Yahoo Web Search

  1. List of Islamic years - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › List_of_Islamic_years

    This is a list of Hijri years (Latin: anno Hegirae or AH) with the corresponding common era years where applicable. For Hijri years since 1298 (AD 1880/1881) the Gregorian date of 1 Muharram, the first day of the year in the Islamic calendar, is given.

  2. 1632 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › AD_1632
    • Events
    • Births
    • Deaths

    January–June

    1. January – The Holland's Leguer, a brothelin London, is closed after having been besieged for a month. 2. February 22 – Galileo's Dialogue Concerning the Two Chief World Systemsis published in Florence. 3. March 29 – The Treaty of Saint-Germain-en-Laye is signed, returning Quebec to French control, after the English had seized it in 1629. 4. March – Thirty Years' War: Gustavus Adolphus of Sweden invades Bavariawith his army. 5. April 15 – Thirty Years' War: Battle of Rain – Gustavus Adolphu...

    July–December

    1. July 23 – Three hundred colonists for New France depart Dieppe. 2. August 22 – Eighty Years' War: A Dutch army, led by Frederick Henry, Prince of Orange, captures the city of Maastricht after a two-month siege. 3. September 1 – Battle of Castelnaudary: A rebellion against French king Louis XIII is crushed. The leader of the rebellion, Gaston, Duke of Orléans, the brother of Louis XIII, surrenders. 4. September 9 – Thirty Years' War: Battle of the Alte Veste – Besieged by Wallenstein at Nur...

    Date unknown

    1. Antigua and Barbudais first colonized by England. 2. The Portuguese are driven out of Bengal. 3. Yakutsk, Russia is founded. 4. King Władysław IV Vasa of Poland forbids anti-Semiticbooks and printings. 5. Construction of the Taj Mahalbegins. 6. Catharina Stopia succeeds her spouse as Sweden's ambassador to Russia, becoming perhaps the first female diplomat in Europe. 7. Approximate date – Last inhabitants leave the original city of Reimerswaal in Zeeland.

    January–March

    1. January 1 – Claude de Choiseul-Francières, Marshal of France (d. 1711) 2. January 3 – Sir John Duke, 2nd Baronet, Member of Parliament of England (d. 1705) 3. January 8 – Samuel von Pufendorf, German jurist (d. 1694) 4. January 11 4.1. Adam Frans van der Meulen, Flemish Baroque painter specialising in battle scenes (d. 1690) 4.2. John Platt, American settler (d. 1705) 5. January 14 – Gustavus Adolphus of the Palatinate, German noble (d. 1641) 6. January 26 – Marie Charlotte de la Trémoille...

    April–June

    1. April 2 – Georg Caspar Wecker, German composer (d. 1695) 2. April 6 2.1. Maria Leopoldine of Austria, Holy Roman Empress (d. 1649) 2.2. Simon Philip, Count of Lippe-Detmold (1636–1650) (d. 1650) 3. April 12 – Henry Chauncy, British antiquarian (d. 1719) 4. April 19 – Charles Cornwallis, 2nd Baron Cornwallis, Member of Parliament (d. 1673) 5. April 21 – Sir Hugh Smith, 1st Baronet, English Member of Parliament (d. 1680) 6. May 1 – Friedrich Spanheim the Younger, Calvinist theologian (d. 170...

    July–September

    1. July 3 – Tylman van Gameren, Dutch architect (d. 1706) 2. July 15 – Thomas Seamer, founding settler of Norwalk, Connecticut (d. 1712) 3. July 21 – Sir Hugh Cholmeley, 4th Baronet, English politician (d. 1689) 4. August 2 – Kaspar von Stieler, German soldier-poet (d. 1707) 5. August 13 – François-Séraphin Régnier-Desmarais, French diplomat and writer (d. 1713) 6. August 15 – Valentine Hollingsworth, English colonist of Delaware (d. 1710) 7. August 20 – Louis Bourdaloue, French Jesuit and pr...

