Yahoo Web Search

  1. 1971 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › 1971

    1971 (MCMLXXI) was a common year starting on Friday of the Gregorian calendar, the 1971st year of the Common Era (CE) and Anno Domini (AD) designations, the 971st year of the 2nd millennium, the 71st year of the 20th century, and the 2nd year of the 1970s decade.

  2. 1971 in music - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › 1971_in_music

    Canada 1 – Dec 1970, Switzerland 1 – Mar 1971, Norway 1 – Mar 1971, Germany 1 – Mar 1971, Éire 1 – Mar 1971, Australia 1 for 4 weeks Oct 1971, Netherlands 2 – Jan 1971, France 2 – Apr 1971, Australia Goset 2 – Feb 1971, UK 3 – Feb 1971, US BB 3 – Dec 1970, US CashBox 6 of 1971, Germany 50 of the 1970s, DDD 57 of 1970, RYM ...

  3. 1971年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 1971年

    1971年1971 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年。 昭和46。. この項目では、国際的な視点に基づいた1971年について記載する。

  4. 1971 ABC Championship - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › 1971_ABC_Championship

    The 1971 Asian Basketball Confederation Championship for Men were held in Tokyo, Japan. Results. Team Pld W L PF PA PD Pts Japan: 8: 8: 0: 734: 427 +307: 16 ...

    • October 30 – November 10
    • 1 (in 1 host city)
    • 9 (from all Asian federations)
    • Japan (2nd title)
  5. 1971 Turkish military memorandum - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › 1971_Turkish_military

    The 1971 Turkish military memorandum (Turkish: 12 Mart Muhtırası), issued on 12 March that year, was the second military intervention to take place in the Republic of Turkey, coming 11 years after its 1960 predecessor. It is known as the "coup by memorandum", which the military delivered in lieu of sending out tanks, as it had done previously.

    • March 12, 1971
    • Turkey
    • Hundreds
    • Hundreds
  6. 1971年の映画 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 1971年の映画
    • できごと
    • 日本の映画興行
    • 各国ランキング
    • 受賞
    • 誕生
    • 参考文献

    世界

    1. 6月3日 - ワーナー・ブラザースとコロンビア映画がスタジオを合併。 2. 10月1日 - アメリカ合衆国フロリダ州オーランドにウォルト・ディズニー・プロダクション制作、運営のウォルト・ディズニー・ワールド(マジック・キングダム、ディズニー・コンテンポラリー・リゾート、ディズニー・ポリネシアン・ヴィレッジ・リゾート)が開園。ロイ・O・ディズニーが開園長を務めたのち現役を引退。会長職をドン・B・テータムに譲り、副社長のE・カードン・ウォーカーが社長に昇格。

    日本

    1. 2月 1.1. 2月1日 - 東宝、みゆき座に日本で最初にノンリワインド装置設置[注 1]。 2. 3月 2.1. 3月5日 - 横浜・相鉄ムービルがオープン。 3. 4月 3.1. 4月1日 - 東宝映像設立。 3.2. 4月3日 - 公式記録映画『日本万国博』が松竹・大映の映画館で封切られる。 4. 6月 4.1. 日活、企業存続のため、希望退職者 360名募集。 4.2. 6月1日 - 日活、堀久作社長辞任、後任は堀雅彦。 4.3. 6月1日 - 東京・上野宝塚劇場、東映映画封切館に変更。 5. 7月 5.1. 7月19日 - 新藤兼人監督『裸の十九才』が第7回モスクワ国際映画祭で金賞受賞[注 2]。 6. 8月 6.1. 日活、映画製作中止。ダイニチ映配から離脱。 6.2. 8月17日 - 東映、大川博社長(74歳)死去。8月25日、新社長に岡田茂。 7. 10月 7.1. NHK総合テレビ、全番組のカラー化を実施する。 7.2. 10月1日 - ダイニチ映配が幕引き[注 3]。 8. 11月 8.1. 大映、業務全面停止。全従業員解雇を発表。 8.2. 11月8日...

