Yahoo Web Search

  1. About 4,780,000 search results
  1. "Chinese Taipei" is a deliberately ambiguous term, which is equivocal about the political status of the ROC/Taiwan, and the meaning of "Chinese" (Zhōnghuá, Chinese: 中華) can either be interpreted as national identity or cultural sphere (similar ethnonyms as Anglo, Arab, or Hispanic), "Taipei" is only reflected as its capital city which ...

    • Origins

      In the aftermath of the Chinese Civil War in 1949, the...

    • Translation compromise

      Both the Republic of China and the People's Republic of...

    • Use of the name

      The name "Chinese Taipei" has spilled into apolitical...

  2. en.wikipedia.org › wiki › TaipeiTaipei - Wikipedia

    Taipei (/ ˌ t aɪ ˈ p eɪ /), officially Taipei City, is the capital and a special municipality of Taiwan. Located in Northern Taiwan, Taipei City is an enclave of the municipality of New Taipei City that sits about 25 km (16 mi) southwest of the northern port city of Keelung. Most of the city rests on the Taipei Basin, an ancient lakebed.

    • Overview
    • History
    • Stadium
    • Kit
    • Recent results and fixtures

    The Chinese Taipei national football team represents Taiwan in international football and is controlled by the Chinese Taipei Football Association, the governing body for football in Taiwan. It is a member of the Asian Football Confederation's East Asian Football Federation. Despite never qualifying for the FIFA World Cup, Taiwan reached the semi-finals of the 1960 and 1968 AFC Asian Cups, finishing third in the former. The side also won gold in the football sector at the 1954 and 1958 Asian Gam

    The Chinese Taipei Football Association was founded in Mainland China as the China Football Association in 1924 and relocated to Taiwan in 1949 at the end of the Chinese Civil War. Affiliated with FIFA in 1932 as China, it rejoined FIFA in 1954, first under the name Taiwan, then renaming to Chinese Taipei in 1980. The team's greatest success came when they finished third in the Asian Cup in 1960, playing as Taiwan. However, the players in the team originally came from Hong Kong, as well, as the

    Many of the team's home matches were played in the Chungshan Soccer Stadium in Taipei, which was closed in 2008. The stadium's capacity was slightly above 20,000 and is a football specific stadium. The qualification match for 2012 AFC Challenge Cup in February 2011 was played on Kaohsiung National Stadium, while the qualification match for 2014 FIFA World Cup in July 2011 was played at Taipei Municipal Stadium.

    The official kit supplier is currently produced by ANGO since 2019, a local sports brand in Taiwan.

    The following is a list of match results from the previous 12 months, as well as any future matches that have been scheduled. Win Draw Lose

    • Overview
    • History
    • Symbols

    The Chinese Taipei Olympic Committee is the National Olympic Committee representing the Republic of China.

    The China National Amateur Athletic Federation was established on 3 April 1922. Later that year, the International Olympic Committee recognized the Federation as the Chinese Olympic Committee. In 1924, Wang Jheng-ting, the president of the Committee, was elected a member of the International Olympic Committee during the 22nd IOC Sessions, which were held in Paris, France.

    The emblem of the Chinese Taipei Olympic Committee includes symbols of the Chinese Taipei Olympic Committee and the Chinese Taipei team. The periphery shape is plum blossom that symbolizes the National Flower of the Republic of China. It includes the Olympic rings and the Blue Sky with a White Sun. For the Olympic flag of Chinese Taipei is the same as the emblem. Anthem of the Chinese Taipei Olympic Committee The National Flag Anthem of the Republic of China is used as the anthem of Chinese Taip

    • オリンピック方式
    • オリンピック委員会旗
    • オリンピックにおける両岸問題
    • 呼称問題
    • 日本語での取り扱い
    • 使用例
    • 同趣旨で用いられる名称
    • 関連項目
    • 外部リンク

    「中華民国」ではなく「Chinese Taipei(中華台北)」名義を用い、国旗である青天白日満地紅旗を使用せずに国際的な場に参画することを奧會模式(オリンピック方式またはオリンピック委員会方式、Olympic model, Olympic Protocol)と称する。オリンピックでは国旗の代わりにオリンピック委員会旗を使用する。入場などの順序はNOC名簿の排列とIOCコード「TPE」により「T」グループとして扱う。これにより「C」グループに属する中華人民共和国とは離れる。 その後、アジア太平洋経済協力(APEC)、関税及び貿易に関する一般協定(GATT)へのオブザーバー参加、世界貿易機関(WTO)での加入名義の略称、経済協力開発機構(OECD)の一部委員会への参加など、国際機関(政府間組織)でも用いられるようになった。オリンピック以外の国際競技大会や国際的な民間組織でも、オリンピック方式で参加している事例がある。

