Yahoo Web Search

  1. 1712 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › 1712
    • Events
    • Births
    • Deaths

    January–March

    1. January 8 – Total eclipse of the sun visible from 60°36′S 49°12′E / 60.6°S 49.2°E / -60.6; 49.2 2. January 12 – The premiere of the opera Idoménée by André Campra takes place at the Théâtre du Palais-Royalin Paris. 3. January 16 – A military engineering school is established in Moscow which is to become the A.F. Mozhaysky Military-Space Academy. 4. January 26 – The Old Pummerin, a 18,161 kg bell newly installed in the Stephansdom, St. Stephen's Cathedral, in Vienna, is rung for the firs...

    April –June

    1. April 6–7 – New York City's Slave Insurrectionresults in nine whites being killed, and 21 slaves and other blacks being convicted and executed. 2. April 11 – Great Northern War: the Battle of Fladstrand takes place at sea near Fladstrand, Jylland, between Swedish and Danishforces. 3. May 15 – Curuguaty in Paraguayis founded by Juan Gregorio de Bazán y Pedraza on the banks of the Curuguaty River. 4. May 19 – Peter the Great moves the capital of Russia from Moscow to Saint Petersburg. 5. May...

    July–September

    1. July 8 – The Royal Navy 50-gun ship HMS Advice is launched at Deptford Dockyard. 2. July 20 – Jesus College, Oxford, inherits the extensive library of its Principal Jonathan Edwardson his death. 3. July 24 3.1. The French defeat a combined Dutch-Austrian force in the Battle of Denain. 3.2. The Reformed cantons of Switzerland defeat the Catholiccantons in the Battle of Villmergen. 4. July 31 – Great Northern War: a battle takes place in the Baltic Sea southeast of Rügen between Denmark and...

    January–March

    1. January 1 – Sir Richard Acton, 5th Baronet, English baronet (d. 1791) 2. January 2 – Marie-Angélique Memmie Le Blanc, French feral child (d. 1775) 3. January 5 3.1. Ludwig van Beethoven, Flemish-born German professional singer and music director, grandfather of the well known composer of the same name (d. 1773) 3.2. Hongzhou, Manchu prince of the Qing dynasty (d. 1770) 4. January 17 – John Stanley, English composer and organist (d. 1786) 5. January 24 5.1. Frederick the Great, King of Prus...

    April–June

    1. April 8 – Pierre Pouchot, French military engineer officer (d. 1769) 2. April 23 – Devasahayam Pillai, beatified Indian Catholic (d. 1752) 3. April 28 – James Hewitt, 1st Viscount Lifford, Lord Chancellor of Ireland (d. 1789) 4. May 2 – Thomas Bond, American physician and surgeon (d. 1784) 5. May 5 – Janusz Aleksander Sanguszko, magnate in the Polish-Lithuanian Commonwealth (d. 1775) 6. May 9 – William Pitcairn, Scottish physician and botanist (d. 1791) 7. May 12 – Charles William Frederic...

    July–September

    1. July 4 – George Hadow, British historian (d. 1780) 2. July 9 – Charles-Étienne Pesselier, French playwright and librettist (d. 1763) 3. July 12 3.1. Sir Francis Bernard, 1st Baronet, British Colonial governor of New Jersey and Massachusetts Bay (d. 1779) 3.2. Thomas Estcourt Cresswell, English politician (d. 1788) 4. July 18 – Karl Frederick, Duke of Saxe-Meiningen, German noble (d. 1743) 5. July 19 – Carl Fredrik Mennander, Swedish bishop (d. 1786) 6. July 21 – Johann Karl Philipp von Cob...

    January 5 – Richard Jones, 1st Earl of Ranelagh, Irish politician (b. 1641)
    January 10 – John Houblon, first Governor of the Bank of England (1694-1697) (b. 1632)
    February 2 – Martin Lister, English naturalist, physician (b. c. 1638)
    February 12 – Marie Adélaïde of Savoy, wife of Louis, Dauphin of France, Duke of Burgundy (b. 1685)
  2. 1795 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › AD_1795
    • Events
    • Births
    • Deaths

    January–June

    1. January – England records its coldest ever month, in the CET records dating back to 1659. 2. January 14 – The University of North Carolina opens to students at Chapel Hill, becoming the first state university in the United States. 3. January 16 – The French occupy Utrecht, Netherlands. 4. January 18 – Batavian Revolution in Amsterdam: William V, Prince of Orange, Stadtholder of the Dutch Republic, flees the country. 5. January 19 – The Batavian Republicis proclaimed in Amsterdam. 6. Januar...

