Yahoo Web Search

  1. 1459 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › AD_1459
    • Events
    • Births
    • Deaths

    January–December

    1. September 23 – Wars of the Roses – Battle of Blore Heath in England: Yorkists under Richard Neville, 5th Earl of Salisbury defeat a Lancastrianforce. 2. October 12 – Wars of the Roses: Due to the advance of a royal force on his fortress of Ludlow, Richard Plantagenet, Duke of York, flees to Ireland, while his ally Richard Neville, Earl of Warwick eldest son of above [Warwick the Kingmaker], goes to Calais.

    Date unknown

    1. The Wallachian town of Bucharest is first mentioned.[citation needed] 2. The city of Jodhpur, in western India, is founded by Rao Jodha of Marwar. 3. Richard, Duke of York, Lord Lieutenant of Ireland, returns on a second visit to Ireland. The Irish Parliament, meeting at Drogheda, upholds his authority against Henry VI, and an English Act of Attainder. 1. Richard Hygons, English composer, begins fifty years service at Wells Cathedral.

    Religion

    1. King Stephen Thomas of Bosniaforces the clergy of the Bosnian Church into exile. 2. According to a legend, the wedding of Christian Rosenkreuztakes place.

    January 25 – Paul Hofhaimer, Austrian organist and composer (d. 1537)
    March 2 – Pope Adrian VI (d. 1523)
    March 6 – Jakob Fugger, German banker (d. 1525)
    March 22 – Maximilian I, Holy Roman Emperor (d. 1519)
    February 14 – Stefan, Count Palatine of Simmern-Zweibrücken (b. 1385)
    March 3 – Ausiàs March, Catalan poet from Valencia (b. 1397)
    May 2 – Antoninus of Florence, Italian archbishop (b. 1389)
    August 27 – James of Portugal, Portuguese cardinal (b. 1433)
  2. 2017–18 UEFA Champions League qualifying phase and play-off ...

    en.wikipedia.org › wiki › 2017-18_UEFA_Champions

    The 2017–18 UEFA Champions League qualifying phase and play-off round began on 27 June and ended on 23 August 2017. A total of 57 teams competed in the qualifying phase and play-off round to decide 10 of the 32 places in the group stage of the 2017–18 UEFA Champions League.

  3. 1417 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › AD_1417

    1544 or 1163 or 391. Wikimedia Commons has media related to 1417. Year 1417 ( MCDXVII) was a common year starting on Friday (link will display the full calendar) of the Julian calendar .

  4. 454 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › AD_454

    581 or 200 or −572. Year 454 ( CDLIV) was a common year starting on Friday (link will display the full calendar) of the Julian calendar. At the time, it was known as the Year of the Consulship of Aetius and Studius (or, less frequently, year 1207 Ab urbe condita ). The denomination 454 for this year has been used since the early medieval ...

