Yahoo Web Search

  1. About 15,900 search results
  1. en.wikipedia.org › wiki › Hopes_and_Fears_TourKeane (band) - Wikipedia

    Keane are known for using keyboards as the lead instrument instead of guitar, differentiating them from most other rock bands. The inclusion of a distorted piano effect in 2006 and various synthesisers were a common feature in their music which developed on the second and third albums. Keane have sold over 13 million records worldwide.

  2. ja.wikipedia.org › wiki › エミュアエミュア - Wikipedia

    • 概要
    • 音楽性
    • メンバー

    コネチカット州から活動を始め、後にニューヨークのクイーンズ区に本拠を移す。 This City Is Burning RecordsからデビューEP『The Complete Guide to Needlework』をリリース。その後、Victory Recordsに目をかけられ移籍する。 2015年12月22日、ボーカルであるフランキー・パルメリを除いたメンバー全員がバンドを脱退したことを発表した。 その後、Glass Cloud、The Tony Danza Tapdance Extravaganzaのメンバーらを迎え入れた新体制で数回のライブに臨んだ後、Victory RecordsからSharpTone Recordsへ移籍。新体制下で初のアルバム「Look at Yourself」をリリース。

    Emmureの音楽性はメタルコア、デスコア、ニュー・メタルなどに形容されることが多い。ブレイクダウンを多用する曲構成には賛否両論もある。さらにはスポークン・ワード、ラップ、不協和音的なギター音などの要素も交えている。その他多くのデスコアを好むファン層よりも、メタルコア方面からの支持層が多い。曲によってはクリーンボーカルを採用する場合もある。 歌詞のテーマとしてよく挙がるのは失恋、社会問題、哲学、宗教などである。ボーカルのフランキー・パルメリはストリートファイターシリーズおよびマーベル・コミックの熱心なファンであり、バンドの多くの曲でそれらを含むビデオゲームや漫画について言及している。一方で2013年のGet Your Rock Outにおけるインタビューでパルメリは、マーベル・コミックの内容を元に歌詞を書いたことはなく、曲のカタルシスに相応しくないとも語っている。 パルメリは影響を受けたミュージシャンとしてFred Durst(Limp Bizkit)、Jonathan Davis(Korn)の名を挙げている。その他バンド全体で影響を受けたものとしてLimp Bizkit、Korn、Nine Inch Nails、Slipknot、Convergeなどがいる。

    現ラインナップ

    1. フランキー・パルメリ (Frankie Palmeri) - ボーカル (2003– ) 2. ジョシュア・トラヴィス (Joshua Travis) - ギター (2016– ) 3. フィル・ロケット (Phil Lockett) - ベース (2016– ) 4. ジョシュ・ミラー (Josh Miller) - ドラム (2016– ) 1. フランキー・パルメリ(Vo) 2018年 2. ジョシュア・トラヴィス(G) 2018年 3. フィル・ロケット(B) 2016年 4. ジョシュ・ミラー(Dr) 2018年

    旧メンバー

    1. ジョシュ・アマーマン (Josh Ammermann) - ギター (2003) 2. ダン・シュタインドラー (Dan Steindler) - ベース (2003–2004) 3. ベン・ライオネッティ (Ben Lionetti) - ギター (2003–2009) 4. ジョー・ライオネッティ (Joe Lionetti) - ドラム (2003–2009) 5. ジェシー・ケティヴ (Jesse Ketive) - ギター (2003–2015) 6. マーク・デイヴィス (Mark Davis) - ベース (2004–2015) 7. マイク・モルホーランド (Mike Mulholland) - ギター (2009–2015) 8. マイク・カービィ (Mike Kaabe) - ドラム (2009–2011) 9. マーク・カスティーロ (Mark Castillo) - ドラム (2012–2014) 10. アダム・ピアース (Adam Pierce) - ドラム (2014–2015)

    • Formation
    • Early Singles and Who Killed...... The Zutons?
    • Tired of Hanging Around
    • You Can Do Anything and Split
    • Post Split and Reunions

