Yahoo Web Search

  1. 人狼ゲーム (小説) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/人狼ゲーム_(小説)

    人狼ゲーム 』(じんろうゲーム)は、 川上亮 による 日本 の ホラー小説 のシリーズ。 2003年 より 竹書房文庫 から刊行されている。� 既刊9作10巻。

    • V6 / V6人狼バトル~V狼~(49th Singleより)
      youtube.com
    • Snow Man [Masterpiece] A Serious Werewolf Game Battle...Can You Find Out Who's The Werewolf?!
      youtube.com
    • 【東大人狼】10人でガチすぎる人狼対決!頭脳戦を制するのは…?
      youtube.com
    • Snow Man「リモート人狼」やっぱり神回に!
      youtube.com
    • 人狼ゲームのあらすじ(ゲーム設定)
    • 人狼ゲームの特徴
    • ゲームの進め方

    とある平和な村に、人の見た目をした狼(人狼)が紛れ込みます。 人狼は夜になると村人の誰か1人を食い殺してしまいます。 昼間は村人が全員起きているので、さすがの人狼も多人数には勝てないためおとなしくしています。 この昼間の時間で、村人たちは村に紛れ込んだ人狼を探しだして処刑します。 しかし人狼は人の見た目をしているので、誰が人狼か村人にはわかりません。 村には村人と人狼以外に、人狼かどうか見分ける能力をもった占い師や、人狼の味方をする狂人など、様々な能力、特徴をもった人がいます。 村人たちは彼らの話す情報を元に誰が人狼かを暴きだして、村から人狼を排除するため毎日一人ずつ処刑していきます。 村が全滅してしまうのが先か、人狼を処刑して平和が訪れるのが先か、村人達の生存を賭けた戦いが今はじまる!

    道具は何もいらない(配役を決めるカードなどが必要)
    やることは話し合いと推理のみ
    プレイヤー1人ひとりに配役が与えられる(人狼、村人、占い師など様々)
    5人~18人程度で遊べる

    人狼ゲームを行なう場合、ゲームマスター(GM)と呼ばれる、ゲームを進行する人が必要です。 例えば6人が集った場合、ゲームを進行するゲームマスター1名、村人サイドは村人3名と占い師1名の計4名、人狼サイドは人狼1名、という配役になります。(配役は例です。占い師無しや、狂人を追加など、バランスは自由です。) 配役はプレイ人数によって変動します。10人でプレイする場合は、人狼が2名に増えたり、能力者が増えたりします。 人狼が誰なのかは人狼本人とゲームマスターにしかわかりません。 人狼が複数いる場合は、お互い誰が人狼なのか知ることができます。 ゲームは、昼と夜のターン制です。 昼間は全員で話し合って、誰か一人を投票で吊ることになります。 なんの情報もないまま5人の中から人狼を見つけ出すのは困難ですが、配役の中に能力者を入れることで、情報が生まれ、非常に高度な頭脳戦となります。 夜のターンでは、人狼が村人サイドの誰かを襲撃して殺してしまいます。 人狼が全員吊られると村人サイドが勝利します。 人狼は、村人と人狼の数が同じ(今回の場合村人残り1名)になると勝利となります。 人狼は相手が多勢の時はおとなしくしていますが、同じ人数なった途端、昼間でも襲ってくるため、人狼と村人が同じ人数になった時点で人狼の勝ちなのです。 プレイ人数が多くなると、村人サイド、人狼サイド以外に、狐などの第三の陣営が登場することもあります。 よくわかる動画として、会話型心理ゲーム 人狼 (JIN-ROU)の動画を掲載しておきます。 この動画で使われているカードは、こちらから購入できます。

  2. 人狼Online

    zinro.net/m

    人狼が全員欠けた平和村は未対応のためゲーム続行しません。 2016/9/11 投票や夜の決定をシーン変更後に遅れて実行したとき、次のシーンで対象選択済みになってしまう不具合を修正しました

    • はじめに―人狼(じんろう)ってどういうゲーム?―
    • ―各陣営の勝利条件―
    • 各基本役職の説明

    『人狼(じんろう)』とは、村人陣営と人狼陣営の2つに分かれたプレイヤー達が、それぞれの陣営の勝利を目指して戦うゲームです。ゲームの最初に、役職がプレイヤーにランダムに割り振られますが、その役職は、自分だけしか見ることができません。そのため、議論を通じて相手を信用すること又は疑うことによって、自分たちの陣営の勝利を目指していくことになります。 このゲームは、プレイヤー同士の会話が重要が非常に重要となるため、ロールプレイ型のコミュニケーションゲームに位置づけられています。ゲームの性質上、説得や推理がメインとなってくるため、コミュニケーションを相手と取りながら頭も使っていくゲームとなります。 今回は、これだけ押さえておけば問題なくゲームが楽しめるような、人狼のルール説明となっています。人狼には興味があるけど、どのようなゲームかわからないという方は、このルール説明を読んで参加のきっかけにしていただければと思います。

