Yahoo Web Search

  1. About 95 search results
  1. History. The modern shapes of traditional Chinese characters first appeared with the emergence of the clerical script during the Han dynasty and have been more or less stable since the 5th century (during the Southern and Northern Dynasties).

    • Historically: top-to-bottom, columns right-to-left, Currently: also left-to-right
    • Chinese, Korean (Hanja)
    • Since 2nd century AD
    • Logographic
    • 歷史
    • 電腦中的使用
    • 傳統漢字稱呼及地位爭議
    • 參見

    因應汉字简化,繁体字一词才被用来称呼未被简化的汉字。 漢字简化运动可追溯至新文化運動中關於文字及語文教言和國家發展的討論。 1932年中華民國教育部公佈《國音常用字彙》(見现代標準汉语),確定了現代中國國語標準音系,还收录了部分“破体”、“小字”等宋元以来“通俗的简体字”。中國正式以國家體制推行簡体字是在民國二十四年(1935年)六月發佈《簡體字推行法令案》(編號001090002A008),1935年8月21日,教育部以部令11400號正式公佈《第一批簡體字表》,公佈推行的簡体字為324個。1936年1月15日國民黨中央召開第五次政治會議,會上國民黨中央委員和考試院長戴季陶提交簡体字緩行提案,《第一批簡體字表》於是被暫緩執行。 1956年中华人民共和国政府頒布《漢字簡化方案》,希望透過簡化漢字的方式來逐步達成在全國境內掃除文盲的目標,是為中國大陸掃盲運動之伊始。1964年《簡化字總表》共收2274个简化字及14个简化偏旁[註 2],簡化字形很多來自草書楷化[註 3]或文獻中筆畫簡單的俗字[註 4]、異體字、古字、假借字[註 5],也有當代人的創造[註 6]。該方案把簡化前的漢字叫作「繁體字」,並把簡化後的漢字叫作「簡化字」[註 7]。另外,未經省略部首並在「规范汉字」(通行文字體)中沿用下來的漢字則被稱為「傳承字」。此前,毛泽东在给其同学蒋竹如的一封函件中曾提到:“拼音文字是较便利的一种文字形式。汉字太繁难,目前只作简化改革,将来总有一天要作根本改革的。”随后,中华人民共和国国务院成立“汉字简化方案审订委员会”,并由董必武、郭沫若等人主持上述文字改革工作。

    由於電腦及數位網路的廣泛應用,當代漢字現代化的標準重心漸轉移到電腦及網路中的漢字標準,這些標準又稱數位漢字。 由於臺灣是使用正體中文的地區中最早發展中文電腦者,且近年經濟發達,電腦中的“國際中文”長期以來,其實概指繁體(正體)中文,意即絕大部份軟體的國際中文版使用的是臺灣的用語和翻譯,此等軟體亦通行於港,澳地區或其他使用繁體(正體)中文的社群。由於臺灣和香港在一些用語上的分別明顯,不少開放原始碼軟體,例如GNOME和KDE的繁體中文版都分拆為「中文(臺灣)」和「中文(香港)」兩個版本,分別使用於臺灣或港、澳地區流行的翻譯用詞。

    歷史語言學的角度

    回顧漢字的發展史,目前被認可的最早的漢字源流是甲骨文,由于當時創造的文字不多,同一個字常常表達多種意思,也就是所謂的「通叚字」。接著又經歷了金文與甲骨文竝存的時代,後來金文取代了甲骨文,成爲了共同的文字,然而甲骨文與金文的字形多變,同一箇字往往有多種不同的寫法,類似于今日的異體字。到了春秋戰國時期,每一個國家都有自己的一套文字系統,然而各國文字在字形上存在著一定的關聯性。到了秦國統一六國後,官方卽著手于統一文字,「異體字」開始大量減少,字形由接近于圖畫過渡到了筆畫拉直的方正的小篆,筆畫也隨之減少。及至漢朝,文字又進一步趨于方正的字形,發展成了隸書,筆畫再次減少。再後來,隨著社會風氣之嬗變,文學藝術的不斷發展,又發展出了草書及楷書,文字的形態開始趨于穩定,其中又出現了不少的「異體字」,而在武則天臨朝時期,又創製了「則天文字」,于是又一批「異體字」流入漢字體系當中。在接著的朝代當中,雖然都使用趨於穩定的字形,然而歷朝歷代的用字標準竝不相同,且因爲新事物的顯現,不斷有新的字被創造出來用于表示新的槪念,漢字在分化中不斷增加文字的數量,于是便有了「本義」與「引申義」、「本字」與「後起字」的...