    The Zutons formed in Liverpool in 2001, taking their name from Captain Beefheart's Magic Band guitarist Zoot Horn Rollo. Dave McCabe had previously been in the band Tramp Attack. Both Pritchard and Payne were members of Edgar Jones' post Stairs band The Big Kids (with Sean's brother Howie Payne of The Stands). The band was originally a four-piece, before Payne's girlfriend Abi Harding began joining The Zutons on stage for a couple of songs mid-set, playing simple saxophonelines. The other band members liked the way her saxophone enhanced their sound and Harding became a full member, contributing vocals and sax. Deltasonic head Alan Wills was initially dubious about the musical talents of McCabe: "I'd heard other bands Dave had played in and I thought they were all rubbish". The Coral's James Skellywas persistent in trying to convince Wills of his friend's potential and the breakthrough finally came when the bedroom demos of the newly formed Zutons persuaded the Deltasonic head into...

    The first record the band put out was the 3-track CD Devil's Deal, released in September 2002. The following spring they released Creepin' and a Crawlin', and then the download-only single "Haunts Me" in November 2003. The band's "Z" logo was changed early in 2004 to avoid confusion with the Zenithlogo. The Zutons' debut album, Who Killed...... The Zutons? was released in April 2004, and initially reached No. 13 in the UK album chart. However, after nearly a year later, it managed to move up to No. 9 in early 2005. The LP had a specially printed 3-D cover and came with Zutons 3-D viewing glasses, which many fans then wore to their concerts. Early copies of the album also included a bonus 4-track CD of alternative versions of their songs. The album was critically acclaimed and was a nominee for the 2004 Mercury Music Prize. The band themselves were nominated for the British Breakthrough Act award at the 2005 BRIT Awards. The album was later re-issued following the single "Don't Ever...

    The new album Tired of Hanging Around was released on 17 April 2006 and reached No. 2 in the UK album charts. The first single from the album "Why Won't You Give Me Your Love?" and the second single "Valerie" both peaked at 9 in the charts, a fair achievement considering their highest place previously had been with the single "Don't Ever Think (Too Much)" at 15. The band toured the UK in May 2006 following the release of this album. They played at the Jersey Live Festival on 2 September 2006 before their second UK tour which began in November 2006. In October 2006, they performed at The Secret Policeman's Ball. On New Year's Eve 2006, the Zutons appeared on Jools Holland's annual Hootenanny on BBCtelevision on which they performed their songs "Valerie", "Why Don't You Give Me Your Love?" and "It's The Little Things We Do." As the November tour began, the band gave an interview to STV discussing songwriting, making videos and their American dates with The Killers. In a separate inter...

    The band released their third studio album titled You Can Do Anything on 2 June 2008. It was the band's first album to feature Molloy on lead guitar. The first single was "Always Right Behind You" which was released on 26 May 2008. The album was recorded earlier in the year in Los Angeles, California. On 17 May 2008 The Zutons appeared on Soccer AM as guest stars. They performed "Always Right Behind You" at the end to celebrate the last show of the season. In the summer of 2008, The Zutons had their first UK tour in 2 years. They were scheduled to play seven gigs in forest settings as part of The Forestry Commission's Forest Tour. On 26 July 2008, The Zutons performed at Japan's Fuji Rock Festival for a third time. On 30 August 2008, the band appeared at the Indie Festival, Jersey Live, headlining the festival along with The Prodigy.Over the 2008 Christmas holidays, the Zutons were dropped from Sony/BMG. Following a run of 2009 festival performances including Summer Sundae in Leices...

    Pritchard joined Noel Gallagher's High Flying Birds, Molloy collaborated with Sean's sister, Candie Payne, before forming Serpent Power with Ian Skelly and joining The Coral and Sean Payne recorded with Miles Kane. In 2010, singer Dave McCabe was convicted of assault before releasing solo album Church of Miami in 2015. The Zutons' song "What's your Problem" was featured in a trailer for the 2012 movie Wreck-It Ralph. Chowdhury had formed a new band, the Venus Fury shortly after his departure from the band. In May 2013, he collaborated with musician David South and scriptwriter Michelle Langan to produce Shoebox, a musical theatre play set in 1950s Liverpool. In 2016, Harding became the keyboardist and saxophonist for The Lightning Seeds, the band of the Zutons' former producer Ian Broudie. In April 2016, three members of the band, including original guitarist Chowdhury, performed at a tribute concert for the Warrington indie rock group Viola Beach, whose members had died earlier tha...

