Yahoo Web Search

  1. About 1,340,000 search results
  1. 2017 New England Patriots season. The 2017 New England Patriots season was the franchise's 48th season in the National Football League, the 58th overall and the 18th under head coach Bill Belichick . The New England Patriots entered the season as the defending champions of Super Bowl LI.

  2. 2003–2007. Pittsburgh. 2008–2017. Arkansas. 2018–2021. Kansas. Jeffrey Paul Long (born September 21, 1959) is an American athletics director, most recently at the University of Kansas. He is the former Vice Chancellor and Director of Athletics at the University of Arkansas and joined the University in 2008 after holding the same position ...

  3. Tennessee. Daniel J. White (born October 28, 1979) is an American university sports administrator. He is the athletic director for the Tennessee Volunteers. White held the same position at the University at Buffalo from 2012 to 2015 and the University of Central Florida from 2015 to 2021. Prior to his tenure at Buffalo, he served as the senior ...

    • Athletic director
    • SEC
  4. 2007–2014. Pittsburgh. Steve Pederson was athletic director (AD) at the University of Nebraska-Lincoln and the University of Pittsburgh. He began his career as a college football recruiting coordinator at Ohio State, Tennessee, and Nebraska, where he assembled No. 1 ranked recruiting classes. He has worked with five College Football Hall of ...

  5. 2017-2018年美國流感季(英文: 2017–18 United States flu season )是指2017年末開始至2018年初在美國的 流感季 ( 英语 : Flu season ) 。 主要是由H3N2導致流感爆發 ,在2017年11月美國開始出現 類流感 ( 英语 : Influenza-like illness ) 個案,流感高峰期為2018年1月-2月末。

  6. Majstrovstvá sveta v krasokorčuľovaní 2017 bude 107. ročník medzinárodnej súťaže krasokorčuliarov, ktorá je každoročne organizovaná Medzinárodnou korčuliarskou úniou (ISU). Súťaž sa bude konať v roku 2017 vo fínskom meste Helsinki. Majstrovstvá budú prebiehať v štyroch kategóriách - muži, ženy, športové dvojice ...

  7. ja.wikipedia.org › wiki › 長塚圭史長塚圭史 - Wikipedia

    • 人物
    • 受賞歴
    • 主な作品
    • 出演
    • 書籍
    • 外部リンク

    東京都立戸山高等学校を経て、1994年、早稲田大学第二文学部演劇専修在学中に、「劇団笑うバラ」を結成。解散後、福田将就とのユニット「カーズ」を経て、1996年 演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を結成(後に伊達暁と中山祐一朗が参加する)。主宰としてほぼ全ての作品の作・演出を手がける。 1998年3月、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業、学位は学士(文学)。 2004年の『はたらくおとこ』の作・演出、及び『ピローマン』の演出で、第4回朝日舞台芸術賞と芸術選奨新人賞を受賞する。 俳優としても映画などに出演。映画『tokyo.sora』では高崎映画祭新人男優賞を受賞。 2008年9月から1年間、文化庁・新進芸術家海外留学制度でイギリスに留学した。 2009年10月20日に常盤貴子と結婚したことを発表した。 2011年1月に「阿佐ヶ谷スパイダース」とは別のプロジェクト「葛河思潮社(くずかわしちょうしゃ)」の第一回公演として三好十郎の『浮標(ブイ)』を上演した。 2020年12月23日、2021年4月から任期5年の予定でKAAT神奈川芸術劇場の芸術監督を務めることを神奈川芸術文化財団が発表した。

    2002年 第17回高崎映画祭最優秀新人男優賞(石川寛監督『tokyo.sora』)
    2004年 第4回朝日舞台芸術賞(『はたらくおとこ』作・演出、『ピローマン』演出)
    2004年 第55回芸術選奨文部科学大臣新人賞(『はたらくおとこ』作・演出、『ピローマン』演出)
    2005年 第13回読売演劇大賞優秀作品賞(『LAST SHOW』作・演出)

    作・演出

    1. クラフト(1994年、劇団RUDE) 2. グレート・ホールマン〜すごい穴男〜(1994年、劇団笑うバラ) 3. fault2(1994年、劇団笑うバラ) 4. Z〜俺が死んだ後の世界を誰が証明できるのか〜(1995年、劇団笑うバラ) 5. めたる・ゔぉ〜ぐ(1995年、劇団笑うバラ) 6. 灰色と茶色(1996年、ザ・グレートバンビ、共同演出) 7. GEBO1(1996年、劇団笑うバラ) 8. 無頼(1996年、劇団笑うバラ) 9. 館内放送担当山崎幸子(1996年、カーズ、共同演出) 10. イタリアン・カップ(1997年、カーズ、共同演出) 11. ザ・グレート・バンビ(1997年、カーズ、共同演出) 12. SAUDADE(1997年、阿佐ヶ谷スパイダース) 13. 黙れ!(1998年、CIGARO、作のみ) 14. SPIDERS LIMITED(1998年、阿佐ヶ谷スパイダース) 15. 鮫'98(1998年、阿佐ヶ谷スパイダース) 16. メロディ(1999年、阿佐ヶ谷スパイダース) 17. 綺麗(1999年、阿佐ヶ谷スパイダース) 18. スキャンティ・ク...