  5. 1466 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › AD_1466
    • Events
    • Births
    • Deaths
    The Kingdom of Georgia collapses into anarchy, and fragments into rival states of Kartli, Kakheti, Imereti, Samtskhe-Saatabago and a number of principalities; this breakup is finalised in 1490, whe...
    The Mentelin Bible, the first printed German language Bible, is produced.
    Louis XI of France introduces silk weaving to Lyon.
    The first known shop specialising in eyeglasses opens in Strasbourg.
    February 11 – Elizabeth of York, queen of Henry VII of England (d. 1503)
    May 22 – Marino Sanuto the Younger, Italian historian (d. 1536)
    June 18 – Ottaviano Petrucci, Italian music printer (d. 1539)
    July 5 – Giovanni Sforza, Italian noble (d. 1510)
    February 23 – Girishawardhana Dyah Suryawikrama, 9th Maharaja of Majapahit
    March 6 – Alvise Loredan, Venetian admiral and statesman (b. 1393)
    March 8 – Francesco I Sforza, Duke of Milan (b. 1401)
    August – Hacı I Giray, first ruler of the Crimean Khanate (b. 1397)
  6. List of mayors of Amsterdam - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Mayor_of_Amsterdam
    • 15th Century
    • 16th Century
    • 17th Century
    • 18th Century
    • 19th Century
    • Early 20th Century
    • List of Mayors of Amsterdam Since 1957
    (1413–1416) – Paul Oosterloo
    (1413,1416) – Franke van der Vorm
    (1413–1414, 1416) – Timan Heyntgen Dircxsz
    (1413, 1416, 1417) – Atienne van Empel
    (1498) – Bruyninck Claesz
    (1499,1501, 1509, 1511, 1513, 1519) Clement Wolfertsz
    (1500, 1504, 1506, 1509, 1511, 1514) – Dirck Claesz Sillemoer
    (1496–1497, 1499, 1501–1502, 1504–1505, 1507–1510, 1512, 1514–1515, 1517) – Andries Boelens Dircksz.(1455–1519)
    (1601, 1607, 1610, 1611, 1613) – Cornelis Benning
    (1602, 1608–1609) – Claes Fransz
    (1603) – Gerrit Pietersz Bicker(1554–1604)
    (1606, 1608) – Sebastiaen Egberts(1563-)
    (1672–1704) – Joannes Hudde(1628–1704)
    (1682–1705) – Nicolaas Witsen(1641–1717)
    (1695) – Jacob Jacobsz Hinlopen
    (1695) – Jan Corver
    1811–1813: Willem Joseph van Brienen van de Groote Lindt(1760–1839)
    1813–1824: Pieter Alexander van Boetzelaer(1759–1826)
    1813–1824: Jan Brouwer Joachimsz
    1813–1816: Paul Ivan Hogguer(1760–1816)
    1901–1910: Wilhelmus Frederik van Leeuwen(1860–1930)
    1910–1915: Antonie baron Roëll(1864–1940)
    1915–1921: Jan Willem Cornelis Tellegen(1859–1921)
    1921–1941: Willem de Vlugt(1872–1945)
    Resigned
    Acting
    Ad Interim
    Dismissed from office
    Died in Office
    Resigned after appointed Minister of the Interior
  7. 1398 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › AD_1398
    • Events
    • Births
    • Deaths

    January–December

    1. March 15 – Trần Thuận Tông is forced to abdicate as ruler of the Trần Dynasty in modern-day Vietnam, in favour of his three-year-old son Trần Thiếu Đế. 2. April - May – The Bosnian nobility dethrone Queen Helen and replace her with Stephen Ostoja. 3. June 25 – Jianwen succeeds his grandfather, Hongwu, as Emperor of Ming Dynasty China. 4. July – The Stecknitz Canal is completed between the rivers Elbe and Trave (at Lübeck) in modern-day north Germany, one of the earliest navigable summit le...

    Date unknown

    1. The Teutonic Knights recommence their raids of Lithuania. 2. The Teutonic Knights conquer the island of Gotland, near Sweden, which has previously been run by the piratical Victual Brothers. 3. Martin of Aragon launches a crusade against the Moors in North Africa. 4. The Kingdom of Singapura falls, after being invaded by the MajapahitEmpire. 5. Abdullah succeeds Abu Amir as ruler of the Marinid dynasty in modern-day Morocco. 6. Bunei succeeds his father, Satto, as King of Chūzan (modern-da...

    August 19 – Íñigo López de Mendoza, 1st Marquis of Santillana, Spanish poet (d. 1458)
    date unknown
    January 6 – Rupert II, Elector Palatine (b. 1325)
    January 31 – Former Emperor Sukō of Japan (b. 1334)
    June 24 – Hongwu Emperor of China (b. 1328)
    July 20 – Roger Mortimer, 4th Earl of March, heir to the throne of England (b. 1374)
  8. 筑豊本線 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 筑豊本線
    • 概要
    • 運行形態
    • 使用車両
    • 歴史
    • 駅一覧
    • 参考文献
    • 関連項目