    入場料金(大人)
    入場者数2億1675万人
    興行収入792億8000万円

    日本配給収入ランキング

    日本映画は正確な数字が発表されていない。以下、邦画配給会社別の好稼働番組を挙げる。 1. 松竹 1.1. 誰かさんと誰かさんが全員集合!! 1.2. 男はつらいよ 純情篇 1.3. 男はつらいよ 奮闘篇 1.4. 新・男はつらいよ(新版) 2. 東宝 2.1. 東宝チャンピオンまつり 『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ(短縮再編集版リバイバル)』など 2.2. 日本一のワルノリ男 2.3. ゴジラ対ヘドラ 2.4. 激動の昭和史 沖縄決戦 3. 東映 - 任侠ものが配給収入1億円弱を着実に稼いでいた。 3.1. どうぶつ宝島 3.2. 新網走番外地 吹雪のはぐれ狼 3.3. 日本やくざ伝 総長への道 3.4. 緋牡丹博徒 お命戴きます 3.5. 日本侠客伝 刃 3.6. 傷だらけの人生 3.7. 昭和残侠伝 吼えろ唐獅子 4. 日活 4.1. 戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河 - 配給収入3億円を記録した。 1. 出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、285頁。ISBN 978-4873767550。

    第29回ゴールデングローブ賞
    第37回ニューヨーク映画批評家協会賞 - 『時計じかけのオレンジ』
    第32回ヴェネツィア国際映画祭
    1月2日 - 竹野内豊、日本の俳優
    1月17日 - 工藤夕貴、日本の女優
    2月14日 - 酒井法子、日本の女優・歌手
    2月17日 - デニス・リチャーズ、アメリカの女優
    斉藤守彦『映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?』ダイヤモンド社、2009年11月27日。ISBN 978-4-478-01134-8。
    松竹『松竹九十年史』松竹、1985年12月。全国書誌番号:87001945。
    谷川義雄『年表・映画100年史』風濤社、1993年5月。ISBN 4-89219-113-2。
    東宝『東宝五十年史』東宝、1982年11月。全国書誌番号:83041631。
  7. Category:1971年 - Wikipedia

    ja.wiki.hereiszyn.com › wiki › Category:1971年

    100前 - 10前 - 10後 - 1001971年 に関する カテゴリ 。 ウィキメディア・コモンズには、 1971年 に関連する メディア および カテゴリ があります。

    • 大事記
    • 出生
    • 逝世
    • 諾貝爾獎
    • 奧斯卡金像獎

    聯合國

    1. 聯合國公布《精神藥物公約》。 2. 10月25日——聯合國大會2758號決議通過,承認中華人民共和國為中國代表,取代中華民國行使在聯合國的一切合法權利。

    美國

    1. 美國哈佛大學學者約翰·羅爾斯出版的《正義論》,被哲學界公認為二十世紀最重要的政治哲學著作。 2. IBM公司的阿蘭·舒格特發明磁碟片。 3. 5月11日——在美軍的炮火中,柬埔寨著名的佛教遺蹟吳哥窟被毀損。 4. 7月9日至7月11日——季辛吉秘密訪問中國大陸。 5. 8月15日——美國宣布停止美元與黃金的兌換,並對進口商品一律徵收百分之十的附加稅。

    中國大陸

    1. 1月——中國國家衛星氣象中心成立。它是中國氣象局直屬科研事業單位。 2. 1月2日——中國大陸宣布輕工業形成比較完整的體系。 3. 3月3日——中國大陸成功發射第一顆科學實驗人造衛星「實踐一號」。「實踐一號」在預定軌道上工作了八年。 4. 3月22日——林彪制定571工程。 5. 6月27日——中國大陸第一艘兩萬噸貨輪「長風」號下水。 6. 7月——中國大陸轉發關於做好計劃生育的工作報告。 7. 7月9日——中國總理周恩來同美國總統尼克森的總統國家安全事務助理季辛吉在北京舉行秘密會談。 8. 9月10日——中國洲際飛彈首次飛行試驗基本成功。 9. 9月13日——九·一三事件:中共中央副主席林彪乘飛機外逃,墜機死亡於蒙古溫都爾汗。 10. 9月27日——中共無償援助越南36.14億元。外援金額70億,建政來最多的一年。 11. 10月2日——中國大陸決定追加基本建設投資51億人民幣。 12. 11月18日——中國新華社報導,全國建成1800多座小水泥廠。 13. 11月18日——中國西部地區進行了一次新的核試驗。 14. 11月23日——中華人民共和國代表團首次出席聯合國安全...

