Yahoo Web Search

  1. Keio Inokashira Line - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Keio_Inokashira_Line

    The Keio Inokashira Line is a railway line operated by the Japanese private railway operator Keio Corporation in the western suburbs of Tokyo, connecting Shibuya in Tokyo with Kichijōji in Musashino City. It is not physically connected to the Keio Main Line Network, but a transfer is available at Meidaimae Station. This line is 1,067 mm gauge, unlike other Keio lines which are 1,372 mm gauge.

    • 1933
    • 1,067 mm (3 ft 6 in)
  2. Keiō Line - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Keiō_Line

    The Keio Line (京王線, Keiō-sen) is a 37.9-km railway line in western Tokyo, Japan, owned by the private railway operator Keio Corporation. It connects Shinjuku , Tokyo , with the suburban city of Hachiōji .

  3. People also ask

    Where is the Keio Inokashira Line in Tokyo?

    How long is the Keio Line in Japan?

    Which is the nearest train station to Inokashira Pond?

    Where does the Keio 8000 series EMU run?

  4. Category:Keio Inokashira Line - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Category:Keio_Inokashira_Line

    Pages in category "Keio Inokashira Line" The following 19 pages are in this category, out of 19 total. This list may not reflect recent changes ().

  5. Template:Keio Inokashira Line - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Template:Keio_Inokashira_Line

    |state=expanded: {{Keio Inokashira Line|state=expanded}} to show the template expanded, i.e., fully visible |state=autocollapse : {{Keio Inokashira Line|state=autocollapse}} shows the template collapsed to the title bar if there is a {{ navbar }} , a {{ sidebar }} , or some other table on the page with the collapsible attribute

  6. Keio 3000 series - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Keio_3000_series
    • Overview
    • Design
    • History
    • Withdrawal and resale
    • Preserved examples

    The Keio 3000 series was a DC electric multiple unit train type operated by Keio Corporation on the Keio Inokashira Line in Japan from 1962 until 2011.

    The 3000 series was the first Keio rolling stock to use completely stainless steel body construction. A total of 29 5-car sets were built from 1962 by Tokyu Car, and in 1963, the design was the recipient of the third Laurel Prize presented annually by the Japan Railfan Club.

    The first trains entered service on the Inokashira Line in 1962. The fleet underwent refurbishment from 1996, with the original fibre-reinforced plastic cab ends replaced by new steel cab ends with panoramic windscreens and front skirts.

    Two early, narrow-body 3000 series sets were resold to the Hokuriku Railroad in Kanazawa, Ishikawa, where they became two-car 8800 series sets 8801 to 8802. Later, wide-body sets were also resold to become two-car 7700 series set 7701 and 8900 series sets 8901 to 8903.

    Eight 3000 series sets were resold to the Jomo Electric Railway in Gunma Prefecture, where they became two car 700 series sets 711 to 718.

    Five former 3000 series cars were resold to the Gakunan Railway in Fuji, Shizuoka, where they became two-car 8000 series set 8001 and three single-car 7000 series units, 7001 to 7003.

    Car 3719 is preserved at the Keio Rail-Land open-air museum next to Tama-Dōbutsukōen Station on the Keio Dōbutsuen Line in Hino, Tokyo, which opened in October 2013. Car 3719 was built in 1979 by Tokyo Car, and was withdrawn in March 2009.

    • 1962–2011
    • 2008–2011
    • 145 vehicles (29 sets)
    • Tokyu Car
  7. Category:Keiō Inokashira Line - Wikimedia Commons

    commons.wikimedia.org › wiki › Category:Keiō

    Oct 12, 2020 · Keio Inokashira Line train conductor pointing finger Shimo-Kitazawa Station 2020-08-16 .jpg 4,160 × 6,240; 10.6 MB. Number prefix Inokashira.PNG 400 × 400; 11 KB. Number prefix Keio-Inokashira-line.svg 400 × 400; 422 bytes. Railway crossing section in Ikenoue, Tokyo; September 2008.jpg 2,640 × 1,760; 7.62 MB.

  8. 京王井の頭線 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 京王井の頭線
    • 概要
    • 沿線概況
    • 歴史
    • 運転
    • 車両
    • 駅一覧
    • 関連作品
    • 関連項目

    京王線や京王相模原線と並ぶ京王電鉄の主要路線である。東京の副都心である渋谷と、多摩地域でも有数の繁華街である吉祥寺の間を、途中小田急小田原線・京王線と接続しながら短絡している。当路線の渋谷駅は渋谷マークシティと直結している。山手線に接続する大手私鉄の主要路線の中では珍しく、西武新宿線とともに地下鉄との直通運転を行なっていない。全線が武蔵野台地上を走り、渋谷から吉祥寺までほぼ上り片勾配である。踏切は多いが、主要な道路とは敷設時から立体交差になっており、環状八号線と交差する高井戸駅は1972年に高架駅となっている。駅間距離が非常に短く、隣の駅までが1キロメートル未満(平均駅間距離0.8km)であることがほとんどで、隣の駅がホームの端から見える駅も少なくない。 また、関東の私鉄の中で最初に冷房率100%を達成した路線でもある。 軌間に1372mmのいわゆる馬車軌間を採用する他の京王電鉄の路線(京王線系統)とは異なり、井の頭線では1067mmの狭軌を採用している。これはもともと、井の頭線が小田急電鉄系の帝都電鉄の路線として開業したためである。 トンネルは渋谷駅隣の神泉駅の前後に1つずつあり、吉祥寺寄りのトンネルには駅のホームが延びている。戦時中から戦後しばらくは小田急小田原線と代田連絡線を介して繋がっていたが、同連絡線の廃止後は他路線と線路が繋がっておらず、独立した路線となっている。

