Yahoo Web Search

  1. 医療関係者向け|...

    www.lillymedical.jp/ja-jp/answers/65323

    また、ヒューマリンはオーストラリア分類に該当しません。 解説 海外の規制当局による医薬品の胎児に対するリスク分類基準として米国食品医薬品局( FDA )胎児危険度分類(カテゴリー)とオーストラリア分類があります。

  2. 妊娠中の薬1 - yamashiro-dent.com

    yamashiro-dent.com/news/妊娠中の薬1

    2.FDA薬剤胎児危険度分類基準:米国 FDA(G.G.Briggs) 3.オーストラリア基準(Drug in Pregnancy and Lactation):オーストラリア医薬品評価委員会・先天性異常部会. 4.虎ノ門病院の基準:虎ノ門病院 「妊娠と薬相談外来」

  3. 胎児危険度分類 - Wikiwand

    www.wikiwand.com/ja/胎児危険度分類

    胎児危険度分類(英語: Pregnancy category)は、医薬品による胎児傷害の危険性に対する見積もりであり、妊婦が用いた場合を想定している。つまり、人乳中へ移行した薬剤に対する危険性を扱うものではないし、医薬品に伴う全ての危険性を扱うものでもない。類似する分類として授乳危険度分類 ...

  4. オーストラリア政府は幼児教育や保育に多大な関心を払っている。そのプログラムや目標を説明し、プログラムが誰に向けられたものなのかについて問題提起をする。また、家庭における保育の重要な課題に焦点を当てることについて提案する。 Keywords;

  5. 危険情報において各国・地域をレベル別に分類しているのは,危険の度合いを概念的にわかりやすく区分するための工夫であり,必ずしもある国・地域における事件や事故の発生の頻度が別の国・地域より高いといった統計的な比較に基づくものではあり ...

  6. 妊婦に対する薬物の危険度は「薬剤胎児危険度分類基準」というアメリカのfdaが出している基準を一つの参考にします。 この基準では、 薬物の胎児への危険度をa,b,c,d,×の5段階に分類しています。

  7. 職場のあんぜんサイト:化学物質:GHSとは 危険...

    anzeninfo.mhlw.go.jp/user/anzen/kag/ghs_class.html

    危険: 生殖能又は胎児への悪影響のおそれ: 98: 生殖毒性: 1b: 健康有害性: 危険: 生殖能又は胎児への悪影響のおそれ: 99: 生殖毒性: 2: 健康有害性: 警告: 生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い: 100: 生殖毒性 (授乳区分) 授乳中の子に害を及ぼすおそれ: 101

  8. IndexPage - 薬学用語解説 - 日本薬学会

    www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi

    胎児危険度分類基準 - 胎児性Fc受容体 - neonatal Fc receptor:FcRn? 胚性幹細胞 - embryonic stem cell、ES細胞; 胸脇苦満 - 胸脇支満(きょうきょうしまん)、胸脇満(きょうきょうまん) 能動輸送 - active transport; 脂溶性ビタミン - 脂肪肝 - fatty liver; 脂肪酸 - fatty acid

  9. 胎児貧血を示唆する危険な所見であるため、サイヌソイダルパターンがみられたら胎児血流測定を行います。 胎児血流測定とは、超音波ドプラによって、 胎児中大脳動脈〈MCA〉 、 臍帯動脈、胎児下大静脈 などの血流を評価するものです。

  10. 妊娠後期にnsaidsが投与すると、胎児に移行し、プロスタグランジンの産生が抑制されていしまい、動脈管収縮が起こる場合がある。(動脈管の早期閉鎖) 催奇形性の報告はないとされている。 ※1 このため基本的には妊娠後期のnsaidsは禁忌。