Yahoo Web Search

  1. 糖尿病 - 維基百科,自由的百科全書

    zh.wikipedia.org › zh-tw › 糖尿病

    101952. [ 編輯此條目的維基數據] 糖尿病 ( 拉丁語 : diabetes mellitus , 縮寫 為 DM ,簡稱 diabetes )是一種 代謝性疾病 ,它的特徵是患者的 血糖 長期高於標準值 。. 高血糖會造成俗稱「三多一少」的症狀: 多食 (英語:polyphagia) 、 多飲 (英語:polydipsia) 、 頻尿 (英語:polyuria) 及 體重下降 。. 對於第一型糖尿病,其症狀會在一個星期至一個月期間出現,而對於第二 ...

  2. 2型糖尿病 - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org › wiki › 2型糖尿病

    第二型糖尿病 (英語: Diabetes mellitus type 2 ,简称 T2DM ,台湾称为 第二型糖尿病 ),大陆旧称為 非胰岛素依赖型糖尿病 (英語: noninsulin-dependent diabetes mellitus ,简称 NIDDM )或 成人发病型糖尿病 ( adult-onset diabetes ),是一种慢性 代謝疾病 ,患者特徵為 高血糖 、相對缺乏 胰島素 、有 胰島素抗性 等 。. 常見症狀有 煩渴 (英语:Polydipsia) 、 頻尿 、不明原因的 體重 ...

  3. 糖尿病 - 维基百科

    wuu.wikipedia.org › wiki › 糖尿病

    糖尿病(拉丁语:diabetes mellitus,缩写为DMs,简称diabetes)是一种代谢性疾病,渠个特征是患者个血糖长期高于标准值。 高血糖会造成俗称“三多一少”个症状:多食、多饮 、频尿搭体重下降。

  4. 糖尿 - 維基百科,自由嘅百科全書

    zh-yue.wikipedia.org › wiki › 糖尿

    糖尿病係一種代謝性疾病,患者長期處於高血糖水平 。除咗高血糖,糖尿病嘅症狀重包括:尿頻、頸渴同埋大食。如果唔理,糖尿病會引起好多嘅併發症 。急性並發症包括糖尿病酮症酸中毒同埋非酮症高滲性昏迷 。

  5. People also ask

    糖尿病的種類是什麼?

    糖尿病的主要臨床表現是什麼?

    糖尿病診斷的临界阈是什么?

    世界糖尿病日代表符號是什麼?

  6. 糖尿病 - KMU Wiki

    wiki.kmu.edu.tw › index › 糖尿病

    糖尿病. 糖尿病(Diabetes mellitus),中醫稱消渴症,意為「消瘦、煩渴」,是一種因體內胰島素分泌失衡的病症而非一種疾病。. 糖尿病主要表現為血糖高、尿液中含有葡萄糖(正常的尿液中不應含有葡萄糖)等。. 世界衛生組織將糖尿病分為四種類型:1型糖尿病(type 1)、2型糖尿病(type 2)、續發性和妊娠期糖尿病(gestational diabetes),雖然每種類型的糖尿病的癥狀都是相似 ...

  7. Diabetes mellitus糖尿病DM | 藥學共筆 | Fandom

    pharmacy.wikia.org › zh-tw › wiki
    • 分類
    • 治療
    • 要運動

    世界衛生組織將糖尿病分為四種類型:1型糖尿病(type I)、2型糖尿病(type II)、續發型糖尿病和妊娠期糖尿病(gestational diabetes),雖然每種類型的糖尿病的症狀都是相似甚至相同的,但是導致疾病的原因和它們在不同人群中的分佈卻不同。

