Yahoo Web Search

  1. ドコモの楽しいサービスや便利な機能を、お客さまの目的や使いかたに合わせてお探しになれます。

  2. Jul 25, 2020 · nttドコモのオフィシャルウェブサイトです。ドコモのスマートフォンをお持ちでない方でも、ご利用になれる各種サービス、xi、fomaなどの携帯電話情報、スマートフォン、iモードなどの料金プラン、モバイルサービス、サポート情報、ドコモ光などをご紹介します。

  3. ドコモのiモードケータイと、格安SIMを入れたスマホを2台持ちしようと思っています。iモードメールをスマホ側で送受信する方法はありませんか?

  4. ドコモメールのWi-Fi設定が出来ません… - ITmedia Mobile

    www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1404/25/news...

    Wi-Fiでドコモメールを送受信したいのですが、ドコモメールのWi-Fi設定にアクセスできません。

  5. 価格.com - docomoのスマートフォン...

    kakaku.com/keitai/smartphone/?pdf_ca=0_1

    docomoスマートフォンをランキング形式でご紹介。メーカーや機能、スペックを指定して人気のスマホが探せます。大手キャリア・MVNOで契約した場合の月々のお支払い目安やSIMフリーの端末価格で比較・検討できます。

  6. docomo ID」を忘れた場合. dメニュー→お客様サポート→サービス・メールなどの設定→docomo IDメニュー→docomo ID/パスワードを確認 なお、新規取得・再確認をする際は、 Wi-Fi接続やテザリングをオフにしてspモード経由で接続 するようにしましょう。

  7. docomo(ドコモ)の質問一覧 | 教えて!goo

    oshiete.goo.ne.jp/articles/qa/2673

    docomo(ドコモ)の質問一覧です。ドコモIDがわからなくなった等ドコモが提供しているサービスについて教えてほしい、spモードとは何のことなのか、パケット通信を抑える方法を教えてほしい、ドコモ光とスマホを契約するとお得になるのか等こちらに聞いてみましょう。

  8. ※9 「メッセージS(スペシャル)®」は、ドコモのスマートフォン向けメールサービスで、「ドコモメール」「spモードメール®」上に配信される ...

    • 2台目プラスとは何か
    • 2台目プラスのメリット
    • 2台目プラスの注意点
    • 2台目プラスの適用時期
    • 2台目プラスの廃止時期
    • 2台目プラス利用時にdカード Goldを有効活用するには

    そもそも2台目プラスとはどういうサービスなのか、というところをまずは抑えておきたいと思います。ドコモの公式ページでは、以下のように説明されています。 これだけ見ても、おそらく意味がほとんどわからないのではないでしょうか。 通常タブレットやiPadを契約しようと思った場合、データプランで契約をし、spモードを申し込み、パケットパック(データS/M/Lパック、ウルトラデータL/LLパック/ベーシックパック)のいずれかを選択することで、利用ができるようになります。しかし、そうなると、全体の料金としては、最も安いデータSパックを選択したとして以下のようになります。 データプラン(1700円)spモード(300円)ベーシックパック(2900円) タブレット/iPadの合計金額は、4900円です。メインの回線で仮にカケホーダイプランとベーシックパックを利用していた場合、5900円かかりますので、合わせると10800円もかかってしまう計算です。これではもったいなくて、なかなかタブレットを追加で持つ気にはなれません。

    そもそも2台目プラスは何のために存在しているのかというと、その名の通り、2台目となるタブレット/iPadを少しでも持ちやすくするためのサービスです。もしシェアパックを利用していれば、そのシェアグループにタブレットも追加してしまえばいいのですが、シェアパックを利用するほどでない場合や、自分一人だけでシェアパックがそもそも必要ないような場合もあると思います。そうしたときに活用できるのが、2台目プラスというわけです。シェアパックなしでも申し込みが可能です。

    もし家族がシェアパックを利用していたり、自分自身がシェアパックを利用している場合には、2台目プラスは完全に不要です。何故なら、シェアグループに新しいタブレットを追加させれば料金としては2台目プラスを利用した場合とまったく変わらないので、わざわざメイン回線をシェアパックのグループから外して2台目プラスを利用するメリットはないためです。シェアパックがあればそちらを利用、シェアパックがない場合に2台目プラスを利用、と覚えておきましょう。

    2台目プラスを申し込みした場合、適用開始時期は「翌月から適用」となります。 ただし例外として、代表回線と対象回線の契約状態が以下のいずれかに該当する場合に限り、2台目プラスを「申し込み日から適用」にすることもできます。 1.対象回線の新規契約と同時に「2台目プラス」を申し込みする場合。2.代表回線で「ケータイパック」を契約中で、「2台目プラス」を申し込みする場合。3.Xi総合プラン、Xiデータ通信専用プラン、LTEユビキタスプラン、FOMA総合プラン、FOMAデータ通信専用プラン、FOMAユビキタスプランからデータプランへの料金プラン変更、または契約変更と同時に、対象回線として初めて2台目プラスを申し込みする場合。※ただし、指定料金プランへの料金プラン変更を「翌月から適用」の場合、またはファミリー割引、シェアグループに関する手続きを「翌月から適用」の場合には2台目プラスも翌月から適用。 「1」のパターンに関してはつまり、タブレットの契約と同時に2台目プラスを申し込みする場合、翌月から適用でも申し込み日から適用でもどちらでもいいわけです。とはいえ、基本的にどちらも日割りになるため、...

    2台目プラスの廃止時期については、重要なポイントがあります。それは、2台目プラス以前に展開していた「プラスXi割」のケースと異なり、サービス廃止の申し込み日にかかわらず、廃止申し込み月の月末まで、「2台目プラス」を適用する、という点です。プラスXi割の時には、廃止当月分は割引が適用しないという大きな問題があったのですが、2台目プラスについてはそういうマイナス要素が排除されていますので、廃止時にも安心できます。

    2台目プラスを利用している場合、代表回線にdカード GOLDは紐づくので、dポイント10%還元は代表回線利用分に対してのみ適用されます。そのため、2台目プラス対象回線としてのタブレットには、10%還元は適用しません。しかし、もし家族カードを利用する条件は満たしているけれどもドコモの回線は利用していないというような場合、タブレットの回線と紐づける形で家族カードを申込することはできます。この場合、タブレットの契約名義と家族カードの利用者名が異なるため、申し込み後に利用者情報登録をしっかり行う必要はあるものの、間違いなく手続きが完了すれば、タブレット回線も10%還元が適用されるようになります。 ただ、実際のところタブレット購入時の月々サポートによって、2台目プラス対象回線の月額料金はほとんど相殺されてしまい、ポイント付与対象となる料金がほとんど発生しないケースが多いと思われるため、わざわざ手間をかけてこの方法をとるメリットは少ないと言えます。一応、そういう方法もある、という程度に覚えておきましょう。関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか」 iPad Proを購入するならドコモ...

  9. スマートフォンについては、過去数台ドコモからスマートフォンを販売してはいるものの、鳴かず飛ばずだったためか、いつの間にか姿を消してしまいました。主に現在は、前述のキッズケータイとWi-Fiルーターをドコモ向けに提供している状況です。