Yahoo Web Search

  1. Ad
    related to: wharton school wikipedia
  1. Wharton School of the University of Pennsylvania - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Wharton_School_of_the

    The school was renamed the Wharton School of Finance and Commerce, in 1902, and formally changed its name to simply Wharton School in 1972. [20] Early on, the Wharton School faculty was tightly connected to an influential group of businessmen, bankers and lawyers that made up the larger Philadelphia School of Political Economy. [21]

  2. Wharton School Publishing - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Wharton_School_Publishing

    Wharton School Publishing was a publishing house, a division of The Wharton School and Pearson, the world's largest education publishing and technology company.The imprint brought together a variety of business educators and corporate executives on a list that featured works in many formats, including print, audio, electronic documents, CD-ROM and video.

  3. List of Wharton School faculty - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › List_of_Wharton_School_faculty

    The list of Wharton School faculty includes notable faculty members, professors, and administrators affiliated with the Wharton School at the University of Pennsylvania, located in Philadelphia, Pennsylvania

  4. People also ask

    Who was the founder of the Wharton School?

    Is the Wharton School at the University of Pennsylvania?

    How many alumni are there from the Wharton School?

    What kind of Education does the Wharton School offer?

  5. Wharton School – Wikipedia

    sv.wikipedia.org › wiki › Wharton_School

    Wharton School of the University of Pennsylvania, även kallad Wharton School eller Wharton, i Philadelphia i Pennsylvania är USA:s äldsta handelshögskola och en del av University of Pennsylvania, vilket tillhör det prestigefyllda Ivy League. Skolan grundades 1881 av Joseph Wharton.

    • Privat
    • 4,779 (2017)
    • Knowledge for action
    • 1881
  6. Wharton - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Wharton

    Wharton Township, Potter County, Pennsylvania, USA. Wharton Basin, the north-eastern part of the Indian Ocean. Wharton Creek (Unadilla River), a stream in the U.S. state of New York. Wharton State Forest, New Jersey, USA. Mount Wharton, Antarctica.

  7. The Power of Wharton Incubating Ideas — Driving Insights — Creating Leaders Wharton is changing the way business is done. Our faculty, students, and alumni generate big ideas, back them up with incisive analysis, and turn them into ingenious solutions that work.

  8. About Wharton - The Wharton School

    www.wharton.upenn.edu › about-wharton

    The World’s First Business School For more than 135 years, Wharton has been the place where visionaries, inventors, and trailblazers get their start. In 1881, American entrepreneur and industrialist Joseph Wharton established the world’s first collegiate school of business at the University of Pennsylvania — a radical idea that ...

  9. ウォートン・スクール - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ウォートン・スクール
    • 歴史
    • 大学ランキング
    • 学生生活
    • 卒業生ネットワーク
    • 著名な卒業生
    • パルマー・スカラー
    • 学術提携機関
    • 外部リンク

    フィラデルフィア出身のジョセフ・ウォートンは、工業用の冶金分野においてリーダー的な存在であり、アメリカン・ニッケル・カンパニー、そして、ベツレヘム・スティールを興し、富を築いた。ウォートンは、自身のビジネスが成長するにつれて、ビジネスに必要な知識が徒弟制度を通じてのみ伝えられており、産業革命のさなかにおいて大きな経済を作り出す上で、大きな制約となる事に課題を感じた。2年間の構想期間を経て、ウォートンは1881年に10万ドルを寄付し、ウォートン校(Wharton School of Finance and Economy )を創設した。これは米国における最初のビジネススクールであった。工業化が進展する社会において、企業や公共団体を指導するリーダーを育成するのが学校の目的であった。「現代のビジネス闘争を勝ち抜くため」の教育を施すとされた。 学校の設立当初より、彼は、若者に対し、営利・非営利団体の運営において、必要とされる知識の伝達と財務や経済のスキルを身につける事が目的とされ、これらの重要な分野において誤謬のない正確な知識を身につけ、公私両面において共同体の役に立つ事が目的とされた。要するに、ファイナンスと経済におけるリベラル教育を施すための手段を確立する事が目的だったのである。 1902年に学校は、The Wharton School of Finance and Commerceと名称変更され、1972年に単純にウォートン校と変更された。 初期における教授陣は、Philadelphia School of Political Economyという学校を組織していたビジネスマンや銀行家、法律家などで形成された。ビジネス教育の分野がまだ未発達だった当時に、教授陣は、社会科学をウォートンのカリキュラムに持ち込んだ。 弁護士であるAlbert S. Bolles氏が最初の教授を務め、1921年には産業研究部門が設立された。 1971年にノーベル経済学賞を受賞したサイモン・クズネッツ教授は、国の生産量、価格、投資、資本蓄積などに関する統計データを作り出し、季節性や景気サイクル等の実社会におけるトレンドを測定した。彼の研究は、GNPやGDPの標準的な測定手法の基礎を作った。彼は、全ての国の経済活動に関し、同じ統計情報を整えるべく、国際的な努力を行った。 同じくノーベル経済...