    July–December

    1. July 22 – The Second Treaty of Basel is signed between the French First Republic and Spain, ending the War of the Pyrenees. Spain cedes its half of the Caribbean island of Hispaniolato France. 2. July 25 – Construction of the Pontcysyllte Aqueductin Wales begins. 3. August 3 – The signing of the Treaty of Greenville puts an end to the Northwest Indian War. 4. August 14– President Washington signs the Jay Treaty with Britain on behalf of the United States. 5. August 17 – A large slave rebel...

    Undated

    1. The Hudson's Bay Company trading post Fort Edmonton is constructed; the city of Edmonton, Alberta, eventually grows from it. 2. The British Royal Navy makes the use of lemon juice mandatory, to prevent scurvy. 3. The harvest fails in Munich. 4. Daniel McGinnis discovers the supposed Money Pit on Oak Island, Nova Scotia. 5. Jim Beamis founded as Old Jake Beam Sour Mash.

    January 6 – Anselme Payen, French chemist (d. 1878)
    January 18 – Anna Pavlovna of Russia, Dutch queen (d. 1865)
    January 26 – Policarpa Salavarrieta, Colombian spy, revolutionary heroine who worked for the independence of Colombia (d. 1817)
    February 3 – Antonio José de Sucre, Venezuelan revolutionary leader, general and statesman (d. 1830)

    January–March

    1. January 3 – Josiah Wedgwood, English potter, entrepreneur (b. 1730) 2. January 5 2.1. Jacobo Fitz-James Stuart, 6th Duke of Liria and Jérica, second surviving son of the Jacobo Fitz-James Stuart (b. 1792) 2.2. Philipp Gotthard von Schaffgotsch, German Prince-Bishop (b. 1716) 3. January 10 – David Blackburn, Royal Navy officer (b. 1753) 4. January 19 – Thomas Balguy, English churchman (b. 1716) 5. January 21 – Samuel Wallis, English navigator 6. January 22 – Richard Clinton, officer in the...

    April–June

    1. April 1 – Charles II August, Duke of Zweibrücken (b. 1746) 2. April 6 – George Collier, officer of the Royal Navy who saw service during the Seven Years' War (b. 1738) 3. April 12 – Johann Kaspar Basselet von La Rosée, Bavarian general (b. 1710) 4. April 30 – Jean-Jacques Barthélemy, French writer and numismatist (b. 1716) 5. May 2 – Increase Moseley, American politician (b. 1712) 6. May 6 – Pieter Boddaert, Dutch physician and naturalist (b. 1730) 7. May 7 – Antoine Quentin Fouquier-Tinvi...

    July–September

    1. July 3 1.1. Louis-Georges de Bréquigny, French historian (b. 1714) 1.2. Antonio de Ulloa, Spanish general and governor of Louisiana (b. 1716) 2. July 9 – Henry Seymour Conway, British general and statesman (b. 1721) 3. July 10 – Omar Ali Saifuddin I, Sultan of Brunei from 1740 until his death in 1795 (b. 1711) 4. July 12 – Archduke Alexander Leopold of Austria (b. 1772) 5. July 27 – Louis Grégoire Deschamps Destournelles, French politician (b. 1744) 6. July 28 – Zebulon Butler, soldier and...

  3. People also ask

    What era is 1712?

    When did the year 1712 become a leap year?

    What was the date of the Huilliche uprising of 1712?

    What was the result of the Stamp Act of 1712?

  4. Cholecystitis - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Cholecystitis

    Cholecystitis accounts for 3–10% of cases of abdominal pain worldwide. Cholecystitis caused an estimated 651,829 emergency department visits and 389,180 hospital admissions in the US in 2012. The 2012 US mortality rate was 0.7 per 100,000 people. The frequency of cholecystitis is highest in people age 50–69 years old.

  5. Military recruitment - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Military_recruitment

    Military recruitment. For compulsory military service, see Conscription. Military recruitment refers to the activity of attracting people to, and selecting them for, military training and employment . U.S. Navy recruitment advertisement in Popular Mechanics, 1908.