    村人陣営

    村人陣営は、村人を中心とする陣営です。勝利条件はいたってシンプルであり、『すべての人狼を処刑すること』です。そのため、村人陣営の主たる目的となるのは、人狼を見つけ出し、処刑することです。後に紹介する占い師や霊媒師等からのヒントや議論から得られる考察を生かして人狼を見つけ出しましょう。

    人狼陣営

    人狼陣営は、人狼を中心とする陣営です。勝利条件は、『人狼の数と人間の数が同数となること』となります。そのため、人狼陣営の主たる目的となるのは、村人を上手く誘導し、人狼以外の人物を処刑することです。人狼は人狼同士、互いの存在を確認できるため、上手く仲間同士で協力し合うこと、あるいは、仲間ではないように装うことが非常に重要となります。

    役職は、大きく村人陣営と人狼陣営に分かれます。役職の数は、ローカルルールも合わせればなんと100種類以上もあります。しかし、当然のことながら通常の人狼ゲームであれば、ここであげている役職のみを覚えるだけで問題はないと思います。 〜特殊役職はこちら〜

  3. 人狼ゲームは、市民チームと人狼チームに分かれ、会話をしながら相手の正体を見抜いていく。 プレイヤーは、配られたカードで自分の役割を確認するが、他の人がどんなカードを持っているかは知ることができない。

  4. 人狼ゲームシリーズは同名のパーティーゲームを元にした映画およびテレビドラマのシリーズ作品。

  5. 人狼(じんろう)ゲームは、対話式の推理ゲームです。

    • 「人狼」という役職になったら何をするの?
    • 「人狼」になったときの立ち回り方
    • 人狼と疑われて村から追放されそうになったら?

    人狼という役職になった場合、1日の終わりで追放する人を投票で決めた後、 村人を噛み殺すことができます。基本1人だけ噛み殺すのですが、人狼という役職にもいくつか種類があり、 特殊能力で2人噛み殺すこともできたり、あえて誰も噛まないという選択ができる人狼もいます。 村から追放したり、毎晩噛み殺す作業を繰り返した結果、村人と人狼の数が同じになるか、人狼のほうが多くなれば人狼の勝利になります。 今回はノーマルな1日に1人だけ噛み殺すタイプの人狼で勝つためのコツの紹介です。

    基本的に人狼のほうが村人側の人数より少ないです。 ですので、何としてでも人狼と疑われず生き残らなければなりません。 生き残り続けるにはどうしたらいいのか? というと、 まずは、無口にならないこと 初日は特に人狼を特定するための情報が少なすぎます。 なので、情報をあまり提供してくれない人を追放する傾向が強いです。 だからと言って喋りすぎると逆に怪しまれますし、下手に喋りすぎてボロが出てしまい人狼とばれてしまうこともあるでしょう。 そのバランスをよく考えて立ち回ってください。 また、生き残り続けるコツを掴めて来たら今度は噛み殺す人を選択する技術も重要です。 村人側には騎士(狩人ということもある)という役職があり、騎士は毎晩1人だけ村人を護ることができて 人狼が騎士が護っている村人を襲撃しようとした場合、噛み殺すことに失敗し 誰一人死なずに翌日の朝になってしまいます。ですので騎士との駆け引きも大事です。 騎士は村人を減らすのに邪魔な存在なので、騎士が特定できた場合は優先的に狙っていくのが得策です。

    人狼と疑われて村から追放されそうになったらどうしたらいいのか?その時の状況にもよるのですが、 まず考えることは残りの人狼の数です。基本的に複数いる設定にしているので自分以外にも人狼が残っている場合は、 なるべく自分が違う役職を持っていることを匂わせたり、宣言したりして追放された後も村が混乱や疑惑を持たせるようにしましょう。 残りの人狼が自分だけの場合、これは必死に人狼ではないことをアピールしたり、何かと理由を付けて違う村人のほうが怪しいアピールをし なんとしてでも追放されない努力をすることが大事です。

  6. 人狼は「人狼陣営」と「市民陣営」に分かれて戦う会話型のロールプレイングゲームです。

  7. 汝は人狼なりや? - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/汝は人狼なりや?

    人狼ゲームの「ミラーズホロウの人狼」は、2003年のドイツ年間ゲーム大賞でノミネートされた。 日本においては、「 タブラの狼 」のルールがもっとも普及している。