Yahoo Web Search

  1. 処方箋医薬品 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/処方箋医薬品

    処方箋医薬品の誤販売問題. 2006年6月に、cfsコーポレーションが処方箋医薬品である喘息治療薬「ネオフィリン錠」を処方箋なしで販売し、同剤による急性中毒が疑われる事例が発生した 。これを端緒として多くの販売業者に拠る処方箋医薬品の誤販売の ...

  2. 処方箋 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/処方箋?sa=X&ved...

    処方箋(しょほうせん、英・仏: prescription 、独: Rezept )とは、診療所や病院などの医療機関にて診察を受け、医師、歯科医師、獣医師が医薬品処方するために、薬の種類とその服用量、投与方法などが記載された薬剤師が調剤に用いる文書である。

    • 概要
    • 処方箋と薬剤師の責任
    • 「箋」の表記
    • 記載事項
    • サイズ
    • 有効期限
    • 処方の内容
    • 偽造処方箋
    • 問題点
    • 関連項目

    病院や診療所(クリニック)を受診して会計時に渡されるもののほか、入院患者に対して病院、有床診療所の内部で医師から院内薬局の薬剤師に対して渡されるものがある(その場合は一般的な内服薬や外用薬以外に、注射薬や点滴薬など、医師や看護師による投与が必要な薬品も含まれる)。本項目では主に前者の通院受診の会計時に渡される処方箋を記述する。 日本の場合、医療機関を受診した場合では、遠隔地への転居や旅行などといった特殊な事情がない限り、処方箋を発行することは少なかったが、本来医師法22条には処方せんの交付義務が定められており、1990年代以降のいわゆる医薬分業の方針にも基づき、原則として患者は処方箋を渡されて、調剤薬局へ提出して薬を購入する方式に改める医療機関が多くなった。 現状のシステムでは処方箋は病院、若しくは、診療所で受け取り、薬局で提出するだけだが内容を把握できると医師の不注意に気づきやすくなり、また他の医師にかかるときも服薬状況を正確に述べることができるようになるのでなにかと便利である。お薬手帳もまた、服薬履歴を調査するのに便利である。 特例として、大規模災害が発生した場合は(例:東日本大震災)、薬事法第49条第1項の規定における「正当な理由」に該当し、医師等の受診が困難な場合、又は医師等からの処方箋の交付が困難な場合において、患者に対し、必要な処方箋医薬品を販売又は授与することが可能となることがある。

    処方箋は医師から薬剤師に対する「調剤指示書」とされる誤解がある。しかしながら、薬剤師は法的にその処方医の指揮監督下にあるものでは決してなく独立して業務を行う。処方せんとは「一定の資格免許を有する薬剤師に医師が指示書通りの調剤することを要求する」ものであり、一方薬剤師は「処方せんに疑義があるときには、それを確認した後でなければ調剤してはならない」と薬剤師法24条に定められており、問題がある処方など正当な理由があれば調剤を拒否することが薬剤師法21条により認められている。すなわち、薬剤師は独立した職能として「調剤」に責任をもつものであって、仮にそれが医師の処方箋通りに調剤を行ったものとしても、処方箋の不備があった場合には薬剤師の責任になることがある。

    処方箋の「箋」(せん)は2005年当時には常用漢字に含まれていなかったため、法令を中心に「処方せん」表記が多用されている。ただし、その後の2010年6月に文化審議会が答申した「改定常用漢字表」では「箋」が常用漢字に追加されている。

    全ての処方箋

    医師法等により、処方せんには、以下の事項を記入して交付することが定められている。 1. 患者の氏名・年齢 1. これは小児や高齢者など、年齢によって適切な投与量が変化するので、処方監査を行う上で重要な事項となる。生年月日に替えることもできる。 1. 薬名 2. 分量 3. 用法・用量 4. 発行の年月日 5. 使用期間 6. 病院もしくは診療所の名称および所在地または医師の住所 7. 記名押印または署名

    保険処方箋

    1. 性別 2. 保険医療機関コード 1. 保険者が病院、診療所と薬局のレセプトの突合をしやすくし、診療・調剤報酬審査に活用するねらいがあると言われている。

    麻薬処方箋

    麻薬を処方する際には、以下の事項も記載しなければならない。(麻薬及び向精神薬取締法) 1. 患者の住所 2. 麻薬施用者の免許証番号

    用紙のサイズは、JIS規格のA列5番(いわゆるA5用紙)サイズと記載様式とともに決まっているが、A4サイズ片面印刷で、右片にA5印字の際の裏面相当の部分のみ記載すれば同様に対処可能で、各調剤薬局の自動受付機に処方箋用紙投入の際も、A5サイズに折りたたんで投入できるように配慮すれば対処可能としている。