  6. Stabat Mater - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Stabat_Mater

    The Stabat Mater is a 13th-century Christian hymn to Mary, which portrays her suffering as Jesus Christ 's mother during his crucifixion. Its author may be either the Franciscan friar Jacopone da Todi or Pope Innocent III. The title comes from its first line, Stabat Mater dolorosa, which means "the sorrowful mother was standing".

  7. 2017年太平洋颱風季 - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org › wiki › 2017年太平洋颱風季

    2017年太平洋颱風季 氣旋季總結圖 氣旋季長度 首個系統形成 2017年1月7日( 熱帶低氣壓WP01 ) 末個系統消散 2018年1月4日( 熱帶風暴布拉萬 ) 最強風暴 名稱 蘭恩 • 最高風速 185 km/h(115 mph) ( 10分鐘平均風速 ) • 最低氣壓 915 hPa ( mbar ) 氣旋季統計 熱帶低氣壓數 41個官方、1個非官方 風暴數 27 ...

  8. Livgrenadjärbrigaden – Wikipedia

    sv.wikipedia.org › wiki › Livgrenadjärbrigaden
    • Historik
    • verksamhet
    • Heraldik och Traditioner
    • Förbandschefer
    • Se även
    • Referenser
    • Vidare läsning

    Livgrenadjärbrigaden sattes upp åren 1949–1951, under namnet Grenadjärbrigaden (IB 4), genom att fältregementet (krigsförbandet) Livgrenadjärregementet (IR 4) omorganiserades genom försvarsbeslutet 1948 till infanteribrigad. Åren 1949–1958 hade Grenadjärbrigaden en systerbrigad vars namn var Östgötabrigaden (IB 43), vilken genom försvarsbeslutet 1958 fasades ut 1958.[4][2] Inför försvarsbeslutet 1992 föreslog regeringen att krigsorganisationen skulle spegla fredsorganisationen. Därmed föreslogs att brigaden vid Livgrenadjärregementet skulle avskiljas och bilda ett självständigt kaderorganiserat krigsförband. Den 1 juli 1994 avskildes brigaden från regementet och blev ett kaderorganiserat krigsförband inom Mellersta militärområdet(Milo M). Brigaden antog med det namnet Livgrenadjärbrigaden. Inför försvarsbeslutet 1996 föreslog regeringen för riksdagen att krigsorganisationen skulle minskas, där förslaget gällande Mellansverige var att avveckla Svea artilleriregemente (A 1) och Svea t...

    Som ett led av försvarsbeslutet 1992 blev brigaden en av de sex ursprungliga infanteribrigader som skulle mekaniseras och utrustas med de rysktillverkade pansarskyttefordonen BMP-1 och MT-LB (svensk benämning Pansarbandvagn 501 (Pbv 501) respektive Pansarbandvagn 401 (Pbv 401)). Brigaden var tillsammans med Smålandsbrigaden (IB 42) ledande försöksbrigader inför omorganisationen till IB 2000. År 1994 tillfördes brigaden sin första mekaniserades pluton, och fick samtidigt huvudansvaret för utbilda arméns samtliga mekaniker på Pbv 501. Organisationen brigaden skulle gå in i, IB 2000, skulle vara i produktion 2004 och helt genomförd 2006. Brigaden var tillsammans med IB 42 de brigader som hann längst i utvecklingen till en mekaniserad brigad. Genom att riksdagen beslutade att Livgrenadjärbrigaden skulle upplösas och avvecklas, kom endast delar av brigaden att utbildas i den nya organisationen, innan den avvecklades den 30 juni 1997.

    Livgrenadjärbrigaden delade heraldik och traditioner med Livgrenadjärregementet.[2] År 1996 instiftades Livgrenadjärregementets minnesmedalj (LivregMSM) i silver.[6]

    Brigadchefer åren 1949–1997. Åren 1949–1975 var brigadchefen tillika utbildningschef vid Livgrenadjärregementet.[7]

    Tryckta källor

    1. Braunstein, Christian (2003). Sveriges arméförband under 1900-talet. Skrift / Statens försvarshistoriska museer, 1101-7023 ; 5. Stockholm: Statens försvarshistoriska museer. Libris 8902928. ISBN 91-971584-4-5} 2. Kjellander, Rune (2003). Sveriges regementschefer 1700-2000: chefsbiografier och förbandsöversikter. Stockholm: Probus. Libris 8981272. ISBN 91-87184-74-5 3. Sandberg, Bo (2007). Försvarets marscher och signaler förr och nu. Gävle: Militärmusiksamfundet med Svenskt Marscharkiv. IS...