    チャイニーズタイペイオリンピック委員会旗(中華奧林匹克委員會旗)は、その意匠から梅花旗と呼ばれることがあり、オリンピックやアジア競技大会に中華民国の選手が「中華台北代表」として出場する際に中華民国の国旗の代わりに使用、掲揚される。 白地の旗で、国旗に使われる青白赤で中華民国の国花(中華民國國花)である梅をかたどり、その中に中華民国の国章(青天白日の紋章)とオリンピックシンボルである五輪をあしらったオリンピック委員会のエンブレムを中央に配置している。大会の表彰式などでは中華民国国旗歌が演奏される。 チャイニーズタイペイオリンピック委員会旗は、オリンピックと直接関係しない大会でも使用される場合がある。バレーボール世界選手権、ワールドベースボールクラシックなどの例がある。

    中華民国におけるオリンピック委員会の歴史は、1922年に上海に創設された「中華業餘運動聯合會(China National Amateur Athletic Federation=中華アマチュアスポーツ連合会)」が、同年パリで行われた国際オリンピック委員会 (IOC) 年次総会でNOC「中國奧林匹克委員會(China Olympic Committee=中国オリンピック委員会)」として認められたことに始まる。この時聯合會主席で外相などの要職を歴任した王正廷がIOC委員に就任した。1924年に中華業餘運動聯合會は中華全國體育協進會に改組した。1932年ロサンゼルス、1936年ベルリン、1948年ロンドンの3大会では、中国代表選手はこの体制の下で参加した。 国共内戦の結果、1949年、中国大陸に中華人民共和国が成立し、中華民国政府は台北に逃れた。1951年に「中国オリンピック委員会」は台湾に移転したと通知され、IOCに認められた。中華人民共和国の首都・北京には中華全国体育総会が設立され、「中国オリンピック委員会」としての活動を始めた。1952年のヘルシンキオリンピックでは、台湾海峡両岸双方の参加が決まったが、台北側がこれに反発して参加を取りやめた。開催国フィンランドは1950年1月13日に中華人民共和国を承認している。 1954年にはアテネで開かれたIOC総会で二つの「中国オリンピック委員会」がともに承認された。1956年のメルボルンオリンピックでは、中華民国が国旗・青天白日満地紅旗を掲げて参加することに抗議して、中華人民共和国が直前に参加を取りやめた。1958年には北京のオリンピック委員会が「二つの中国」をつくる動きに抗議するとして、IOCと複数の主要な国際競技連盟(IF)を脱退、関係断絶を宣言した。IOCに不満を持つ国々と共に独自に新興国競技大会も行った。 1959年5月28日IOC総会で、台北のオリンピック委員会について全中国を代表・統括していないとして、「中国オリンピック委員会」名義で承認し続けることはできないとの決議が採択された。台北のオリンピック委員会はこれを受けて即座に名称を「中華民國奧林匹克委員會(Republic of China Olympic Committee)」と改め、IOCに申請した。IOCは1960年にこれを認めたものの、試合では「台...

    Chinese Taipeiを中国語でどう表記するかは政治的にデリケートな問題である。 チャイニーズタイペイオリンピック委員会の名称は、対外名称である英語名称はChinese Taipei Olympic Committeeとされるが、国内向けの中国語名称では「台北」の文字を使わず「中華奧林匹克委員會」としている。他の競技統括団体では、オリンピック委員会同様、英語名称にChinese Taipeiを使うが、中国語名称を「中華民國○○協會」としている場合が多い。 台湾では代表チームを「中華隊(隊=チーム)」と呼ぶのが一般的である。台湾本土化を支持する泛緑系のメディア(自由時報など)では「台湾隊」という呼称を使用している。 翻って中国大陸では試合会場などの公式な場では「中華台北」を使用する一方で、報道などでは「中国台北」と呼ぶべきであるとされた。大陸では同じ文脈で香港を「中国香港」、マカオを「中国澳門」と呼ぶ。公式・対外的な場で中国語での呼称として「中国台北」が使われた場合には、台湾側が抗議を申し入れたことがある。 北京オリンピック直前の2008年7月、台湾側がこの呼称問題により、開会式・大会のボイコットを示唆したことを受けて、大陸側も譲歩し新華通訊社、華僑向けの中国新聞社(中新社)といった国営通信社をはじめ、大陸メディアの配信記事にも「中華台北」の名称が見られるようになった。北京オリンピック以前、「中華台北」という名称がメディアによって使われたのは、香港などに限られた。ただし香港においても大公報・文匯報といった大陸系メディアは「中国台北」を使った。

