J・ワトソン研究所のロバート・デナード(Robert Dennard)博士によって考案され、1967年にIBMと博士によって特許申請され、1968年に特許発行された。 1970年にインテルは世界最初のDRAMチップである1103を製造した。1103は3トランジスタセル設計を使用した1キロビットDRAMチップで、非常に成功した。その後、1970年代半ばまでに複数のメーカーがデナードのシングルトランジスタセルを使用して4キロビットチップを製造し、ムーアの法則に従い大容量化が進展した。 米ザイログ社が作ったCPUのZ80は、DRAMのリフレッシュ動作専用の7ビットのレジスタ(Rレジスタ)を持つ。命令列の実行中に、プログラムの実行に伴うアクセスとは無関係に、このレジスタが持つアドレス(DRAMの列)にアクセスをしてリフレッシュを行う。後の多くのマイクロプロセッサではプロセッサコア以外で実装される機能であるが、当時はマイクロコントローラ的な応用やホビーパソコンを廉価に製品としてまとめ上げる等といった目的にも効果的な機能であった。なお、多数開発された「Z80互換」チップでは、メモリコントローラとして別機能としたものや、省電力機器用として完全にオミットしているものなどもある。

    動作原理

    コンデンサとも呼ばれるキャパシタに電荷を蓄え、この電荷の有無によって1ビットの情報を記憶する。電荷は漏出しやがて失われるため、1秒間に数回程、列単位でデータを読み出して列単位で再び記録し直すリフレッシュが絶えず必要となる。たとえ読み出しの必要がなくとも、記憶を保持するためには常にこの操作を行わなければならない。

    メモリセル構造

    DRAMの内部回路は、各1つずつのキャパシタと電界効果トランジスタ(FET)から構成される「メモリセル」の部分と、多数のメモリセルが配列したマトリックスの周囲を取り巻く「周辺回路」から構成される。 DRAMの集積度を上げるには、メモリセルをできるだけ小さくすることが有効である。そのため、キャパシタとFETを狭い場所に詰め込むために、さまざまな工夫が行われている。 各々のメモリセルはキャパシタ1個とスイッチ用のFET 1個から構成される。記憶セルは碁盤の目状に並べて配置され、横方向と縦方向にワード線とビット線が走っている。記憶データは、メモリセルのキャパシタに電荷がある場合は論理 "1"、無い場合は論理 "0" というように扱われており、1つのメモリセルで1ビットの記憶を保持している。

    メモリセルの動作

    ワード線に電圧がかけられると、メモリセルのFETは、キャパシタとビット線との間を電気的に接続するように働く。そのため、キャパシタに電荷があれば、ワード線の電圧によって、キャパシタとビット線が接続され、キャパシタからビット線を通じて電荷が移動し、ビット線に接続されたセンスアンプによって、微弱な電位が読み取られて、論理 "1" が判別される。一方、キャパシタに電荷がなければ、ビット線にはそれ自身の寄生容量(浮遊容量)による電荷以外は現れず、センスアンプは入力として低い電位を読み取るので、論理 "0" が判別される。 キャパシタに電荷を溜める動作時でも、電荷の移動方向が逆になる他は、読み出しと同じである。論理 "1" の1ビットのデータを記憶する場合を考えると、ワード線の電圧によってFETはキャパシタとビット線を接続し、ビット線を通じて電荷がキャパシタ移動し充電される。その後、ワード線の電圧がなくなってFETでの接続が断たれても、キャパシタ内には電荷がしばらくは残るのでその間は論理 "1" の状態が保たれる。論理 "0" の1ビットのデータを記憶する場合はより単純である、記憶前には常に...