    Hellström, Sven, red (2000). Livgrenadjärregementet i slutet av en epok. Linköping: Komm. för Livgrenadjärregementets historia. Libris 8237971. ISBN 91-630-9567-X (inb.) (korr.)
    Tillman, Torbjörn; Ringh, Per-Arne (2003). Livgrenadjärerna under det kalla kriget. Linköping: Livgrenadjärfören. Libris 8859835
    Livgrenadjärbiografier 1962-1997. Linköping: Livgrenadjärföreningens historiekommité. 2007. Libris 10576574. ISBN 978-91-633-0071-4 (inb.)
  9. 23 Φεβρουαρίου ιουλ. / 5 Μαρτίου 1685 γρηγ. O Γκέοργκ Φρίντριχ Χαίντελ (επίσης Χέντελ; γερμανικά: Georg Friedrich Händel ‎, ή αγγλικά: George Frideric Handel ‎; 5 Μαρτίου 1685 - 14 Απριλίου 1759) ήταν Γερμανός συνθέτης της ...

  10. 中国朝鮮関係史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国朝鮮関係史
    • 紀元前
    • 紀元後
    • 白村江の戦い後
    • モンゴルによる侵攻後
    • 大航海時代後
    • 日清戦争後
    • 太平洋戦争後
    • 世界各国の教科書における中朝関係の描写
    • 関連項目

    朝鮮史の始期から、中朝間には深い関係があった。70万年前、朝鮮半島・満州地域に人が住み始める。はじめて朝鮮に統一的な勢力を形成したのは、神を信じる部族とクマを崇敬する部族の二つの部族だったという。そして両者が連合して檀君王倹を戴き、檀君朝鮮を建国したという。他方、これは13世紀末に一然が編修した『三国遺事』に初めて現れる神話に過ぎないとの主張もある[要出典]。 隣国中国の強大な王朝との関係性から、この檀君朝鮮建国年の紀元前2333年以来日清戦争の1895年までの4228年間、朝鮮は中国に支配され続けていたとする記事もある。例えば、スペインの有力紙『エル・ムンド』は、「朝鮮は4228年間にわたって中国の植民地だった」「朝鮮半島は長い歴史のなかで数多くの侵略を受けてきた。中国に1895年まで属していたが、1910年の日韓併合までの15年間にわたって独立を味わったりもした」と報道したことがある。 周の武王が箕子を朝鮮侯に封じ、箕子が殷の遺民を率いて東方へ赴き建国したのが箕子朝鮮である。燕の将軍だった衛満が、衛氏朝鮮を建てるが、漢に滅ぼされ漢四郡が置かれる。高句麗が興るが、これを中国の地方政権とするか、朝鮮の歴史に含めるかについては議論がある(高句麗#歴史論争:高句麗の歴史帰属をめぐる問題)。 1. 紀元前194年 衛満が、箕子朝鮮を滅ぼし、衛氏朝鮮を建てる。 2. 紀元前128年 前漢が蒼海郡を設置。 3. 紀元前108年 前漢が、衛氏朝鮮を滅ぼし、漢四郡(楽浪郡・真番郡・臨屯郡・玄菟郡)を置く。 4. 紀元前82年 真番郡・臨屯郡を廃する。 5. 紀元前75年 玄菟郡を西に移し、半島には楽浪郡だけとなる。 6. 紀元前37年 高句麗が成立。