    日本語では、公式の場面では「チャイニーズタイペイ」「中華台北」も用いられるが、それ以外では単に「台湾」と表記されることが多い。 2021年7月23日に行われた東京オリンピックの開会式の台湾選手団の入場行進は、プラカードの表記は英語と日本語ともに「チャイニーズタイペイ」で、NHKが放映していた国際映像も字幕は「CHINESE TAIPEI」だったが、開会式を生中継していたNHKの特別番組で司会を担当した和久田麻由子アナウンサーは「チャイニーズタイペイ」選手団を「台湾です」と紹介した[注釈 1]。台湾ではチャイニーズタイペイの呼称に反発があるため、台湾メディアは「台湾に誇りの瞬間をもたらした」と歓迎しており、一方、中国共産党機関紙『人民日報』傘下の『環球時報』は「(NHKは)公共放送として『一つの中国』を損なうような報道はすべきでない」と反発している。

    スポーツ

    1. 国際オリンピック委員会(IOC) 2. 国際パラリンピック委員会 3. 国際大学スポーツ連盟(ユニバーシアード) 4. 国際アイスホッケー連盟(IIHF) 5. 世界空手道連盟(WKF) 6. 国際剣道連盟(FIK) 7. 国際サッカー連盟(FIFA) 8. 国際自転車競技連合(UCI) 9. 世界シャンチー連合会(WXF) 10. 国際柔道連盟(IJF) 11. 国際ソフトボール連盟(ISF) 12. 国際綱引連盟 (TWIF) 13. 国際テニス連盟(ITF) 14. 国際バスケットボール連盟(FIBA) 15. 国際バドミントン連盟 (IBF) [リンク切れ] (PDF) 16. 国際バレーボール連盟(FIVB) 17. 世界野球ソフトボール連盟(WBSC) 18. ワールド・ベースボール・クラシック(WBC) 19. ワールドラグビー(WR)

    国際機関

    1. 経済協力開発機構(OECD) 2. アジア太平洋経済協力(APEC)

    ミス・コンテスト

    1. ミス・アース 2. ミス・インターナショナル 3. ミス・ユニバース … 台湾代表の名称の変遷がWikipedia中国語版「環球小姐」にまとめられている。

    中国台北 (Taipei,China)

    1. アジア開発銀行

    1. 世界貿易機関

    中国台湾省 (Taiwan, Province of China)

    1. 国際標準化機構 2. 世界保健機関

    チャイニーズタイペイ オリンピック委員会(中国語版)
    中華民国の在外機構の一覧 - 台北経済文化代表処
    ウィキメディア・コモンズには、チャイニーズタイペイに関するカテゴリがあります。
    趙麗雲「『中華台北』會籍名稱使用事略」2001年11月 (國家政策研究基金會Webサイト)
    • Zhōnghuá Táiběi
    • 中华台北
    • ちゅうかたいほく
    • 中華臺北/中華台北
  3. People also ask

    Why is Taipei the capital of the Republic of Taiwan?

    What is the origin of the term 'Chinese Taipei'?

    What is the history of the Chinese Taipei Football Association?

    Why is Taipei called Taipei in the Olympics?

    • History
    • World Cup Record
    • See Also
    • External Links

    The team is referred to as "Chinese Taipei" rather than Taiwan or Republic of China for political reasons. The Chinese Taipei finished at the top of their Round 2 pool in qualifying tournaments for the 1999 Rugby World Cup, winning both of their fixtures; defeating Sri Lanka and Malaysia. They advanced to Round 3, where they defeated Hong Kong. In July, 2002 Chinese Taipei was in the unenviable position of being beaten by Japan 155-3. In May of the same year, Paraguay was beaten by the same margin by Argentinaat 152-0, however, unlike Paraguay, Chinese Taipei scored some points in their match. For qualifying tournaments for the 2003 Rugby World Cup in Australia, they won Pool A of Round 1, advancing to Round 2. There they faced both Hong Kong and China. The Chinese Taipei again finished at the top of the pool, winning both of their fixtures. The Chinese Taipei advanced to Round 3, however they lost their fixtures against Japan and Korea, knocking them out of the tournament. Their at...

    1987 - No qualifying tournament held
    1991 - 1995 - Did not enter
    1999 - 2015 - Did not qualify
    Chinese Taipei[permanent dead link]on IRB.com
    Chinese Taipei Archived 2011-10-05 at the Wayback Machineon RugbyData.com
    • Wei Fan Lu
    • Taiwan, Republic of China
  1. People also search for