    演出

    1. ウィー・トーマス(2003年、パルコ、作:マーティン・マクドナー) 2. ピローマン(2004年、パルコ、作:マーティン・マクドナー) 3. ビューティ・クイーン・オブ・リナーン(2007年、パルコ、作:マーティン・マクドナー) 4. ハーパー・リーガン(2010年、パルコ、作:サイモン・スティーヴンス) 5. タンゴ(2010年、Bunkamura、作:スワボミール・ムロジェック) 6. 浮標(2011年・2012年、葛河思潮社、作:三好十郎) 7. 十一ぴきのネコ(2012年、こまつ座/ホリプロ、作:井上ひさし) 8. ガラスの動物園(2012年、シアターコクーン、作:テネシーウィリアムズ) 9. 冒した者(2013年、葛河思潮社、作:三好十郎) 10. 背信(2014年、葛河思潮社、作:ハロルド・ピンター) 11. 浮標・再々演(2016年、葛河思潮社、作:三好十郎) 12. 王将三部作(2017年、新ロイヤル大衆舎、作:北條秀司) 13. ハングマン(2018年、パルコ、作:マーティン・マクドナー) 14. 常陸坊海尊(2019年、KAAT神奈川芸術劇場、作:秋元松...

    その他

    1. 夜叉ヶ池(2004年、シアター・ドラマシティ、脚色)

    映画

    1. ざわざわ下北沢(2000年) - 章介 役 2. tokyo.sora(2001年) - 喫茶店のマスター 役 3. ゲロッパ!(2003年) - 岡部 役 4. リアリズムの宿(2004年) - 主演・坪井小介 役 5. せかいのおわり(2005年) - 三沢 役 6. 遠くの空に消えた(2007年) - 赤星 役 7. 容疑者Xの献身(2008年) - 富樫慎二 役 8. ヘブンズ・ドア(2009年)- 小久保 役 9. マイ・バック・ページ(2011年) - 唐谷義朗 役 10. アフロ田中(2012年) - 教師 役 11. 花筐/HANAGATAMI(2017年) - 吉良 役 12. 海辺の映画館―キネマの玉手箱(2020年) - 男の子の父 役 13. シン・ウルトラマン(2021年公開予定)

    劇場アニメ

    1. バケモノの子(2015年7月11日公開) - 九太の父 役

    舞台

    1. デジャ・ヴュ‘01〜伊集院警部補の憂鬱〜(2001年、紀伊國屋ホール・近鉄劇場) 2. A列車で行こう(2001年、東京グローブ座) 3. THE GREAT ESCAPE (2002年) 4. 2002年ガガーリン(2002年、京都アートコンプレックス1928) 5. ダブリンの鐘つきカビ人間(2002年、PARCO劇場) 6. ともだちが来た(2003年、ザ・スズナリ) 7. 奇跡の人(2003年、シアターコクーン) 8. 西へ行く女(2003年、本多劇場/ほか地方公演) 9. 胎内(2005年、青山円形劇場) 10. LOVE LETTERS(2006年、PARCO劇場) 11. 写楽考(2007年、シアターコクーン) 12. LOVE LETTERS(2008年、PARCO劇場) 13. あかいくらやみ 〜天狗党幻譚〜(2013年5月、シアターコクーン) 14. 背信(2014年、KAAT神奈川芸術劇場他)

    戯曲

    1. みつばち(『せりふの時代』小学館、2003年夏号 掲載) 2. 悪魔の唄(『せりふの時代』小学館、2005年春号 掲載) 3. 桜飛沫(『せりふの時代』小学館、2006年春号 掲載) 4. LAST SHOW(パルコ、2006年6月) 5. はたらくおとこ(ゴーチ・ブラザーズ、2006年11月) 6. ドラクル(『文學界』2007年10月号 掲載)

    その他

    1. 『COFFEE SHOP』キネマ旬報社、2004年4月 2. 『COFFEE SHOP2』キネマ旬報社、2006年11月 3. 『ダブルトール』原宿カフェにて 実際にバリスタもこなす、1999年

  1. People also search for