    非藥物治療

    1. lifestyle to decrease weight and increase activity

    治療方法的決定

    DM治療方法的決定不是經過大型臨床實驗決定,而是由歐美糖尿病專家決定

    治療目標

    糖化血色素HbA1C<7%

    消化系統::因為肌肉需要胰臟分泌的胰島素才能吸收葡萄糖;肌肉收縮的時候不需要胰島素就能吸收葡萄糖,所以我們的肌肉量天生就是配有一定量自我吸收葡萄糖的量,所以如果久坐會造成必須藉由胰臟分泌胰島素才可以有糖吃,所以長期久坐會增加胰臟分泌胰島素的負荷量,最後造成糖尿病。過多的胰島素可能也是久坐造成結腸癌、乳房和子宮內膜癌的原因。另外一個可能的原因是規律運動會增加天然抗氧化劑來減少自由基。(摘自:2014-03-04良醫健康網 再忙都不該久坐!坐著8小時,身體產生13個致命變化)

  8. 妊娠糖尿病 - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org › wiki › 妊娠糖尿病
    • 临床表现
    • Gdm的分级
    • 风险因素
    • 病理生理学
    • 管理
    • 產后

    患有妊娠糖尿病的孕妇一般没有明显的患病症状,通常是在孕期筛查中被检出高血糖。如果出现症状,最明显的是“三多一少”,即:多食、多饮、多尿,体重却减轻,有时还伴有呕吐。呕吐反应与妊娠反应不同,妊娠期糖尿病带来的呕吐多为剧吐,严重时甚至引起电解质紊乱。此外,妊娠期糖尿病的另一个常见表现是疲乏,这是由于体内葡萄糖不能被很好利用同时分解过快,体能无法得到充分补充。同时,由于葡萄糖分解代谢加速,导致血、尿中葡萄糖的含量明显增加,因此妊娠期糖尿病也容易发生真菌感染,如外阴阴道假丝酵母感染反复发作。

    妊娠期糖尿病分为以下2级: 妊娠糖尿病有两种亚型: 1. A1级:异常口服葡萄糖耐量试验(OGTT),在空腹和餐后两小时的血糖水平正常;通过饮食调节即可有效控制血糖水平。 2. A2级:异常口服葡萄糖耐量试验(OGTT),在空腹和/或饭后的血糖水平异常;需要额外的胰岛素或药物治疗。

    常见的导致妊娠期糖尿病的因素有: 1. 多囊卵巢综合症 2. 糖尿病家族史 3. 孕妇年龄 – 年龄增大会增加孕妇的风险因素(尤其是35岁以上的妇女) 4. 超重,肥胖或重度肥胖(分别增加2.1,3.6和8.6的风险 5. 遗传因素:至少有10个基因多态性确定与妊娠期糖尿病风险相关,最显著的是TCF7L2 此外,相关数据显示吸烟者的妊娠期糖尿病风险增加两倍。大约40-60%的妊娠期糖尿病妇女不存在明显的风险因素,因此大多数提倡对所有孕妇进行妊娠期糖尿病的筛查。

    目前有關妊娠糖尿病的機轉仍未完全闡明,但疾病發生時最明顯的特徵為胰島素耐受性上升。妊娠期間產生的激素和其他因子可能會與胰島素受體(英语:insulin reseptor)相接,干擾胞內傳訊,進而影響胰島素的作用.。由於胰島素可以促進細胞吸收體液中的葡萄糖,因此一旦胰島素耐受性產生,細胞外的葡萄糖濃度就會上升,進而造成血糖升高。為了代償此一變化,身體必須製造更多的胰島素;妊娠糖尿病婦女體內的胰島素較相同孕期的婦女高出1.5至2.5倍。

    管理的目标是降低妊娠期糖尿病母亲和孩子的健康风险。科学证据表明,孕期的血糖控制能减轻严重的胎儿并发症(如巨大儿),提高母亲的生活品質。生活方式和日常饮食对于良好的妊娠结果非常重要。大多数孕妇可以通过饮食和运动来管理她们的妊娠期糖尿病。同时,对血糖水平的自我监测也可指导治疗。有些孕妇可能需要降糖药物,最常用的是胰岛素疗法。