    January 1 – Giovanni Battista Agucchi, Italian churchman, papal diplomat and writer on art theory (b. 1570)
    January 31 – Joost Bürgi, Swiss clockmaker and mathematician (b. 1552)
    February 7 – Margherita Gonzaga, Duchess of Lorraine (b. 1591)
    February 10 – Simon Steward, English politician (b. 1575)
  3. Eritrea - Wikipedia

    sco.m.wikipedia.org › wiki › Eritrea

    Eritrea's size is approximately 117,600 km2 wi an estimatit population o 5 million. State o Eritrea ሃገረ ኤርትራ ( Script error: The function "name_from_code" does not exist.

  4. 至正 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 至正

    最終更新 2016年11月11日 (金) 13:10 (日時は個人設定で未設定ならばutc)。 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。 プライバシー・ポリシー

  5. 東田子の浦駅 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 東田子の浦駅
    • 概要
    • 歴史
    • 駅構造
    • 駅周辺
    • 隣の駅

    富士市の元吉原地区にある駅。富士市の南東部に位置し、駅の約1km東を富士市と沼津市の境界線が通っている。田子の浦の東にあることから、東田子の浦駅と名付けられた。 当駅は、地元の請願により1949年(昭和24年)9月に開設された。駅施設は周辺住民の勤労奉仕で建設され、砂利・セメントの運搬や駅舎の建設などは住民の手で行われた。開設当初は日本国有鉄道(国鉄)の運営であったが、1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化によりJR東海に運営事業者が移っている。 また、当駅は業務委託駅に分類されており、駅業務は東海交通事業の係員が担当しているが、夜間は係員が配置されない無人駅となる。なお、管理駅である富士駅が当駅を管理している。 313系電車の車内案内表示装置では、通常は「次は○○」と表示される次駅案内が、駅名が長すぎて表示しきれないため「次 東田子の浦」と表示される(長泉なめり駅・飛騨一ノ宮駅でも同じ現象が見られる)。

    1949年(昭和24年)9月15日:日本国有鉄道(国鉄)東海道本線の原 - 鈴川(現・吉原)間に新設開業(旅客営業のみ)。
    1984年(昭和59年)2月1日:荷物の取扱を廃止。
    1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により東海旅客鉄道(JR東海)が継承。
    2005年(平成17年)10月5日:自動改札機を導入。

    ホーム・駅構内

    2面3線のホームを有する地上駅である。駅構内の南側に単式ホーム1面1線、北側に島式ホーム1面2線が配置されている。 単式ホームの北側が1番線、島式ホームの南側が2番線、島式ホームの北側が3番線である。旅客列車は、下り列車が下り本線である1番線を使用し、上り列車が上り本線である3番線を使用する。2番線は待避線(中線)で、定期列車ではホームライナー浜松3号の待避をする18時40分発静岡行きが使用する唯一の運用である。(2020年1月現在) 富士駅、沼津駅からの回送列車も2番線に入線する。東京からの団体列車を沼津駅などで客扱いを終えた後ここに回送して沼津方面に折り返している。

    駅舎・設備

    駅舎は1番線の南側に接して設置されている。リニューアル済みの木造駅舎であり、外壁には富士山の絵が描かれている。駅舎内部にはJR全線きっぷうりばや自動券売機、待合室があり、改札口には扉が省略された簡易型の自動改札機が導入されている。 駅舎がある1番線ホームと、そこから離れた2番線・3番線ホームは跨線橋で連絡している。

    駅前には東田子の浦駅の開業を記念する大きな碑が建てられている。南へ300mほど行くと、海に突き当たる。 1. 吉原柏原簡易郵便局 2. 国道1号 3. 浮島ヶ原自然公園 4. パーパス本社 5. MEGAドン・キホーテUNY中里店

    東海旅客鉄道(JR東海)

    1. CA 東海道本線

  6. Patriarhia latină a Ierusalimului - Wikipedia

    ro.wikipedia.org › wiki › Patriarhia_latină_a

    Patriarhia latină a Ierusalimului (în latină Patriarchatus Latinus Hierosolymitanus) este episcopia romano-catolică a Ierusalimului, avându-și sediul în Biserica Sfântului Mormânt. A fost inițial înființată în 1099, odată cu Regatul Ierusalimului, care a inclus teritoriile noi-cucerite și în special Țara Sfântă, drept urmare ...