    DRAMのメモリセルを指定するためのアドレスデータ線は、行アドレスと列アドレスとで共通になっていて、行アドレスと列アドレスを時分割で設定するようになっている。メモリの番地のうち、行アドレスは上位ビットの部分に割り当て、列アドレスは、下位ビットに割り当てて使用する。アドレスデータ線にどちらのデータが加えられているかを区別するために、RAS (row address strobe) およびCAS(column address strobe) と呼ばれる信号を用いる。行アドレスデータを確定した状態でRAS信号をアクティブにすることで、RAS信号の変化点での状態を素子に行アドレスとして認識させる。RAS信号がアクティブな状態のまま、引き続き列アドレスデータに切り替えて、CAS信号をアクティブにし、CAS信号の変化点での状態を素子に列アドレスとして認識させ、必要とするアドレスのデータにアクセスを完了する。 データアクセスの高速化のため、同じ行アドレスで列アドレスが違うデータを次々に読み書きする方法が考案されており、これをページモードと呼ぶ。 ページモードは、高速ページモード (fast page mode)からEDO(extended data out、EDO DRAM)へと進歩した。そして、21世紀以降はsynchronous DRAM(SDRAM) と呼ばれる、行アドレス内容を同期転送(バーストモード)で高速に入出力する機構を搭載したものが主流となっている。全く工夫のないDRAMでは100nsec以上かかっていたものが、これらのDRAMでは2.5nsec前後まで高速化されている。ただし、列・行アドレス共に指定してセットアップ・プリチャージの時間を含むアクセスタイム自体は、それほど短縮されておらず、この10年間で1/3程度高速化されただけである。 また、異なるアドレスに対する読み書きを同時に2つのポートから擬似的に行うことができるDual Port DRAMがある。PCでは画像表示用のVRAMやCPU-GPU間共有メモリに用いられたり、あるいは互換性のないマルチプロセッサ構成のPCやワークステーション、PCI-PCI間メモリ転送デバイスなどの用途に使われる。

    メモリセルに蓄えられた電荷は、素子内部の漏れ電流によって徐々に失われていき、電荷のない状態との区別が困難になる。そこで、定期的に電荷を補充する操作が必要となる。この操作をリフレッシュと呼ぶ。リフレッシュは、1行単位で同時にアクセスすることで実施され、規定された時間内(数十ミリ秒程度)に素子内の全ての行について行わなければならない。 リフレッシュという用語は、米インテル社によって付けられた。なお、コンデンサ・メモリの元祖であるABCでは、ジョギングと呼ばれていた。

    ソフトエラー

    情報は各メモリセルのキャパシタの電荷の形で記憶されるが、宇宙線などの放射線がキャパシタに照射されると、電荷が失われデータが書き換わってしまう現象が発生する。これはソフトエラー(英語版)と呼ばれ、高エネルギーの放射線を常に浴びる可能性のある宇宙航空分野に限らず、地上の日常的な環境でも発生し得る、メモリを持つ機器の偶発的な異常動作の原因となる。 宇宙線のような高エネルギー放射線でなくとも、可視光線の光子でも同様の現象が発生する。通常のDRAMは、樹脂製のパッケージによって遮光されているため、実際の問題とはならない。しかし、この現象を応用して、チップに光を当てられるようにすることで、画像素子として応用した製品も存在した[注 1]。[注 2]

    階層ワード線

    主となるメタル配線とワード線の配線の間隔を空けて配置し、その下層で1本のメタル配線ごとにゲートポリ配線を4-8本階層する方法である。メタル配線からはデコード機能を兼ねたゲートでもあるサブワードドライバによってゲートポリ配線が分岐され各メモリセルに接続される。

    オープン・ビット線

    高集積化のため、21世紀以降はオープン・ビット線が使用されるようになっている。従来方式では、本来のビット線に平行して折り返しビット線が配線されていた。この方式では、読み出されるセルのすぐそばに2本のビット線が通っているので、たとえノイズを受けても、これらをメモリセルアレイ外周部のセンスアンプで比較することで、ノイズの影響を排除することができた。その後、セルが小さくなったため、電極としてポリシリコンではなく金属材料を使い始めると、寄生抵抗と読み出し抵抗が減少して、読み出し電流が多く取れるようになった。そこで、DRAMに対する微細化・高集積化への要求に応じて、折り返しビット線方式に代わってオープン・ビット線方式が取り入れられるようになった。