    渋谷 - 下北沢

    渋谷マークシティ内にある渋谷駅のホームは地表ではなく高架レベルだが、高低差のある谷型地形のため、出発してすぐトンネルに入る。道玄坂およびその地下を走る田園都市線と交差し、トンネルを出た直後に着く神泉駅は地表レベルである。しかし同駅のホームの途中から再びトンネルとなり、東京都道317号環状六号線(山手通り)と交差する。トンネルを抜けると淡島の低地に出るため、再び地上を走る。北側に東京大学駒場キャンパスを見ながら駒場東大前駅となる。旧東大前駅と旧駒場駅とが統合されたのは1965年で、吉祥寺寄りには旧駒場駅のホーム跡がある。その向こうには駒場野公園の緑が望め、筑波大学附属駒場中学校・高等学校の生徒が育てるケルネル田圃を車窓から眺めることができる。池ノ上駅の先で盛土を走るようになり、密集した市街地を見下ろせる。斜めに交差する小田急小田原線の地上線跡地を越えると下北沢駅となる。

    下北沢 - 明大前

    下北沢駅を発車すると緩い下り勾配となる。発車前から次の新代田駅と東京都道318号環状七号線(環七通り)を望め、立体交差の様子が伺える。新代田駅から東松原駅の直線区間の線路脇に植樹されたアジサイは、開花時期になるとライトアップされるが、アジサイのほかにも沿線のあちらこちらに植樹がされている。東松原駅からは線路が大きく右にカーブし、やがて京王線の下をくぐると明大前駅に到着する。

    明大前 - 永福町

    明大前駅を発車すると国道20号(甲州街道)・首都高速4号新宿線と交差する。次に玉川上水水路橋をくぐるが、この橋は幻となった東京山手急行電鉄の遺構であり、複々線分のスペースが確保されている。ここから直線で勾配を上っていく。神田川を渡り、井の頭通りを右に見ながら左にカーブすると東京都道427号と交差し2面4線の永福町駅に到着する。

    概要節で前述の通り、元々は小田急電鉄とルーツを同じくする帝都電鉄の路線であった。 帝都電鉄の前身となる東京山手急行電鉄は大井町 - 世田谷 - 滝野川 - 西平井 - 洲崎間50km余りの免許を1927年に取得した会社で、山手線外部に第二環状線を形成する予定であったが、昭和恐慌の影響でそれどころではなくなった。同社の企画を承継した鬼怒川水力電気の利光鶴松は1928年に渋谷 - 吉祥寺間の免許を交付されていた渋谷急行電鉄を東京山手急行電鉄に合併させて東京郊外鉄道と改称した後、収益性の高い旧渋谷急行電鉄の路線の建設を優先させることにし、社名を再度帝都電鉄と改め、1933年 - 1934年に全線を順次開業させた。 同線は山手線周辺から郊外へ延びる鉄道としては、他の路線と比較してもかなり遅くに開業した路線となった。そのため、当時としては珍しく高架・掘割を中心にして建設し、車両も全鋼鉄製で自動扉を採用して女性車掌が乗務するなど、開業時はかなり近代的な路線であった。しかし不況のため建設資金に不自由し、線路は鉄道省で使用していたものの払い下げで、従業員も多くは鬼怒電グループの人員整理で余剰と化した者が採用された。そのため、乗り心地は余りよくなかったとも言われる。なお、旧・東京山手急行電鉄が所有していた免許は、1940年までにすべてが失効した。 後に同系の小田原急行鉄道に合併されて同社の帝都線となり、小田原急行鉄道は鬼怒川水力電気に合併され小田急電鉄となった。そして1942年にこの小田急電鉄が東京横浜電鉄に合併され当線は東京急行電鉄(いわゆる「大東急」)渋谷営業局の所管となり、このとき線名が現在の井の頭線となった。 戦後の大東急解体時に経営的な判断から旧京王電気軌道と組み合わされた経緯があり、その際かつての帝都線を含んでいるということから分離・独立した会社の名前は「京王帝都電鉄」となった。同社が現在の「京王電鉄」に社名を変更したのは1998年である。また、この解体当時京王支社長として井の頭線の「移管」を推進し、その後京王が急成長した際に社長を務めた井上定雄は、帝都電鉄の出身者である。なお、小田急側では井の頭線に代わる補償として、箱根登山鉄道と神奈川中央交通を系列会社としている。 小田急小田原線との乗換駅である下北沢駅で、2019年3月15日まで改札内で乗り換えが可能であったこ...