  7. 王旭 (高麗) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 王旭_(高麗)

    王 旭 (おう きょく、ワン・ウク、? - 969年 )は、 高麗 の王族。. 第8皇子。. 初代国王 太祖 の子で、第6代国王 成宗 の父。. 恵宗 ・ 定宗 と 光宗 の異母弟にあたる。. 成宗は即位後、 戴宗 (たいそう)の 廟号 と睿聖和簡恭慎顕献宣慶大王の 諡号 を追贈 ...

  8. 中国中鉄 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国中鉄
    • 沿革
    • 親会社との収益合計の比
    • 主な事業
    • 関連指標
    1950年3月に親会社の中国鉄路工程総公司(以下、総公司)の起源となる中央人民政府鉄道部工程総局および設計総局が設立される。その後これらは鉄道部基本建設総局となる。
    1989年7月、鉄道部基本建設総局は廃止され、鉄道部直轄の建設会社として親会社の総公司が創設される。この時を総公司の正式な設立日としている。
    2000年9月、総公司の政企分離(国家の所有権と企業の経営権の分離)が実行される。従来、インフラ建設全般の産業政策は国家発展計画委員会が立てた。総公司に対する業務管理権は鉄道部が、資産権は財政部が、董事会構成員人事権は共産党中央企業工作委員会が行使し、権限が分散されていた。これらのうち鉄道部がもっていた業務管理権を行政指導権と業務執行権に分け、鉄道部が行政指導権を行使し、総公司董事会が最高業...
    2003年5月、共産党中央企業工作委員会が廃止される。共産党中央企業工作委員会の董事会構成員人事権および財政部の資産権は、国務院国有資産監督管理委員会のもとに統一された。

    中国企業連合会、中国企業家協会が2017年9月に発表した「中国企業トップ500」によれば、2016年の中国鉄路工程総公司の収益合計は64,426,089万元であった。また中国中鉄股份有限公司の年次財務報告書によれば、同社の2016年の収益合計は632,856百万元であった。よって2016年の中国中鉄股份有限公司と中国鉄路工程総公司の収益合計の比は、98.2%となる。なお、連結関係会社間の取引に伴う収益合計の調整は行っていない。

    2016年度財務報告書によると、セグメント区分は以下の通り。 1. インフラ建設事業 1. 鉄道、高速道路、都市交通(地下鉄やライトレール)などの交通インフラの建設。 1. 調査、設計、コンサルティング事業 2. 建設用重機、鉄道関連構築物の製造事業 1. 橋桁架設専用機械、シールドマシン、分岐器、鋼製橋梁などの製造。 1. 不動産開発事業 2. その他の事業 2016年度財務報告書によると、セグメント別の収益合計および税引前利益は以下の通り。各セグメントの収益は外部顧客からの収益を記した。

    資材費推移
    機材費推移
    労務費推移
  9. 中国回教協会 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国回教協会
    • 現況
    • 歴史
    • 活動
    • 国内外の団体との関係
    • 運営しているモスク
    • 参考文献
    • 外部リンク

    中国回教協会の会員数は1997年の時点で7000人余りである。現在、台湾には約30万人のムスリムが在住しているが、これらの多くは出稼ぎ労働者で[注釈 1]、多くは回教協会には加入していないため、会員数は台湾の定住ムスリムの数とほぼ一致している。 中国回教協会は、イスラーム諸国との関係を重視してイスラームを尊重する姿勢を示している台湾政府からの支援を受けており、ムスリムの義務のひとつであるマッカ巡礼には政府から補助金が出されている。協会の運営資金は主にムスリムによる募金から賄われているが、地方自治体や政府からの助成金も資金源の一つとなっている。また、サウジアラビアのマッカに拠点を置く国際NGOのムスリム世界連盟からの支援も受けている。