    1970年に米インテル社が世界最初のDRAMである「1103」を発売してから、多くの種類のDRAMが市場に登場している。各DRAMの種別名称ではSD-RAMあるいはSDRAMのようにハイフンの有無で表記の揺らぎが存在するが、以下では全てハイフンを省いて表記する。

    装置産業

    DRAM業界を含むメモリ半導体製造業界は、黎明期の1970年代以降では、他社との技術的な差別化の余地が比較的少ないものとなっている。メモリ半導体を製造するメーカーのうち、先行するメーカーは、半導体製造装置メーカーと共に、一部は既にCPU等で開発された最先端技術(半導体製造装置メーカーがCPUメーカーとのビジネスで得たノウハウ)も取り入れ、メモリー半導体製造装置を共同開発して導入することで、生産工場を整えることになっている。開発現場を提供したことの対価として、メモリー半導体メーカーは共同開発パートナーである製造装置メーカーから安価に共同開発済みの装置を複数調達導入する。半導体製造装置メーカーは、追随するメモリ半導体メーカーへ同じ装置を販売することで利益を得る。追随するメモリー半導体メーカーが新規の独自技術を開発することは比較的少なく、半導体を高い生産性で量産するための工夫と経験が各社の差別化での大きな要素となっている。「半導体製造装置を買える程の投資資金があれば誰でもメモリメーカーとして起業できる」とは、あまりにも極論であるが、世界的にはほとんど同種の半導体製造装置が各社の生産ライ...

    シリコンサイクル

    現在では、メモリ半導体メーカー各社は、パーソナルコンピュータの需要が拡大する時期(新しいWindows OS製品が登場するときなど)に合わせて、量産体制を拡大している。一方、過去には「シリコンサイクル」と呼ばれるサイクルが、半導体業界の景気の好不況の循環を主導してきた。パーソナルコンピュータの需要拡大等でメモリ製品が不足すると、価格は上昇する。メモリ半導体メーカーは、上昇した価格と旺盛なメモリ製品への需要に基づいて、将来への投資といった経営判断を下し、生産設備への拡大投資を決定する。このとき、1社が生産設備の拡大を行うだけでなく、ほとんど全てのメモリメーカーが生産設備を拡大するので、生産ラインが完成して量産に移行する頃には需要拡大は既に終わっており、各社の生み出す大量のメモリ製品がほとんど同時期に市場にあふれて価格は暴落する。こういったサイクルを過去に数回繰り返してきたため、日本の総合家電メーカーのように多くの企業は、度々訪れる莫大な赤字に耐え切れず半導体ビジネスから撤退していった。このような経緯から、1990年代中期以降、生き残ったDRAMメーカー各社は、過去の失敗を参考に、将...

    価格低迷と大幅赤字

    2000年代中盤にはSamsung、Hynix、Qimonda、エルピーダ、Micronの大手5社で業界を寡占するようになっていた。2006年末頃、(DRAM価格操作談合事件による苦境、および規格の主流がDDR2からDDR3へ思うように移行せず依然として従来型製品のコストダウンを中心とした低収益に喘いでいた)DRAMメーカー各社は、2007年初頭に販売されるWindows Vistaの登場によってPC需要が大幅に拡大するだろうと予測し、各社生き残りを賭けて我先にと一斉に生産量を増やした(この独断専行とも思える各社なりふり構わぬ増産体制は、2004年に発覚したDRAM価格操作談合事件の余波で、各社横との連絡が完全に断たれ、これまでのように大手DRAMメーカー主導による共同歩調体制が全く取れず各社疑心暗鬼になっていたことも多分に影響している)。しかしこの増産は完全に裏目に出てしまい、需給バランスが大きく崩れDRAMでのシリコンサイクルを発生させてしまうこととなった。今回のシリコンサイクルは、Windows Vistaの予想外の販売不振(Windows XPに取って代わる存在になれなか...

  11. People also search for