    各駅に停車する各停のほか、急行が運転されている。 各時間帯のダイヤはおおむね次の通りになっている。(一部例外あり)。 1. 早朝:各停が運転される。平日は急行が6時台から7時台頭に上り10本と7時台頭に下り3本設定されている。 2. 朝ラッシュ時(平日):各停が約2分間隔で運転される。吉祥寺駅発着と富士見ヶ丘駅発着がおおむね交互に設定されている。 3. 朝(土休日):急行と各停がそれぞれ7.5分間隔で運転される(1時間に計16本)。 4. 日中:急行と各停がそれぞれ8分間隔で運転される(1時間に計15本)。 5. 夕ラッシュ時(平日):急行と各停がそれぞれ6分間隔で運転される(1時間に計20本)。 6. 夜間(平日):急行と各停がそれぞれ7.5分間隔で運転される(1時間に計16本)。 7. 夜間(土休日)・深夜:急行と各停がそれぞれ10分間隔で運転される(1時間に計12本)。 かつては平日・土曜・休日でそれぞれ異なるダイヤが使用されていたが、東日本大震災による電力不足に伴う2011年7月からの節電ダイヤを機に土曜日ダイヤと休日ダイヤは統合され、他路線同様に土休日ダイヤにまとめられた。2008年から2010年までの8月は、吉祥寺駅高架橋改築工事により2線のうちの1線を使用休止し、通常ダイヤに若干の運用変更を施した夏季特別ダイヤが組まれた。

    1996年から5両編成の1000系が使用されており、1962年から運転されていた3000系は2011年12月に営業運転を終了した。 ステンレス車両となった3000系からは編成ごとにカラーリングが施されているが、色がブルーグリーン、アイボリーホワイト、サーモンピンク、ライトグリーン、ラベンダー、オレンジベージュ、スカイブルーと全部で7パターンあり、「レインボーカラー」といわれている。このため、ステンレス車両ばかりが走る線区でありながら、一般的なイメージも「銀色の電車」ではない。オレンジベージュは当初はベージュで、2009年5月に登場した1000系20番台(第27編成)からこの色に変更され、計8パターンのカラーリングとなった。1000系のベージュの車両(第6・13編成)についても2010年春から従来のベージュがオレンジベージュに変更され、最終的には7パターンに戻っている。このカラーリングは同じ京王電鉄が経営する本線格の京王線でも採用されていない、井の頭線独自のカラーリングである。2012年から第29編成がレインボーカラー帯の特別ラッピング車両となっている。 1. ブルーグリーン 第1・8・15・22編成 2. アイボリーホワイト 第2・9・16・23・30編成[色 1] 3. サーモンピンク 第3・10・17・24・31編成[色 1] 4. ライトグリーン 第4・11・18・25・32編成[色 1] 5. ラベンダー 第5・12・19・26・33編成[色 1] 6. ベージュ 第6・13・20・27編成[色 1][色 2] 7. オレンジベージュ 1000系第6・13・27・34編成[色 1] 8. スカイブルー 第7・14・21・28編成 9. レインボーカラーラッピング 第29編成 1. ^ a b c d e f 第16 - 20編成は3000系のみ、第30 - 34編成は1000系のみ。 2. ^ 1000系は第6・13編成で新製時に使用。 1000系は20m級4つ扉、3000系は18.5m級3つ扉で、車両長とドア数が異なっていたため、起終点の渋谷駅と吉祥寺駅では次発列車の乗車位置を案内していた。 渋谷駅では1000系の乗車位置にはオレンジ色のランプが、3000系の乗車位置には緑色のランプがそれぞれ埋められており、乗客には点灯しているランプにあわせて3列に...

    全駅東京都内に所在。
    停車駅 … ●:停車、◇:イベント等開催時に一部列車が臨時停車(表の下部参照)、|:通過。各駅停車はすべての駅に停車するため省略。
    待避可能駅は駅名横に#印で表示(永福町駅のみ)
    『井の頭線』 - あさみちゆきの楽曲
    『井の頭線』 - 藤田麻衣子の楽曲
    『lovin life』 - FUNKY MONKEY BABYSの楽曲。当時メンバーの一人が交際していた女性が当路線の明大前に住んでいたことから。
  9. Komaba-tōdaimae Station - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Komaba-Tōdaimae_Station

    Komaba-tōdaimae Station is served by the 12.7 km Keio Inokashira Line from Shibuya in Tokyo to Kichijōji. Located between Shinsen and Ikenoue, it is 1.4 km from the Shibuya terminus. Service pattern. Only all-stations "Local" services stop at this station. Station layout. There are two main exits from the station, East and West.

  10. Nishi-eifuku Station - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Nishi-Eifuku_Station

    Nishi-eifuku Station is a railway station on the Keio Inokashira Line in Suginami, Tokyo, Japan, operated by the private railway operator Keio Corporation. Nishi-eifuku Station 西永福駅 Station building, October 2008 LocationSuginami, Tokyo Japan Operated byKeio Corporation LineKeio Inokashira Line Connections Bus stop Other information Station codeIN10 History Opened1933 Passengers FY201118,087 daily

  11. People also search for