    保険処方箋の有効期限は、無記入の場合は発行日を含めて原則4日である(日曜祝日もカウントされる)。この期間が過ぎると処方箋としての効力を失い、これによって調剤をすることはできなくなるため、医療機関にて再発行を受けなければならない。疑義照会での延長は原則認められていない。これは4日も経てば患者の容態も変化し、本当に投薬が必要かどうか再考しなければならない事もあるからである。 当然、薬の在庫を切らしている場合もある。その場合は後日受け取りになるが、有効期限内に処方箋を提出すれば有効期限超過後でも受け取ることができる。 長期の旅行で薬局に行けない場合等に、あらかじめ有効期限が延長されている(有効期限欄に日付が記載されている)処方箋を発行してもらえることもある。診察時に医師等に相談すると良い。

    筆記による表記

    細かい文体は医療機関や医師によって差がある。 1. (例)アローゼン(0.5) 2P 2×朝夕食後 14TD 2. 読み方:アローゼン0.5gの2包を2回に分けて朝夕14日分 この文章の意味はアローゼンという1包0.5gの粉薬を1日2包(2P)、朝夕で2回(2×)に分けて飲むを14日分ということである。 他によく使われる記号としてはTがタブレットすなわち錠剤、Cがカプセルのことである。また×の代わりに分という記載をすることもある。服薬歴を聞かれた場合は基本的に1日の総量で答えるのが親切である。上の例ではアローゼンを1日1gと答えればよい。しかし、処方箋に統一した書き方が存在せず、様々な表記法を知らねば対応は困難である。 その他の、以前はよく見られた表記を挙げる。 1. M: ドイツ語の朝 Morgen 2. N: ドイツ語の昼食後 Nachmittag 3. A: ドイツ語の夕方 Abend 4. ndE: ドイツ語の毎食後 nach dem Essen 5. vds: ドイツ語の就寝前 vor dem Schlafen 6. bid: 一日二回投与 ラテン語bis in die...

    疑義照会

    疑義照会 (inquiries) とは、薬剤師が問題がある・確認が必要と判断した処方について、処方箋を発行した医師に確認を行う業務である。薬剤師法第24条により、処方箋中に疑わしい点がある場合は照会できるまで調剤してはならないと規定されている。 また、保険診療における処方箋の場合は、処方した保険医はこの疑義照会には適切に対応しなければならないと定められている。

    近年処方箋の偽造事件が発生している。ほとんどは向精神薬の詐取が目的で、このような場合カラーコピーなどを用いて偽造・変造されている。このほかにも、薬が足りないからと患者自身が変造する意図なく訂正したりするような事例もあり、保健所などが注意を呼びかけている。 いずれも有印私文書偽造・行使、詐欺、麻薬及び向精神薬取締法違反などの罪で処罰される可能性がある。

    薬学教育では処方箋の読み方を実習前に行われる教育の一貫として教わっている。他方で医学教育では処方箋の書き方を教わらない。このため、まだ医師として日が浅く未熟な研修医や後期研修医は疑義照会の対象となることが新任薬剤師を含め薬剤師(特に病院薬剤師)にとっては業務の負担となっている事例が多い。 最近では処方オーダリングシステムの普及に伴い、とても単純な疑義照会(例えば散剤の単位がmgとgで誤っていることが多い)が非常に増えているのが問題となっている。 用法・用量の記載では1日量と1回量の記載が未だに統一されていない。現状では1日量記載の方が業務上で効率的かつ迅速に調剤が行えるので多くの現場で支持が得られている。 薬局薬剤師はドラッグストア薬剤師や病院薬剤師とは異なり、病院や診療所などの医療機関との連携や伝達がうまく行かず、疑義照会の機会が増加しているのが現状である。

    調剤事務管理士技能認定試験
  3. 一般用医薬品; 医師の処方箋がなくとも購入可能な医薬品。インターネット上でも、2014年以降は購入が可能となった 。一般用医薬品はリスクの高い方から、第一類・第二類・第三類の3種に分類されている 。

  4. 医薬品 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/医薬

    今まで処方箋医薬品であったものが、一般医薬品となる傾向もあり、副作用を把握する体制の弱体化ともなる 。 処方箋医薬品の不正として、その有効性や副作用を詐称して販売することが一般化しており、深刻かつ反復的な犯罪であるとされる 。