    結成の背景

    清末から中華民国初期、アホンと呼ばれるイスラーム宗教指導者などのムスリム知識人たちは、西アジアを訪れて新鮮なイスラーム知識を学び、マッカへの巡礼を行うようになっていった。本場のイスラームに触れた彼らは中国イスラームの改革の必要性を感じ、1912年、アホンである王浩然が北京で中国回教倶進会を発起した。倶進会は各地のムスリム代表者や資産家の支持を受け全国に支部を建立し、徐々にではあるが全国規模の組織になろうとしていた。しかし、国民政府は、1936年、北京政府時代に段祺瑞の属下だった、回族の馬良らが創設を画策した「中華回教公会」を公認。同年、倶進会は国民政府の方針に従った北京市によって解散させられた。しかしながら、その中華回教公会も、馬良の個人的野心を嫌うムスリム知識人層の反発を招いてすぐに立ち消えた。 その結果、日中戦争直前、中国には全国規模のイスラーム組織は存在しなかった。しかし、以前から中国への進出を進めていた日本は、当時5000万人いたというムスリムや回族の戦略的価値にいち早く目をつけており、満州事変後の1933年3月に内蒙古の回教工作のため、善隣協会の前身である日満協会を東京...

    結成までの道程

    満州事変以来、イスラームに限らず様々な宗教において日本への抗戦の動きが見られたが、日中戦争勃発によってその流れは加速され、宗教を核に団結して日本に立ち向かうという機運が高まった。かねてより全国規模のイスラーム組織の設立を目指していた王静斎[注釈 2]は時子周[注釈 3]と共に1938年1月、鄭州で中国回民抗日救国協会(以下、抗日協会)を発足させ、1月10日には設立宣言と宗旨を含んだ「中国回民救国協会宣言」を発布した。抗日協会は同年2月、漢口(現在の武漢)で行われていた国際反侵略運動大会中国分会の反侵略運動宣伝週間で、全国のムスリムを代表して侵略活動への反対を表明した。また、それに触発された地元のムスリムがモスクで反侵略大会を挙行し、全国からムスリムの代表など来賓1000人が参加した。その中には国民党中央宣伝部部長の劭力子など政府要人の姿もあった。また同年4月に漢口で、抗日戦争に参加すべく、ムスリムによる「漢口市回民戦地服務団」が組織された。これは同年8月に「中国回民青年戦地服務団」に改組され[注釈 4]、迫りくる日本軍を前にして全国でムスリムの団結が進んだ。 1938年4月、ムス...

    日中戦争下での活動

    彼らの目的は国民政府と共同で日本軍に抗戦し、その中で宗教的活動を行うことだった。戦時下における宗旨は「国民政府を擁護すること、三民主義に適応した行動を促進していくこと、抗戦建国に協力すること」であり、1939年、理事長の白崇禧は全職員への訓話の中で、協会は「救国と救教」の組織だと強調し、ムスリムに対して日本への抗戦を訴えた。協会の会則においても、その活動は宗教の宣伝、ムスリムの組織化・訓練、抗戦参加への宣伝、ムスリム教育の推進と援助などと規定されていた。 戦時下での具体的な活動としては、中国のモスクやイスラーム学校、ムスリムを対象とした調査、機関誌など出版物の発行や学術講演会の挙行といった国内での宣伝、モスクの管理やクルアーンの中国語訳[注釈 8]といった教務、農場や工場の建設といった生産活動などが挙げられる。また、イスラームを侮辱する本の取り締まりの要請、被災したムスリムの救済、イスラーム学校の設立などムスリムの地位を向上させる活動も行った。これらの中でも、特に調査事業は回教救国協会が全国組織として活動するうえでの基礎となった。また、エジプト留学団の結成、中馬文化協会(中国-マ...