    中國大陸

    中國大陸以简化字和未被简化的传承字为“规范汉字”,中華人民共和國官方文件中“繁体字”是简化字的反義词,“正体字”则是异體字的反義词,简繁体字的標準是《简化字总表》,如“护”是简化字,“護”是“繁体字”,而正异体字的標準是《第一批異體字整理表》,如“堤”是正体字,“隄”是异体字。《通用規範漢字表》於2013年6月5日正式頒佈,该字表整合了《第一批異體字整理表》(1955年)、《簡化字總表》(1964年初發表,最後修訂於1986年)、《印刷通用漢字字形表》(1965年)、《現代漢語常用字表》(1988年)以及《現代漢語通用字表》(1988年),成爲社会一般應用領域的漢字規範,原有相關字表從即日停止使用。

    香港、澳門

    香港和澳門称傳統漢字为「繁體字」,但有人因認為「繁體字」的「繁」含「繁琐」之贬義,所以發起「繁體字」改稱「正體字」的運動,稱為「繁體字申遺」(申遺:申請世界遺產)。現時在香港,稱作「繁體字」、「正體字」的人都有,而且並不會像台灣般把新字形化的國字標準字體奉為「標準」或「正體」。老師教導學童書寫時,多以《常用字字形表》作主要參考,但不是唯一標準;印刷時經常使用傳承字形(舊字形)和儷式與蒙納式字形。這些都是香港人眼中的「繁體字」或「正體字」。

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 繁体字繁体字 - Wikipedia

    • 呼称
    • 特徴と地域差
    • 字体に関する規範
    • コンピュータと繁体字
    • 対照例示
    • 朝鮮漢字
    • 中国大陸と繁体字
    • 関連項目

    繁体字による中国語の表記体系を中国語で繁體中文、正體中文、日本では繁体字中国語、伝統的中国語(英語からの直訳)などと呼ぶ。文字・表記体系とも繁體、正體と略称されることがある。 英語では一般的に繁体字をTraditional Chinese Characters、表記体系をTraditional Chineseと呼ぶ。漢字圏にも伝統字という呼び方がある。 中国語で正體は、文字の標準字体を指す。台湾を中心に、簡体字に対する従来の字体を「繁体字」と呼ぶのは誤りで「正体字」という名称こそが正確であるとする主張がある。その代表的な論者として中華民国総統を務めた馬英九が知られる。馬は台北市長だった2004年に講演で、「繁体字」の呼称は漢字簡化が進められた際に中国大陸で使われ、「煩」に通じるマイナスの評価を暗に伴う不合理で誤ったものであると述べ、「正体字」と呼ぶべき理由として古くから伝わる正統の文字であることと、簡体字・俗字・異体字との対比を挙げた。こういった主張を背景に、特に台湾で行われるものを指して「正體字」「正體中文」と呼ぶことがある。 中華民国教育部は、同部が定めた規範による文字を「正體字」のほか、『標準字與簡化字對照手冊』で標準字と呼び、中国大陸における「繁體字」と区別している。

    繁体字と簡体字の関係は、日本の漢字における「明治以来行われてきた活字の字体」(旧字体)と当用漢字以後の「現代の通用字体」(新字体)との関係にほぼ相当する。ただし日本でいう「旧字体」とは異なり、繁体字は台湾や香港などでは現在も標準的な字体として一般的に使われている。個別の字で見ると、繁体字は旧字体と字体を同じくしているものがあるが、異なるものもある。現行の規範や習慣に沿った繁体字書体は、日本で明治以来行われてきた活字のものとは、字体やデザイン面など異なる点が多い。 中国大陸における簡体字と異なり、繁体字圏では漢字の字体に対する強制力を伴う厳密な規範がない状態が長期にわたって継続してきた。地域ごとの習慣・言語政策の違いにより、個々の字の字体に相違が見られる。現行の規範による字体は、初等教育の教科書などに使われる。それ以外の民間における実際の印刷書体やコンピュータにおけるフォントは、必ずしも各地の規範通りの字体を採用しているとは限らない。 台湾と香港は、ともに繁体字圏であるとはいえ、口語ほどではないものの漢字の用法や字体に違いが見られる。香港では「著」と「着」を書き分けるが、台湾では一般に区別せず「著」と書く。逆に台湾では「台」と「臺」を書き分けるが、香港では一律に「台」と書く。台湾では「裡」「衛」が規範とされるが、香港では「裏」「衞」である。このほかに、活字のデザイン差程度ともいえる細かな違いもある。 一般的に繁体字にも簡体字と同様の「新字形」と通称される印刷標準字体が適用されるため、結果として台湾・香港のものとは字体が異なることがある。例えば「麼」は大陸では「麽(么)」である。