    通常在婴儿出生时妊娠期糖尿病即解决,但患有妊娠期糖尿病的女性在未来患上糖尿病的风险也增加。那些需要通过胰岛素治疗来管理妊娠期糖尿病的女性在未来五年内有50%的概率发展成为糖尿病,且在前五年出现的风险最高,此后将进入稳定期。一项随访研究结果显示,其中近半数人在6年后发展为糖尿病,且在28年后患有糖尿病的人已超过70%。同时,DOHaD理论也强调了成人期的健康状况及疾病的发生与其生命早期所处的环境密不可分。研究表明,孕期血糖是否得到良好控制与其后代远期并发症也密切相关。患有妊娠期糖尿病妇女的后代在儿童期和成人期具有肥胖风险,且他们今后患有葡萄糖耐性不良和2型糖尿病的风险增加。

  9. 糖尿病 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 糖尿病
    • 概要
    • 分類
    • 症状
    • 検査
    • 診断
    • 治療
    • 疫学
    • 歴史
    • 参考文献
    • 関連項目

    血液中のグルコース濃度(血糖値、血糖)は、様々なホルモン(インスリン、グルカゴン、コルチゾールなど)の働きによって常に一定範囲内に調節されている。いろいろな理由によってこの調節機構が破綻すると、血液中の糖分が異常に増加し、糖尿病になる。糖尿病は1型と2型があり、この調節機構の破綻の様式の違いを表している。1型糖尿病では膵臓のβ細胞が何らかの理由によって破壊されることで、血糖値を調節するホルモンの一つであるインスリンが枯渇してしまい、高血糖、糖尿病へと至る。一方2型糖尿病では、肥満などを原因として、膵臓のランゲルハンス島(膵島)にあるβ細胞からのインスリン分泌量が減少し、筋肉、脂肪組織へのグルコースの取り込み能が低下(インスリン抵抗性が増大)し、結果として血中のグルコースが肝臓や脂肪組織でグリコーゲンとして貯蔵されず、血中のグルコースが正常範囲を逸脱して高い血糖値(空腹時血糖≧126ミリグラム (mg)/デシリットル (dL)、HbA1c≧6.5%、経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)で2時間値が200mg/dL以上など)となり、糖尿病となる(正常値:空腹時血糖60〜100mg/dL、HbA1c4.6〜6.2%、75gOGTTの2時間値が140mg/dL以下)。HbA1cは、1〜2か月前の血糖コントロール状態が反映される。その他にも、妊娠糖尿病があり、妊娠糖尿病は、妊娠後初めて糖尿病には至らない程度の耐糖能異常が生じたもので、胎児の過剰発育による周産期のリスクが高く、出産後に糖尿病を発症するリスクも高いため、厳格な血糖管理が行われる。また、妊娠前に糖尿病と診断されていた女性が妊娠したものを糖尿病合併妊娠という。 「糖尿病」の名称は、血糖が高まる結果、尿中に糖が排出されることに由来する。1型糖尿病の場合、放置すると容易に急激な高血糖と生命の危険も伴う意識障害を来す糖尿病性ケトアシドーシスが起こるため、インスリン注射などにより血糖値をコントロールすることが基本的な治療目標となる。一方2型糖尿病においては、治療せず長期に放置すると糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症などの糖尿病慢性期合併症の起こる頻度が多くなるため、生活習慣の是正、経口血糖降下薬やインスリン注射により血糖値をコントロールすることで合併症を防ぐことが治療目標である。糖尿病は心臓病や脳血管障害...

    糖尿病は、以下に挙げられているように、発症の機序(メカニズム)によって分類されている。以前は治療のやり方によって「インスリン依存型糖尿病」あるいは「インスリン非依存型糖尿病」に分類されていたことがあった。さらにそれより以前には、I型糖尿病、II型糖尿病とローマ字を使って分類されていた。しかし2010年現在ほぼ世界中すべてにおいて、以下のように病気の原因に基づく分類が用いられている。ここでは日本糖尿病学会分類基準(1999年)にしたがって分類している。