    1月

    1. 1月2日——竹野內豐,日本藝人 2. 1月10日——郭碧琪,香港攝影師及企業家 3. 1月20日——蓋瑞·巴洛, 英國歌手, 接招合唱團的成員 4. 1月20日——鄭雄仁,韓國演員 5. 1月30日——李瑞鎮,韓國演員

    2月

    1. 2月14日——胡兵,中國藝人

    3月

    1. 3月10日——藤崎龍,日本漫畫家與插畫家 2. 3月21日——陳宣裕,台灣搞笑藝人

    1月29日——翁文灝(詠霓),82歲,(中央研究院院士)。(生於1889年)中央研究院(頁面存檔備份,存於網際網路檔案館)
    2月23日——杜高智,42歲,南越陸軍中將、越南戰爭戰場指揮官。(生於1929年)
    4月17日——林子豐,79歲,香港教育家及銀行家。(生於1892年)
    物理:伽博·丹尼斯(Gabor Dennis)
    化學:格哈德·赫茨貝格(Gerhard Herzberg)
    生理和醫學:厄爾·威爾伯·薩瑟蘭(Earl W. Sutherland, Jr.)
    文學:巴勃羅·聶魯達(Pablo Neruda)

    (第44屆,1972年頒發) 1. 奧斯卡最佳影片獎——《法國販毒網》(The French Connection) 2. 奧斯卡最佳導演獎——威廉·弗里德金(William Friedkin)《法國販毒網》 3. 奧斯卡最佳男主角獎——吉恩·海克曼(Gene Hackman)《法國販毒網》 4. 奧斯卡最佳女主角獎——簡·方達(Jane Fonda)《花街殺人案》 5. 奧斯卡最佳男配角獎——班·約翰森(Ben Johnson)《最後一場電影》 6. 奧斯卡最佳女配角獎——克洛里斯·李奇曼(Cloris Leachman)《最後一場電影》 (其他獎項參見奧斯卡金像獎獲獎名單)

  8. 検索結果 1 - 10 の 27 ための Wikipedia / 1971年 / Wikipedia (4681 記事) 札幌競馬場が大規模改修、再開は20148月予定 改修にかかる総工費は105億円としている [2] 。

  9. フリー (バンド) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › フリー_(バンド)
    • 概要
    • 評価
    • メンバー
    • ディスコグラフィ
    • 日本公演
    • 外部リンク

    ブルースとソウルの要素を併せ持った独特のサウンドで初期のハードロックを形作った。枯淡で老成した音楽性との対比でメンバーの若さにも注目が集まった(「オール・ライト・ナウ」がチャート入りを果たした時のメンバー平均年齢20歳)。1971年に解散。 その後各人が独自の活動に入ったが、「コゾフ・カーク・テツ・ラビット」の同名アルバムが好評を博したことと、重度のドラッグ癖で活動に支障をきたしていたコゾフを救おうという意図のもと、1972年2月に再結成。しかし、まもなくフレイザーが脱退。山内が正式メンバーとなり、ロジャースがギターを兼任するようになる。この体制で1972年7月、エマーソン・レイク・アンド・パーマーとともに再来日(コゾフは不参加)。1973年初頭、『ハートブレイカー』発表後、バンドは自然消滅のような形で解散した。 その後ロジャースとカークはバッド・カンパニーを結成。コゾフはフリーに関わったメンバー全員の参加を得てソロ・アルバム『バック・ストリート・クロウラー(back Street Crawler)』発表後、新メンバーを集めアルバムと同名のバンド「バック・ストリート・クローラー」を始動させたが、1976年に心不全で死去。山内は「フェイセズ」に参加。フレイザーとラビットも音楽活動を続けた。 『ファイアー・アンド・ウォーター』に収録され、シングル化もされた「オール・ライト・ナウ」は、バンド最大のヒット曲であり、ロック・クラシックとなっている。