    遼東公孫氏が朝鮮を支配し帯方郡を置くが、その後、楽浪郡と帯方郡は魏から西晋に引き継がれる。また、朝鮮半島東南部の辰韓は秦からの移民ともいわれる。 1. 12年 王莽が高句麗王騶を殺し(瑠璃明王#中国歴史書の記述)、高句麗を下句麗とする。 2. 32年 高句麗が後漢に入貢し、王と称する。 3. 167年 玄菟太守の公孫琙が高句麗を討つ。 4. 204年 公孫氏が帯方郡を置く。 5. 238年 魏が公孫氏を滅ぼし、帯方郡を支配。 6. 244年 魏の毌丘倹が高句麗の都である丸都城(現在の集安市)を占領。 7. 294年 鮮卑慕容部の大人の慕容廆が高句麗を攻撃。 8. 313年 高句麗が楽浪郡を滅ぼし、帯方郡も滅びる。 9. 342年 前燕の慕容皝が高句麗を討ち丸都城を占領。 10. 372年 前秦から高句麗に仏教伝来。 11. 377年 高句麗と新羅が前秦に入貢。 12. 384年 東晋から百済に仏教伝来。 13. 436年 北燕天王の馮弘が高句麗に亡命するが翌年殺される。 14. 458年 百済の蓋鹵王が南朝宋から鎮東大将軍の爵号を受ける。 15. 472年 百済の蓋鹵王が北魏に使者を送り、高句麗出兵を求めるが、出兵を得られず。 高句麗は隋からの攻撃は撃退したが、唐と新羅が同盟(唐・新羅の同盟)を結び、百済と高句麗を滅ぼした。 1. 598年 第1次隋の高句麗遠征。 2. 612年 第2次隋の高句麗遠征。 3. 613年 第3次隋の高句麗遠征。 4. 614年 第4次隋の高句麗遠征。 5. 624年 高句麗に道教公伝。 6. 644年 第1次唐の高句麗出兵。 7. 648年 新羅が唐に救援を求める。 8. 650年 新羅が独自の元号を廃し唐の元号を用いる。 9. 660年 唐と新羅が百済を滅ぼす(唐・新羅の同盟)。 10. 661年 第2次唐の高句麗出兵。

    唐は、熊津都督府・安東都護府・鶏林州都督府を置いて朝鮮全体を支配しようとするが、唐・新羅戦争の結果、唐は撤退し、新羅が朝鮮半島の中南部を支配する。一方、渤海が興り、高句麗の旧領土の大部分を支配する。渤海については、大韓民国では朝鮮の一部として南北国時代と称しているが、中華人民共和国では中国の少数民族による地方政権とする(渤海 (国)#歴史論争:渤海の歴史帰属をめぐる問題)。新羅は中国の制度を取り入れ、人名も中国風に変えた。張保皐が中国から朝鮮にわたる海上勢力を作った。 1. 663年 白村江の戦いで唐・新羅連合軍が倭国・百済遺民の連合軍を破る。 2. 668年 唐の高句麗出兵により高句麗が滅亡。唐は平壌に安東都護府を置く。 3. 670年 唐・新羅戦争始まる。新羅は戦争中も唐との朝貢冊封関係を維持し、唐の年号を使い続けていた。 4. 676年 唐が朝鮮半島から撤退。 5. 698年 靺鞨の大祚栄が震国(後の渤海)建国。 6. 713年 大祚栄が唐から渤海郡王に冊封される。 7. 846年 弓福(張保皐)の乱。 8. 958年 新羅が科挙制度導入。 10世紀初に唐が滅んだ後、渤海も滅び、高麗が新羅に代わる。高麗は渤海からの遺民を多く受け入れた。高麗は五代や宋に服属していたが、遼(契丹)に攻められ遼に服属する。高麗は渤海が滅んだ後の地にいた女真を侵略して領土を北に広げるが、女真が金を建て遼を滅ぼすと、高麗は金に服属する。 1. 926年 遼が渤海を滅ぼし、東丹国を置く。 2. 933年 高麗が後唐の冊封を受ける。 3. 963年 高麗が宋に服属。 4. 993年 契丹の高麗侵攻 、高麗は遼に服属するが、江東6州を得る。 5. 1010年 契丹が高麗の都である開京を占領。 6. 1016年 高麗がまた宋の年号を使う。 7. 1018年 契丹がまた高麗に侵入するが大敗する(亀州大捷)。 8. 1022年 高麗が契丹の年号を使う。 9. 1033年~1044年 契丹に備え千里長城を建設。 10. 1080年 『小華集』。 11. 1107年 高麗の尹瓘が女真を侵略し東北九城を築くが、翌年に女真に返して撤退する。 12. 1126年 高麗が金に服属する。