    • 2001–2009, 2016, 2018–present
    • Deltasonic/Sony
    • 概要
    • 生い立ち
    • 経歴
    • 音楽的才能
    • パブリック・イメージ
    • 商品/広告キャンペーン
    • 私生活
    • ツアー
    • 外部リンク

    第62回グラミー賞で史上最年少・2度目の主要四部門受賞を達成した。13歳だった2015年にSoundCloudに楽曲「Ocean Eyes」をアップロードしたことがきっかけで注目を集める。同曲はレコード・レーベル、インタースコープ・レコードの子会社、Darkroomの目に留まり、同社からリリースされた。「Ocean Eyes」は、彼女の兄であるフィニアス・オコネルが作詞・プロデュースを担当。 2017年8月11日にEP「Don't Smile at Me」をリリース。EPがアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアでトップ15を果たし、シングル「Bellyache」もリリースされる。EPの商業的成功に次ぎ、2017年の9月にはApple Musicの「Up Next」と呼ばれる新人アーティストの支援プログラムに選ばれた。また、アメリカ人シンガーのカリードとのコラボで2018年4月にシングルの「lovely」をリリースし、同曲はNetflixで配信されている『13の理由』セカンド・シーズンのサウンドトラックになった。2019年3月29日には、デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』がリリースされ、批評家たちからも絶賛されている。 アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアでは1位を獲得した。シングルカットされた「when the party's over」と「bury a friend」がアメリカでトップ15になり、「bad guy」はアメリカ、カナダ、オーストラリアで1位を獲得。 アメリカレコード協会(RIAA)からゴールド7個とプラチナ2個を獲得。 2020年1月26日に開催された第62回グラミー賞で、主要4部門を含む合計5部門を受賞。主要部門の独占は39年ぶり史上2度目、女性として初、かつ史上最年少の記録となった。音楽制作などは、作曲家・音楽プロデューサーでもある実兄フィニアス・オコネル共同作業を行っている。

    アイリッシュは2001年12月18日にカリフォルニア州、ロサンゼルスで生まれた。父のパトリック・オコネルは過去に「アイアンマン」に出演したこともある俳優、母のマギー・ベアードは俳優兼作曲家であり 、両者ともエンターテインメント業界にいる。彼女は、主にスコットランド人とアイルランド人を祖先に持つ。ロサンゼルスのハイランド・パークで生まれ育った。アイリッシュはホームスクールで育ち、8歳でロサンゼルス児童合唱団に参加。自分は信心深い子供だったと振り返っている。すでに自身のバンドで作曲、演奏やプロデュースをしていた兄のフィニアス・オコネルを追いかけるようにアイリッシュも11歳から作曲をし、音楽活動をスタートさせる。

    2015年-2017年:『Don't Smile at Me』

    2015年の10月にアイリッシュが「Ocean Eyes」を録音。兄のフィニアスが元々、自身のバンドのために書いた曲で、アイリッシュのダンス講師が振り付けを考えた。 2016年にアイリッシュのデビュー・シングルとして「Ocean Eyes」をサウンドクラウドで配信。2016年3月24日にミュージック・ビデオがリリースされ、アイリッシュがその曲にダンスしている動画が2016年11月22日にリリースされた。同じ年に、シングル「Six Feet Under」もリリース。2016年11月18日にダーク・ルームとインタースコープ・レコードによって、「Ocean Eyes」が全国に再リリースされる。2017年の1月14日には、4つのリミックスを加えたEP「Ocean Eyes」をリリース。 「Ocean Eyes」のリミックスの成功に次ぎ、2017年2月24日に「Bellyache」をリリース、動画は2017年3月にリリースされた。3月下旬には、Netflixシリーズ『13の理由』に起用されたサウンドトラック「Bored」をリリース。2017年6月30日にシングル「watch」をリリースし、...