  5. 薬局 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ファーマシィ

    処方せん医薬品と薬局販売医薬品を販売することが可能な業態は薬局に限られる 。自由販売医薬品は一般小売店でも販売することができる 。 処方せん医薬品と薬局販売医薬品の販売には薬剤師を常時配置することが必要である 。 日本の薬局

  6. リフィル処方箋 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/リフィル処方箋

    リフィル処方箋(リフィルしょほうせん)とは、一定の定められた期間内に反復使用できる処方箋のことである。 リフィル(refill)は補給、詰め替え[差し替え]、〔飲食物の〕おかわり、2杯目 の意味を持つ英語 。

  7. パイロン (風邪薬)とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp/wiki/パイロン_(風邪薬)

    処方箋医薬品 [編集] 塩野義製薬が製造・販売する、処方箋医薬品「PL配合顆粒(1962年発売、発売当初は「PL顆粒」)」は、パイロン®の成分を一部変更し、顆粒状にしたものである。PLの語源はPyLonから来ている。

  8. 処方箋- Free definitions by Babylon

    www.babylon-software.com/definition/処方箋

    処方箋(しょほうせん、prescription)とは、診療所や病院などの医療機関にて診察を受け、医師、歯科医師、獣医師が医薬品処方するために、薬の種類とその服用量、投与方法などが記載された薬剤師が調剤に用いる文書である。

    • 合成法
    • 日本での製品
    • 歴史

    アセチルサリチル酸は以下の手順で合成される。 フェノールを高温と高圧の下で二酸化炭素と水酸化ナトリウムと反応させて、サリチル酸の二ナトリウム塩を合成する。このカルボキシ化はコルベ・シュミット反応 (Kolbe-Schmitt reaction) と呼ばれ、フェノラートアニオンは共鳴効果によりオルト位の求核性が高まり、これが二酸化炭素に対して求核付加反応する。後処理で二ナトリウム塩を希硫酸で中和し、サリチル酸を遊離させる。 このサリチル酸に無水酢酸を作用させてアセチル化し、アセチルサリチル酸を得る。

    現在、バイエル薬品株式会社が製造販売する「アスピリン」と、アスピリンに制酸緩衝剤(アルミニウム・マグネシウム系)を加えたライオンの「バファリン」、粉末状で胃粘膜保護のため、和漢(ケイヒ)が加えられた銭湯の広告としても有名な内外薬品の「ケロリン」が特に知られており、それぞれ複数の後発医薬品企業から、局方品や後発品相当の製品が発売されている。ここではバイエルのアスピリンについて記載する。

    ヤナギの鎮痛作用はギリシャ時代から知られていた。紀元前400年ごろ、ヒポクラテスはヤナギの樹皮を熱や痛みを軽減するために用い、葉を分娩時の痛みを和らげるために使用していたという記録がある。 19世紀にはヤナギの木からサリチル酸が分離された。その後、アセチルサリチル酸の出現まではサリチル酸が解熱鎮痛薬として用いられたが、サリチル酸には強い胃腸障害が出るという副作用の問題があった。しかし1897年、バイエル社のフェリックス・ホフマンによりサリチル酸がアセチル化され副作用の少ないアセチルサリチル酸が合成された。 アセチルサリチル酸は世界で初めて人工合成された医薬品である。1899年3月6日にバイエル社によって「アスピリン」の商標が登録され発売された。翌1900年には粉末を錠剤化。発売してからわずかな年月で鎮痛薬の一大ブランドに成長し、なかでも米国での台頭はめざましく、20世紀初頭には、全世界のバイエルの売り上げのうち3分の1を占めた。 しかし、第一次世界大戦のドイツの敗戦で連合国によって商標は取り上げられ、1918年、敵国財産没収によりバイエルの「商標」「社名」、そして「社章(バイエルクロス)」までもが競売にかけられた。この時から76年間、1994年にバイエルが全ての権利を買い戻すまで、米国ではバイエル社製のアスピリンは姿を消すが、しかしこの間もアスピリンは権利を買い取ったスターリング社によって製造される。その商品名には「バイエルアスピリン」がそのまま使われ、しかもバイエルクロス付きで売られ続けた。「バイエルアスピリン」というブランドがいかに人々の信頼を得ていたかを示すエピソードのひとつであったとも言える。 第一次世界大戦後のアメリカ合衆国では禁酒法や大恐慌などによる社会的ストレスからアセチルサリチル酸を服用する人々が激増しアスピリンエイジという言葉が生まれたほどであった[要出典]。アセチルサリチル酸は頭痛を緩和するものの、脳がつかさどる精神疾患の治療には役立たないことが現在では知られている。しかし、当時の医学では頭痛と精神疾患との関係は不明瞭であったため、アセチルサリチル酸が用いられた。