    かつては石炭輸送が盛んであり、炭鉱などに通じる多くの貨物支線を有していたが、炭鉱の閉山によって現在はすべて廃止された。現在は旅客列車のみが運行されている。直方市・飯塚市などの市町から北九州市・福岡市などへ通勤・通学利用が主体となっている。 2001年に折尾駅 - 桂川駅間が篠栗線とともに電化された。それまでの非電化時代には、ラッシュ時輸送に対応するために客車列車が設定されていた。また、都市間輸送を強化するため高性能な気動車も投入された。 長らく「本線」を名乗るJR線としては最短の路線であったが、2016年に留萌本線、2021年に日高本線のそれぞれ一部区間が廃止されたことで、2021年4月時点で日高本線 (30.5 km)、留萌本線 (50.1 km) に次いで3番目に短い路線となっている。 全線が旅客営業規則の定める「福岡近郊区間」に含まれる。本線を名乗るJR線で全区間が大都市近郊区間に含まれていた路線は国鉄時代から通してしばらくこの筑豊本線のみであったが、2009年3月14日に東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線成東駅 - 銚子駅間が新たに大都市近郊区間に含まれるようになって同路線全区間が対象となったことにより、当路線が唯一のものではなくなっている。 IC乗車カード「SUGOCA」が若松駅 - 桂川駅間で使用可能となっている。一方、原田線はSUGOCA利用エリア外であり、桂川駅 - 原田駅間の途中駅では利用できない。しかし、特例として福北ゆたか線の各駅から、原田駅以遠鹿児島本線方面のSUGOCA利用エリア駅相互間をSUGOCAを用いて乗車する場合、原田線を通過できる。 2016年12月22日よりスマートフォンアプリ「JR九州アプリ」内の列車位置情報システム「どれどれ」が運用開始され、「福北ゆたか線・若松線」のページにおいて、リアルタイムの列車位置情報が配信開始された。なお、原田線については未提供である。 2018年9月28日に駅ナンバリングが制定された。筑豊本線は路線愛称の区間別に路線記号・ラインカラーが制定され、福北ゆたか線はJCの路線記号・黄色のラインカラー、若松線はJEの路線記号・青のラインカラー、原田線はJGの路線記号・緑のラインカラーが制定された。

    優等列車

    2001年の電化時から直方駅 - 博多駅間に運転開始した通勤客向けの特急「かいおう」が直方駅 - 桂川駅間を通っている。 1950年から1985年にかけて本州 - 九州間を直通する以下の特急・急行列車が折尾 - 原田間を経由していたが、1985年に寝台特急「あかつき」の筑豊本線経由がなくなったのを最後に消滅している。 1. 急行「阿蘇」(1950-1961年) 2. 急行「天草」(1961-1975年) 3. 特急「みどり」(1965-1967年) 4. 特急「いそかぜ」(1967-1968年) 5. 特急「かもめ」(1968-1975年) 6. 寝台特急「明星」(1975-1978年) 7. 寝台特急「あかつき」(1978-1985年) この他、筑豊本線から日田彦山線に向かう直通急行列車「日田」「はんだ」が1966年から1980年まで運行されていた(1963年に準急列車として設定、詳細は「日田彦山線」を参照)。

    地域輸送

    かつては、若松駅 - 原田駅間の全線を通して運転される列車や、後藤寺線などの支線に乗り入れる列車もあった。しかし、1968年に篠栗線が開通して筑豊本線内から博多駅に直通する列車が原田駅を経由しなくなったこと、各炭鉱の閉山に伴い沿線人口が減少して支線の宮田線や香月線などが廃止されたことや、福岡・北九州両市への通勤・通学利用が増加したことなどに伴い、当線の運行形態は大きく変化した。この変化に応える形で、2001年には一部区間が電化され運転系統にあわせた愛称名が付与された。全区間でワンマン運転を実施している。