    2018年-2020年:『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』

    2018年の2月にホエアズ・マイ・マインド・ツアーを開催し、同年の4月にツアーを終えた。2018年のRECORD STORE DAYでは、アコースティック・バージョンの自身の曲「party favor」とドレイクの「ホットライン・ブリング」をカヴァーした。アメリカ人シンガーのカリードとのコラボで2018年4月にシングルの「lovely」をリリースし、Netflixで配信されている『13の理由』セカンド・シーズンのサウンドトラックになった。シングル曲「bitches broken hearts」と「you should see me in a crown」もリリース。8月に来日してサマーソニックに出演した。2018年10月には、シングル「when the party's over」をリリース。10月下旬に、ネクスト・マネージメントとモデル契約をした。 2019年1月にデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』からの3rdシングル「bury a friend」をリリース。Billboard Hot 100で最高14位を獲得。...

    2020年-現在:『ハピアー・ザン・エヴァー』

    2020年7月30日、アイリッシュは「No Time to Die」以来のオリジナル・リリースとなる「My Future」をアニメーション・ビデオとともにリリースした。また、米フォーブス誌の選ぶ「Celebrity 100」リストに最年少で選出された。 2020年8月19日に開催された2020年民主党全国大会に映像で登場、最新シングル”My Future”を初披露し、ジョー・バイデンへの投票を呼びかけた。 2020年9月、2028年ロサンゼルスオリンピックのプロモーション”EVERYONE HAS A STORY”に参加した。 2020年10月、アイリッシュは「Where Do We Go? The Livestream」と名付けたバーチャル・コンサートを開催。ロサンゼルスからライブストリームが放送され、グッズの収益は新型コロナウイルスのパンデミックで影響を受けたイベントクルーを支援するための募金に充てられた。 アイリッシュはまた、2020年10月24日に行われたビルボード・ミュージック・アワードでノミネートされていた12部門のうち「Billboard Music Award f...

    アイリッシュのソプラノ声をNoiseyのAvery Stoneが「優美」、ローリング・ストーンのマウラ・ジョンストンが「ささやくような声」と言い表している。ザ・ニューヨーカーのドリーン・セント・彼女は「高く細い音色をハスキーかつ滑らかな声でフェード・アウトできる」と述べている。 兄のフィニアスと共同で音楽を作曲。音楽を作るにあたって兄のことをパートナーと呼んでいる。フィニアスがアイリッシュの音楽をプロデュースし、ライヴでも一緒に出演している。二人とも「完全に話を作り上げてそのキャラクターになりきる」ことと「架空の曲」を作ることが好き。だが幾つかの曲は、フィニアスとアイリッシュの経験から基づいている:「大体同じようなことを乗り切ってきているから、私と兄が経験したことが曲にミックスされているの。半分半分かな:架空のも沢山あるし、そうじゃないのも沢山ある。」彼らは、「皆が考えていることだけれど、誰も口に出さない」ことや「とても興味深い歌詞で会話風」な曲を書くように意識している:「そんなに深くないことを深く書いてみたりするの。何かの意味を成しながら、特定の方法で深く言ったりするの、でもそんなに深く考えずにね。」 フィニアスは、妹の曲を作る際に「彼女が自分自身に関連付けられる内容で、歌いながら楽しむことができ、歌詞を強調させて、彼女のものにできる」よう心掛けているという。アイリッシュと曲を作る時は、「彼女が伝えたいストーリーを伝える手伝いや、彼女からの意見も得て、彼女のアイデアにも耳を傾ける」ようにし、彼女に合った言葉遣いの歌詞になるように努めている。 アイリッシュは主にヒップホップとR&Bを聴く。ラップ音楽の大ファンで、ラッパーのタイラー・ザ・クリエイターや、アール・スウェットシャツ、エイサップ・ロッキー、そして歌手のミゲルに感心しており、コラボしたいと思っている。彼女はビートルズや、グリーン・デイ、アヴリル・ラヴィーン、そしてジャスティン・ビーバーの曲を聴いて育った。そして、ラナ・デル・レイから大きな影響力を得たと主張している。

