Yahoo Web Search

  1. 無添加 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/無添加

    4 days ago · 無添加化粧. タール色素などの人工着色料、人工香料の不使用、無香料・無着色、界面活性剤の不使用や石油系界面活性剤の不使用 。 無添加石鹸. 合成洗剤など石油製品から化学合成された物質が無添加である。

  2. メトホルミン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/メトホルミン

    Oct 18, 2020 · 後発医薬品としてはメデット(トーアエイヨー)やネルビス(三和化学)などがある。 メトホルミンは1961年に発売された薬物であるが、 乳酸アシドーシス を避ける為に用量が制限(最大750mg)されていた。

    • 50 to 60% under fasting conditions
    • AU: C, US: B
  3. クロルプロマジン - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/クロルプロマジン

    Oct 07, 2020 · 塩野義製薬は、1957年にクロルプロマジンとフェノバルビタール、プロメタジンを含む、処方箋医薬品の合剤『ベゲタミン』を発売した 。赤玉、白玉の名で知られたが、強力な副作用やオーバードースが問題視されて、2016年12月に発売を終了した 。

  4. 医療大麻 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/医療大麻

    Oct 15, 2020 · 2018年には、大麻由来の医薬品への規制を緩和し処方箋医薬品となり、この見直しは、難治性てんかんの子供が規制のために治療のために入手できないことが明らかとなり、これに続いた決定である 。 フランス

  5. 抗生物質 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/抗生物質

    5 days ago · 抗生物質の大部分は抗菌薬として使用される。抗菌薬の投与方法は臨床薬理学の考え方が適用されている。 細菌感染症に対する抗生物質の投与は、抗生物質は化学療法剤とは異なるものの、臨床医学的にはまとめて化学療法と呼ばれている。

  6. Oct 08, 2020 · 医薬品 「 ナビキシモルス 」および「 ナビロン 」も参照 2005年4月、カナダ政府当局は ナビキシモルス (サティベックス)の販売を承認し、 多発性硬化症 患者のための経口スプレーで 神経因性疼痛 と 痙縮 を緩和するために用いることができる。

  7. 2-プロパノール - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/2-プロパノール

    Oct 17, 2020 · 2-プロパノール(2-propanol)は、第二級アルコールの一種である。 プロパノールの2種類の構造異性体のうちの一つである。 消防法に定める第4類危険物 アルコール類に該当する 。

  8. 確定申告 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/確定申告

    Oct 09, 2020 · 処方箋による医療用医薬品だけでなく、風邪薬や湿布薬など一般用医薬品の購入費用も対象になる。 単なる美容目的、健康増進、疾病予防、疲労回復、 健康診断 等の費用(検査の結果疾患が発見され、治療を受けた場合の検査費用を除く)は控除対象外。

  9. 田辺三菱製薬 - 主要製品一覧 - Weblio辞書

    www.weblio.jp/wkpja/content/田辺三菱製薬...
    • 一般用医薬品
    • 過去の一般用医薬品
    • 処方箋医薬品
    • 過去の医療用医薬品
    • 備考

    当社は「旧:田辺製薬株式会社」時代からの「アスパラ」シリーズや「ナンパオ」シリーズのほか、薬事法改正に伴い一般用医薬品に転換した「フルコートf」及び「コートf」シリーズを主力製品としている。なお「アスパラ」シリーズは、医療用の分野でも主力製品である。かつては「旧:田辺製薬株式会社」時代に鎮痛鎮痙胃腸薬「ブスコパン」が発売されていた。ただし、「旧:田辺製薬株式会社」時代もドイツの大手製薬会社「日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社」との技術提携で製造販売を行っている。 そして、「旧:三菱ウェルファーマ株式会社」の一般用医薬品事業は2004年(平成16年)3月1日まで「佐藤製薬株式会社」に事業譲渡(サロメチールの製造は当社で引き続き行っていたが、製造権も2011年(平成23年)秋に佐藤製薬株式会社へ承継された)されたため、企業合併当初から2015年(平成27年)3月31日までは「旧:田辺製薬株式会社」のみの事業だった。 2016年(平成28年)3月14日、「旧:東京田辺製薬株式会社」が1957年(昭和32年)に発売した「ウルソ錠」の流れを汲む一般用医薬品である「タナベ胃腸薬ウルソ」が発売された。 1. フルコートf【指定第2類医薬品】 - 軟膏タイプの皮膚疾患治療薬(フルオシノロンアセトニド+フラジオマイシン硫酸塩配合)。本品は以前から薬局やドラッグストアで入手できる、処方箋医薬品の「フルコートF」としてロングセラーとなっていたが、2009年(平成21年)3月2日に、効能・効果ならびに用法・用量を変更して一般用医薬品となり、同年11月に「フルコートF軟膏」へ改称。2012年(平成24年)4月1日に再改称した。2017年(平成29年)6月1日に、既存品(5g)の倍量となる10gを追加発売した。 2. コートf 2.1. コートf AT【指定第2類医薬品】 - 湿疹・皮膚炎用薬(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル配合)。軟膏タイプの「コートf AT軟膏」とクリームタイプの「コートf ATクリーム」の2種類がある(製造販売元:ジャパンメディック株式会社)。2015年(平成27年)4月発売。 2.2. コートf MD軟膏【指定第2類医薬品】 - 軟膏タイプの湿疹・皮膚炎用薬(プレドニゾロン配合)。2017年(平成29年)4月にリニューアル。従来配合していたクロタミト...