    1. 台湾の標準字体。中華民国教育部が1982年に頒布した常用国字標準字体表と続く次常用国字標準字体表・罕用字体表に規定される。

    1. 事実上、香港の標準字体を定める漢字表。香港教育署語文教育学院(現・香港教育大学)中文系により制定され、1986年に発表された。1990年と2000年に大幅な修訂がなされ現在に至る。そもそもは漢字教育にあたる小学教師の参考資料として研究編纂され、編者は「正字の権威を打ち立てようとするものではない」としているが、香港教育署(現・教育局)が1988年に頒布した課程綱要に含まれる「小学常用字表」はこの字形表をよりどころにしている。地元出版社も、小中学校教科書のほかに辞書をもこの字形表に準拠して出版している。台湾の国字標準字体とは大部分で共通する。

    「新字形」

    1. 中国大陸の印刷標準字体の通称。印刷通用漢字字形表(1965年)、現代漢語通用字表(1988年)、通用規範漢字表(2013年)に基づく。権威ある字書・辞書とされる『新華字典』・『現代漢語詞典』に見える繁体字・異体字にも原則としてこの新字形が適用されている。

    文字セット

    Big5 1. 1984年に台湾で制定された文字セット。繁体字圏のデファクトスタンダード。オリジナルである基本セットを特にBig5-1984と称する。 CNS 11643 1. 中華民国の国家規格で、Big5をベースにした文字セット。 GB 12345-90 1. 中華人民共和国の国家規格で、簡体字中国語の基本文字セットGB 2312の繁体字版といえる文字セット。 CJK統合漢字 1. Unicode・UCSの策定にあたり、中国 (China)・日本 (Japan)・韓国 (Korea) の漢字を統合した文字セット。 GBK 1. 中華人民共和国の文字セットで、GB 2312を拡張し当時のCJK統合漢字をすべて取り込んだもの。繁体字をも含む。 香港増補字符集 1. 香港政府によってBig5の拡張セットとして制定された文字セット。方言字や香港で常用される異体字を中心とする。HKSCS。 GB 18030 1. 中華人民共和国の国家規格で、GBKをさらに拡張したもの。

    フォント

    繁体字中国語フォントは、Big5-1984を基本文字セットとしてきた。日本で市販される商品は、Big5-1984の範囲にとどまる場合が多い。香港などではフォントメーカーが独自の拡張を施した製品を販売した。Unicodeの浸透とともに、Big5を主としてCJK統合漢字をカバーするものやHKSCSやBig5拡張規格に対応したものもオペレーティングシステムのパッケージやアップデート・拡張機能、市販品、オープンソースソフトウェアとしての流通などを通じて普及している。 一方、簡体字中国語フォントも準拠する文字セットがGBK、GB 18030と拡張を重ねたことにより繁体字をカバーするようになった。中国の国家規格には字体についても規定したものがあり、簡体字フォントは、ビットマップフォントとGB 2312しかなかった時代から中国大陸の字体規範に沿ってデザインされている。GB 18030対応フォントも規格に適合することが求められ、収録されている繁体字の大部分は「新字形」に沿ったデザインになっている(新字形の「奥」「吴」が別に含まれている「奧」「吳」といった文字には適用されない)。 台湾・香港の両政...

    台湾、香港における標準字体、中国大陸における新字形による繁体字、簡体字のほか、韓国における漢字、日本の旧字体・新字体も参考のために掲げた。日本語では当用漢字以前、必ずしも標準字体が定まっていたわけではない。ここでは日本語において使われることがまれな漢字について、日本語フォントに見られる字体を便宜上新字体として扱っている。 使用ウェブブラウザの仕様やインストール・設定されているフォントなどといった閲覧条件により、正確な字体が再現されない場合がある。以下の条件に適合する場合、意図に沿った表示となる。 1. 日本語・簡体字中国語・韓国語のフォントのほか、繁体字は台湾・香港の標準字体に準拠したフォントがインストールされ有効になっている。 2. ウェブブラウザが指定された言語属性に従い、言語に適したフォントで表示でき、適切なフォントが設定されている。 2.1. 特に繁体字中国語で台湾のもの(zh-TW、zh-Hant-TW)と香港のもの(zh-HK、zh-Hant-HK)を区別していること。 上記を満たさない場合はISO/IEC 10646・Unicodeで符号位置が区別される溫-温・群-羣・衛-衞・銳-鋭などの一部を除き、台湾と香港の字体との区別ができない。 表の(青色)の部分は、香港の標準字体が台湾の標準字体との間に相違点が基本的にないことを示す。 以下の世界人権宣言第1条の表示例が一致すれば、台湾欄の漢字は台湾の規範に沿った表示となっている。