    13歳で発表の最初の楽曲「Ocean Eyes」は、歌唱それ自体に加えて、恋、もしくはオーシャンアイをナパーム弾の空(“napalm skies”)などに喩えるという描写によっても注目を受けたという。 アイリッシュは主にだぶだぶした体に合わない服を着るファッション・スタイルをすることで知られている。タイラー・ザ・クリエイターに影響された美的センスだ。2017年に雑誌ハーパーズ・バザーにて、周りの人から注目してもらっている気分になるので、普通とはかけ離れたファッションをするのが好きと言っていた。2019年のカルバン・クラインの広告では、自分の体型に対してとやかく言われたくないため、このようなファッションをしていると述べていた。自分のイメージに対しては、「私は、他の多くの人は凄く違う、そうしようとしているの。ルールに従うのが嫌い。特定のファッションをしている人がいたら、私はそれとはまったく違うファッションを着るわ。私は超変わっている。覚えられているのが好きだから、記憶に残るような人に見られたいの。みんなが思っているより私は大事な人なんだって証明できたと思う。私はちょっと威圧的なの、だからみんな私の言うことをよく聞く。ちょっと怖い系。大勢の人がただ私を怖がっている。感じの悪い顔 (Resting Bitch Face) をしているから。」と話している。 地球温暖化に対して積極的に発信しており、All the Good Girls Go to Hell(英語版)は地球温暖化について警鐘を鳴らす楽曲だとしている。BLM運動について大々的に発信を行い、All Lives Matter(英語版)に対して反対する投稿をInstagramにアップロードし、白人の特権(White privilege)の存在を訴えた。 2021年6月号のBritish Vogueの表紙を飾り、今までのイメージを覆すようなファッション・スタイルをテーマとした。 2021年6月14日までの投稿の、タイラー・ザ・クリエイターの曲を流し、歌詞にある「チンク」という中国系移民に対する侮辱用語を歌ったり、黒人英語を話したり、アジア人が話している様子をおもしろおかしく真似したりしたとされる場面などをつなぎ合わせたショート動画がTikTokで100万回以上再生され、話題になった。アイリッシュが14歳の時に投稿した...

    2019年4月に現代アーティストの村上隆とタッグを組み、マーチャンダイズをリリース。村上がディレクションとアニメーションを担当した彼女自身のミュージック・ビデオ「ユー・シュッド・シー・ミー・イン・ア・クラウン」とその動画に映る彼女自身のビニール・フィギュアから刺激を受け、マーチャンダイズされた。同年5月、カルバン・クラインの広告キャンペーンI SPEAK MY TRUTH IN #MYCALVINS に参加し、また、Ad Councilのキャンペーン“Seize the Awkward”と連続でメンタル・ヘルスへの意識を広めることを目的とするPSAにも登場した。2020年6月にも村上隆とのコラボTシャツをユニクロで販売した。 2019年8月、ファッション関連でコラボレーションをしているシベリア・ヒルズが、日本人とされるアマチュア作者の描いたアニメ『ラブライブ!』の登場人物・東條希のデザインを盗用したとして論争を呼んだ。その後、ヒルズ側は作者本人にではなくインスタグラム上で作者やファンに謝罪し、該当商品のTシャツやパーカーの販売を取り止め、購入者に対して払い戻しを行うことを明らかにした。また、アイリッシュ自身によるこの商品への関与がなかったことも言明しているが、本人は特にコメントを残していない。

    アイリッシュは顔面けいれんを引き起こすトゥレット障害の他にも、夜驚症や抑うつ・共感覚・聴覚情報処理障害など様々な精神障害の発症を明らかにしている。2019年3月にガーディアンのインタビューでは、麻薬使用について「私は麻薬をやったことがない、私は私の人生の中で何かを吸ったことがない。それは私にとって面白くない」と無関心を強く表している。また、家族とともにヴィーガンである。 トゥレット障害について、テレビ番組『エレンの部屋』に出演した際、「私を定義する時に結びつけて欲しくなくて、これまでは何も言ってこなかったの。」「ファンの中にもそれを抱えている人たちがたくさんいるっていうことが分かって、より心が休まるようになったわ。」と語っている。