    中国回教協会は、主にモスクの運営やイスラーム文化の広報、ムスリムの権利向上、ムスリムフレンドリーを進めている台湾政府や地方自治体と協力した活動を行っている。 他にも、すでに信仰を失っている「元回民」に対する信仰回復活動や、前述の機関誌の「中国回教」の発行、放送活動を行っている。

    国内

    台湾の有力なイスラーム組織として、1949年に中国の広州で設立された「中国回民青年反共建国大同盟」に始まる中国回教青年会(繁: 中國回教青年會)がある。回教協会と回教青年会はしばし衝突しており、1971年のサウジアラビア国王ファイサル2世の来訪時には、回教協会が参加した接待行事を回教青年会は欠席した。協会と青年会はお互いを批判しあい、関係は良好とは言えなかった。しかし、決して多くないムスリムは両会の協力を望み、1978年、青年会は協会の傘下となった。 2009年、協会はインドネシアのイスラーム組織ナフダトゥル・ウラマーの台湾支部であり、駐台インドネシア経済貿易代表処と協会の協力によって設立されたPCINU台湾との綿密な協力を表明した。当時の協会の代表は、台湾に多くいるインドネシア人労働者や留学生は台湾のイスラームにおいて非常に重要であると述べた。

    国外

    中国回教協会はサウジアラビアのメッカに拠点を置くNGOのムスリム世界連盟に加盟しており、連盟から様々な支援を受けている。1980年には元マレーシア首相のトゥンク・アブドゥル・ラーマンによるイスラーム組織RISEAPの設立を支援し、現在も深い関係にある。 2007年、中国回教協会は前述のナフダトゥル・ウラマーに教育面での協力を申し出た。台湾で学ぶ財力がないインドネシアの若者に奨学金を付与するとし、逆にナフダトゥル・ウラマはインドネシアの台湾人女性ウラマーの育成に協力するとした。 協会はまた、中華人民共和国の中国イスラム教協会との交流を進めている。回教協会は2005年、イスラム教協会に中国本土へ招待され、5月22日から31日の日程で理事ほか代表団8名を送った。北京滞在中、代表団は国家宗教事務局と面会し、イスラム教協会と両国間の協力を協議した。また、寧夏回族自治区や甘粛省などムスリムが多い地域を視察した。2010年にはイスラム教協会が台湾を訪問。回教協会の理事長がこれと応対した。2014年10月に中国イスラム教協会はハラール食品に関する訪問団を台湾へ送った。

    中国回教協会が運営しているモスクは以下の通りである。なお、台北文化清真寺は中国回教青年会が、大園清真寺は台湾ムスリム協会(繁: 台湾穆斯林輔導協會)が、花蓮清真寺はナフダトゥル・ウラマーの台湾支部である「PCINU台湾」が運営している。

    日本語文献

    1. 安藤潤一郎「日本占領下の華北における中国回教総聯合会の設立と回民社会 : 日中戦争期中国の「民族問題」に関する事例研究へ向けて」『アジア・アフリカ言語文化研究』第87号、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、2014年3月、 21-81頁、 ISSN 0387-2807、 NAID 120005435553。 2. 海野典子「中国ムスリムの「清真」意識と自他認識 : 二〇世紀初頭の華北地域におけるハラール問題と「回」「漢」関係」『イスラーム地域研究ジャーナル』第8巻、早稲田大学イスラーム地域研究機構、2016年、 12-24頁、 ISSN 1883-597X、 NAID 120005759207。 3. 北村歳治「東南アジアの非イスラム地域におけるイスラム : 東南アジア及び北東アジアのイスラム化とタイ及びベトナム等の 交易圏の歴史的・地理的概観,並びにその考察 (加納貞彦教授退職記念号)」『アジア太平洋討究』第18巻、早稲田大学アジア太平洋研究センター、2012年3月、 11-65頁、 ISSN 1347-149X、 NAID 40019327362。 4. 木村...

    英語文献

    1. Federica A. Broilo. “Twentieth-Century Mosque Architecture in East Asia: The Case of Taipei's Grand Mosque” (英語) (PDF). Journal of Islam in Asia (International Islamic University Malaysia) 16 (1): 93-106. ISSN 1823-0970. https://pdfs.semanticscholar.org/4115/2f8af23868a803d63486dd384d564f3b68d3.pdf.

    中国回教協会:www.cmainroc.org.tw
    中国回教文化教育基金会:www.cicef.org.tw
  10. People also search for