    ビジネススクールのランキング

    2003年12月5日に、ウォートン校は、学生のプライバシーへの配慮や、ランキングの算出方法に懸念があるとして、ビジネススクールのランキングを算出するプログラムへの不参加を決定した。一方で、ウォートンは、ビジネス教育の分野において、世界トップの教育機関であると広く認められている。 ウォートンの学部プログラム(Undergraduate program)は、U.S. News & World Reportによる2014年〜2015年期間のランキングにおいて全米1位と評価され、ウォートンの学部プログラムに関しては、ランキングが始まって以来、常に1位を獲得し続けている。 大学院プログラム(Graduate school program)においては、U.S. News & World Reportで全米第4位である。また、フィナンシャルタイムズによれば2000年〜2009年、2011年に1位とランキングされ、2017年には世界第3位とランキングされている。ビジネスウィークのランキングにおいても過去4年連続で1位に選ばれ、2016年のランキングでは全米6位にランキングされている。2016年の...

    研究におけるランキング

    世界で発行される24の学術誌での研究発表に基づくと、ウォートンは、ビジネススクールの間で、もっとも高いリサーチの生産性を上げている。インディアナ大学の調査レポートによれば、1986年の調査開始より、ウォートン校は、研究の生産性において1位の順位を占めている。

    ウォートン校では、グレーディングカーブと呼ばれる成績分布ルールに基づいて成績が決定される。また、プリンストンレビューによれば、295のビジネススクールの中で、もっとも競争度合いが高いと評価されている。一方で、学生間でのチームワークを促進するために、ウォートンの学生団体(the Wharton Graduate Association)では、成績の非公開ポリシーを定めている。まず、第一の原則は、就職先の企業からフルタイムのポジションが提示されるまでは、全体の成績(GPAという)、個別クラスの成績、クラス内でのランキング、成績表などは、企業に開示しないというものである。第二の原則は、学業において守るべき模範的な態度やルールを明確に定めたものである。企業は、ウォートン校における採用活動において、これらのルールを遵守しつつ、採用活動を行っている。ウォートン内には、100以上の学生のクラブがある。また、学生が主体となって19以上のビジネスカンファレンスを開催している。

    ウォートンは、世界中の80地域で卒業生のクラブネットワークを有しており、92,000名が加盟している。 定期的にフィラデルフィアのキャンパスで、リユニオンと呼ばれる同窓会イベントが開催される他、学校が各地域の卒業生クラブと連携して、グローバル・アルムナイ・フォーラムと呼ばれるビジネスカンファレンスを主催している。

    日本 1. アーネスト・エム・比嘉 - ドミノ・ピザ日本法人社長、ウェンディーズ日本法人社長、ファーストキッチン社長 2. 岩崎久彌- 三菱財閥3代目総帥 3. 寺沢芳男 - 元野村証券副社長、元MIGA長官、元経済企画庁長官 4. 國部毅 - 三井住友フィナンシャルグループ社長・CEO 5. 持田昌典 - ゴールドマン・サックス日本法人社長 6. 箕浦裕 ‐ メリルリンチ日本証券代表取締役会長、元三井住友銀行副会長 7. 本田桂子 - 多数国間投資保証機関 長官CEO、コロンビア大学客員教授 8. 筒井豊春- キャピタル・パートナーズ証券株式会社 代表取締役兼CEO 9. 井上誠一郎 - ユーシーカード代表取締役社長、日本クレジットカード協会会長 10. 井上直樹 - SMBC信託銀行代表取締役副社長 11. 内海州史 - 元ワーナーミュージックジャパン社長、サイバード社長、キューエンタテインメント設立者・元CEO 12. 山本礼二郎 - インテグラルパートナー、スカイマーク会長 13. 吉村元久 - ヨシムラ・フード・ホールディングス創業者・社長 14. 小林陽太郎 - 元富士ゼロックス(現:富士フイルムビジネスイノベーション)会長、経済同友会終身幹事(前代表幹事)、国際大学理事長 15. 古森剛 - 元マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング極東地域代表兼日本法人社長 16. 松下正幸 - 松下電器産業副会長, 元関西経済同友会代表幹事 17. 夏野剛 - ドワンゴ代表取締役社長、元NTTドコモの執行役員 18. 岡俊子 - アビームM&Aコンサルティング社長、三菱商事取締役、アステラス製薬監査役 19. 伊与部恒雄 - 三菱商事取締役兼常務執行役 20. 島貫慶太 - 楽天上級執行役員、元オーネット社長 21. 和田孝 - ニッキ代表取締役社長 22. 石黒泰時 - ミニット・アジア・パシフィック取締役社長 23. 渡辺岳夫 - タカラスタンダード社長 24. 辻庸介 - マネーフォワード社長・CEO 25. 石井智宏 - モビルス代表取締役社長 26. 小池暢一- hamura-group 社長—CEO 1. 富田岩芳- 監査法人デロイト・トウシュ・トーマツ創業者 2. 近藤敬 - デロイト・トーマツ・コンサルティングパートナー・執行役員 3...