    ヘッドライン

    1. ドント・スマイル・アット・ミー・ツアー(2017年) 2. ホエアズ・マイ・マインド・ツアー(2018年) 3. ワン・バイ・ワン・ツアー(2018年 - 2019年) 4. ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ワールド・ツアー(2019年) 1. ホエア・ドゥー・ウィー・ゴー?ワールド・ツアー(2020年)

    オープニング・アクト

    1. フローレンス・アンド・ザ・マシーン- ハイ・アズ・ホープ・ツアー(2018年)

  3. en.wikipedia.org › wiki › Free_(Hundredth_album)Hundredth (band) - Wikipedia

    • History
    • Discography
    • Videography
    • External Links

    When Will We Surrender, Let Go, and Revolt/Resist

    Hundredth formed in 2008 in Myrtle Beach from a previous outfit called the Hundredth. After self-releasing the EP Dusk, the band started playing the live-circuit. Their debut record When Will We Surrender was released by Mediaskare Records on March 30, 2010. The first single from that album was "Desolate", and a music video was released on YouTube on March 18, 2010. Their second album, Let Go, was released on September 27, 2011 by Mediaskare Records. The first single from that album, "Live To...

    RARE and Ultrarare

    In early 2017 the band entered The Panda Studios with producer Sam Pura to craft the genre-shifting RARE, released June 16, 2017 on Hopeless Records. It featured a stylistic change for the band, moving away from their established melodic hardcore sound and into shoegaze and indie rock. Johnson explained that “the truth is we didn't want to keep doing the same thing over and over. Churn out a ‘safe’ record to keep the train moving and food on the table. We drained our ‘hardcore’ vein on Free....

    Somewhere Nowhere

    On May 10, the band teased a morphed snippet of what appeared to be a new song on Instagram. They announced a week later the upcoming song would be titled "Whatever". On May 22, the single "Whatever" premiered on Stereogum, who said of the track: "Befitting its influences, the song’s hook is beyond catchy, managing to land with absolute grace in the echo-drenched, reverb-soaked space."The single "Whatever" was officially released to all streaming platforms on May 24, 2019. On September 2, 202...

    Studio Albums 1. When Will We Surrender (2010, Mediaskare) 2. Let Go(2011, Mediaskare) 3. Free (2015, Hopeless) 4. RARE(2017, Hopeless) 5. Somewhere Nowhere(2020, self-released) EPs 1. Revolt(2013, Mediaskare) 2. Resist(2014, Mediaskare) 3. RARE B-Sides(2017, Hopeless) 4. Ultrarare(2018, Hopeless) 5. Iridescent(2019, self-released) Singles 1. Dead Weight(2016, Hopeless) 2. Victim(2016, Hopeless) 3. Whatever(2019, self-released) 4. Cauterize(2019, self-released) 5. Leave Yourself(2019, self-released) 6. Iridescent(2019, self-released) 7. Sleeping In (The Postal Service cover)(2020, self-released) 8. Idioteque (Radioheadcover) (2020, self-released)

    "Desolate" (2010)
    "Remain & Sustain" (2011)
    "Hurt" (Nine Inch Nailscover) (2011)
    "Weathered Town" (2012)
  4. In 2018 she continued with a tour around the UK. 2018–present: Firebird. In an Instagram post in November 2018, Imbruglia stated that new music was due in 2019. In February 2019 it was announced that Albert Hammond Jr. of The Strokes was in the studio with Imbruglia working on new music, along with Strokes producer Gus Oberg.

  5. We Are Scientists is a New York City-based rock band that formed in Berkeley, California, in 2000. It consists primarily of guitarist and vocalist Keith Murray and bass guitarist Chris Cain, with drummer Keith Carne joining the band in the studio and for live performances since 2013.

  1. People also search for