    総合感冒薬

    1. ナイプ糖衣錠 2. ナイプカプセル 3. タナベ感冒アンプル 4. タナベ感冒シロップ 5. タナベ感冒錠 6. タナベ感冒顆粒 7. タナベ感冒薬糖衣錠 8. タナベ感冒薬カプセル 9. タナベ感冒薬A錠 10. タナベ感冒薬Aカプセル 11. ノバポン錠 12. ノバポン顆粒 13. ノバポンカプセル 14. ノバポンP 15. ノバポンA錠 16. ノバポンAカプセル 17. ノバポンA小粒錠 18. ノバポンAシロップ乳幼児用 19. 新ノバポン錠 20. 新ノバポン顆粒 21. 新ノバポンカプセル 22. 新ノバポンGO錠 23. 新ノバポンGO顆粒 24. 新ノバポンGOカプセル 25. ノバポン新感冒薬DX錠 - 2005年(平成17年)3月31日製造終了。 26. ノバポン新感冒薬DXカプセル 27. ノバポン小児用シロップ 28. 新ノバポン小児用シロップ - 2005年(平成17年)3月31日製造終了。 29. チミコデG錠 30. チミコデかぜ錠 31. チミコデDX顆粒 32. チミコデかぜホット 33. チミコデカプセル 34. チミコデかぜシロッ...

    鎮咳去痰薬・鼻炎用薬

    1. アスベリンE 2. ノバポンせきどめ錠 3. ノバポンせきどめカプセル 4. 新ノバポンせきどめカプセル 5. ノバポンせきどめシロップ 6. ノバポンせきどめ液 7. ノバポンせきどめ液1000 8. チミコデ錠 9. チミコデ液 10. チミコデシロップ 11. 新チミコデシロップ 12. チミコデシロップN 13. チミコデKシロップ 14. チミコデWシロップ 15. チミコデソフトカプセル 16. ノバポン鼻炎カプセル 17. ノバポン鼻炎用カプセル 18. 新ノバポン鼻炎カプセル 19. ジュピックシロップ 20. チミコデ鼻炎カプセル 21. チミコデ鼻炎カプセルP 22. チミコデ鼻炎スプレー 23. ピタクイック【第2類医薬品】 - 2011年(平成23年)3月31日製造終了(製造販売元:高市製薬株式会社)。 24. アレギサール鼻炎【第2類医薬品】 - 2019年(令和元年)6月30日製造終了。

    鎮痛解熱薬・鎮うん薬

    1. タナベ鎮痛錠 2. ピリパンアンプル 3. ピリパン 4. ピリパン顆粒 5. ピリパンA 6. ピリパンA顆粒 7. 乗物よい薬タナベ 8. ノドカ錠 9. ノドカクール 10. キッパス 11. コリホン顆粒

    シンポニー
    アザニン
    アレギサール(ペミロラストカリウム) - 点眼液は参天製薬株式会社より発売。
    アドビオール
    マグネスコープシリンジ
    アスパラK
    アスパラ配合錠
    アスパラ注射液
    『アスパラドリンク』は元々、長年にわたり旧:田辺製薬株式会社時代から製造・販売していた「アスパラC」をリニューアルした商品である。
    『アスパラドリンクX』は、2000年(平成12年)に発売したダイドードリンコ自販機専用品として、以前はダイドードリンコ株式会社の関連会社「大同薬品工業株式会社」に製造を委託していたが、現在は自社生産に切り替え、商品販売のみダイドードリンコ株式会社に委ねる形となっている。
    かつては女性用基礎化粧品の「ユーナス」があったが、2000年代で生産終了していた。
    一般用医薬品となった「フルコート」の外皮用薬は医療用医薬品では「マイザー」に相当する。医療用医薬品における皮膚用薬は、以前は医療用医薬品であった「フルコート」も「マイザー」に統合・集約されたとも言える。
  10. 田中耕一 お見合い - tools-free.net

    tools-free.net/site/田中耕一-お見合い-66acee

    <br> 03/31, 生活サービスに関するご相談や困りごとなどを解決する上野峰喜プロのコラムは必見。 今回のコラム記事は『苦悩するノーベル化学者の拠り所』。 羽咋市で活躍する専門家がくらしやビジネスで役立つ情報をお伝えします。. こんにちは、社長の部下のマロニーです。新型コロナ ...