    快速列車

    山陽新幹線博多開通の1975年頃から、当時の最新鋭気動車キハ66・67を使用した快速列車が運行されていた。キハ66・67の乗降口横には、青板白抜き文字の快速サボが差し込まれていた。鹿児島本線 門司港駅・小倉駅 - 筑豊本線 - 篠栗線 - 鹿児島本線 博多駅までの区間を途中の飯塚駅を境に分断して運用されていた(下り1本を除く)。 1. 門司港駅 - 飯塚駅間停車駅(全停車駅掲載。1975年当時) 1.1. 門司港駅 - 門司駅 - 小倉駅 - 戸畑駅 - 八幡駅 - 黒崎駅 - 中間駅 - 直方駅 - 新飯塚駅 - 飯塚駅 1.1. 快速列車は下り5本、上り4本設定。 1.2. 上り最終便は中間駅を通過。 1.3. 下り1本は吉塚駅まで通しての快速運転。 1.4. 上り1本は吉塚駅 - 飯塚駅まで各駅停車、飯塚駅から快速運転。 1.5. 鹿児島本線の枝光駅は通過。鹿児島本線で運行される快速は停車、特別快速は通過。 1.6. 当時は小森江駅、西小倉駅(日豊本線のみ)、スペースワールド駅、陣原駅、折尾駅(通過線走行)、東水巻駅、鞍手駅、新入駅、浦田駅は未開業。 2. 飯塚駅 - 博多...

    現在

    1. 電車(783系・787系・813系・817系の詳細は篠栗線#使用車両を参照) 1.1. 415系 - 大分車両センター所属車。主にラッシュ時に使用される。現在は直方 - 下関・門司港間のみの運用となっている。かつては篠栗線を含む直方 - 博多間での運用もあった。 1.2. 783系 - 特急「かいおう」に使用される。 1.3. 787系- 特急「かいおう」に使用される。 1.4. 813系- 福北ゆたか線区間全線で使用される。 1.5. 817系- 福北ゆたか線区間全線で使用される。 1.6. BEC819系- 若松線の全列車に使用されるほか、福北ゆたか線でも使用される。 2. 気動車 - いずれも筑豊篠栗鉄道事業部直方運輸センター所属。 2.1. キハ40系- キハ40形・キハ140形が原田線で使用される。若松線はBEC819系に置き換えられるまで通常キハ47形が使用されていたが、キハ40形・キハ140形・147形が代走することもあった。電化前は直方 - 桂川間でも使用されていた。

    過去

    1. 気動車 1.1. キハ31形 - 2006年にキハ220形気動車が大分地区に投入され、捻出された大分のキハ31形気動車が直方へ転属し、同年8月1日から若松線、8月17日から原田線で運用開始されたが、2017年3月4日ダイヤ改正で若松線は全列車BEC819系に置き換えられ順次廃車(一部の車両は熊本へ転属)された。残った2両は予備車扱いとなっていたが、2018年3月17日付で直方から南福岡車両区竹下車両派出へ転配された。2019年3月23日には原田線でラストランの臨時列車の運転をもち営業運転を終了した。 1.2. キハ58系・キハ65形- 普通列車で使用された。 1.3. キハ66形・キハ67形 - 筑豊本線全区間で使用された。電化時に長崎鉄道事業部長崎運輸センターにすべて転属した。 1.4. キハ125形 - 大分鉄道事業部大分車両センター所属。原田線で使用されていたことがある。 1.5. キハ200系- 快速「赤い快速」を中心に使用された。電化時に他区に分散して転属した。 2. 客車 2.1. 50系 - 門司港運転区所属。電化前に全線(一部鹿児島本線乗り入れ)で朝夕ラッシ...