    独立以来ハングル専用政策がとられた韓国では、漢字の簡略化は公式には行われていない。このことから朝鮮漢字(朝鮮語で「한자〈漢字〉」)を「繁体字」と呼ぶことがある。Ken Lunde著『CJKV 日中韓越情報処理』(小松章・逆井克己訳、オライリー・ジャパン、2002年)は110ページで「KS X 1001:1992に規定されている漢字は繁体字と考えられる」と述べているほか、共同通信社編著『記者ハンドブック』(共同通信社)第6版(1990年、578ページ)以降第11版(2008年、714ページ)までのように、日本で当用漢字以後一般的には使われなくなった「旧字体」と同様の字体のものを「繁体字」と呼んだ例もある。ただし本項で扱う中国語における繁体字の規範とは用字法や字体に違いがある。字体については康熙字典体を基本としており、中国語の現行規範よりも日本の「旧字体」に近い。

    中華人民共和国統治下の中国大陸では、1955年以降「文字改革」政策の柱として漢字の簡化を進め、簡体字を「規範漢字」としている。例えば、天安門の毛沢東の肖像画の両側に建国当初掲げられた有名な「中華人民共和國萬歲」「世界人民大團結萬歲」の文字は1964年に「中华人民共和国万岁」「世界人民大团结万岁」となった。2000年成立・2001年施行の「国家通用語言文字法(中国語版)」において、繁体字および異体字の使用が認められるのは、文物古跡、姓名中の異体字、書道・篆刻などの芸術作品、揮毫題辞・看板の手書き文字、出版・教育・研究上必要な場合、国務院の関係部門が認めた特別な場合に限定されている。 1980年、漢字の長所を科学的に見直すとする「漢字現代化研究会」が北京で発足し、数年後「北京国際漢字研究会」と改称した。メンバーに華僑が多く、漢字をおくれたものと見なす漢字落後論を基調とする従来の文字改革の流れに批判的な立場をとった。研究会は『漢字文化』誌を発行し、手書きは簡体字でよいが印刷は視認性に優れた繁体字により行うのがよいとする「識繁写簡」を主張した。これにより文字改革に肯定的な学者らとの論争が起こった。 2007年11月、中国の北京で開かれた第8回国際漢字会議で台湾・香港・マカオの繁体字を中心として一部のみ簡体字を認め、5000 - 6000字の字体を統一した「標準字」を定めていくことで中国・台湾・日本・韓国などが合意したと報じられた[信頼性要検証]。ただし、中華人民共和国教育部(教育省)は「そのような事実はない」と否定しているとも報道された[信頼性要検証]。 2009年3月3日、中国人民政治協商会議全国委員会の潘慶林委員が、簡体字は中国の伝統文化の継承を妨げるとして、繁体字に段階的に戻すよう提案を行っている[信頼性要検証]。 2009年6月19日、台湾の馬英九総統は中国にもっと繁体字を使用してほしいとする異例の提案を行っている。

    • .mw-parser-output .monospaced{font-family:monospace,monospace}Hant
    • History
    • Method of Simplification
    • Distribution and Use
    • Education
    • Computer Encoding and Fonts
    • Web Pages
    • Criticism
    • See Also
    • Further Reading
    • External Links

    Singapore and Malaysia

    Singapore underwent three successive rounds of character simplification, eventually arriving at the same set of simplified characters as Mainland China. The first round, consisting of 498 Simplified characters from 502 Traditional characters, was promulgated by the Ministry of Educationin 1969. The second round, consisting of 2287 Simplified characters, was promulgated in 1974. The second set contained 49 differences from the Mainland China system; those were removed in the final round in 197...

    Hong Kong

    A small group called Dou Zi Sei (T:導字社; S:导字社) or Dou Zi Wui (T:導字會; S:导字会) attempted to introduce a special version of simplified characters using romanizations in the 1930s. Today, however, the traditional characters remain dominant in Hong Kong.

    Japan

    After World War II, Japan also simplified a number of Chinese characters (kanji) used in the Japanese language. The new forms are called shinjitai. Compared to Chinese, the Japanese reform was more limited, simplifying only a few hundred characters. Further, the list of simplifications was exhaustive, unlike Chinese simplification – thus analogous simplifications of not explicitly simplified characters (extended shinjitai) are not approved, and instead standard practice is to use the traditio...