    高麗は13世紀にモンゴル帝国(元)の侵攻を受け支配下に入った。代々の高麗王の世子(世継ぎの太子)はモンゴル貴族や皇族の婿となって元朝の宮廷で暮らし、父の死後、高麗王に任命されるのが習慣となる。高麗王の母は、みなモンゴル人となり、4代の高麗王は元皇帝の娘婿となる。元は高麗を服属させた後に征東等処行中書省(征東行省)を設置し、朝鮮半島全土に及ぶ行政・政治・軍事の執行機関とした。また元は朝鮮半島北西部に東寧府を、北東部に双城総管府を、済州島に耽羅総管府を置いて支配した。 1. 1232年 モンゴルの高麗侵攻が始まる。江華島へ遷都。 2. 1258年 双城総管府。 3. 1259年 高麗の太子(のちの元宗)がフビライに降り、モンゴル帝国(元)の属国化。 4. 1259年 蒙古に服属、太子、蒙古に赴く。 5. 1260年 忠烈王は、大ハーンに即位したフビライの娘婿となる。 6. 1363年 木綿伝来。 7. 1270年 蒙古が高麗から慈悲嶺以北を奪い東寧府を設置。高麗の完全植民地化。 8. 1273年 三別抄の乱を元の力で鎮圧。耽羅総管府(~1290)。 9. 1274年 文永の役(元寇、中国の呼称:第一次元日戰爭、朝鮮の呼称:第1次日本遠征 제1차 일본원정) 10. 1278年 辮髮・胡服令。 11. 1281年 弘安の役(元寇、中国の呼称:第二次元日戰爭、朝鮮の呼称:第2次日本遠征 제2차 일본원정) 12. 1287年 元の征東行省が常設され、元朝の領土化。 13. 1289年 哈丹の寇により都を江華島に移す。 14. 1290年 東寧府を高麗に返す。 15. 1290年~1291年 哈丹の侵寇。 16. 1302年 忠烈王元廷訪問、元室との通婚。 17. 1325年 忠宣王、元に客死。 元が衰えると独立し、北方の領土を回復した。明が興ると高麗に代わって親明を掲げる李氏朝鮮が建国され、明に朝貢した。当初は明から権知朝鮮国事とされ、国王にはしてもらえなかった。李氏朝鮮の国王は、中国皇帝がいる北京の方向に向かって遥拝する望闕礼という儀式を行っていた。李氏朝鮮は女真を侵略し、北部に領土を広げた。 1. 1354年 恭愍王による反元運動が始まる。 2. 1356年 元軍が高麗から撤退(双城総管府を回復)。元の年号を止める。江西八站を攻略。 3. 1359年~1362年...

    |16世紀に豊臣秀吉に国土の大半を征服されるが、明の救援と秀吉の死去により国土を回復した。17世紀には満洲人が建てた清の侵攻を受け、大清皇帝功徳碑を築くなどの屈辱的な条件で降伏し、冊封体制・羈縻支配下に入った。しかし朝鮮では「崇明反清」の思想が強く、自らを明の後を継ぐ小中華とし、清をオランケ、野蛮人として侮蔑していた。明が滅び清に冊封されても、私的には崇禎や永暦などの明の年号を使い続け、大報壇を作って明の皇帝を祀っていた。朝鮮の一部では清の学問を学ぶ北学も生まれたが、広まる事はなかった。また清から朝鮮にキリスト教(西学)が流入したが、何回も弾圧を受け、多くの犠牲者が出た。 1. 1592年~1596年 文禄の役(朝鮮の呼称:壬辰倭乱) 2. 1597年~1598年 慶長の役(朝鮮の呼称:丁酉再乱) 3. 1600年 明軍、朝鮮から撤退。 4. 1616年 光海君の明・金中立外交。 5. 1619年 サルフの戦い。 6. 1620年 後金の兵、朝鮮に入る。 7. 1627年 丁卯胡乱。 8. 1630年 劉興治(ko:유흥치)の乱、明将を殺し椵島(ko:가도 (철산군))に拠る。 9. 1636年 丙子の乱。 10. 1637年 三田渡の盟約。明に替わり、清に服属。大清皇帝功徳碑。 王子、清の人質となる。清の年号を用いる。 11. 1641年 清攻撃の策謀発覚し、清、朝鮮を責める。 12. 1643年 キリスト教伝わる。 13. 1653年 初めて洋暦を行う。 14. 1654年、1658年 羅禅征伐(ko:나선정벌)。 15. 1705年 大報壇を設け、明の神宗を祀る。 16. 1712年 白頭山に定界碑を建立。 17. 1716年 祠を南原に建て秀吉の朝鮮役に戦死した明将を祭る。 18. 1778年 朴斉家が中国に行く。『北学議』。 19. 1780年 朴趾源が中国に行く。『熱河日記』。 20. 1784年 李承薫が北京から朝鮮に天主教の書籍を持ち込む。 21. 1791年 辛亥邪獄。 22. 1794年 清人の宣教師周文謨がソウルに入る。 23. 1801年 辛酉邪獄。 24. 1815年 乙亥迫害。 25. 1827年 忠清道・全羅道でカトリック弾圧。 26. 1839年 己亥迫害、フランス人神父などを殺害。 27. 1866年 丙寅教獄。 19世紀末に...