    石炭輸送を行うため、筑豊興業鉄道(ちくほうこうぎょうてつどう。1894年、筑豊鉄道に改称)により開業し、九州鉄道を経て、1907年に鉄道国有法により国有化された。路線は若松から上山田方面と長尾(現在の桂川)方面へ延びていたが、若松 - 原田間が全通すると飯塚 - 上山田間は上山田線として分離された。国鉄分割民営化後に上山田線は廃止され、筑豊本線は電化された。 1. 1891年(明治24年)8月30日 : 筑豊興業鉄道が若松 - 直方間を開業、若松・折尾・中間・直方の各駅を新設。 2. 1892年(明治25年)10月28日: 直方 - 小竹間を延伸開業。小竹駅を新設。 3. 1893年(明治26年) 3.1. 4月?日 : 植木信号所を新設。 3.2. 6月30日: 九州鉄道の黒崎駅から筑豊興業鉄道の中間駅までを結ぶ短絡線が開業。 3.3. 7月3日: 小竹 - 飯塚間を延伸開業。鯰田・飯塚の各駅を新設。 3.4. 12月20日: 底井野信号場 - 植木間を複線化。植木信号所を駅に変更。底井野信号所を新設。 4. 1894年(明治27年) 4.1. 8月15日 : 筑豊興業鉄道が筑豊鉄道に社名変更。 4.2. 12月21日 : 折尾 - 中間間・植木 - 直方間を複線化。 5. 1895年(明治28年)4月5日 : 飯塚 - 臼井間を延伸開業。 6. 1896年(明治29年)4月29日: 若松 - 折尾間を複線化。 7. 1897年(明治30年) 7.1. 8月26日: (貨)新入駅を新設。 7.2. 10月1日 : 筑豊鉄道が九州鉄道に合併。植木駅を筑前植木駅に改称。 8. 1898年(明治31年) 8.1. 2月8日 : 臼井 - 大隈間を延伸開業。大隈 - 下山田間の貨物支線を開業。大隈駅、(貨)下山田駅を新設 8.2. 3月29日: 飯塚 - 忠隈間の貨物支線を開業。(貨)忠隈駅を新設。 9. 1899年(明治32年)8月5日: 二島駅を新設。 10. 1901年(明治34年) 10.1. 2月13日: (貨)勝野駅を新設。 10.2. 6月28日 : 下山田 - 上山田間の貨物支線を延伸開業。(貨)上山田駅を新設。 10.3. 12月9日: 飯塚 - 長尾間の支線開業。天道・長尾の各駅を新設。 11. 1902年(明治35年) 11.1. 6月2日:...

    九:特定都区市内制度の「北九州市内」エリア内の駅
    停車駅
    線路 … ∥:複線区間、◇・|:単線区間(◇は列車交換可能)、∨:ここより下は単線
    全駅福岡県内に所在
    今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳』12号 九州沖縄、新潮社、2009年、pp.23,31-32。ISBN 978-4-10-790030-2。
    川島令三『四国・九州ライン - 全線・全駅・全配線』第4巻 福岡エリア、講談社、2013年。ISBN 978-4-06-295163-0。
    洞海湾 - 同湾の海底トンネルを建設し、鹿児島本線の戸畑駅と若松駅を結んで同線(若松線)との直通を行う構想が北九州市により検討されたが、採算性の問題により現在も調査段階にある。
  9. 藤原魚名 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 藤原魚名
    • 経歴
    • 官歴
    • 系譜
    • 子孫
    • 出典

