Yahoo Web Search

  1. 神聖ローマ帝国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/神聖ローマ帝国

    神聖ローマ帝国(しんせいローマていこく、 ドイツ語: Heiliges Römisches Reich, ラテン語: Sacrum Romanum Imperium, イタリア語: Sacro Romano Impero, 英語: Holy Roman Empire )は、現在のドイツ、オーストリア、チェコ、イタリア北部を中心に存在していた国家 。9~10世紀に成立し、1806年まで続いた。

  2. Category:神聖ローマ帝国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Category:神聖ローマ帝国

    神聖ローマ帝国の歴史‎ (3サブカテゴリ、19ページ) カテゴリ「神聖ローマ帝国」にあるページ このカテゴリには 37 ページが含まれており、そのうち以下の 37 ページを表示しています。

  3. 神聖ローマ皇帝 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/神聖ローマ皇帝

    神聖ローマ皇帝(しんせいローマこうてい、ドイツ語: Römisch-deutscher Kaiser、英語: Holy Roman Emperor)は神聖ローマ帝国の君主である。実際には単に皇帝、あるいはローマ人の皇帝(ラテン語: Romanorum Imperator、ドイツ語: Kaiser der Römer)と称していた。「神聖ローマ皇帝」とは古代ローマ皇帝や東ローマ皇帝と区別するための歴史学的用語である。カール大帝以降を指す場合 ...

    • 800年12月25日/, 962年2月2日
    • カール大帝(800年に戴冠), オットー1世(962年に戴冠)
  4. 神聖ローマ皇帝一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/神聖ローマ皇帝一覧

    神聖ローマ皇帝一覧(しんせいローマこうていいちらん)では、中世から近代にヨーロッパに存在した神聖ローマ帝国の統治者を、時代順に列挙している。

  5. Holy Roman Emperor - Wikipedia

    en.wikipedia.org/wiki/Holy_Roman_Emperor

      'Roman-German emperor'), was the supreme head of state and ruler of the Holy Roman Empire. The Empire was considered by the Roman Catholic Church to be the only legal successor of the Roman Empire during the Middle Ages and the early modern period.

    • 6 August 1806
    • Charlemagne (AD 800 formation), Otto the Great (AD 962 formation)
    • 25 December 800 /, 2 February 962
    • Francis II
  6. 神聖ローマ皇帝冠 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/神聖ローマ皇帝冠

    神聖ローマ皇帝冠(しんせいろーまこうていかん、ドイツ語:Reichskrone)は、11世紀から1806年に神聖ローマ帝国が崩壊するまでの神聖ローマ帝国皇帝の王冠(ドイツ語:Bügelkrone)。王冠は、戴冠式に使用された。また、ローマ王、選挙の直後に皇帝エレクトが付けた称号でもあった。10世紀後半から11世紀初頭に作られた。他の多くのクラウンとは異なり、円形では ...

  7. 神聖ローマ帝国軍 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/神聖ローマ帝国

    神聖ローマ帝国軍(しんせいローマていこくぐん、ライヒスアルメーとも。ドイツ語: Reichsarmee または Reichsheer または Reichsarmatur 、ラテン語: exercitus imperii )は1422年に創設された、神聖ローマ帝国の陸軍。

  8. 帝国議会 (神聖ローマ帝国) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/帝国議会_(神聖...

    帝国議会(ていこくぎかい、ドイツ語:Reichstag)とは、神聖ローマ帝国の合議体。 帝国議会は金印勅書により初めて明文化された。金印勅書は神聖ローマ帝国の領邦国家化を著しく助長し、帝国議会を重要なものにした。帝国議会は諸侯をかろうじて帝国に ...

  9. 金印勅書 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/金印勅書

    最も有名なものは神聖ローマ帝国における1356年の金印勅書であり、ニュルンベルクで開催された帝国議会において神聖ローマ皇帝 カール4世によって発布された。この金印勅書はその後約400年にわたって神聖ローマ帝国の基本的な体制を規定した。

  10. ドイツの歌 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ドイツの歌

    神聖ローマ帝国の形骸化と解体以降、ドイツ語圏の諸邦が一部を除き小国に分裂していた状況に対して、ドイツ人たちが「同じ言葉を話す人々が集まり統一国家を築こう」と立ち上がりドイツ語圏を統一すべきとの悲願が込められている。