    パルマー・スカラー(Palmer Scholar)とは、2年間を通じて成績上位5%(全科目ほぼ全てA)の生徒に与えられるタイトル。 1. 西谷洋介 - モニター・グループ 東京支社代表、ボストンコンサルティンググループパートナー&マネージングディレクター

  10. Edith Wharton - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Edith_Wharton
    • Biography
    • Writing
    • Works
    • Adaptations
    • in Popular Culture
    • Further Reading
    • External Links

    Early life

    Edith Wharton was born Edith Newbold Jones on January 24, 1862 to George Frederic Jones and Lucretia Stevens Rhinelander at their brownstone at 14 West Twenty-third Street in New York City. To her friends and family she was known as "Pussy Jones". She had two older brothers, Frederic Rhinelander, 16 years older, and Henry Edward, 12 years older. She was baptized April 20, 1862, Easter Sunday, at Grace Church. Wharton's paternal family, the Joneses, were a very wealthy and socially prominent f...

    Early writing

    Wharton wrote and told stories from an early age. When her family moved to Europe and she was just four or five she started what she called "making up." She invented stories for her family and walked with an open book, turning the pages as if reading while improvising a story. Wharton began writing poetry and fiction as a young girl, and attempted to write her first novel at age eleven. Her mother's criticism quashed her ambition and she turned to poetry. At age 15, her first published work a...

    Member of Society and Debutante

    Between 1880 and 1890 Wharton put her writing aside to participate in the social rituals of the New York upper classes. Wharton keenly observed the social changes happening around her which appeared later in her writing. Wharton officially came out as a debutante to society in 1879. Wharton was allowed to bare her shoulders and wear her hair up for the first time at a December dance given by a Society matron, Anna Morton. Wharton began a courtship with Henry Leyden Stevens, the son of a wealt...

    Career

    Despite not publishing her first novel until she was forty, Wharton became an extraordinarily productive writer. In addition toher 15 novels, seven novellas, and eighty-five short stories, she published poetry, books on design, travel, literary and cultural criticism, and a memoir. In 1873, Wharton wrote a short story and gave it to her mother to read. Her mother criticized the story, so Wharton decided to write only poetry. While she constantly sought her mother's approval and love, it was r...

    Themes in writings

    Versions of her mother, Lucretia Jones, often appeared in Wharton's fiction. Biographer Hermione Lee described it as "one of the most lethal acts of revenge ever taken by a writing daughter." In her memoir, A Backward Glance, Wharton describes her mother as indolent, spendthrift, censorious, disapproving, superficial, icy, dry and ironic. Wharton's writings often dealt with themes such as “…social and individual fulfillment, repressed sexuality, and the manners of old families and the new eli...

    Influences

    American children's stories containing slang were forbidden in Wharton's childhood home. This included such popular authors as Mark Twain, Bret Harte or "Uncle Remus." She was allowed to read Louisa May Alcott but Wharton preferred Lewis Carroll's Alice in Wonderland and Charles Kingsley's Water Babies. Wharton's mother forbade her from reading many novels and Wharton said she "read everything else but novels until the day of my marriage." Instead Wharton read the classics, philosophy, histor...

    Source: Campbell, Donna M. "Works by Edith Wharton". Washington State University. Retrieved 22 January 2018.

    Source: Marshall, Scott (1996). "Edith Wharton on Film and Television" (PDF). Edith Wharton Review: 21–25. ISSN 2330-3964. Retrieved 22 January 2018.

    Edith Wharton was honored on a U.S. postage stampissued on September 5, 1980.
    In The Young Indiana Jones Chronicles, Edith Wharton (Clare Higgins) travels across North Africa with Indiana Jones in Chapter 16, Tales of Innocence.
    Edith Wharton is mentioned in the HBO television series Entourage in the third season's 13th episode: Vince is handed a screenplay for Wharton's The Glimpses of the Moon by Amanda, his new agent, f...
    "Edith Wharton's Journey" is a radio adaptation, for the NPR series Radio Tales, of the short story "A Journey" from Edith Wharton's collection The Greater Inclination.
    Armbruster, Elif S. (2011) "Domestic Biographies: Stowe, Howells, James, and Wharton at Home." New York: Peter Lang (ISBN 978-1433112492)
    Collas, Philippe and Eric Villedary, Edith Wharton's French Riviera (2002) Paris, New York : Flammarion/Rizzoli (ISBN 2-84110-161-4)
    Drizou, Myrto, ed. Critical Insights: Edith Wharton(2018) Salem Press.
    "Writings of Edith Wharton" from C-SPAN's American Writers: A Journey Through History
    Edith Wharton at Library of CongressAuthorities, with 345 catalog records
  11. People also search for
  1. Ad
    related to: wharton school wikipedia