    聖武朝末の天平20年(748年)従五位下に叙爵し、侍従に任ぜられる。天平勝宝9年(757年)5月に藤原仲麻呂が紫微内相に任ぜられて権力を握った直後に従五位上に叙せられると、天平宝字3年(759年)正五位上、天平宝字5年(761年)従四位下と、淳仁朝にて順調に昇進する。 天平宝字8年(764年)に発生した藤原仲麻呂の乱では孝謙上皇側に付いたと見られ、乱後間もなく宮内卿に任ぜられると、翌天平神護元年(765年)正月には二階昇進して正四位下に叙せられている。その後も天平神護2年(766年)従三位に叙せられて公卿に列し、神護景雲2年(768年)には参議に任ぜられる等、称徳朝でも重用され順調に昇進を続けた。 神護景雲4年(770年)8月に称徳天皇が崩御すると、魚名は藤原永手・宿奈麻呂(後の良継)・百川らとともに、天智天皇の孫・白壁王(後の光仁天皇)を皇嗣に擁立、称徳朝で権力を握っていた道鏡を排除する。同年10月の光仁天皇即位に伴い天皇擁立の論功行賞的な叙位が行われ、魚名は正三位に叙せられている。さらに、翌宝亀2年(771年)には左大臣・永手の薨去や、称徳朝からの実力者であった右大臣・吉備真備の致仕を受けて、先任の参議であった石川豊成・藤原縄麻呂・石上宅嗣が中納言に昇進するのを横目に、魚名は参議から一挙に大納言に昇進する等、光仁天皇を戴く政治体制の中で急速に頭角を現す。ただし、この大納言への抜擢については、魚名の政治的功績や力量によるものよりも、永手が薨じて藤原北家の公卿が魚名一人になった(在唐の藤原清河を除く)状況の中で、藤原氏一族の連帯を図るために、人事面で藤原南家・北家・式家の釣り合いを取った結果によるものと考えられる。 光仁朝の前期から中期にかけての藤原良継以下式家主導の政治体制の中で、魚名は北家の代表として確固たる政治的な地位を築いていったと想定され、この間に近衛大将や中務卿を兼ねる一方で、宝亀8年(777年)正月には従二位に叙せられている。また同年3月には光仁天皇が大納言の曹司に行幸を行っている。同年9月に内大臣・藤原良継が薨ずると、後任として甥・家依を参議に登用する等、太政官における魚名の発言力が急速に増す。宝亀9年(778年)3月には天皇の政務を補佐するために内臣に任ぜられ、魚名が政治を主導していく事が明確になった。なお、魚名は光仁天皇の信頼が非常に篤かっ...

    注記のないものは『続日本紀』による。 1. 時期不詳:正六位上 2. 天平20年(748年) 2月19日:従五位下、侍従 3. 天平勝宝9年(757年) 5月20日:従五位上 4. 天平宝字2年(758年) 4月14日:備中守 5. 天平宝字3年(759年) 6月16日:正五位上(越階)。11月5日:上総守 6. 天平宝字5年(761年) 正月2日:従四位下 7. 天平宝字8年(764年) 9月25日:宮内卿 8. 天平神護元年(765年) 正月7日:正四位下(越階)。 9. 天平神護2年(766年) 11月5日:従三位 10. 神護景雲2年(768年) 2月18日:参議 11. 時期不詳:兼大蔵卿 12. 神護景雲3年(769年) 8月19日:兼左京大夫 13. 神護景雲4年(770年) 8月28日:兼但馬守。10月1日:正三位 14. 宝亀2年(771年) 3月13日:大納言(不経中納言) 15. 宝亀4年(773年) 日付不詳:兼近衛大将 16. 宝亀5年(774年) 9月4日:兼中務卿 17. 宝亀8年(777年) 正月4日:従二位。10月13日:兼大宰帥 18. 宝亀9年(778年) 3月3日:内臣。3月30日:忠臣 19. 宝亀10年(779年) 正月1日:内大臣、近衛大将大宰帥如元 20. 天応元年(781年) 正月12日:正二位。6月27日:左大臣兼大宰帥 21. 天応2年(782年) 6月14日:免左大臣 22. 延暦2年(783年) 7月25日:薨去(大宰帥正二位)。7月30日:贈左大臣

    注記のないものは『尊卑分脈』による。 1. 父:藤原房前 2. 母:片野朝臣の娘 3. 妻:藤原宇合の娘 3.1. 男子:藤原鷹取(?-784) 3.2. 男子:藤原鷲取 3.3. 三男:藤原末茂 4. 妻:津守氏 4.1. 五男:藤原藤成(776-822) 5. 生母不詳の子女 5.1. 男子:藤原真鷲(あるいは真鷹、直鷹) 5.2. 女子:藤原小黒麻呂室 5.3. 女子:藤原長道室