    1895年 日清戦争で清が敗れ、下関条約で朝鮮が独立国であることを日本が確認する。朝鮮から清への貢・献上・典礼等は廃止される。
    1896年 朝鮮独自の年号、建陽を制定。
    1897年 朝鮮は清の冊封体制から離脱し、朝鮮国から大韓帝国と国号を改め、王は皇帝を名乗る。10月12日圜丘壇で皇帝即位式。
    1909年 間島協約、朝鮮と清の国境が定まる。

    第二次世界大戦後、朝鮮半島はアメリカ合衆国とソビエト連邦が分割占領し、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国ができた。朝鮮戦争には建国間もない中華人民共和国も参戦し、大きな被害を出した。 1. 1948年 大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)ができる。 2. 1950年6月25日 北朝鮮の朝鮮人民軍が38度線を南侵し朝鮮戦争が勃発。 3. 1950年10月 中国共産党の中国人民志願軍が朝鮮戦争に参加。 4. 1952年 中国が以前の間島を延辺朝鮮族自治区とする。 5. 1953年7月27日 板門店で朝鮮戦争休戦協定が調印され、現在の軍事境界線が敷かれる。 6. 1955年 延辺朝鮮族自治区が延辺朝鮮族自治州となる。 7. 1956年8月29日 北朝鮮の8月宗派事件で、ソ連派の朴昌玉、延安派の崔昌益などが金日成に粛清される。 8. 1958年10月 北朝鮮に駐留する中国人民志願軍が撤退。 9. 1961年7月11日 中朝友好協力相互援助条約締結。 10. 1962年10月12日 中朝辺界条約締結。 11. 1966年8月 北朝鮮が中国批判。 12. 1970年4月 周恩来首相が12年ぶりに北朝鮮訪問。 13. 1975年4月 金日成が中国を訪問。 14. 1983年6月 後継者に内定した金正日が中国を訪問し、帰国後に鄧小平の改革開放を批判。 15. 1987年11月29日 大韓航空機爆破事件発生。北朝鮮の国家ぐるみで実施したテロ行為だった、これはソ連や中国といった旧“東側諸国”の有力国家(大国)のコントロールを離れて行ったものであり、その上で「朝鮮半島有事には中ソの支援を要求する」という身勝手ぶりに、ソ連と中国は北朝鮮との距離をとるようになる。中国はソウルオリンピック参加を正式決定。当初ボイコットをほのめかしていたソウルオリンピックに北朝鮮以外の東側国家が参加を表明したのも、この一連の流れが原因である。 1. 1990年 中国政府の提案で構想されたUNDPの図們江開発計画が頓挫。 2. 1991年 金日成が生涯最後の外遊で中国を訪問し、鄧小平の説得で羅津・先鋒経済貿易地帯を設置。 3. 1992年 中韓国交正常化。瀬島龍三伊藤忠商事会長は戦後に経済協力を通じて東洋の平和を実現するという考えを抱いていため、1986年に中国の鄧小平ラインの人物を紹介していた。それが...

    「朝鮮は数百年間中国の属国だった」(カナダの教科書)
    「朝鮮は近代に至るまで、その国内での抵抗にかかわらず、中国と日本の属国だった」(オーストラリアの教科書)
    「朝鮮半島は古代から中国の植民地であった」(インドネシアの教科書)
    「朝鮮が17世紀に中国の支配に入っていて、これは中国が弱くなった19世紀末まで続いた」(タイの教科書)
  11. People also search for