    通常糖尿病患者は自覚症状はないと考えることが多い。下記に列挙するような手足のしびれや便秘などが実はあるのだが、特別な症状と考えていないことがある。血糖値がかなり高くなってくると、口渇・多飲・多尿という明白な典型的症状が生じる。これらは血糖値が高いということをそのまま反映した症状なので、治療により血糖値が低下するとこれらの症状は収まる。血糖値がさらに高くなると、重篤な糖尿病性昏睡に陥り、意識障害、腹痛などをきたすこともある。いっぽう発症初期の血糖高値のみでこむら返りなどの特異的な神経障害がおこることがある。また発症初期に急激に血糖値が上昇した場合、体重が減少することが多い(血液中に糖分が多い一方、脂肪細胞などは糖分が枯渇した状態になるためである)。 その他の症状は、たいてい糖尿病慢性期合併症にもとづくものである。

    糖尿病の診断や治療効果判定のためには血液検査のほかに様々な検査を行う。また慢性期合併症の治療目的で行われることもある。 1. 耐糖能異常検出マーカーとしてのイノシトール イノシトール(myo-イノシトール)はグルコースと類似の構造を持つ糖アルコールであり、ホスファチジルイノシトールを加水分解することで得られるインスリンメッセンジャーである。イノシトールは、通常糸球体より排泄され、尿細管で再吸収されるが、高血糖状態においては、グルコースと競合するため、再吸収されず尿中排泄量が増加する。その結果、体内のイノシトール量が低下し、ポリオール代謝異常によって、神経症の成因となる。

    日本では、日本糖尿病学会が2010年7月より新しい診断基準を施行した。(従来の診断基準は1999年に施行されたもの) 新基準では、血糖値だけでなくヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準も設けられ、血糖値(空腹時血糖値、経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)の2時間後血糖値、随時血糖値)及びHbA1cの検査結果で判定を行う。 一回目の判定で糖尿病と診断されるケース 1. 血糖値とHbA1cがともに糖尿病型だった場合 2. 血糖値のみが糖尿病型であり、口渇や多飲、多尿など糖尿病の典型症状や糖尿病性網膜症がみられる場合 二回目の判定で糖尿病と診断されるケース 1. 一回目では血糖値のみが糖尿病型。二回目で血糖値、HbA1cのいずれか(若しくは両方)が糖尿病型だった場合 2. 一回目ではHbA1cのみが糖尿病型。二回目で血糖値が糖尿病型だった場合 血糖値、HbA1cのいずれかが糖尿病型だったにもかかわらず上記以外ケースで糖尿病と診断にいたらなかった場合は「糖尿病疑い」とされる。糖尿病疑いの人は3〜6か月以内の再検査が推奨され、その時点で再度判定することになる。

    概要としては以下のとおりである。糖尿病の治療は分類、または重症度(進行度)によって異なる。 1. 1型糖尿病においては分泌できなくなったインスリンを補う他ないため、早期から一生涯インスリン治療(各種インスリン製剤の皮下注射)を行う。 2. 2型糖尿病に対しては様々なパターンの治療が行われる。 2.1. まずは食事療法と運動療法が行われる。具体的には食事パターンを規則正しくし、食欲を増進させるアルコールを控え、摂取エネルギー量を体重に応じた値以下とする。糖尿病患者向けに開発された食品の利用も推奨される。これによって血糖値が正常化するならそれで問題はない。 2.2. 食事療法と運動療法で血糖値が正常化しない、もしくは最初から血糖値が非常に高くこれらの治療だけでは不十分と考えられるなら、経口血糖降下薬あるいはGLP-1受容体作動薬を併用する。 2.3. 経口血糖降下薬あるいはGLP-1受容体作動薬でも血糖値が正常化しないならインスリン自己注射を開始する。ただし、経口血糖降下剤を経由せず、当初からインスリン自己注射を行うという考え方も存在する。 2.3.1. 2型糖尿病の場合では一度インスリンを導入しても、食行動と生活習慣を改善すれば血糖値が正常化してインスリン自己注射を止めることができる場合が多いが、高血糖の影響でインスリン分泌能が失われてしまい、一生涯インスリン自己注射を続けざるを得ない場合もある。 2.4. 一度良好な血糖コントロールが得られてもその治療のまま一生続けられるわけではなく、生活習慣、低血糖のリスク、腎機能、肝機能、他の予後規定因子、治療継続可能性、経済性などを考えながら調整していく必要がある。 2.5. 高血糖が過食を原因としている場合、袖状胃切除術や十二指腸スイッチといった外科手術により食欲を減退させ、肥満や2型糖尿病の治療の一環とすることもある。『糖尿病診療ガイドライン2016』 日本糖尿病学会では、歯周病との関連を説明し、必要に応じて治療するとされている日本歯周病学会もガイドラインを出している。