    平安時代に入ると魚名の後裔は地方官等を歴任する中級貴族となり、長らく公卿に列せられる者はなかったが、末茂の末裔である藤原顕季やその息子達が院政期に院近臣となって急速に勢力を伸ばし、再び公卿の地位を占めるようになった。顕季の子孫は善勝寺流とも称され、嫡流の四条家を始めとして多数の堂上家を輩出した。 鷲取の子孫からは鎌倉時代の有力御家人で秋田城介を世襲した安達氏や戦国大名として有名な伊達氏等、多数の有力武家を輩出した。また、平将門の乱を鎮圧した藤原秀郷は藤成の子孫(魚名 - 藤成 - 豊沢 - 村雄 - 秀郷)を称し、こちらもその子孫からは奥州藤原氏や結城氏・大友氏・近藤氏等、多数の有力武家を輩出した。

    木本好信「称徳朝までの藤原魚名について」『史聚』第46号、史聚会 ; 1976-、2013年3月、 39-52頁、 ISSN 0385-1834、 NAID 40020575530。
    中川収「左大臣藤原魚名の左降事件 (岩橋小弥太博士追悼号)」『国学院雑誌』第80巻第11号、国学院大学出版部、1979年11月、 87-97頁、 ISSN 02882051、 NAID 40001281142。
    『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
    『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年
  10. Αντρέα Μαντένια - Βικιπαίδεια

    el.wikipedia.org › wiki › Αντρέα_Μαντένια
    • Βιογραφία
    • Χαρακτηριστικά του έργου του
    • Επιλογή Έργων
    • Βιβλιογραφία

    Ο Μαντένια μαθήτευσε κοντά στον Σκουαρτσόνε στην Πάδοβα, από τον οποίο μυήθηκε στη ρωμαϊκή αρχαιολογία και ιστορία. Η παραμονή του Ντονατέλλοστην Πάδοβα μεταξύ του 1446 και του 1453 ήταν αποφασιστικής σημασίας για τον Μαντένια, ο οποίος δέχθηκε την επίδρασή του και την αφομοίωσε δημιουργικά. Στις περίφημες τοιχογραφίες του που εξιστορούσαν τη ζωή του Αγίου Ιακώβου, στον ναό Ερεμιτάνι της Πάδοβας, οι οποίες καταστράφηκαν στον Β΄ Παγκόσμιο Πόλεμο (το 1944), ο Μαντένια ανέπτυξε σκληρό και σταθερό ύφος με απαράμιλλη δύναμη. Το 1457 ζωγράφισε μεγάλο θωράκιο για τον ναό του Αγίου Ζήνωνα στη Βερόνα («Η Παρθένος στον θρόνο»). Αργότερα δημιούργησε μία σειρά από θαυμάσιες τοιχογραφίες στο δουκικό ανάκτορο της Μάντοβας.

    Τα χρώματα του Μαντένια είναι ψυχρά και προς το τέλος της σταδιοδρομίας του προτιμούσε τη μονοχρωμία, όπως στον «Θρίαμβο του Καίσαρα». Το αυστηρό ζωγραφικό του ύφος διαδόθηκε σε ολόκληρη την Ιταλία, κυρίως με τη χαρακτική, και είχε πανεθνική απήχηση.

    Η Κοίμηση της Θεοτόκου, 1461, Μαδρίτη, Μουσείο του Πράδο
    Υπαπαντή, 1460, Βερολίνο, Πινακοθήκη
    Εικόνα βωμού του Αγίου Ζήνωνα, 1457-60, Βερόνα, San Zeno
    Άγιος Σεβαστιανός, 1456-59, Βιέννη, Μουσείο Ιστορίας της Τέχνης

    Giorgio Vasari, Le vite de' più eccellenti pittori, scultori, e architettori, 1550 (Τζόρτζιο Βαζάρι, Οι βίοι των εξοχοτέρων ζωγράφων, γλυπτών και αρχιτεκτόνων-αποσπασματική ελληνική μετάφραση από τ...

  11. People also search for