    フリーは母国イギリスでは伝説的バンドとして高く評価されているが、日本においても人気があるバンドである。アメリカでは「オール・ライト・ナウ」が大ヒットしたものの、バンドとしては今一つ人気が定着しなかった。 よって、フリー解散後の1974年にポール・ロジャースとサイモン・カークが結成した「バッド・カンパニー」は、フリーの要素に加えて「アメリカうけ」を狙ったものであった。実際、バッド・カンパニーは、本国イギリスや日本よりも、アメリカにおいて大きな支持を集めることとなった。

    初期メンバー

    1. ポール・ロジャース(Paul Rodgers) – リード・ボーカル (1968年–1971年、1972年–1973年)、キーボード、ピアノ (1972年)、ギター (1972年) 2. ポール・コゾフ (Paul Kossoff) – ギター (1968年–1971年、1972年、1972年–1973年)※1976年死去 3. アンディ・フレイザー(Andy Fraser) – ベース (1968年–1971年、1972年)、キーボード、ピアノ (1968年–1971年) ※2015年死去 4. サイモン・カーク(Simon Kirke) – ドラム、パーカッション (1968年–1971年、1972年–1973年)

    後期メンバー

    1. ジョン・"ラビット"・バンドリック (John "Rabbit" Bundrick) – キーボード、ピアノ (1972年—1973年) 2. 山内テツ(Tetsu Yamauchi) – ベース (1972年–1973年) 3. ウェンデル・リチャードソン (Wendell Richardson) - ギター (1973年) テツとバンドリックはフリーが一度解散したときカークとコゾフと「コゾフ・カーク・テツ・ラビット」を結成しアルバムも発表している。

    スタジオ・アルバム

    1. 『トンズ・オブ・ソブス』 - Tons Of Sobs (1969年) ※全米197位 2. 『フリー』 - Free (1969年) ※全英65位 3. 『ファイアー・アンド・ウォーター』 - Fire And Water(1970年) ※全英2位、全米17位 4. 『ハイウェイ』 - Highway(1970年) ※全英41位、全米190位 5. 『フリー・アット・ラスト』 - Free At Last(1972年) ※全英9位、全米69位 6. 『ハートブレイカー』 - Heartbreaker(1973年) ※全英7位、全米47位

    ライブ・アルバム

    1. 『フリー・ライヴ』 - Free Live!(1971年) ※全英4位、全米89位 2. 『ライヴ・アット・ザ・BBC』 - Live at the BBC(2006年) ※全英127位

    コンピレーション・アルバム

    1. 『ザ・フリー・ストーリー』 - The Free Story(1974年) ※全英9位 2. Best of Free(1974年) 3. 『フリー・ベスト』 - Free & Easy, Rough & Ready(1976年) 4. Completely Free(1982年) 5. 『オール・ライト・ナウ!!』 - The Best of Free: All Right Now(1991年) 6. 『モルテン・ゴールド・ジ・アンソロジー』 - Molten Gold: The Anthology(1993年) 7. Walk in My Shadow: An Introduction to Free(1998年) 8. Songs of Yesterday(2000年) 9. All Right Now(2001年) 10. 『フリー』 - Classic Free(2001年) 11. 20th Century Masters – The Millennium Collection: The Best of Free(2002年) 12. Chronicles(20...

    1971年4月30日 東京・神田共立講堂、5月1日 東京・サンケイホール
    1972年7月22日 東京・後楽園球場、7月24日 兵庫・阪神甲子園球場
  10. People also search for