    国際糖尿病連合 (IDF) によると、2019年の時点で世界には約4億6300万人の糖尿病患者がいるという。患者数は急増しており、2030年には5億7800万人、2045年までに7億人に達すると予測される。糖尿病患者は世界中にいるが、先進国ほど(2型の)患者数が多い。しかしもっとも増加率の高い地域はアジアとアフリカになるとみられており、2030年までに患者数が最多になると考えられている。発展途上国の糖尿病は、都市化とライフスタイルの変化にともなって増加する傾向があり、食生活の西欧化よりも、糖質の多量摂取と運動量のバランスを欠く生活が長期間続くと発病する可能性がある。このことから糖尿病には(食事など)生活環境の変化が大きくかかわってくると考えられる。 糖尿病は先進国において10大(あるいは5大)疾病となっており、他の国でもその影響は増加しつつある。米国を例にとると、北米における糖尿病比率は、少なくともここ20年間は増加を続けている。2005年には、米国だけでおよそ2080万人の糖尿病患者がいた。全米糖尿病協会によると、620万人の人々がまだ診断を受けておらず、糖尿病予備軍は4100万人にまで及ぶ。英国イングランドとウェールズにおいては、有病率は 6-6.7%であり320万人の患者がいる。

    1674年、イギリスの臨床医学者トーマス・ウィリスはヨーロッパで当時奇病とされていた多尿症の研究をしていた。ウィリスは尿に含まれる成分を何としても知りたいと考え、患者の尿を舐めてみたところ、甘かったことが本病確認のきっかけとされている。

    臨床ガイドライン 1. 国際糖尿病連合『食後血糖値の管理に関するガイドライン』International Diabetes Federation:IDF、2008年。 2. International Diabetes Federation:IDF (2009). Oral health for people with diabetes. International Diabetes Federation:IDF. http://www.idf.org/webdata/docs/OralHealth_EN_RTP.pdf 3. NG21: Type 2 diabetes: The management of type 2 diabetes (Report). 英国国立医療技術評価機構. (2015). https://www.nice.org.uk/guidance/ng21. 4. 『[糖尿病診療ガイドライン2016 http://www.jds.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=4] 』 日本糖尿病学 5. 『科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2010第1版』日本糖尿病学会編、南江堂、2010年10月、ISBN 978-4524253364。 6. 『科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 改訂第2版(2010年)』日本糖尿病学会(Minds医療情報サービス) 7. 『科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 改訂第2版(2007年)』日本糖尿病学会、ISBN 978-4524242115。(Minds医療情報サービス) 8. 『糖尿病治療ガイド2010』日本糖尿病学会編、ISBN 9784830613760 9. 『糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン』日本歯科医学会監、日本歯周病学会編。2008年。(Minds医療情報サービス) その他 1. 『超速効! 糖尿病診療エクスプレス(上巻)』ISBN 4903331032 2. 『超速効! 糖尿病診療エクスプレス(下巻)』ISBN 4903331040 3. 『Dr.東田の今さら聞けない病態生理 下巻』 ISBN 4903331083 4. 渡辺敏明・福井徹 『糖尿病精密検査該当者における血清ビオチンと血糖との関連についての検討』 1...

  10. Oct 18, 2018 · 糖尿病 wikipedia 中文のYouTube動画特集. 酮好專訪 第9集 潘盈達醫師 糖尿病與OGTT. 親朋好友的血糖測試6:43 各種測試出來的圖形8:25 胰島素阻抗的討論15:58 胰島素與肥胖23:50 補充電解質礦物質32:32 糖尿病人缺糖嗎? 35:00 鎂與碘的... 動画投稿日: 2017-03-19 時間:12:25:30.

  11. People also search for