    Structural simplification of characters

    1. All characters simplified this way are enumerated in Chart 1 and Chart 2 in Jianhuazi zong biao (简化字总表), "Complete List of Simplified Characters" announced in 1986. 2. Chart 1lists all 350 characters that are used by themselves, and can never serve as 'simplified character components'. 3. Chart 2lists 132 characters that are used by themselves as well as utilized as simplified character components to further derive other simplified characters. Chart 2 also lists 14 'components' or 'radical...

    Derivation based on simplified character components

    1. Chart 3lists 1,753 characters which are simplified based on the same simplification principles used for character components and radicals in Chart 2. This list is non-exhaustive, so if a character is not already found in Chart 1, 2 or 3, but can be simplified in accordance with Chart 2, the character should be simplified.

    Elimination of variants of the same character

    1. Series One Organization List of Variant Characters accounts for some of the orthography difference between Mainland China on the one hand, and Hong Kong and Taiwan on the other. These are not simplifications of character structures, but rather reduction in number of total standard characters. For each set of variant charactersthat share the identical pronunciation and meaning, one character (usually the simplest in form) is elevated to the standard character set, and the rest are obsoleted...

    The People's Republic of China and Singapore generally use simplified characters. They appear very sparingly in printed text produced in Hong Kong, Macau, Taiwan, and overseas Chinese communities, although they are becoming more prevalent as China opens to the world. Conversely, the mainland is seeing an increase in the use of traditional forms, where they are often used on signs, and in logos, blogs, dictionaries, and scholarly works.

    In general, schools in Mainland China, Malaysia and Singapore use simplified characters exclusively, while schools in Hong Kong, Macau, and Taiwan use traditional characters exclusively. Today, simplified Chinese characters predominate among college and university programs teaching Chinese as a foreign language outside of China, such as those in the United States.

    In computer text applications, the GB encoding schememost often renders simplified Chinese characters, while Big5 most often renders traditional characters. Although neither encoding has an explicit connection with a specific character set, the lack of a one-to-one mapping between the simplified and traditional sets established a de facto linkage. Since simplified Chinese conflated many characters into one and since the initial version of the GB encoding scheme, known as GB2312-80, contained only one code point for each character, it is impossible to use GB2312 to map to the bigger set of traditional characters. It is theoretically possible to use Big5 code to map to the smaller set of simplified character glyphs, although there is little market for such a product. Newer and alternative forms of GB have support for traditional characters. In particular, mainland authorities have now established GB 18030 as the official encoding standard for use in all mainland software publications....

    The World Wide Web Consortium's Internationalization working group recommends the use of the language tag zh-Hansas a language attribute value and Content-Language value to specify web-page content in simplified Chinese characters.

    There are ongoing disputes among users of Chinese characters related to the introduction of simplified Chinese characters. Author Liu Shahe was an outspoken critic of the simplification of Chinese characters. He wrote a dedicated column entitled "Simplified Characters are Unreasonable" (简化字不讲理) in the Chinese edition of the Financial Times. Traditional Chinese supporters may refer to simplified Chinese as 殘體字 ("crippled characters").

    Bergman, Peter M. (1980). The Basic English-Chinese, Chinese-English Dictionary: Using Simplified Characters (with an Appendix Containing the Original Complex Characters) Transliterated in Accordan...
    Bökset, Roar (2006). Long Story of Short Forms: The Evolution of Simplified Chinese Characters. Stockholm East Asian Monographs, No. 11. Stockholm: Dept. of Oriental Languages, Stockholm University...
    Chen, Huoping (1987). Simplified Chinese Characters. Torrance, CA: Heian. ISBN 0-89346-293-4.
    • Left to Right (Modern usage), Top to Bottom
    • Chinese
  3. 繁体字. 繁体字 是古代 中国人 用来书写 汉文 个标准字体。. 特色:同一只汉字,繁体字通常比简化仔个汉字( 简体字 )个笔划多一星,蛮多人觉得繁体字比简体字好看。. 别个讲法: 勒 台湾 弗讲 繁体字 ——应讲 正体字 。.

  4. Jul 31, 2021 · Chinese written using the traditional form of Chinese characters, as opposed to Simplified Chinese (introduced by the PRC as script reform)

  5. 如何安装 您需要先安装一个用户脚本管理器扩展,如 Tampermonkey、Greasemonkey 或 Violentmonkey 后才能安装该脚本。. 您需要先安装一个用户脚本管理器扩展,如 Tampermonkey Violentmonkey 后才能安装该脚本。

  1. People also search for